みんなのランキング

阿部寛出演ドラマ人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

下町ロケット(ドラマ)TRICK結婚できない男ドラゴン桜(ドラマ)白い春

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数14
投票参加者数30
投票数86

ファッション誌のモデルとして飛躍し、現在は俳優として第一線で活躍する阿部寛。シリアスからコメディまで幅広い役柄をこなし、これまでに数えきれないほどの作品に出演してきました。今回みんなの投票で決めるのは「阿部寛出演ドラマおすすめ人気ランキング」。主演作には、仲間由紀恵とのコンビで好評を博した『TRICKシリーズ』(2000年~)や、独身男を好演した『結婚できない男』(2006年)のほか、『白い春』(2009年)、『新参者』(2010年)、『下町ロケット』(2015年・2018年)がありますが、これはほんの一握り。あなたはどの作品に投票しますか?

最終更新日: 2021/09/23

ランキングの前に

1分でわかる「阿部寛」

モデルから日本を代表する俳優へ、幅広い役柄を演じる「阿部寛」

阿部寛は、1964年6月22日生まれ、神奈川県出身の俳優。ファッションモデルとして活躍したのち、1987年に出演した映画で俳優としてデビューし、テレビドラマに出たのは翌年でこのときは脇役でした。その後、俳優業を主として活動するも、モデル出身という肩書や顔立ちから二枚目な役しか与えられず、高身長っぷりも相まって女性出演者とのツーショットが撮りにくいとの理由から、不遇の時代を迎えてしまいます。しかし、1993年につとめた初主演舞台『熱海殺人事件 モンテカルロ・イルージョン』以来、映画やテレビドラマにも出演。1995年に放送されたNHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』への出演を皮切りに、多くの時代劇への出演が増え、名脇役としての地位を確立していきました。それから、2000年に放送された大人気作『TRICK』でコミカルな三枚目役を演じたことがきっかけで俳優として一気に大ブレイク。『結婚できない男』(2006年)や『白い春』(2009年)、『新参者』(2010年)、下町ロケット(2015・2018・2019年)といった主演ドラマを続々と増やしていきました。

関連するおすすめのランキング

人気No.1の名作ドラマは?

面白いドラマランキング

ジャンル別ドラマランキングはこちら

ドラマおすすめ人気ランキング!全26ジャンル別・2021年版

最も演技が上手い国内俳優といえば?

演技派俳優ランキング

今期新作ドラマはこちら!

2021春ドラマランキング

阿部寛の出演映画もチェック!

阿部寛出演映画ランキング

ユーザーのバッジについて

阿部寛出演ドラマを全作品観たことがある。

阿部寛出演ドラマを30作品以上観たことがある。

阿部寛出演ドラマを10作品以上観たことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1結婚できない男

結婚できない男

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー仕事の評価は高く、ルックスも悪くない建築家の主人公・信介は、卑屈な性格から女性や結婚を嫌悪し、独身生活を謳歌していた。しかし、空虚な日常は女医・夏美との出会いによって変化し始める。
放送年2006年
放送局フジテレビ
脚本尾崎将也
メインキャスト阿部寛(桑野 信介)、夏川結衣(早坂 夏美)、国仲涼子(田村 みちる)、塚本高史(村上 英治)
主題歌・挿入歌スイミー / Every Little Thing
公式サイトhttps://www.fujitv.co.jp/b_hp/shinsuke/

もっと見る

関連するランキング

個性的だけど憎めない桑野さんが素敵でした。

とても好きなドラマです。阿部寛さんは、役柄によって全く違う人になってしまうような印象です。桑野さんの猫背なところとか、几帳面すぎるところとか、一言多いところとかが、こういう人いそうだな、と思い浮かべやすく、阿部寛さんの演技力ってすごいなあと思いました。

阿部寛の代表作

自分が阿部寛を知った最初のドラマで非常に面白い人だと思った。ドラマ自体が非常に面白く今でもたまに見返すほど気に入ったドラマである。今となっては、あの独身男の役は他の俳優では務まらないと思うほどである。

notfound

notfoundさん

1位に評価

休日に一人で過ごして悪いか!

何事にもうがった見方をする、天邪鬼で皮肉屋の建築家・桑野信介を演じた阿部寛さん。市川由衣さん演じる女医や、我らが国仲涼子さん演じる隣人女性といい感じになりそうでならない感じがたまらない。

とにかくお一人様を満喫している桑野。
「休日に1人で過ごして悪いか!」
「家事をさせるためなら家政婦を雇えば済む話だ」
「他人がうちに入ると空気がこう、淀む感じがするんだよな。」
などの発言で、結婚を否定しつつ、お一人様の魅力を存分に語った。

あと、桑野がライバル建築家・金田(演:高知東生)のブログをチェックして、「あいつ仕事してないな......」なんてつぶやきながら部下の村上英治(演:塚本高史)に報告するところも好き。

2019年10月から放送を開始する「まだ結婚できない男」もめちゃくちゃ楽しみ!また桑野ワールドが見れると思うと、ワクワク!!

