みんなのランキング

ホーリーランド

ホーリーランド

引用元: Amazon

作者森恒二
ジャンル青年漫画
出版社白泉社
連載ヤングアニマル(2000年20号〜2008年11月号)
巻数全18巻
参考価格555円(税込)

『ホーリーランド』は、森恒二による日本の格闘漫画、またそれを原作としたテレビドラマ。『ヤングアニマル』(白泉社)にて2000年20号から2008年11号まで連載された、全182回。単行本全18巻。不良たちによる路上での喧嘩(ストリートファイト)と格闘技を題材とした漫画。 (引用元: Wikipedia)

コメント・口コミ

全 8 件を表示

格闘漫画ランキングでのコメント・口コミ

ひきこもりが街の不良達から恐れられる存在に

ひきこもりの主人公が、自己流で格闘技の練習をし、町の不良たちを撃退していくストーリーは、とても爽快感を感じさせてくれます。この漫画の特徴の一つに、作中のナレーションが多いというのがありますが、そのナレーションが、状況説明や格闘技の解説をわかりやすくしてくれるので、そこも地味に好きです。

りょう

りょうさん(男性・40代)

3位に評価

格闘漫画ランキングでのコメント・口コミ

部屋で練習

ボクシングの本を読みながら、ひたすら部屋でジャブの練習をする。それだけで強くなれると思い込んでいた時期がありました。あと、多人数戦におけるセオリー「頭から潰す」は、この漫画だと悪手で「1番弱い奴から潰す」が正しいんだそう。

ほろけい

ほろけいさん(男性・20代)

1位に評価

ためになる漫画ランキングでのコメント・口コミ

喧嘩に強くなる

この漫画は引きこもりの主人公がヤンキー狩りと呼ばれるようになるまでを描いている作品ですが、喧嘩になったらどのように対処すると良いのかといった内容が、作者の体験談を交えて解説してくれます。引きこもりから街のヤンキー達から一目置かれるようになるまでの過程は成り上がりのようで見ていて大変面白いと思いますし、読んだだけで強くなったと錯覚するような漫画作品です。格闘好きにオススメです。

飲め太郎

飲め太郎さん(男性・30代)

1位に評価

格闘漫画ランキングでのコメント・口コミ

いじめられっ子の逆襲

学校でいじめられている生徒が何らかの形でその状況をはねかえすという作品はいくつもあるが、これだけ直接的な形でというのはこの作品くらいではないだろうか。いじめられっ子の主人公・神代ユウは独学で学んだボクシングを使い、夜な夜な「ヤンキー狩り」を行う。様々な相手と戦う中で、個性豊かな格闘技の技を使う敵が現れる。格闘技の図鑑的な見方をしても楽しい作品。

道化

道化さん(男性・30代)

3位に評価

ボクシング漫画ランキングでのコメント・口コミ

男なら一度はやる妄想の体現

途中からキックボクシングも駆使するので純粋なボクシング漫画ではないですが、主人公のルーツがボクシングの為、ボクシング漫画としてこちらを選びました。
男であれば一度は家でシャドーボクシングをして、悪党を倒す妄想をしていたはずです!
この作品は、その妄想を体現した内容となっています。
途中で主人公が弱くなってしまうなど、作中に工夫があり、極端なパワーインフレは起きません。
全体的に上手くバランスが取れている良作だと思います。

白紫

白紫さん(男性・30代)

2位に評価

面白い漫画ランキングでのコメント・口コミ

ストリートファイト

自分の存在を希薄に感じていたいじめられっ子の青年神代ユウが、ボクシングの本を読み、ストリートファイトの世界に身を投じていくお話。

レスリング、柔道、などなど、様々な格闘技を使う猛者たちと激闘を繰り広げ、パンチだけでなくキックも覚えるなど、とんでもないスピードで成長する神代ユウがすごい。

ほろけい

ほろけいさん(男性・20代)

48位に評価

格闘漫画ランキングでのコメント・口コミ

格闘技の知識

若干作者の意向がでて、格闘技経験者からすると?が飛ぶ内容もありますが、主人公の成長を見れてどうやって勝利していくのかも軽く読む分には時間つぶしになります。1、2位と比べると見劣りしますがたまに読みたくなる漫画です。

じぇみ

じぇみさん(男性・20代)

3位に評価

格闘漫画ランキングでのコメント・口コミ

新境地

真面目で内気な主人公の青年が街の不良との喧嘩を通して成長するストーリー。ボクシング、空手、柔道から喧嘩術まで、格闘理論を掘り下げて解説されている意欲作です。青年期ならではの人間ドラマ物語もこの漫画の見どころ。

シェノノノ

シェノノノさん(男性・20代)

1位に評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「漫画」タグで人気のランキング