みんなのランキング

重松清の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

ビタミンF流星ワゴン(小説)きみの友だち(小説)ナイフ(小説)くちぶえ番長

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数33
投票参加者数58
投票数210

家族がテーマの物語を多く描いている作家『重松清』。今回は彼の作品にスポットをあて、みなさんの投票をもとに『重松清の人気書籍ランキング』を作成します。過酷な人生を生き抜く少年の軌跡を描く『疾走』をはじめ、吃音症の先生が孤独な生徒たちに寄り添っていく『青い鳥』や、友達とは何かを考えさせられる『きみの友だち』、2010年に吉川英治文学賞した、いじめがテーマの物語『十字架』などの人気作品は果たして何位にランクインするのでしょうか!?あなたがおすすめする作品を教えてください!

最終更新日: 2021/12/05

ランキングの前に

1分でわかる「重松清」

家族の絆を描くことが多い「重松清」

ビタミンF

ビタミンF
(引用元: Amazon)

重松清は、1963年生まれ、岡山県出身の作家。1991年に発表した青春小説『ビフォア・ラン』でデビューを果たします。続いて1999年に『ナイフ』で坪田譲治文学賞を受賞すると、同年に『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。そして2001年『ビタミンF』で最高の文学賞の1つ、直木賞を受賞しました。2002年には「本の雑誌年間ベスト1」に選ばれた人気作『流星ワゴン』を発表。以後は2005年に友情を題材にした短編集『きみの友だち』や原作・ドラマ共に高い評価を得ている『とんび』、傷を抱えた生徒たちとの交流を描いた『青い鳥』などを執筆します。絆や友情などをテーマにした作品が多いことで知られている重松清。一方で2012年に発表した『疾走』は、それまでの重松清作品とは毛色の違う衝撃作として各方面で話題になりました。

矢沢永吉の熱心なファンだった重松清

重松清はロックンローラー「矢沢永吉」の熱心なファンです。名曲『成りあがり』の歌詞に沿い、フォークギターを抱えながら夜行列車に飛び乗り上京。しかし、いざ東京に着くと、交通機関の混雑で死ぬかと思ったそう。それでも矢沢永吉や、同じくファンである吉田拓郎について、「地方に住む僕たちに『上京の物語』を与えてくれた」と感謝しています。

関連するおすすめのランキング

他の人気作家のランキングはこちら

村上春樹の書籍ランキング

星新一の書籍ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは重松清が手掛けたすべての作品が投票対象です。短編やエッセイ、共著にも投票可能です。また、田村章名名義の作品もOK!あなたの好きな重松清の作品に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

友だちとは?

友だちとは?を考えさせてくれる本であり、友だちが少ない私にとって希望と一つの答えを与えてくれものでした!重松さんは教育学部の出身ということもあってか、どの作品でも子どもたちの描き方が丁寧で、本作ではその魅力がぎっしりと詰まっていると思います!

わた

わたさん

1位に評価

報告

すぐ側にいる大切な人に気付く

学校での居場所の無さやコミュニケーションの難しさに悩んでいる、10人の少年少女たちを主人公にした連作短編集です。バラバラに思えていた登場人物やエピソードが少しずつ重なり合っていき、本当の意味での友だちについて考えさせられました。

報告

大切なものは少し

重松清さんは本当に青春群像が上手い方だと思った。少年だけでなく少女たちの世界観も繊細に描かれていて、共鳴し、胸が切なくなった。無駄に高いプライドを持て余し、小さな世界を必死で守る。懐かしくてチクリと痛みを伴う短編の連作集です。

報告
コメントをもっと読む

2流星ワゴン(小説)

流星ワゴン(小説)

引用元: Amazon

『流星ワゴン』(りゅうせいワゴン)は、重松清による長編小説。2001年1月号から12月号まで講談社の月刊小説誌『小説現代』に連載され、2002年2月8日に講談社から単行本が刊行された。直木賞受賞 (『ビタミンF』で2000年下半期)後初の長篇である。2002年度の本の雑誌年間ベスト1に輝いた。2005年2月15日には講談社文庫版が刊行された。2015年1月期にTBSで実写テレビドラマ化された。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