コメントをもっと読む

2TRICK

TRICK

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー自称売れっ子奇術師の山田奈緒子(仲間由紀恵)と大学助教授の上田次郎(阿部寛)のコンビが理屈では解決されないとされた超常現象や奇妙な事件に隠されたトリックを暴いていくサスペンスミステリー。
放送年2000年
放送局テレビ朝日
脚本蒔田光治、林誠人、太田愛、福田卓郎
メインキャスト仲間由紀恵(山田奈緒子)、阿部寛(上田次郎)
主題歌・挿入歌Mystic Antique / 辻陽
月光 / 鬼束ちひろ
公式サイトhttp://www.yamada-ueda.com

もっと見る

関連するランキング

トリック3 episode4「死を呼ぶ駄洒落歌」

TRICKシリーズ神回ランキング

TRICKシリーズでおすすめのエピソードは?

何故ベストを尽くさないのか?

トリックの名物キャラクターの1人「上田次郎教授」を演じた阿部寛さん。上田教授は、厄介な相談事を持ち込まれて、その度に仲間さん演じる主人公の山田奈緒子に協力依頼するキャラ。

山田が仕事を終えて住んでいる部屋に帰ってくると、なぜか上田がいて中でお茶を飲んでいたり、ブラジャーやパンティーを含む洗濯物を取り込んでいたりと、無茶苦茶。

また、上田はお化け的なものや死体などに弱く、見ただけで気絶するくせに、「上田さん、気絶、してましたよね?」と山田が聞くと、プライドの高さから否定するところが大好き。

amazonで「どんとこい!超常現象」の本が売られていた事には、笑った。

とにかく面白いです

トリックは、起こった事件のトリックを暴いていくドラマです。コミカルな笑いの場面が多く、場面展開が音で脚色されているのが特徴的です。音を聞いただけでどんな印象を受ける場面なのか察しがつきます。
ヒロインの奈緒子を演じる仲間由紀恵とのやり取りが面白いドラマで、毎回欠かさず見ていました。

魔女

魔女さん

1位に評価

上田という役は阿部寛さんしかできない

阿部寛さんと仲間由紀恵さんのやりとりがおもしろくて大好きなドラマでした。私が小学生の時に放送されていましたが、いまだに印象に残っています。仲間由紀恵さんがダメダメに見えて、実は賢く知的に見える阿部寛さんの方がダメダメだったりする構図がとてもおもしろかったです。

コメントをもっと読む

3ドラゴン桜(ドラマ)

ドラゴン桜(ドラマ)

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー元暴走族の駆け出し弁護士・桜木建二(阿部寛)が、経営破綻状態となった私立龍山高等学校の運営を請け負うことに。「東大合格者を5人輩出する」と宣言し、新たに特別進学クラスを開設。人生を諦めかけていた水野直美(長澤まさみ)や、蒸発した父親の残した借金を抱える矢島勇介(山下智久)、進学校に通う弟を見返したいと願う奥野一郎(中尾明慶)らをを招き入れる。反発する生徒に対し時に現実を突きつけ、落ちこぼれる生徒に対し時に震え立たせ、東大合格への道を切り開いていく。
放送年2005年
放送局TBS
脚本秦建日子
メインキャスト阿部寛(桜木建二)、長谷川京子(井野真々子)、山下智久(矢島勇介)、長澤まさみ(水野直美)、中尾明慶(奥野一郎)、小池徹平(緒方英喜)、新垣結衣(香坂よしの)、紗栄子(小林麻紀)ほか
主題歌・挿入歌realize / melody.
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d1359/

もっと見る

バカとブスは東大に行け!

おバカな落ちこぼれ生徒達を東大合格へ導く教師と生徒のサクセスストーリーです。
山Pカッコ良いし新垣結衣やサエコが超絶可愛かった♡
長澤まさみや小池徹平も主演していて今思えば豪華キャスティングでしたね。
長澤まさみと山Pのコンビが最高に面白いし阿部寛の「バカとブスは東大に行け!」と言うセリフも印象に残りました。凄く面白いドラマでした。

No3

ドラゴン桜です。
阿部博が先生となり、生徒である山下智久、新垣結衣、長澤まさみ、さえこ、中尾、小池鉄平を東大に合格させるサクセスストーリーです。
おもしろさももちろんありますが、元気がないときに見ても、自分ももっと頑張ろうとやる気の出てくるストーリーです。
先生役の長谷川京子もかわいくて癒されます。
ぜひドラゴン桜をご覧ください。

kei

keiさん

3位に評価

勉強の見方が変わる!熱い受験ドラマ

バカ学校の生徒たちが東大を目指すというストーリーだが、ただの勉強ドラマという訳ではなく生徒や先生の人間性も描く青春ドラマ。観ると受験勉強のモチベーションが上がるのはもちろん、勉強する大人が観ても役立つだろう。自分も明日から頑張ろうと思えるようなすばらしい作品。

