みんなのランキング

大谷吉継

大谷吉継
生没年1559年〜1600年

大谷 吉継(おおたに よしつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。豊臣秀吉の家臣で、越前敦賀城主。名前については「吉隆」ともされるが、現存する古文書で「吉隆」と署名する文書は確認できず、いずれも「吉継」である。通称は紀之介、号は白頭。官途は刑部少輔で、大谷刑部(おおたに ぎょうぶ)の通称でも知られる。業病を患い、眼疾のために失明して関ヶ原の戦いでは輿に乗って軍の指揮を執ったが、小早川秀秋らの離反で敗戦すると家臣・湯浅隆貞の介錯で切腹して死去した。(引用元: Wikipedia)

コメント・口コミ

全 11 件を表示

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

戦国きっての人格者

彼のエピソードはその人格者ぶりを示すものが多いです。人柄が穏やかであるというような表面だけのものではなく、親友でもある石田三成に対して「お前は人望がない」という、指摘しにくい点をしっかり指摘したというような相手を本当に思いやった行動が目立ちます。関ヶ原の戦いで豊臣家についたのも、親友である三成と運命をともにすることを選んだのが大きな理由であったといいます。戦国の世で自分の名を馳せようとするのではなく、友のためにその命を預ける人柄にとても惹かれます。

ゆたかさん

ゆたかさんさん(男性・20代)

1位に評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

義を尽くした武将

大谷吉継は、関ヶ原の戦いにて、味方の裏切りによって苦境に立たされた西軍において、最後まで何とか抗おうとした武将です。それは、西軍の実質的なリーダーである、石田三成への、義の気持ちによるものでした。その気持ちは、現代においてもきっと必要とされるもので、見習わなければならない存在だと思います。

パピコ

パピコさん(男性・30代)

1位に評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

友達思いの優しい武将

大谷吉継はハンセン病だったので顔を隠して生きていました。なので友達もいなかったようですが、石田三成の優しさに惹かれてついて行くことになりました。大谷吉継の素敵なところは、石田三成が負け戦をする時に、結果が分かっているのに加勢したところです。友達のために死を選んだ彼が素敵でした。

ゆら

ゆらさん(女性)

2位に評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

義理深い

自分の家や家臣を守るために東軍につくべきだった
でも西軍についたので人気がある

ひろ

ひろさん

3位に評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

文武を兼ね備えた人格者

もし、この人に一万以上の兵があったなら、小早川の裏切りの前に序盤で東軍を切り崩しいただろう。義理婿の真田信繁と二分するほどのモノノフ。そして何よりも人柄良い。ハンセン病で他の豊臣家臣から、煙たがられても変わることなく人格であった

さくらさんの評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

義に厚い、戦国時代屈指の智将

関ヶ原の戦いにて、吉継は家康が秀吉の次に天下を取るを予想していましたが、吉継は幼馴染であり、親友の三成が家康を討つと聞かされ、吉継は覚悟を決め西軍に属します。また、秀吉の家臣であった時に、
秀吉から「いつか吉継に百万の軍を指揮させてみたいものだ」と、言われました。

kainoshinさんの評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

豊臣秀吉

えぇあったことあるの!あいたいぃー

手取りがわのたたかいさんの評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

一番好きな武将

義に厚く、武にも優れ、智も傑出した武将。私の子供にも「吉継」とつけたほど尊敬してやまない。名古屋にいた時は毎年関ヶ原に行ってお墓参りしました。素晴らしい❗

多聞丸さんの評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

自分より友を選んだ英雄!

頭をよく関ヶ原で三成が負けるとわかっていながら友の三成を選んだ名将

戦国大好き武田大好きさんの評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

可哀想小早川め

むむむむむむ豊臣の味方

豊臣家の味方さんの評価

軍師ランキングでのコメント・口コミ

とてもすきです

小十郎さんの評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング