みんなのランキング

【人気投票 1~70位】エンタの神様に出演した芸人人気ランキング!みんなが好きな芸人は?

陣内智則サンドウィッチマンアンジャッシュ東京03ラバーガールインパルスタカアンドトシぺこぱ桜塚やっくんジャングルポケット

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数70
投票参加者数283
投票数1,160

みんなの投票で「エンタの神様に出演した芸人人気ランキング」を決定!2003年から放送されていたお笑い番組『エンタの神様』。番組から人気になったお笑い芸人たちも少なくありません。好感度No.1芸人「サンドウィッチマン」や、2008年M1チャンピオン「NON STYLE」、映像を使ったコントで有名な「陣内智則」など多くのお笑い芸人が大集合。あなたがおすすめするエンタの神様に出演した芸人を教えてください!

最終更新日: 2023/01/30

ランキングの前に

1分でわかる「エンタの神様」

数々の芸人をブレイクに導いた大人気お笑い番組『エンタの神様』

『エンタの神様』は、2003年から2010年まで日本テレビ系列で放送されていたバラエティ番組。2012年以降は不定期に特別放送されており、リズムネタやショートコント、漫才などが楽しめる番組として人気を博しました。毎週レギュラー出演する芸人たちは「エンタ芸人」と呼ばれ、本番組がきっかけでブレイクしたお笑い芸人も多数。M1チャンピオンでもある「サンドウィッチマン」や「NON STYLE」、「アンガールズ」などのコンビや、「陣内智則」や「コウメ太夫」といったピンまで、これまでさまざまなお笑い芸人が活躍しました。

関連するおすすめのランキング

人気No.1のお笑い芸人といえば?

お笑い芸人ランキング

面白いお笑いコンビもチェック!

コントが面白い芸人ランキング

漫才が面白い芸人ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、『エンタの神様』に出演経験のあるお笑い芸人が対象です。グループ名もしくは個人名で、あなたが好きなお笑い芸人に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1陣内智則

(101人が評価)
生年月日 / 星座 / 干支1974年2月22日 / うお座 / 寅年
出身地兵庫県
プロフィール1974年2月22日生まれ。兵庫県出身。お笑い芸人。NSC大阪校11期生。1998年「ABCお笑い新人グランプリ」(第19回)優秀新人賞を受賞し、2009年「S-1バトル2009」12月月間チャンピオンになる。主なTV出演は、読売テレビ『八方・陣内・方正の黄金列伝』、フジテレビ『痛快TVスカッとジャパン』、TBS『もてもてナインティナイン』など。また、映画『劇場版 仮面ライダー電王 俺、参上!』やドラマも多数出演している。その他、DVD『NETA JIN』など数多く発売し、多方面で活躍。
代表作品バラエティー『痛快TVスカッとジャパン』
バラエティー『八方・陣内・方正の黄金列伝』
DVD・Blu-ray『NETA JIN3~Live Tour 2009 墜ちたら這い上がれ~』(2009)
公式SNSTwitter

もっと見る

頭がいい

ネタがしっかりとしていて、どのネタも面白いです。新ネタが出るたびにワクワクして見ていました。何度みても同じ箇所でくすっとしてしまうのであきない。くどくないですし、下品なところは一切ありませんし好感度の高いお笑いだと思います。老若男女問わず幅広い世代の人を笑わすことのできる陣内さんはとてもすごい。エンタの神様でも大体いつも、トリをかざっていたような気がします。実力のある証拠です。

あい

あいさん

1位の評価

報告

面白い

陣内智則のネタで好きなのが、噛み合ってない二人の会話シリーズ。
二人とも全然違うことを言っていて噛み合ってない会話のネタが一番好きでした。
ありえそうでありえない、というか普通な途中で絶対に気づくだろうなと思いつつ、ボケ方が豪快なので面白くて笑ってしまいます。ボケを淡々とするところ、あとは何気にテンポも良くてハキハキと喋るので聞きやすいところも好感度が高い。
変なボケに走らずに、しっかりとネタを作りこんでる感じも良い。

報告

テンポ良く進んでいくストーリーがとても心地良いです

初めて見たときは衝撃的でした。コント風のセット(舞台)と小道具を使って一人でノリ・ツッコミする芸風がとても新鮮で、陣内智則さんが他の芸人さんより飛び抜けて面白く感じました。特に笑ったのがテトリス、車の仮免講習、英会話の3つのネタでもう何十回も繰り返して見ました。陣内さんが「なんでやねん!」とツッコミを入れてグチグチ文句を言いながら演じるテンポがとても心地良いです。ピン芸人としてここまで中毒性の高いネタをたくさん持っているのは陣内さんだけで、単に面白いという評価だけでなく尊敬してしまいます。またこれからも新ネタを作ってテレビの視聴者を爆笑させて欲しいです。

報告
コメントをもっと読む

2サンドウィッチマン

(63人が評価)
メンバー伊達みきお(左)
富澤たけし(右)
結成1998年
プロフィールツッコミ担当の伊達みきおと、ボケ担当の富澤たけしからなるお笑いコンビ。2005年、2006年と「Mー1グランプリ」にて準決勝進出を果たし、2007年には敗者復活戦より勝ち上がり、遂にグランプリを獲得。また、2009年には「キングオブコント」にて準優勝。漫才・コントともに評価が高い"実力派コンビ"として数々のバラエティー番組、ラジオ、ライブなどで活躍する。主な出演歴は、ラジオ『サンドウィッチマンのラジオやらせろ!』、TBS『全種類』『笑撃!ワンフレーズ』他多数。
代表作品テレビ『サンドのぼんやり~ぬTV』
テレビ『おいしい闘技場』
ラジオ『キャンパス寄席』

もっと見る

笑いの東北魂を感じました

東日本大震災から10年になりますが、当時はその震災を経験したことで復興に力を注ぐ姿を見て魅力的に感じました。また、芸人としても面白くて話し方を見ると楽しくなり、厳しい時代の中で笑いを提供してくれたことが印象的です。また、キャラクターも良くて愛されるため、笑いにおける東北魂を感じました。被災地にも笑いで勇気を与えたことが印象深くなり今年で東日本大震災から10年を迎えるため、どのような進化を遂げているか興味深いです。

DADA

DADAさん

1位の評価

報告

3アンジャッシュ

(54人が評価)
メンバー児嶋一哉(左)
渡部建(右)
結成1993年
プロフィール児嶋 一哉と、渡部 建からなるお笑いコンビ。共にスクールJCA第1期生。NHK『爆笑オンエアバトル』では作り込まれたコントに定評があり、常に高得点を記録。2003年、5代目チャンピオンとなりその人気を不動のものとする。以後、日本テレビ『エンタの神様』、テレビ朝日『笑いの金メダル』などのネタ番組やバラエティー番組に多数出演。単独ライブやバカ爆走などライブ活動にも精力的。2005年、NHK『ポップジャム』では初の司会を務めた。その他の主な出演作品に、テレビ東京『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』、千葉テレビ『白黒アンジャッシュ』、日本テレビ『ウタワラ』など多数出演。
代表作品千葉テレビ『白黒アンジャッシュ』
テレビ東京『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』
NHK『ポップジャム』(MC)

もっと見る

コント仕掛けのスペシャリスト

死ぬほど笑わせてもらった。1番笑った。エンタをきっかけに1番好きな芸人さんになった。
もちろん、爆笑をかっさらうネタもすごいけれど、個人的に1番おお〜と思ったのが家庭教師と男のすれ違いネタ。最後「K.O.(慶応)」で終わったあの組み立てというか構成は本当に神がかってるなぁと今でも思う。

