みんなのランキング

アン・ハサウェイ出演の人気映画ランキング!みんながおすすめする作品は?

プリティ・プリンセスマイ・インターンプラダを着た悪魔レ・ミゼラブル(2012)ブロークバック・マウンテン

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数32
投票参加者数86
投票数201

世界的ハリウッド女優「アン・ハサウェイ」。2001年『プリティ・プリンセス』で映画デビューし、全米で1億ドルを超える大ヒット作に。その後も数々の映画作品に出演しています。今回みんなの投票で決めるのは「アン・ハサウェイ出演の人気映画ランキング」。アカデミー助演女優賞を受賞した『レ・ミゼラブル』、スタイル抜群のキャットウーマンを演じた『ダークナイト ライジング』、大人気シリーズのリブート作品『オーシャンズ8』などがランクイン?あなたがおすすめしたいアン・ハサウェイ出演映画に投票してください。

最終更新日: 2021/10/29

ランキングの前に

1分でわかる「アン・ハサウェイ」

強く美しい女優、アン・ハサウェイ

アン・ハサウェイ」とは?
目鼻立ちのくっきりしたキュートな顔立ちと抜群の演技力で数々の名作に出演しているアン・ハサウェイ。高校卒業後は、演技の勉強をしながら、ニューニョーク大学に編入。学業にも力を注いでいました。1999年にアメリカのテレビシリーズ『ゲット・リアル』の主人公に抜擢されキャリアをスタート。特にティーン世代から人気と注目を集めるようになります。

レ・ミゼラブルでアカデミー賞受賞!

2001年には『プリティ・プリンセス』でヒロインとして映画デビュー。この作品は全米で1億ドルを超えるヒット作となります。王女役の役作りのために、スウェーデンのヴィクトリア王女関連の本を読み漁ったという勉強熱心な彼女らしいエピソードも。『プラダを着た悪魔』は世界的な大ヒットとなりスター女優として不動の地位を築きます。そして2012年にはミュージカル映画『レ・ミゼラブル』で大幅な体重減量した渾身な役作りと抜群の歌唱力でアカデミー賞助演女優賞受賞など、各賞を総なめに!

関連するおすすめのランキング

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

面白い映画ランキング

面白い洋画ランキング

アン・ハサウェイは何位にランクイン?

歴代ハリウッド女優ランキング

ユーザーのバッジについて

アン・ハサウェイ出演の映画を全作品観たことがある。

アン・ハサウェイ出演の映画を15作品以上観たことがある。

アン・ハサウェイ出演の映画を5作品以上観たことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔

引用元: Amazon

制作年2006年
上映時間110分
監督デビッド・フランケル
メインキャストメリル・ストリープ(ミランダ・プリーストリー)、アン・ハサウェイ(アンドレア・サックス)、エミリー・ブラント(エミリー・チャールトン)、スタンリー・トゥッチ(ナイジェル)、エイドリアン・グレニアー(ネイト)ほか
主題歌・挿入歌Suddenly I See / KTスタントール
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:配信中

もっと見る

強い女性

ファッション雑誌の鬼編集長ミランダの新人アシスタントとして雇われた、オシャレに全く関心のない主人公のアンディをアン・ハサウェイが演じており、ファッション業界で奮闘しながら成長していく過程を描いた作品です。編集長ミランダのジュニア・アシスタントの仕事を手に入れるのだが、翌朝から24時間携帯が鳴り続ける悪夢の日々やミランダとアンディのスリリングなやり取りも見応えがあります。また、続々と登場してくる一流ブランドのファッションや着こなしも一緒に楽しめるのでそちらも必見です。恋に仕事に奮闘する女性が描かれているので、働く女性は共感したり、私だっ[続きを読む]

わか

わかさん

2位に評価

報告

ファッションが素敵

どんどん素敵になっていくアン・ハサウェイが素敵すぎます! ファッションに興味のなかった主人公が一流ファッション雑誌で働くようになることでどんどん綺麗になっていく様が見ものです! ファッション好きはもちろん、女の子は好きな映画ではないでしょうか?
見た目が変わることで変化していく周囲の状況、なにが正しいのか、そういう選択ってこの年代にはありますよね。新しいことにチャレンジしたい時に見たい1作です。