悲しく切ない父と息子のハートウォーミングなストーリー

私が重松清さんの作品の中で一番好きな作品は、ドラマ化されたことでも有名な「流星ワゴン」です。
私はドラマを見ていないので原作通りになっているかは分かりませんが、小説はとても切ないストーリーになっています。
離婚やリストラと不幸が続く主人公の元に、若い頃の父親が現れ、突然ワゴンで過去にタイムスリップしてドライブすることになります。
人生であったいろいろな分岐点を2人で振り返りながら、人生をやり直すストーリーです。

ERIKO

ERIKOさん

1位に評価

報告

生きていてもいいんだと思える

この小説の主人公のように「自分なんて生きていなくてもいい」と思うことがあります。しかし、生きていなくていい人なんていません。この小説を読むことで自分が知らなかったことを知ることができ、生きていてもいいのだと少しだけ思えました。

報告

人生に疲れ切った主人公がもう一度やり直そうとする感動作。

人生に疲れた主人公が死んでしまいたいと追い詰められる現実感に共感できます。実際にあるだろうなと思う主人公の立場に同情しつつ、彼がどのようにして再生していくかという過程が興味深く読み進めることができます。勇気がもらえる1冊です。

報告
コメントをもっと読む

3ナイフ(小説)

ナイフ(小説)

引用元: Amazon

『ナイフ』は、重松清による短編小説集。 社会問題となった「いじめ」について描く。1997年新潮社より刊行された。2000年に新潮文庫より再刊行されている。1998年に坪田譲治文学賞を受賞している。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

いじめで追い詰められる親子の苦しみが切実です。

1人の男子中学生を中心に、友達と家族について描かれます。クラスメイトの態度が一瞬にして変わることが、日常へ与える影響の怖さを感じました。追い詰められて、息苦しくなるような感覚を味わいました。苦しくなっても、ナイフが手元にあることで得られる安心というものが、少し理解できたように思います。

akino

akinoさん

1位に評価

報告

心に刺さる

自分がいじめられた経験があるからこそわかる気持ちや、主人公の思い言動などが題名通りすっと心に突き刺さる感じがなんとも言えず読み込んでしまった。また、いじめられたことがない人でもぜひ読んで欲しいし、いじめに対して真剣に考えるきっかけになる。

報告

自尊心で孤立しろ

『きよしこ』を読んで重松清さんが大好きになりました。小さな世界で圧迫され息をすることもままならない少年少女たちの苦しみや痛みが伝わり、こちらが心を圧迫されるような作品です。1人になって息継ぎも必要なんだよと背中を摩ってあげたい作品です。

報告
コメントをもっと読む

じんわりと心に響いてくる短編集

どのお話もすごく大きな事件があるわけではないのですが、読み終わると何か考えさせれる物語ばかりでした。
特に印象に残っているのが、架空の友達を作っている娘を描いた「セッちゃん」というお話なのですが、自分を守ろうとしつつ両親を安心させようとしている姿は中学生時代の自分を思い出して少し苦しくなりました。
正直気休めにしかならないラストシーンですが、親の愛情が感じられてなんだか少し泣きたくなったのを覚えています。

報告

読みやすかった!

私はこの小説は直木賞をとったことを知ってから読み始めました。短編集なので、とても読みやすくて、私に合っていました。
父親目線の話なので、ストーリーはとても新鮮!父親の考え方は今まで考えたことがなかったけど、なんか読んでいくうちに色々考えさせられました!

報告

重松清らしさの塊

重松清らしさが詰まった作品。
父親目線からさまざまな出来事がかかれ、いくつかの短編集となっている。これも身近な話題を取り上げているので読み進めやすいのが特徴である。
読みやすい長さで、お手軽に読めるところがまた良い。

報告
コメントをもっと読む

こんな女子がいたら。

強い主人公。男子にはとにかく負けづ嫌いです。いきなり学校でわたし、この学校の番長になる!というセリフは今でも覚えております。今はこんな強気で学校で過ごす女子はそういないんじゃないかと思いましたし男気あります。

報告

読みやすさ

好きな本トップ5に入るぐらい大好きな本です。作者の重松さんの記憶が書かれており、日勤を読んでいる感覚になり非常に読みやすく面白おかしく、少しジーンとくる小説です。童心に戻りたい時、開きたくなる本です。

報告

本を通して友達探しをしている設定にロマンを感じる!