ちなみにコントに度々出てくる「まゆみ」は渡部さんの元カノ。

報告

すごく面白い

コントやテーマがすらすらと進でいいとおもんた

運天更夜さん

1位の評価

報告

4東京03

(44人が評価)
メンバー豊本明長(左)
飯塚悟志(中)
角田晃広(右)
結成2003年
プロフィールもともと「アルファルファ」というコンビで活動していた豊本と飯塚(1995年結成)に2002年、活動休止を経て解散したトリオ「プラスドライバー」の角田(1996年結成)で2003年に結成されたお笑いトリオ。NHK『爆笑オンエアバトル』では、アルファルファ、プラスドライバーともに、安定した実力で人気を博していた。第4回お笑いホープ大賞優勝。TBS『オロナミンC キングオブコント2009』優勝。多くのバラエティ番組に出演し活躍する。主な出演歴は、テレビ東京『ゴットタン』、千葉テレビ『白黒アンジャッシュ』、NHK『爆笑オンエアバトル』『演芸大賞』、日本テレビ『エンタの神様』、TBS『うたばん』、インターネットラジオK'z station『おしゃべりやってまーす第4放送』など。また、ライブ活動も精力的に行う。
代表作品テレビ東京『ウレロ☆無限大少女』
フジテレビONE『ウルトラ怪獣散歩』
テレビ東京『ゴッドタン』

もっと見る

三つ巴の笑劇場

飯塚さんの作るコントの素晴らしさを絶賛する芸人さんが多いのもうなづけるくらい、完成度の高いコントでめちゃくちゃ笑わせていただいた。なぜか豊本さんが家のなかにいるネタが好き。

報告

5ラバーガール

(39人が評価)
メンバー飛永翼(左)
大水洋介(右)
結成2001年
プロフィールツッコミ担当の飛永 翼、ボケ担当の大水 洋介からなるお笑いコンビ。スクールJCA10期生。2001年8月デビュー。『平成17年度NHK新人演芸大賞』本選進出。2006年、『お笑いホープ大賞』決勝進出。主な出演番組に、日本テレビ『エンタの神様』、TBS『ゲンセキ』、NHK『爆笑オンエアバトル』『ことばおじさんのナットク日本語塾』など多数出演する他、単独ライブ『パットミベラルーシ』などお笑いライブにも出演している。
代表作品BSフジ『beポンキッキーズ』レギュラー
NHK Eテレ『Let's天才てれびくん』レギュラー
TBS『キングオブコント』(2010・2014)

もっと見る

次世代の新ドローム

ラバーガールは飛永さんのツッコミが的確なのに淡々としているのがめちゃくちゃ好きだし、大水さんの誰も真似できない唯一無二の存在感がたまらない。
ホテルのチェックインのネタが1番好き。

報告

6インパルス

(38人が評価)
メンバー堤下敦(左)
板倉俊之(右)
結成1998年
プロフィール1998年結成のお笑いコンビ。共にNSC東京校4期生。堤下敦がツッコミ、板倉俊之がボケを担当。独創的なコントで人気を博している。主な出演歴は、フジテレビ『アッコにおまかせ!』『はねるのトびら』(レギュラー)、TBS『内村とザワつく夜』、『爆笑問題のバク天!』(準レギュラー)、日本テレビ『エンタの神様』他多数。
代表作品バラエティー『アッコにおまかせ!』
バラエティー『内村とザワつく夜』
バラエティー『はねるのトびら』

もっと見る

7タカアンドトシ

(37人が評価)
メンバータカ(左)
トシ(右)
結成1994年
プロフィールタカとトシにより、1994年に結成されたお笑いコンビ。コントと漫才の両方を披露。タカのボケに対し、トシが連続で「○○か!」とツッコミを入れるのが特徴で、その中で「欧米か!」のツッコミのフレーズが有名。主な出演作は、テレビ朝日『いきなり!黄金伝説。』、『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』、日本テレビ『天才!志村どうぶつ園』、北海道文化放送『タカトシ牧場』など人気番組に多数出演。
代表作品バラエティー『いきなり!黄金伝説。』
バラエティー『タカトシ牧場』
バラエティー『天才!志村どうぶつ園』

もっと見る

8ぺこぱ

(61人が評価)
ぺこぱ

引用元: Amazon

メンバーシュウペイ(左)
松陰寺太勇(右)
結成2008年
代表作品テレビ『M-1グランプリ2019』
テレビ『有田ジェネレーション』
テレビ『爆笑ファクトリーハウス 笑けずり』
チャンネルURLぺこぱチャンネル

もっと見る

ノリ、ツッコミがないのに面白い!

始めて見た時の「時を戻そう」が忘れられません。最初はツッコミがなくて物足りないなと思ったのですが時を戻そうと言われて大爆笑。彼らを見ていて色々なネタがあるんだなと思いました。普通のバラエティに出演している時でも面白くて、ついつい彼らが出演している番組を追いかけてしまいます。あの独特のメイクも慣れてきたら好きになりました。私は人を殴ったりするようなネタがあまり好きではないので彼らの芸風を、これからも続けて欲しいと思います。

藤

さん

1位の評価

報告

もう少し順位は上でいいと思う

「時を戻そう」やツッコまないで肯定するなど新しい漫才スタイルで観ていた時にすごく笑ったのを覚えているので順位はもっと上がいいと思います!

もたりさん

1位の評価

報告

革新的

ぺこぱのツッコまないツッコミは革新的で、見てるだけで和むし面白い。

KoBaさん

1位の評価

報告

10ジャングルポケット

(27人が評価)
メンバーおたけ(左)
太田博久(中)
斉藤慎二(右)
結成2006年
プロフィールメンバーは、おたけ、太田 博久、斉藤 慎二からなるお笑いトリオ。2006年に結成。全員がNSC東京校12期生。主なTV出演に、テレビ朝日『333 トリオさん』、TBS『ガンミ』、テレビ東京『一夜づけ』、中部日本テレビ『ゴゴスマ』などがある。その他、舞台は神保町花月公演の『ソビエト』、『8848』、『いきるきっかけ』などに出演。DVDも数多く発売される。
代表作品バラエティー『333 トリオさん』
情報番組『ゴゴスマ』
DVD・Blu-ray『JUNGLE BEST POCKET 』

もっと見る

とにかく斎藤さんが好き

ジャンポケの斎藤さんは本当に芸達者で、ジャンポケのコントを見ていると斎藤さんのうまさが際立って思わず見入ってしまいます。最近では斎藤さんが受けたいじめのことも話題になりましたが、人間的にも素敵な人だと思います。

mimiko

mimikoさん

1位の評価

報告

11アンタッチャブル

(19人が評価)
メンバー山崎弘也(左)
柴田英嗣(右)
結成1994年
プロフィール山崎 弘也と、柴田 英嗣からなるお笑いコンビ。1994年結成。人力舎のお笑い芸人養成所、スクールJCAの同期(3期生)。2004年、NHK『爆笑オンエアバトル』第6回チャンピオン大会で優勝すると同時に、M-1グランプリでも優勝、その名が全国区に。以後、多くのバラエティーで活躍。主な出演作品に、ABC朝日放送『ブルブルアンタッチャブル』、テレビ朝日『虎の門』『クイズプレゼンバラエティQさま!』『いきなり!黄金伝説。』、フジテレビ『うまッチ!』、日本テレビ『歌スタ!!』『極上腹ペコ旅レシピ』『伊東家の食卓』、TBSラジオ『アンタッチャブルのシカゴマンゴ』ほか多数。
代表作品NHK『爆笑オンエアバトル』(第6代チャンピオン)
テレビ朝日『いきなり!黄金伝説。』
朝日放送『M-1グランプリ2004』(優勝)

もっと見る

最高

アンタッチャブルを見て大爆笑してました!
大好きです!

メロさん

1位の評価

報告

12コウメ太夫

(55人が評価)
コウメ太夫

公式動画: Youtube

生年月日 / 星座 / 干支1972年4月20日 / おうし座 / 子年
出身地東京都
プロフィール1995年より梅沢富美男劇団に所属。1997年、お笑い芸人に転身。2000年、赤井貴名義でコンビ・JUMP‐2000を結成しボケを担当していた。コンビ解散後の2005年、「エンタの神様」に初出演を果たし小梅太夫としてブレイク。2009年、占い師の助言でコウメ太夫に改名した。「コウメ日記」と呼ばれる漫談スタイルが人気を博している。日本髪のかつら、着物に白塗りという姿で「チクショー!!」や「ウレチー」などと叫ぶことが特徴である。
公式SNSTwitter

もっと見る

10年後、こんなことになるとは誰が想像したでしょう

コウメ太夫がエンタに出ていたころ、おもしろいって思っていた人…そんなにいないですよね?!一発屋…ですらなく、キワモノ扱い、お笑いですらないと思っていました。それがなんということでしょうか。10年たって、一周回っておもしろい人になってしまった。シュールというか、もはやコウメ太夫というジャンルです。やはりたとえ突拍子もなくても、人の記憶に残るなにかをできる人ってそれだけで才能なのかもしれません。全力!脱力タイムズに毎週のように出てくるコウメ太夫さん、楽しみにしています。

報告

今も変わらず「コウメ太夫」でテレビに出続けているのが凄い

エンタ芸人では、「一発屋」と呼ばれる芸人さんも多くいますが、一発屋と呼ばれた芸人さんは、
現在では、ほとんどの方がテレビで見なくなってしまっています。

しかし、コウメ太夫さんは「一発屋」と言われても、今も変わらずにコウメ太夫一本でテレビに出続けています。
これは、簡単に出来る事ではありません。

同じネタをやり続けてテレビに出続けられている芸人さんは、ほんの一握りだと思います。

比較するのは良くないですが、同じ時期に人気だった波田陽区さんは、まったくテレビでは姿を
見る事がなくなりましたが、コウメ太夫さんは今でも出続けています。[続きを読む]

BEKO787

BEKO787さん

1位の評価

報告

チクショー

最近のネタのが面白くて好きです。チャンチャカチャンチャンって口ずさむ微妙な声と意味のわからないネタが笑いのツボに入ってしまいました。

buhi

buhiさん

1位の評価

報告
コメントをもっと読む

13キングオブコメディ

(18人が評価)
キングオブコメディ

引用元: Amazon

キングオブコメディは、かつてプロダクション人力舎で活動していたお笑いコンビ。キングオブコント2010年優勝者。メンバーの不祥事に伴い、2015年12月29日に解散した。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

人力舎無双

アンジャッシュ、ラバーガール、ドランクドラゴンなど、エンタの神様は人力舎の芸人さんが無双していたイメージ。
キンコメのネタもめちゃくちゃ面白くて、高橋さんの低温度なツッコミが大好きだったなぁ。誘拐犯と子供とか大好きだった。
いやぁ、本当に残念だ…。

報告

14渡辺直美

(19人が評価)
生年月日 / 星座 / 干支1987年10月23日 / てんびん座 / 卯年
出身地茨城県
プロフィール茨城県出身。NSC東京校12期生。2008年、関西テレビ『新春大売出し!さんまのまんま』に出演し一気にブレイク。TBS『ギャンブル・ザ・ワールド』、フジテレビ『笑っていいとも!』などバラエティーで活躍するだけでなく、映画『R100』に出演するなど女優としても活動の幅を広げている。
代表作品映画『R100』
バラエティー『ギャンブル・ザ・ワールド』レギュラー
バラエティー『笑っていいとも!』 レギュラー
公式SNSInstagram
Twitter

もっと見る

関連するランキング

カンナさーん!(ドラマ)

渡辺直美出演ドラマランキング

渡辺直美出演ドラマであなたがおすすめしたい作品は?

15にしおかすみこ

(17人が評価)
生年月日 / 星座 / 干支1974年11月18日 / さそり座 / 寅年
出身地千葉県
プロフィール千葉県出身のお笑いタレント。ボンテージ姿で鞭を持ち、SMの女王様スタイルで繰り広げられるネタでブレイク、一躍人気者に。一方、意外と美人なことや、実際は女王様キャラとは真逆の小心者で泣き虫な性格でも人気を集める。また、芸名『春風こえむ』として落語の舞台に立つ。2009年9月8日、『春風亭小朝独演会』にて初高座。初の単行本『化けの皮』が10万部を突破するなど、多才ぶりを発揮。数多くのバラエティー番組、ライブなどで活躍する。また、趣味のマラソンでは東京マラソン・さのマラソンなどに出場し、ベストタイムは4時間5分17秒。特技は水泳、潜水、陸上、ダンス(ヒップホップ・ブレイキング)、調理、三点倒立。
代表作品千葉テレビ『熱血BO-SO TV』レギュラー(MC・不定期)
信越放送『3時!ららら♪』レギュラー(不定期)
岡山放送『エブリのうち』レギュラー(不定期)
公式SNSInstagram