Sue

Sueさん

2位に評価

報告

彼女の笑顔が光る名作

この映画でアン・ハサウェイの存在を知ったといっても過言ではないくらい、彼女の魅力が光っています。自分の夢をかなえるために、葛藤をしながらも前に進んでいく姿、でも最終的には一番大切なものに気付くといった映画ではよくある展開ですが、最後まで楽しめます。何より彼女の笑顔と抜群のプロポーションを楽しめます。

Ryo1853

Ryo1853さん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

2マイ・インターン

マイ・インターン

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間121分
監督ナンシー・マイヤーズ
メインキャストロバート・デ・ニーロ(ベン・ウィテカー)、アン・ハサウェイ(ジュールズ・オースティン)、レネ・ルッソ(フィオナ)、アンダーズ・ホーム(マット)ほか
主題歌・挿入歌I / ケンドリック・ラマー
公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/myintern/

もっと見る

アンハサウェイが、仕事と家庭の両立に悩みながらも強く前進する女性を見事に演じきった名作!


ファッション関係のスタートアップ企業の社長を務め、家では幼い娘と専業主夫の夫を持つキャリアウーマンの女性を演じたアンハサウェイ。
仕事も妥協したくない、家庭もうまくやりくりしたいというワーキングウーマンの苦悩や現実をアンハサウェイが見事に演じきっている。
アンハサウェイのアドバイザー役を務める、共演のロバートデニーロとのやり取りも絶妙。見ているだけであたたかくなり、心がやさしくなれる映画。

Hirohiro

Hirohiroさん

1位に評価

報告

30代向け

大人の働く女性に見てほしい、そして共感できる映画ではないでしょうか? バリバリ働いているけど、こんなに輝いているアン・ハサウェイにとっても憧れます! 意外としっくりくる、優しいおっとりしたロバート・デニーロ笑 この2人を見たくて何度も見返してしまいますね! そこまでディープな内容じゃないので安心して見られます。

Sue

Sueさん

1位に評価

報告

キャリアウーマン

この映画を見るとすごく向上心が湧いてきて前向きになれる。ばりばり家庭を持ちながらも働く女性と70歳のおじいちゃんインターン生とのストーリー。男女格差など世界中でまだまだ問題がありますが女性も結婚妊娠などで夢を諦めるのでは無く、こうやって最前線で働けたらなと思わずにはいられない。アンハサウェイが綺麗すぎるしロバートデニーロとのやりとりが可愛すぎる。

報告
コメントをもっと読む

3レ・ミゼラブル(2012)

レ・ミゼラブル(2012)

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間158分
監督トム・フーパー
メインキャストヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)、コルム・ウィルキンソン(司教)、ラッセル・クロウ(ジャベール)、アン・ハサウェイ(ファンティーヌ)、アマンダ・セイフライド(コゼット)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

号泣

何度観ても号泣してしまう映画。悲惨な運命をたどる女性、ファンティーヌを熱演しています。この役を演じるために、体重を11kg落とし、髪も丸刈りしたそう。アン・ハサウェイすごい。そしてアン・ハサウェイは歌も上手い。アン・ハサウェイすごい!

はな

映画・ドラマが好きな都内在住OL

はなさん

2位に評価

報告

名作

これは感動の名作です
素晴らしいです
まるで舞台へ観に行ったかのよう。
アンハサウェイはとにかく美しい。あんなに髪を短くして、というか丸刈りにして、美しい人は他にないと思います。
そして、歌声も素晴らしい。まさに魂の声です。
アンハサウェイの母は女優で当時、同じ役をしていたそうです。
また、アンハサウェイは今回10キロほど痩せて不健康な役作りをしたそうです。
確かに不健康そうかつガリガリではありましたが、隠しきれない美しさ。
とにかく見るべき作品です

