みんなのランキング

スター・ウォーズシリーズ映画人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数15
投票参加者数66
投票数273

みんなの投票で「スター・ウォーズシリーズの人気映画ランキング」を決定!遠い昔、遥か彼方の銀河系を舞台にした傑作ユニバース映画『スター・ウォーズ(STAR WARS)』。実写映画本編の第1作品目となる『スター・ウォ―ズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)を皮切りに、ヤヴィンの戦いから3年経った世界を描く『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980年)、帝国の時代を追った『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年)と、歴代作品は3部作で構成され、2019年公開の最新作を含め全9作が制作されています。そんな名作が多数存在するスター・ウォーズシリーズのなかから、あなたが最高傑作だと思う名作を教えてください!

最終更新日: 2021/11/29

注目のユーザー

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイク

投票した内容とコメントを見る

ランキングの前に

1分でわかる「スター・ウォーズ」

スター・ウォーズシリーズとは

巨匠ジョージ・ルーカス監督による、壮大なSF映画作品『スター・ウォーズ』。実写映画は2019年最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を含め全9作品。スピンオフ・アニメなど関連作品を合わせると30作以上に及びます。2017年に公開された最高傑作と名高い『スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』は興行収入1000億円を超え、スターウォーズシリーズ史上最大のヒットを記録しました。

スター・ウォーズシリーズの観る順番

実写映画本編の第1作品目となるのは、『スター・ウォ―ズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)。次作にヤヴィンの戦いから3年経った世界を描く『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980年)、3作目に帝国の時代を追った『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年)と続き、歴代作品は全3部作で構成されています。ルーク役のマーク・ハミル本人によれば、「エピソード1、2、3、『ローグ・ワン』、4、5、6、7、8」の順番で観るのがおすすめとか!

スター・ウォーズのスピンオフ&アニメ

スピンオフなど関連作品の人気が高いスター・ウォーズシリーズ。2016年公開の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ではジョージ・ルーカスの長年の思いと、気高く勇敢な戦士たちが描かれており、スターウォーズ初心者でも見やすいと好評。2023年にはスピンオフの最新作『Rogue Squadron』も制作予定です!

関連するおすすめのランキング

【総合】映画ランキングはこちら!

面白い映画ランキング

スターウォーズファンは必見!

スター・ウォーズキャラランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは『スター・ウォーズ(STAR WARS)』シリーズの歴代映画作品に投票可能です。スピンオフなど関連作品も投票OK!あなたのおすすめする『スター・ウォーズ』の名作を教えて下さい!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

引用元: Amazon

制作年2005年
上映時間140分
監督ジョージ・ルーカス
メインキャストユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)、ナタリー・ポートマン(パドメ・アミダラ)、ヘイデン・クリステン(アナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダー)、イアン・マクダーミド(パルパティーン最高議長/ダース・シディアス)、サミュエル・L・ジャクソン(メイス・ウィンドゥ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://starwars.disney.co.jp/

もっと見る

関連するランキング

ヨーダ

スター・ウォーズキャラランキング

好きなスター・ウォーズのキャラクターは?

陰謀が実を結んで、善を陥れる展開と最高のライトセーバー戦

スター・ウォーズは単なる勧善懲悪、ヒーロー物の作品と思われがちだけど、プリクエル・トリロジー(EP1~3のこと)以降は、戦争によって正義の在り方が歪み、悪が如何にして実験を握るかという奥深いストーリーとなっている。

このエピソード3は悪の努力が実を結び、善が屈するというスリルと哀愁が隣り合わせの内容となっていて、そうした混沌としたストーリーに相まったライトセーバーアクションは全作品の中でも最高峰の仕上がりとなっている。また、この物語は次の“希望”にバトンを回す引き立て役として収まっているのも魅力の一つ。

畑 史進(ハタフミノブ)

スター・ウォーズ研究家

畑 史進(ハタフミノブ)さん

1位に評価

報告

ダースベイダーの誕生

ジェダイとして着実に力を付けてきたアナキンスカイウォーカーが苦悩や葛藤の中、ダークサイドへと堕ちて行ってしまうというとても胸が苦しく切ないエピソード3です。
師匠のオビワンとの決戦は切なくなります。
でも終盤でのあのお馴染みのダースベイダーのマスクを着用し見た目もダースベイダーになったあのシーンは鳥肌モノです。

タツヤン

『スターウォーズマニアファンクラブ』会長

タツヤンさん

2位に評価

報告

イウォークたちがいれば…

イウォークたちがいればダースベイダーは生まれなかったかもしれない…

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

8位に評価

報告
コメントをもっと読む

2スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望

引用元: Amazon

制作年1977年
上映時間121分
監督ジョージ・ルーカス
メインキャストマーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://starwars.disney.co.jp/
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:なし