作者である重松清さんが音沙汰がなくなってしまった幼なじみに捧げる小説。
女の子なのにサバサバしていて少しミステリアスな雰囲気を醸し出すまことに、主人公は翻弄されつつもだんだんと距離を縮めていき、まことの性格に惹かれ始め、いつしか2人はとても仲良しに。
大人になっても青春を思い返せる素敵な一冊です。

報告

6きよしこ

きよしこ

引用元: Amazon

『きよしこ』は、重松清による短編小説集。 新潮社より2002年11月に刊行された。いずれの作品も、作者自身の幼少期がモデルの少年きよしが主人公を務めている。 重松自身も吃音であり、その当時のつらい思い出などをまとめたものと言えるだろう。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

青春時代に出会って欲しい

自分はすっかり大人になってから出会った作品です。もっと早く『きよしこ』に出逢いたかった。一緒についた傷を悔しがり、立ち向かい、共に泣いたと思う。大人だからこそもどかしく、応援し、背中を見守りたいとは思えたけど、やっぱり一緒に奮起したかったなと思います。

報告

吃音を持って上手く話せない少年のストーリー

このお話の主人公は、生まれつき吃音を持った少年です。
言いたいことがあっても吃音が恥ずかしくて気にしてしまい、自分の殻に閉じこもってしまうのですが、少しずつ成長していくストーリーです。
これは作者自身の実体験と言われています。

ERIKO

ERIKOさん

2位に評価

報告

吃音について

この作品に触れた時に重松さんの実体験かと思わせる場面がいくつも出てきましたのでこんな苦労があったのかと思いました。少年時代ですしそれに野球好きなことは伝わりまた相手とのコミュニケーションは私もそうですが苦手だと感じました。

報告
コメントをもっと読む

7青い鳥(小説)

青い鳥(小説)

引用元: Amazon

『青い鳥』(あおいとり)は、重松清による短編小説および短編集。表題作は2008年に『青い鳥』として阿部寛主演で映画化された。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

青春が詰め込まれてる。


私が初めて読んだ作品です。なによりまず短編集で読みやすいのが特徴的です。映画の方も見ました。阿部さんの演技は印象的でした。ここでお気に入りはハンカチという話でした。自分にも身に覚えがある話でもあり、今でも大切にしております。

報告

上手く話せなくてもいい

吃音症の学校の先生のお話でどもってしまいながらも、生徒に実直に語りかけていく先生の描写に、重松先生から上手く話す事よりも大事な事があるのだと言ってもらえてるような気になっていました。コミュニケーション能力が重視される世の中ですが青い鳥のような先生がいたら子どもの心はもう少し健康な気もします。

報告

「大切な事」しか言わない

人より話すことが難しい先生だからこそ、「大切な事」は確かに伝わる温かさが心地よい。
子どもの声なき助けを汲み取ってただそばで見守る強さは、普通とは少し違う先生だから感じるもの。
自分の学生時代に、こんな先生がいてほしかったと強く思う。

humhum

humhumさん

2位に評価

報告

中学生の不安定な心がリアルに表現されている

この小説は私が重松清さんの小説を読むようになったきっかけでした。
主人公は中学生の男の子で、少年の繊細で不安定な上手く描写されています。
通り魔の事件のことやクラスメイトのこと、日常のささいなことから大きな事件まで、中学生にとっては毎日のあらゆる出来事に適応するのが精一杯。
そんな誰もが経験したであろうことが、この小説で思い出させてくれます。

ERIKO

ERIKOさん

3位に評価

報告

予想外

誰もが味わう中学生時、いわゆる思春期の苦悩により起こされる意味不明な行動、それが、通り魔殺人事件だった。
誰もがありえないと思っていた矢先、その犯人はクラスメイトだった。
中学生の「キレる」感覚というものを爽快に描ききった一作品で不思議な感覚を味わえます。

報告

少年犯罪を複数の視点で描いたミステリー的な面白さ。

連続通り魔殺人事件を加害者、被害者、第三者の視点で描いているところが面白い。ミステリーのように加害者の心理を解き明かしていく過程が非常に興味深く、引き込まれていく。最後にはエイジの考え方に共感させられて感動してしまいます。