はん

はんさん

1位に評価

報告

豪華すぎる映画

スケールのかなり大きい作品で出演しているキャストもかなり豪華。主人公のヒュージャックマンを始め、アンハサウェイ、ラッセルクロウ、アマンダセイフライドなど。出てくる皆んなが抜群に高い歌唱力で映像の迫力もかなりある。そして悲劇の女性を演じたアンハサウェイはかなり体重を落とし髪の毛も坊主にしたりとその気合いが全て映画の中から伝わってきて女優魂を感じる作品。

報告
コメントをもっと読む

4プリティ・プリンセス

プリティ・プリンセス

引用元: Amazon

制作年2001年
上映時間115分
監督ゲイリー・マーシャル
メインキャストアン・ハサウェイ(アミーリア(ミア)・サーモポリス)、ジュリー・アンドリュース(クラリス・レナルディ女王)、マンディ・ムーア(ラナ・トーマス)、ヘザー・マタラッツォ(リリー・モスコヴィッツ)、ロバート・シュワルツマン(マイケル・モスコヴィッツ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

まさにプリンセス・ストーリー

ちょっとダサめの普通の女の子が実はある国のプリンセスだった…というまさに実写現代版プリンセス・ストーリーもいいですが、見所はアン・ハサウェイの変身ぶりだと思います。ボサボサの髪を整えて、メイクをしたら冴えない女の子が美少女に!という展開は当時子供だった私には自分も大きくなったらきれいになれるのかも、と思わせてくれました。

れい

れいさん

1位に評価

報告

キュートで王道。安心して観られるシンデレラストーリー

私がはじめてアン・ハサウェイという女優と出会い、彼女が出ている作品を買い集めるきっかけとなった映画。嫌なライバルも出て来るけど仕返しもして、友情に恋にプリンセス!素敵な女性への変身、キラキラ輝くドレス。思い出しただけで胸が躍る。女の子の夢が詰まった王道ストーリーは、安心して観る事が出来るから大好きです。

報告

シンデレラストーリー

平凡な、んーちょっとダサめな女子高生が、ある日突然プリンセスだと告げられ、プリンセスにふさわしいレッスンを受けるんだけど、人前に立つのも苦手なのにプリンセスになんてなれないって悩みながら、成長していく感じとか、ハッピーになれる映画。

報告
コメントをもっと読む

5ブロークバック・マウンテン

ブロークバック・マウンテン

引用元: Amazon

制作年2005年
上映時間134分
監督アン・リー
メインキャストヒース・レジャー(イニス・デル・マー)、ジェイク・ギレンホール(ジャック・ツイスト)、アン・ハサウェイ(ラリーン・ニューサム)、ミシェル・ウィリアムズ(アルマ・ビアーズ)、ランディ・クエイド(ジョー・アギーレ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

誰もがせつない愛に泣く

20年に渡る男性同士の恋愛を描いた映画。

胸に秘め続けた禁断の恋。
そして再会後あふれ出す狂おしいほどの思い。
自分の夫が愛しているのは男性だと知り、苦悩する妻。
人を愛することはこんなにも苦しくつらいものなのか…
20年前の血のついたシャツを抱きしめ涙するヒース・レジャー。
そしてせつない想いをその瞳で表現し続けたジェイク・ギレンホールの姿に胸が締め付けられる作品。

報告

普遍的なラブストーリー

アメリカ中西部を舞台として、1963年から20年間にわたる、2人の男性の姿が描かれています。
ジェイクギレンホール演じるジャックの妻役を演じています。
夫が男性同士で惹かれ合い、でも愛しているが故にそれを批判できない姿はとても切なく、苦しくなります。

報告

素敵な男同士の秘めた愛

閉鎖的なアメリカの山岳地帯を舞台に20年に及ぶ男同士の秘められた愛を描いた作品。
互いを思う男同士、夫を思う妻など様々な愛の形が描かれていて美しい。

Minnie

Minnieさん

2位に評価

報告

6オーシャンズ8

オーシャンズ8

引用元: Amazon

制作年2018年
上映時間110分
監督ゲイリー・ロス
メインキャストサンドラ・ブロック(デビー・オーシャン)、ケイト・ブランシェット(ルー・ミラー)、アン・ハサウェイ(ダフネ・クルーガー)、ミンディ・カリング(アミータ)、サラ・ポールソン(タミー)ほか
主題歌・挿入歌Hit The Road Jack / スロットル
公式サイト-