もっと見る

シリーズの原点にして、この一作だけでもエンターテインメントとして完結している一級品

今では信じられないけど、この作品が公開された1977年はまだSFが「子供だましの作品」として中々世の中に受け入れられていなかった時期。そんな時代にジョージ・ルーカスはこの作品に全てを注ぎ込んで全力投球を行った結果、ハリウッドだけに留まらず世界のエンターテインメントを大きく変えた。

そんな本作は既視感を覚えるような登場人物像や展開を交えていても、どこか新鮮な要素をはらみ、勧善懲悪な物語として結ぶという誰もがとっつきやすい映像作品として仕上げている。

シリーズの原点でありながら、一つのエンターテインメントとして完結している作品でもある。

畑 史進(ハタフミノブ)

スター・ウォーズ研究家

畑 史進(ハタフミノブ)さん

2位に評価

報告

スターウォーズ第1作にして最高傑作

スターウォーズ第1作目エピソード4です。ルーク、ハンソロ 、レイア、チューイ、3PO、R2、ベイダー 等お馴染みのキャラクターが出てきます。その個々のキャラクターの濃さも魅力の一つです。ストーリーも青年(農民)として極々普通に田舎で育ったルークが運命に従い宇宙へ旅立ち壮絶な冒険、闘いへ、、。という様な心躍る展開に発展します。

タツヤン

『スターウォーズマニアファンクラブ』会長

タツヤンさん

1位に評価

報告

イウォークたちがいれば…

イウォークたちがいればジェダイは復活しなくても…

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

5位に評価

報告
コメントをもっと読む

3スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還

引用元: Amazon

制作年1983年
上映時間133分
監督リチャード・マーカンド
メインキャストマーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ )、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー)、セバスチャン・ショウ(アナキン・スカイウォーカー)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

関連するランキング

ヨーダ

スター・ウォーズキャラランキング

好きなスター・ウォーズのキャラクターは?

絶望からの逆転劇への演出が美しいエピソード

シリーズの一区切りとなった本作はサーガ全体の最初の完結作でもあり、現在もなお、この作品で完結としてほしかったというファンの声は多い。

その理由はラストバトルがエピソード4のデス・スター戦のリブートと、ルークとベイダーが全ての元凶である皇帝の前で戦うという構図だからで、この並行して展開される戦いが「銀河の命運をかけた総力戦」という見せ方になっている演習の美しさにあるからだ。

そうして最後に放たれる悪のフォースの技が非常に衝撃的で、ここからの逆転劇に至る展開も王道かつ希望に胸が溢れる魅せ方となっているのもこのエピソードの魅力。

畑 史進(ハタフミノブ)

スター・ウォーズ研究家

畑 史進(ハタフミノブ)さん

4位に評価

報告

銀河を救った真の存在を忘れてませんか?

暗黒の銀河帝国を撃退することに一番貢献したのはジェダイでも反乱軍でもありません。エンドアの優しき原住民「イウォーク族」です。ヤブ・ナブ!

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

1位に評価

報告

これぞスターウォーズ!魅力がてんこ盛り!

旧三部作の最終章で、ルーク・スカイウォーカーたちが大活躍します。
フォースを使ったり、ライトサーベルで戦ったり、ミレニアム・ファルコン号が活躍したりと、スターウォーズらしさがてんこ盛りで、思わず胸が熱くなります。
終盤のルーク・スカイウォーカーとダースベイダーことアナキン・スカイウォーカーが親子としての絆を取り戻すシーンはうるっとしてしまいます。
個人的には最後にジェダイの騎士としてルーク達を見守るアナキンがイケメンで好きです。笑

報告
コメントをもっと読む

4スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

引用元: Amazon

制作年1980年
上映時間124分
監督アーヴィン・カーシュナー
メインキャストマーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー)、アレック・ギネス(オビ=ワン・"ベン"・ケノービ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)ほか
主題歌・挿入歌帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ) / ジョン・ウィリアムズ
公式サイト-

もっと見る

関連するランキング

ヨーダ

スター・ウォーズキャラランキング

好きなスター・ウォーズのキャラクターは?