もっと見る

SM

SM嬢のような出立ち。クスッと笑える感じで面白いです。

報告

16オードリー

(21人が評価)
メンバー若林正恭(左)
春日俊彰(右)
結成2000年
プロフィールツッコミ担当・若林正恭、ボケ担当・春日俊彰の2人からなるお笑いコンビ。ネタでは春日の意味不明なツッコミや発言を若林がたしなめたり、逆に若林がツッコんだりするスタイルが定着し、このスタイルを「ズレ漫才」と若林が命名。また、春日の「トゥース!」という決め台詞が流行しブレイクを果たす。主な出演作は、日本テレビ『ヒルナンデス!』『スクール革命!』『NFL倶楽部』、テレビ東京『ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~』『超かわいい映像連発!どうぶつピース!!』、ニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』など他多数。
代表作品日本テレビ『ヒルナンデス!』
日本テレビ『スクール革命!』
ニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』

もっと見る

17いつもここから

(24人が評価)
プロフィール山田一成と菊地秀規のお笑いコンビ。『がぶ飲みミルクコーヒー』のCMでも起用されたスケッチブックを使った『悲しいとき―』から始まるあるあるネタで人気を博し、ネタ本『悲しいとき』が出版される。以降、数多く書籍を発表。子供向けテレビ番組『ピタゴラスイッチ』(NHK教育)にもレギュラー出演し、同番組でリリースした『アルゴリズムたいそう&こうしん』のCDも好評で、子供からお年寄りまで幅広い層に支持されている。ライブ活動も精力的に行う。また、菊地は『笑顔プロジェクト』と称し『似顔絵師キクチヒデノリ』として、どんな場所でも人々を笑顔にするため、日本全国で似顔絵を描いている。被災地、病院、孤児院など、人々を笑顔にするために菊地が訪れた場所は数知れない。今後も、全国を廻り、笑顔を届けに行くとのこと。
代表作品NHK『ピタゴラスイッチ』『ピタゴラスイッチミニ』レギュラー
日本テレビ『エンタの神様』
著書『悲しいとき』『悲しいとき2』『どけどけ』『どけどけ2』

もっと見る

19NON STYLE

(17人が評価)
メンバー石田明(左)
井上裕介(右)
結成2000年
プロフィール石田明と井上裕介により、2000年に結成されたお笑いコンビ。主に漫才を披露し、2007年に「爆笑オンエアバトル チャンピオン大会」(第9回)優勝、2008年に「オートバックスM-1グランプリ2008」(第8回)優勝、2010年には「Cook Do-1」(第1回)優勝を果たすなど、漫才師として高く評価されている。主な出演作は、読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』、BS日テレ『BS吉テレ』、MBSラジオ『エビ中なんやねん』、DVD『NON STYLE NON COIN LIVE in さいたまスーパーアリーナ』など多数。
代表作品バラエティー『大阪ほんわかテレビ』
MBSラジオ『エビ中なんやねん』
DVD・Blu-ray『NON STYLE NON COIN LIVE in さいたまスーパーアリーナ』

もっと見る

面白い!!

この前見たエンタの神様のキャンプに行くネタが面白い!
特に川遊びが面白い
水の川でなくて漢字の川の意外性がいい✨
オススメです!

名探偵コナン 風林火山さん

1位の評価

報告

20テツandトモ

(9人が評価)
プロフィールテツと、トモからなるお笑いコンビ。日大芸術学部卒業後、個々に活動し、1998年にコンビ結成。「なんでだろう~」で2003年新語・流行語大賞の年間大賞受賞。主な出演作品に、NHK『爆笑!オンエアバトル』、日本テレビ『エンタの神様』、フジテレビ『笑っていいとも!』、CM『カネボウフーズ「へんしんガムガム」』『NTTドコモ東海』『自動車盗難防止キャンペーン』など。
代表作品NHK『日曜スタジオパーク』
フジテレビ『めちゃめちゃイケてるッ!』
CD『テツandトモのなんでだろう』(1999)

もっと見る

21

21位~40位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

活動形態別の芸人ランキングはこちら!

ピン芸人ランキング

トリオ芸人ランキング

男女コンビ芸人ランキング

お笑い大会王者もチェック!

歴代M-1グランプリ王者ランキング

歴代R-1グランプリ王者ランキング

キングオブコント王者ランキング

歴代IPPONグランプリ王者ランキング

このランキングに関連しているタグ

芸能人・著名人の新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