もっと見る

ド派手な女子会って感じ

オーシャンズシリーズの続編。11ほどおもしろくはないけど、主要メンバーが全員女性できらびやか。あいかわらず仲間たちが集まって盗みを企てるところはワクワクしちゃう。ド派手な女子会って感じで楽しい映画です。

はな

映画・ドラマが好きな都内在住OL

はなさん

3位に評価

報告

とにかく華やかゴージャスな女性たち

ちょっとわがまま女優を演じるアン・ハサウェイはもちろん、他の出演者もとにかくドレス姿がゴージャスでした。特にアンの体を張った演技は面白くて、途中のどんでん返しも全く予測ができませんでした。女同士の連帯感もあって、見た後は元気になる作品だと思います。

れい

れいさん

3位に評価

報告

とにかくカッコイイ!!!

アンハサウェイはもちろん、とにかく出てくる女性がみんかカッコいいので憧れます!!!

報告

7レイチェルの結婚

レイチェルの結婚

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間114分
監督ジョナサン・デミ
メインキャストアン・ハサウェイ(キム)、ローズマリー・デウィット(レイチェル)、ビル・アーウィン(ポール)、デブラ・ウィンガー(アビー)、トゥンデ・アデビンペ(シドニー)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

アカデミー主演女優賞ノミネート作品

今までプリンセスやキュートな役柄が多かった彼女が、元薬物中毒者を演じました。
心の葛藤を繊細に演じていて、とても重たい内容だけど最後は前向きになれる素晴らしい作品です。

報告

アカデミー主演女優賞ノミネート

姉の結婚式のため、薬物依存更生施設から帰郷したキムが引き起こす家族とも葛藤や衝突を描いた作品。
キムの悲しみや苦しみが見事に伝わってきて感動する。

Minnie

Minnieさん

1位に評価

報告

8アリス・イン・ワンダーランド(2010年)

アリス・イン・ワンダーランド(2010年)

引用元: Amazon

制作年2010年
上映時間109分
監督ティム・バートン
メインキャストジョニー・デップ(マッドハッター)、ミア・ワシコウスカ(アリス)、クリスピン・グローヴァー(ハートのジャック)、マット・ルーカス(トウィードルダムとトウィードルディー)、マイケル・シーン(白うさぎ)ほか
主題歌・挿入歌Alice / アヴリル・ラヴィーン
公式サイト-

もっと見る

白の女王はアンしかできない!

ティム・バートン監督の独特の世界観と色彩観の中での「白の女王」は、アン・ハサウェイにしか演じられなかったんじゃないかと思うほどの美しさと可愛らしさ。
重要な登場人物とはいえ脇役ではあったが、この端役をアンが演じるという豪華さも見応えがある。

報告

ティム・バートンの常連キャストへ

ちょっと不気味だけど、ちょっと滑稽だけど、観ると幸せになれるティム・バートン映画初出演作です。
今や常連キャストですが、アンの抜群のスタイルとパッチリのお顔を引き立たせる衣装とメイクに注目です。

報告

コミカルさが

アン•ハサウェイ演じる白の女王がなんだか天然で可愛い笑 アリスを実写でしたらこうなるんだと意外としっくり楽しめました。 白の女王と赤の女王のやり取り好きです。

Sue

Sueさん

5位に評価

報告
コメントをもっと読む

9パッセンジャーズ

パッセンジャーズ

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間93分
監督ロドリゴ・ガルシア
メインキャストアン・ハサウェイ(クレア・サマーズ)、パトリック・ウィルソン(エリック・クラーク)、デヴィッド・モース (アーキン )、 アンドレ・ブラウアー(ペリー)、 クレア・デュヴァル(シャノン)、 ダイアン・ウィースト(トニ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

目が離せません

アン・ハサウェイが演じるミステリー作品。 ドキドキハラハラでダークで結構私は怖かったです。 怖いんだけど目が離せなくて、ついつい見てしまいました。 ホラーとかではないのでご安心ください。

Sue

Sueさん

3位に評価

報告

どんでん返し!

んっ?!って思う事が序盤から多いけど、しっかり観ていくとどんどん引き込まれていく!最後はそーだったのかって感じ!

報告

驚きと感動

カウンセラーとして、飛行機事故の生存者のカウンセリングを行っていくうちに不可解な出来事に遭遇していき・・・からの驚きのラストだった。
「え?そういうことだったの?」と衝撃を受けた。
最後は話のカラクリがわかった後に心があたたかくなる終わり方でいい余韻が残った。

だんごむしさん

1位に評価

報告

10プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング

プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング

引用元: Amazon

『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』(原題:The Princess Diaries 2: Royal Engagement)は、2004年のアメリカ映画。2001年公開の『プリティ・プリンセス』の続編。前作はメグ・キャボットの『プリンセス・ダイアリー』を原作としていたが、本作はオリジナルストーリーである。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

結婚!?

結婚してなきゃ王位の継承が出来ないと言われて、結婚相手を探すんだけど、スクリーンでお相手の品定めをしているシーンが好きですねー

報告

女性の憧れが全て詰まっている

前作の冴えない女子高生だったミアのドジな一面も可愛いと思いつつ、今作の大学卒業後の女王教育を経て美しく成長したミアは必見。
メイブリー子爵やマスコミ、法律など周りの障害を乗り越えて、新しい道を切り開いたミアに勇気をもらえる作品です。

ぎゃらくしーアップルさん

1位に評価

報告

シリーズ1から大好きだった

シリーズ2は、プリンセスになってからの話で、結婚相手を見つける過程や祖母であるジュリ-・アンドリュースとのからみが興味深かった。特にパジャマパーティーや貧しい子供たちの憧れの的になるピュアな役柄が彼女にピッタリだと思う。

moon riverさん

1位に評価

報告

11ダークナイト ライジング

ダークナイト ライジング

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間165分
監督クリストファー・ノーラン
メインキャストクリスチャン・ベール(ブルース・ウェイン、バットマン)、マイケル・ケイン(アルフレッド・ペニーワース)、ゲイリー・オールドマン(ジェームズ・“ジム”・ゴードン)、アン・ハサウェイ(セリーナ・カイル、キャットウーマン)、トム・ハーディ(ベイン)ほか
主題歌・挿入歌Like A Dog Chasing Cars / ハンス・ジマー
公式サイト-

もっと見る

リアル峰不二子!?

キャットスーツに身を包んだ姿も魅力的でした。作品自体もダークナイトシリーズの最終章。シリーズ全体通して面白いです。DC好きなら必見です。

Ryo1853

Ryo1853さん

5位に評価

報告

これまでにないキャットウーマン像‼︎

映画公開前ポスターで、これまでのバットマンシリーズではあり得ない程シンプルなコスチュームを身に纏ったキャットウーマンが話題になった作品だ。アン・ハサウェイの配役も「顔が可愛らし過ぎて役に向いていない」「今回のシリアスで荘厳なバットマンシリーズの最後に相応しくない」と一部ファンから酷評の嵐だったが、いざ映画が公開されるとその評価は真逆になった。アン・ハサウェイの演技の巧さ、キャラクターとしての魅力を最大限に引き出す仕草やアクションのお陰で、圧倒的なキャットウーマン像を見せつけられた。本作は、彼女の役者としての幅の広さを楽しめる貴重な作品の一つである。

とんび丸さん

1位に評価

報告

タイトなスーツに捻じ込むワガママボディ

本作でアン・ハサウェイが演じるのはセリーナ・カイル、別名キャット・ウーマン。バットマンのライバルでありながら恋人になるという難しい役どころだ。それまでの彼女が演じてきた役柄と違い、アクションシーンも盛りだくさんで新しいアン像を見ることができる。何より相当トレーニングを積んだことをうかがわせるボディライン、そしてそのボディラインをタイトに包み込むレザーファッションに大注目だ。