報告
コメントをもっと読む

悲しいけれど優しい物語

避けられない死が間近に迫っている人とそのまわりの人たちがどうやってそれを受容して「その日」を迎えるのかという重いテーマを描きながらも、その悲しみの中に潜む優しさや想いが繋がる様を暖かいタッチで描写しているので不思議と読後感が柔らかく再び読みたいと感じました。

報告

死を、描く

普段は意識しない、そして出来れば向き合いたくない「死」というものを、悲しすぎない形できれいに描いてる本です。
誰もが経験する誰かの「死」、そして自分の「死」と向き合うために何が出来るんだろうそんな気持ちになりました。

わた

わたさん

2位に評価

報告

思春期に読むべき本

中学生の頃に初めて重松清の本を読んではまった一冊です。主人公の年齢ともほぼ同じで、その頃感じていた不安感や大人への恐怖心が共感していました。話が進むにつれて主人公の人生が崩壊していくさまを読んで、恐怖心がありつつも読むのを止められませんでした。

報告

絶望感にあふれる物語ですが心に残ります

本当に重たくて暗くて、どうしようもない絶望に見舞われる作品ですが、一度読みだしたら最後まで止まりませんでした。
主人公に光を与えるのは読者自身ではないかと思いました。彼はひとりではなかった、そう信じて本を閉じました。

報告

定年後の男性の悲哀に共感してしまいます

銀行員を定年になった男性の物語で、それまでこれという趣味もなく、仕事しか興味が無かった人間がどのように生活していくのかが描かれています。悲哀を伴った内容なので好き嫌いが分かれると思いますが、男性の自分からすると、人ごとではないとさえ感じてしまうリアルさでした。

報告

いのちの尊さ

ふるさと、友情、癌などをテーマとして扱っているが途中で息が詰まりそうなほど重いと感じた。人生をじっくり考えさせてくれる素晴らしい作品であり、登場人物全員にドラマがあり感動できた。大人と子ども全員におすすめしたいと思った。

報告

家族愛

愛情をうまく表現できない不器用な父親の愛情が十分に伝わる作品であり、実際にこのような人がいるなーと思い浮かべることができるような作品だった。また、ありきたりな設定で結末は想像できるが、最後まで読んでみようと感じる文面が魅力。

報告

ヒバゴンを題材として心温まる話です

過去に実際に話題にも未確認生物の“ヒバゴン”を捩った“ヒナゴン”を、大人になっても信じている仲間との物語です。「ヒナゴン」のタイトルで映画化もされており、この作者の書く小説の特長とも言える「暖かい話」を堪能できます。

報告

ハートフルな連作小説集

葬祭場の前にあるうどん屋を舞台にした話で、ストーリーテラーらしい重松清のちょっとほっこりする話です。
すごく泣けたり重かったりするよりも、こういうヒューマンドラマみたいな感じも好きです。

報告

16ポニーテール

関連するランキング

遠山和葉

ポニーテールキャラランキング

最もかわいいポニーテールの女性キャラは?

漫画感覚で読める

漫画のように情景が浮かんでくるようなお話が特徴的です。何気ない日常を、それぞれ登場人物が色々な思いを抱えながら生きています。柔らかく温かい文章が特徴的なので、寂しい時に読みたくなってしまうような作品です。

報告

血よりも濃い絆を描く

再婚した妻の連れ子の前で良き父親を演じなからも、別れた妻との間に授かった実の娘を忘れられない男の苦悩を描く社会派文学です。ふたつの家族がひとつになるために模索していく姿には、血の繋がりに頼らない新しい家族の形が伝わってきました。

報告

懐かしい

地方から都会へ進学した大学生の頃の自分と重なり合うシーンが多く、特に突飛な展開があるわけでもないが、思春期と社会人のはざまにすごした学生時代のなつかしさが膨らみ、非常に印象に残るっ作品だった。また年齢を重ねたら再読したいと思わせられた。

報告

それでも強く生きてゆく

一生の半分を過ぎた人々が背負い、諦めてきたものと向き合わなくてはいけない現実に胸が苦しくなる一冊。ありふれた人生の形の中で、微かに見える希望を掴むのか、読者にその先を預ける構図に、重松清の温かさを感じる。

humhum

humhumさん

5位に評価

報告

21

21位~34位を見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