シリーズの方向性を決定づけた伝説の作品

エピソード4の劇的な大ヒットの後の続編。という多大なプレッシャーがのしかかった本作は、後世までネタバレ厳禁となっている衝撃の新事実があり、結末を明示しないクリフハンガースタイルで終わらせることでより多くのファンを獲得し、熱狂の渦に包んだ。

その興奮は公開から40年以上経った現在でも色褪せることがない。特に、特殊効果の巨匠フィル・ティペットが手掛けた、冒頭の氷の惑星ホスに登場する4足歩行兵器AT-ATの特撮は、今もなお古臭さを感じさせない仕上がりだ。

畑 史進(ハタフミノブ)

スター・ウォーズ研究家

畑 史進(ハタフミノブ)さん

5位に評価

報告

最初から最後まで見逃す所は無い

スターウォーズファンは序盤のホスのシーンから気分は高まりますが、人気キャラクターでもあるヨーダの登場で更に気分は高まります。
惑星ダゴバに行ったルークとヨーダの初めて会うシーンや修行のシーンは名場面の一つです。
そして何と言ってもダースベイダーとルークの闘いのシーン。
そしてあの名台詞が出てきます。大どんでん返しです。
ハンソロとレイア2人の関係性(恋の行方)からも目が離せないエピソードです。
個人的には学生の頃は特にボバが好きだったので好きなエピソードでもありました。

タツヤン

『スターウォーズマニアファンクラブ』会長

タツヤンさん

3位に評価

報告

イウォークたちがいれば…

イウォークたちがいればAT-ATを倒して物語は終わっていたのに…

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

4位に評価

報告
コメントをもっと読む

5スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

引用元: Amazon

制作年1999年
上映時間137分
監督ジョージ・ルーカス
メインキャストリーアム・ニーソン(クワイ=ガン・ジン)、ユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)、ナタリー・ポートマン(アミダラ女王/パドメ)、ジェイク・ロイド(アナキン・スカイウォーカー)、イアン・マクダミード(パルパティーン議員/ダース・シディアス)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://starwars.disney.co.jp/
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:なし

もっと見る

「15年以上を経て公開されたシリーズにいかにして新規ファンを作るか」という命題に答えた

最終作から15年以上時間を開けてしまうと、どうしても客足が鈍ってしまう。いかに伝説的な作品だとしても……。
作品作りでは新しいファンを得る為には色々な施策を凝らすが、ジョージ・ルーカスは子供に焦点を当てることで新作の製作に臨んだ。

結果としてこの狙いは的中して、公開からすぐに子供たちは少年時代のアナキンに親近感を抱き、新キャラのジャージャー・ビンクスを面白がった。否定的な意見が多い本作ではあるけど、新時代の『スター・ウォーズ』の出発としてはマーケティング的に間違っていなかったと思う。

畑 史進(ハタフミノブ)

スター・ウォーズ研究家

畑 史進(ハタフミノブ)さん

6位に評価

報告

イウォークたちがいれば…

イウォークたちがいればあの子はジェダイにならなくても…

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

10位に評価

報告

アナキン可愛いー

アナキンがめちゃめちゃ可愛く、パドメはとても美しく、あぁ何でこんな可愛い子があのような凶悪人物に転身してしまうのか分からないくらい素直で可愛いです。物語を深く味わうためにはアナキンの生い立ちをしらなければならないので、本作は見逃せません。

nahanaha

nahanahaさん

5位に評価

報告
コメントをもっと読む

6スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け

引用元: Amazon

制作年2019年
上映時間142分
監督J・J・エイブラムス
メインキャストキャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、デイジー・リドリー(レイ)、ジョン・ボイエガ(フィン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://starwars.disney.co.jp/movie/skywalker.html

もっと見る

色んな要素を詰め込んだ『スター・ウォーズ』最初で最後の福袋作品

『スター・ウォーズ』はその人気ぶりから、様々な公認・公式のスピンオフ作品が作られてきた。ところがそうしたスピンオフは例外を除いて、ほぼ非公式の歴史として正史から抹消されてしまっていた。

だけど、この作品はスピンオフで作られた設定をすくい上げて、142分の映像の中に全て詰め込んだ。それは開けるまで何が入っているかわからない福袋そのもので、公開(販売)されてからこの作品を観終わるまでは何が入っているのかわからないドキドキ感を提供してくれた。

畑 史進(ハタフミノブ)

スター・ウォーズ研究家

畑 史進(ハタフミノブ)さん

9位に評価

報告

イウォークたちがいれば…

イウォークたちがいればみんな満足の完結になっていたかもしれない…

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

9位に評価

報告

とにかくエモい!