モリンガ大好き機械人間さん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

12バレンタインデー(2010年)

バレンタインデー(2010年)

引用元: Amazon

制作年2010年
上映時間117分
監督ゲイリー・マーシャル
メインキャストジェシカ・アルバ(モーリー・クラークソン)、キャシー・ベイツ(スーザン・モラレス)、ジェシカ・ビール(カーラ・モナハン)、ブラッドリー・クーパー(ホールデン・ウィルソン)、エリック・デイン(ショーン・ジャクソン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

魅力的なアン・ハサウェイ

バレンタインデーの1日を舞台にしたオムニバス形式のラブストーリー。

アン・ハサウェイが演じるのは電話で男性のお相手を務めるバイトをする女性という、ある意味衝撃的でぶっ飛ぶ役。
でもアン・ハサウェイだからこそちっとも下品ではなくサバサバとして逆に魅力的。

他にもジュリア・ロバーツ、アシュトン・カッチャー、シャーリー・マクレーンなど豪華キャストが勢ぞろいしたハッピーな作品。

報告

13アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

引用元: Amazon

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(アリス・イン・ワンダーランド じかんのたび、原題: Alice Through the Looking Glass)は、2016年公開のアメリカ合衆国の冒険ファンタジー映画。ティム・バートン製作・製作総指揮。2010年の映画『アリス・イン・ワンダーランド』の続編である。 原題は原作のアリスシリーズ2作目『鏡の国のアリス』のそれだが、映画前作のキャラクターが多数登場する他、原作に登場しない人物も登場する。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

まさに白い女王!

もともと肌が透き通るように白いアン・ハサウェイが、役柄にぴったりハマった作品。前回は少し全体的に暗いイメージだったが、今回は色鮮やかにガラリと雰囲気を変えている。そのため、衣装も鮮やかな紫色の綺麗なドレスがさらに魅力を引き立てた。

かっきのたね子さん

1位に評価

報告

白の女王、めっちゃかわいい!

アリス・イン・ワンダーランドで白の女王役で出ています。美人で女王様の威厳をもっていて話しているのに、ちょっとズレてるところがクスっと笑えます。アリスにだけ話しかけるためにちょこちょこ走っていく姿もめっちゃかわいらしかったです。

くまもんになりたいにゃさん

1位に評価

報告

大人も楽しめるアリス

私たちの知っているアリスのお話よりもかっこよくてリアリティがあって大人も楽しめます。ただのファンタジーでは終わらないドキドキ感があって見ていて引き込まれ、映像も綺麗で飽きずに楽しめる映画なので好きです。

ぴょんさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

14ラブ&ドラッグ

ラブ&ドラッグ

引用元: Amazon

制作年2010年
上映時間113分
監督エドワード・ズウィック
メインキャストジェイク・ジレンホール(ジェイミー・ランドール)、アン・ハサウェイ(マギー・マードック)、オリバー・プラット(ブルース・ジャクソン)、ハンク・アザリア(スタン・ナイト博士)、ジョシュ・ギャッド(ジョシュ・ランドール)
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

セミヌードの濡れ場あり!!

少し古い映画ですが、ファン必見です。

Ryo1853

Ryo1853さん

4位に評価

報告

過激

病気の難しい役を難なくこなし、ラブシーンも見事に演じていました。画家の役でしたが、服装や髪型も可愛くて、いっとき憧れていました。男女の甘い恋からもつれまで流れるように見れるところが好きで、何度も見ています!