スターウォーズファンにとっては“エモい”が詰まった作品です!
続三部作の主人公、レイの正体が何者なのかが判明するとともに、キャラクター達が黒幕との最終決戦に向けて大活躍します。
ルーク・レイア・ソロの全員が出演するほかに、カルリジアン男爵など懐かしいキャラクターも登場し、シリーズのラストを飾るにふさわしい、まさに全員集合で歓喜しました。

報告
コメントをもっと読む

7スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

引用元: Amazon

制作年2002年
上映時間143分
監督ジョージ・ルーカス
メインキャストユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)、ナタリー・ポートマン(パメド・アミダラ)、ヘイデン・クリステンセン(アナキン・スカイウォーカー)、イアン・マクダーミド(パルパティーン)、ペルニラ・アウグスト(シミ・スカイウォーカー)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

関連するランキング

ヨーダ

スター・ウォーズキャラランキング

好きなスター・ウォーズのキャラクターは?

『スター・ウォーズ』の女性ファンを増やすという目論見に成功した快作

今でこそ老若男女に愛されている『スター・ウォーズ』シリーズだけど、果たしていつ女性ファンを増やすことができたのかというと、この作品の影響はかなり大きい。

制作当初からジョージ・ルーカスは女性ファンの獲得を目標としており、アナキンとパドメの激甘なメロドラマは、この作品にとってなくてはならない要素だった。これも目論見として大当たりとなり、決して熱量が高いといえない女性ファンのなかでも、この作品を好む人は多い。

畑 史進(ハタフミノブ)

スター・ウォーズ研究家

畑 史進(ハタフミノブ)さん

7位に評価

報告

イウォークたちがいれば…

イウォークたちがいればアナキンはそっちに恋をしていたかも…

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

13位に評価

報告

平和

アナキンがまだダークサイドに落ちておらず善良な心を持っておりパドメ・アミダラに護衛でついていくけれども恋しており2人の幸せな雰囲気が伺えるのでこの映画を見てるときはとても平和だなと思いました。2人で共に戦うシーンもすきです。

報告
コメントをもっと読む

8ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

引用元: Amazon

制作年2016年
上映時間133分
監督ギャレス・エドワーズ
メインキャストフェリシティ・ジョーンズ(ジン・アーソ)、ディエゴ・ルナ(キャシアン・アンドー)、アラン・テュディック(K-2SO)、ドニー・イェン(チアルート・イムウェ)、チアン・ウェン(ベイズ・マルバス)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

関連するランキング

ヨーダ

スター・ウォーズキャラランキング

好きなスター・ウォーズのキャラクターは?

イウォークたちがいれば…

イウォークたちがいればラストバトルは完全勝利していたのに…

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

7位に評価

報告

名も無き者たちの物語

スターウォーズのスピンオフシリーズの一つ。
映画以外も含めればスターウォーズのスピンオフは数多く作られていますが、ここではエピソード4の直前、デス・スターの設計図を手に入れようとした者たちの姿が描かれています。
死が目の前に迫っていても、自分達の使命を果たした者たちの姿は悲しくも美しい。
スターウォーズには珍しい全滅エンド。
最後に登場するダース・ベイダーの鬼神のごとき強さもカッコいい。

報告

名も無き民の戦い

サブストーリーですが、泣けました。エピーソード3とエピーソード4の間のストーリーで名兵器デススターを破壊するための物語です。大抵映画の主人公は周りがどんなに死んでも生き残るものですが、本作はエピーソード4以降出てこないキャラクター達、つまりスターウォーズ界では名も無き人々が命を賭して、デススター攻略の糸口を探り未来に委ねる作品で思わず泣けてきました。熱い、熱いストーリーです。

nahanaha

nahanahaさん

4位に評価

報告
コメントをもっと読む

9スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間136分
監督J・J・エイブラムス
メインキャストハリソン・フォード(ハン・ソロ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー )、キャリー・フィッシャー(レイア姫)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、デイジー・リドリー(レイ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://starwars.disney.co.jp/movie/force.html

もっと見る

関連するランキング

ヨーダ

スター・ウォーズキャラランキング

好きなスター・ウォーズのキャラクターは?