夏なつめさん

1位に評価

報告

リアルな真実の愛

女たらしのジェイミーが、マギーの難病の重さに打ちのめされながらも、受け入れ向き合っていき、支え合って乗り越えようとする姿勢がとても良かったです。リアルな現実もみせらながら向き合う気持ちに真実の愛を感じます。

ナムム55さん

1位に評価

報告

15ブライダル・ウォーズ

ブライダル・ウォーズ

引用元: Amazon

制作年2009年
上映時間89分
監督ゲイリー・ウィニック
メインキャストケイト・ハドソン(リヴ)、アン・ハサウェイ(エマ)、クリス・プラット(フレッチ)、スティーヴ・ハウイー(ダニエル)、クリステン・ジョンストン(デビー)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

こういうラブコメが好き

女同時のバトルは映画だからこそ笑ってみていられるので、こういうラブコメは大好きです。とにかくやりあっている2人が可愛いです。最終的にはハッピーエンドでなくても、友情や結婚について考えさせられる映画だなと思います。

usami

usamiさん

2位に評価

報告

自分の結婚式の参考になる!

結婚式に夢を見る教師のアンハサウェイ演じる主人公女性は、結婚式の準備をキッカケに親友と喧嘩し、お互いの結婚式の準備を邪魔し合うというストーリー。
堅実な性格の主人公と派手好きな親友の結婚式の準備のシーンがどちらもセンスがよく、海外の結婚式ってこんな感じなんだと疑似体験できる映像が良かった。

★mee★さん

1位に評価

報告

女子あるある

親友同士で同じ日に同じ場所で結婚式を挙げることになり、そこからケンカがはじまっていっておもしろい。相手を太らせるためにチョコレートを送って、ドレスが入らなくなったり、髪の染粉をいじって髪を青にしたりして、絶対に勝とうとするのがおもしろかった。

のどくゎんさん

1位に評価

報告

16ゲット スマート

ゲット スマート

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間110分
監督ピーター・シーガル
メインキャストスティーブ・カレル(マックスウェル・スマート)、アン・ハサウェイ(エージェント99)、ドウェイン・ジョンソン(エージェント23)、アラン・アーキン(チーフ)マシ・オカ)(ブルース)、ネイト・トーレンス(ロイド)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

全身整形美女

アンハサウェイ 演じる全身整形を終えたばかりのエージェント99。
まじで美しい。
ド派手なアクションシーンも楽しめます。

Minnie

Minnieさん

3位に評価

報告

17ワン・デイ 23年のラブストーリー

ワン・デイ 23年のラブストーリー

引用元: Amazon

制作年2011年
上映時間108分
監督ロネ・シェルフィグ
メインキャストアン・ハサウェイ(エマ・モーリー)、ジム・スタージェス(デクスター・メイヒュー)、ロモーラ・ガライ(シルヴィー)、レイフ・スポール(イアン)、ケン・ストット(スティーヴン)ほか
主題歌・挿入歌スパークリング・デイ / エルヴィス・コステロ
公式サイト-

もっと見る

ラストシーンが悲し過ぎて…

毎年訪れる7月15日だけを切り取り、1組の男女の23年にわたる愛の軌跡を描いた作品。

野暮ったい娘だったアン・ハサウェイ演じるエマが年を経るにつれ美しく魅力的になっていく姿に注目。

もしもあの時。
そのもしもは訪れないし、過ぎた時は戻らない。
ラストシーンがあまりにもせつなくて、ラブストーリーはハッピーエンドに限るとつくづく思ってしまった作品。

報告

一途な恋心を貫くピュアな女性を演じるアンハサウェイがなんとも魅力的

なかなか叶わない恋をあきらめず、相手を一途に待ち続ける知的で包容力のある主人公を演じたアンハサウェイ。
アンハサウェイの透明感が、主人公のピュアで一途な思いをうまく引き立てており、最初から最後まで見ていて切なさが止まらなくなる映画。

Hirohiro

Hirohiroさん

3位に評価

報告

18インターステラー

インターステラー

引用元: Amazon

制作年2014年
上映時間169分
監督クリストファー・ノーラン
メインキャストマシュー・マコノヒー(ジョセフ・クーパー)、アン・ハサウェイ(アメリア・ブランド)、ジェシカ・チャステイン(マーフィー・クーパー)、エレン・バースティン(マーフ)、マイケル・ケイン(ジョン・ブランド教授)ほか
主題歌・挿入歌First Step / ハンス・ジマー
公式サイト-

もっと見る

世界観がくつがえる

最新の科学的知見を基にしたSFでありながら、人間の幸せとは何なのか?とも考えさせられるストーリーであり非常に面白かった。恒星間飛行など荒唐無稽な話に思えるが、論理的には不可能ではないとのこと。特殊相対性理論、多次元などの概念は科学に詳しくなくても聞いたことのある人もいるだろう。アン・ハサウェイ演じるアメリア博士が、到達した星ですでに亡き恋人の墓を守りながら一人移住者を待つシーンは胸を打った。冷徹な科学者の一面を持ちながら、心は恋人のいる星へ向かおうとする。子供が親より先に老いる、究極の孤独に耐えられなくなるなど、本当に恒星間飛行が実現[続きを読む]

たまねぎさん

1位に評価

報告

アンハサウェイの違う一面がみれた作品

私が初めてアンハサウェイの作品を見たのはプラダを着た悪魔でした。ロングヘアでとても女性らしくセクシーでした。

インターステラーを観た時、ベリーショートにされていて、役柄も宇宙飛行士とガラリと雰囲気が変わっていて、こんなにも役でオーラの変わる女優さんなんだと驚きました!

ミニオン☆さん

1位に評価

報告

シンプルに演技力のうまさが感じられる作品

宇宙を飛行する科学者ということでアンハサウェイでは珍しく着飾っていないというかキラキラした女性の役ではないのだが、そこが良い。シンプルに演技のうまさが感じられる役だし芯の強いところが合っていて素敵。着飾っていないけど元々のキレイさも感じられます。

ほっしぃ☆さん

1位に評価

報告

とてもかっこいいアン・ハサウェイの本当の姿にびっくりした

魔女達の迫力がとても凄く主人公と仲間達の勇気ある行動に感動した。また、コメディ要素もありドキドキしながら笑えるとても面白い映画だった。アン・ハサウェイのとても魅力的な魔女の姿から一変して恐ろしい姿にクオリティの高さを感じた。ストーリーはとてもシンプルでわかりやすく子供から大人まで楽しめる内容だった。私はアン・ハサウェイの映画は恋愛映画しか見たことなかったのでいつもと違う役柄を見れてとても満足した。

バズーカ清水さん

1位に評価

報告

どんな役でも観客を魅了する女優

多くの名作に出演し、清楚な女性を演じる役が多いアン・ハザウェイであるが、「魔女がいっぱい」では彼女の華麗さ、美しさは勿論のこと、アン・ハザウェイ演じる魔女ならではの優美さが見られる映画である。

容姿が口裂け女で蛇に変身してしまう魔女だが、グロテスクな印象ではなく、綺麗な魔女という印象である。どんな役でもなりきり、魅了する女優は彼女だけではないだろうか。

piggyさん

1位に評価

報告

魔女になりきったポップな悪役

最近の映画で、CGがとても使われていました。
口が裂ける部分や手足の特徴など非常によくできていて、子供が見るには結構怖いんじゃないかなと感じました。
魔女役のヒールになりきった演技は見事でしたし、大人が見るにも十分楽しかったです。

お味噌汁大好きさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

20アンハサウェイ/裸の天使

アンハサウェイ/裸の天使

引用元: Amazon

『アン・ハサウェイ/裸の天使』(Havoc)は、2005年のアメリカ、ドイツ合作映画。『モンスター』の製作陣が、製作・製作総指揮を手掛けた。 脚本は『シリアナ』『アラモ』のスティーヴン・ギャガン。2006年のDVD特別賞(英語版)で、アン・ハサウェイが主演女優賞を獲得した。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

アンハサウェイを見る映画

内容、、、というよりはアンハサウェイの美しさを見る映画かな。平凡な日常に飽きてスリルを求めたくなった時などにちょうど良い作品かもしれない。

報告

21

21位~36位を見る

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

ページ内ジャンプ