旧来のファンの熱量を再び高めた新時代の同窓会

ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー。

エピソード4~6で共演したこの三人が再び同じ映画に出演することは、たとえ作品が違っても映画界では無いと思われてきた。4~6を当時リアルタイムで見てきた人にとっては貴重な経験で、後からファンになった人にとっては羨ましいものだった。

ところが、2015年に続三部作としての幕開けを告げた本作はそんな伝説的なキャストが揃っただけでなく、新旧時代のファンが映画館で一堂に会する最高の同窓会作品としても夢を叶えてくれた。そういった意味でもこの作品は感謝の意を抱かせてくれる良作だ。

畑 史進(ハタフミノブ)

スター・ウォーズ研究家

畑 史進(ハタフミノブ)さん

8位に評価

報告

イウォークたちがいれば…

イウォークたちがいればカイロ・レンも幸せを見いだせただろうに…

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

6位に評価

報告

待ってました!スターウォーズ同窓会

新たなるEPである、EP7、旧6部作に登場したキャラも再登場に加え、新キャラクターも多数登場、ここから新たなスターウォーズ伝説の幕開けな作品です。
そして、1番最後のシーン、主人公レイが、伝説のジェダイマスター、ルーク・スカイウォーカーに会いに行くシーン、スターウォーズファンには鳥肌のシーンです。
このシーンを見るためにこの映画を待ち望んでいた人も少なくはないはずです!

tayuu

tayuuさん

3位に評価

報告
コメントをもっと読む

10スター・ウォーズ/最後のジェダイ

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

引用元: Amazon

制作年2017年
上映時間152分
監督ライアン・ジョンソン
メインキャストマーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、デイジー・リドリー(レイ)、ジョン・ボイエガ(フィン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html

もっと見る

関連するランキング

ヨーダ

スター・ウォーズキャラランキング

好きなスター・ウォーズのキャラクターは?

『スター・ウォーズ』という概念に挑戦した意欲作

公開後にストーリー・演出について議論が巻き起こり、現在、ファンの間で最も疎まれるエピソードではある。しかし僕にとってこの作品は『スター・ウォーズ』という作品に挑戦し、シリーズを新しい方向に持っていくために「ハイパースペース特攻」など今までに無かったストーリー展開、演出を試みた作品として評価している。

それは、ジョージが監修していた頃は常に『スター・ウォーズ』という作品は新しい技術・演出・ストーリー展開を模索し続けてきたことによるもので、そこに魅入られたから僕のようなファンはこの作品を好意的に受け入れて3位という順位に上げるわけだ。

畑 史進(ハタフミノブ)

スター・ウォーズ研究家

畑 史進(ハタフミノブ)さん

3位に評価

報告

イウォークたちがいれば…

イウォークたちがいればもっと衝撃の展開が待っていたかも…

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

11位に評価

報告

ルークがかっこいい

新しくメンバーが増えたことが意外でとても入り込みました。カイロ・レンとレイの戦うシーンなんかはもう感慨深いし、とてもかっこよかったです。そしてジェダイとして命かけて戦うルークはもうかっこよすぎて死んでほしくなかったです。

報告
コメントをもっと読む

11イウォーク・アドベンチャー

イウォーク・アドベンチャー

引用元: Amazon

制作年1984年
上映時間97分
監督ジョン・コーティ
メインキャストエリック・ウォーカー(メイス)、ワーウィック・デイヴィス(ウィケット)、フィオヌラ・フラナガン(カタリーン)、ガイ・ボイド(ジェレミット)、オーブリー・ミラー(シンデル)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

ずっと見ていられる…

イウォークたちは今日ものんびり暮らしていましたが、人間の子どもと出会い、助けてあげることにしました。ハンソロは食べるけど、この子は食べないのです。優しい。ヤー=ヤー!

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

2位に評価

報告

ずっと見ていられる…(2度目)

イウォークたちはやっぱり今日ものんびり暮らしていましたが、わけのわからない魔女の登場で生活が台無し。でもやっぱり人を助けるのです。優しい。イー・チー・ワ・マー!

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

3位に評価

報告

13ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

引用元: Amazon

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(原題:Solo: A Star Wars Story)は、2018年公開のアメリカ映画。監督はロン・ハワードが務め、主要キャストとしてオールデン・エアエンライク、ウディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー、タンディ・ニュートンが出演している。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

関連するランキング

ヨーダ

スター・ウォーズキャラランキング

好きなスター・ウォーズのキャラクターは?

イウォークたちがいれば…

イウォークたちがいれば忘れられないスピンオフになったかも…

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

12位に評価

報告

運営からひとこと

歴代シリーズが集まった「スター・ウォーズシリーズ映画人気ランキング」。みんなはどの作品に投票しました?ほかにも「泣ける映画ランキング」や「面白い映画人気ランキング」など、投票受付中のランキングが多数あります。ぜひCHECKしてください!

関連するおすすめのランキング

洋画から邦画まで!最も人気の作品は?

面白い映画ランキング

ジャンル別!人気の映画を要チェック!

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

スターウォーズシリーズはランクイン?

面白い洋画ランキング

アメリカ映画ランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

ページ内ジャンプ