なべ

なべさん

1位に評価

コメントをもっと読む

4下町ロケット(ドラマ)

下町ロケット(ドラマ)

引用元: Amazon

放送年2015年
放送局TBS
脚本丑尾健太郎
メインキャスト阿部寛(佃航平)、土屋太鳳(佃利菜)、竹内涼真(立花洋介)、安田顕(山崎光彦)、徳重聡(軽部真樹男)、神田正輝(的場俊一)、吉川晃司(財前道生)、杉良太郎(藤間秀樹)ほか
主題歌・挿入歌ヘッドライト・テールライト / リベラ
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/

もっと見る

関連するランキング

No Image

ドラマ下町ロケット登場人物ランキング

ドラマ下町ロケットで好きな登場人物は?

こんな社長の元で働いてみたい

とにかく熱い!阿倍さん演じる「佃航平」社長はロケットに対する情熱が凄いんです。なので部品一つ造るのにも何度も何度も失敗して納得のいった物を提出する物凄いプライドと誇りを持ってます。社員一人一人の事を見ていて誰かが悩んでたら自分も同じ気持ちになって悩む理想の社長さんです。それでいて必ず諦めない不屈の精神が見てる側の心を熱くさせてくれます。

tanaka

tanakaさん

2位に評価

佃製作所の社長

父から佃製作所を受け継ぎ社長となって、ロケットエンジンに使う「バルブ」を開発をし、心臓手術用の人工弁の開発もすることになるドラマです。様々な困難を乗り越えていこうとする熱い心をもった社長の姿を演じています。製作所に降りかかる問題が多いから、つい気になって毎回見ていました。

魔女

魔女さん

2位に評価

夢と希望を感じる

下町の工場がロケットを作るために開発をしていくなんて、どんなドラマかとはじめは楽しみにしていなかったのですが、見ていくうちにどんどんはまりました。夢と希望かあり、応援したくなります。見れば見るほどハマります。

めぃ

めぃさん

3位に評価

コメントをもっと読む

5白い春

白い春

引用元: Amazon

放送年2009年
放送局フジテレビ
脚本尾崎将也
メインキャスト阿部寛(佐倉春男)、大橋のぞみ(村上さち)、吉高由里子(西田栞)、遠藤雄弥(小島勇樹)、紺野まひる(高村真理子)、デビット伊東(安岡竜也)、白石美帆(高村佳奈子)、遠藤憲一(村上康史)ほか
主題歌・挿入歌横顔 / 阪井あゆみ
公式サイトhttps://www.fujitv.co.jp/b_hp/shiroiharu/

もっと見る

不器用すぎて損をした男

殺人の罪で逮捕され9年経ってやっと刑期を終え、外に出てこられた「佐倉春男」というイカつい男を演じています。阿倍さんは多種多様な役柄を演じていますが、この危なくてイカツい役も凄いハマるんですよね。演技としては私は一番最初の刑務所から出てきてすぐに9年で稼いだお金で食堂に飯を食べに行くというところが大好きです。欲張って定食をドカ食いするのですがいきなり胃の中に色々な物が入ってしまうのでトイレに行って嘔吐してしまうのですが終わって戻ってみると9年間刑務所で働き続けて稼いだお金が入った封筒が取られてしまっているという散々な目に序盤から遭うのですがその時の演技はもう迫真という言葉がピッタリです。

tanaka

tanakaさん

1位に評価

大橋のぞみちゃんが可愛い

子役の大橋のぞみちゃんが演じたサッチャンが子供らしく素直で可愛かったです。元チンピラで殺人をおかしてしまい育ての親に「汚い手で娘に触るな」と言われてから本当の親としてサッチャンに触れたい時も健気に我慢してる阿部さんが元チンピラとは思えず切なかったです。
最後は一緒に住めると思っていたけど住めなかった点が少し残念でした。
阿部さんとのぞみちゃんが一緒に暮らせる様になって欲しかったです。

親子の絆を扱った切ないストーリー

刑務所帰りの主人公は、偶然求人募集をしていたパン屋で実の娘と会う。そこで育ての親と実の父親、娘の生活が始まるが自分を本当の親だといえないもどかしさだったり切なさを上手く表現している作品です。

コメントをもっと読む

6アットホーム・ダッド

アットホーム・ダッド

引用元: Amazon

放送年2004年
放送局フジテレビ
脚本尾崎将也、旺季志ずか
メインキャスト阿部寛(山村和之)、篠原涼子(山村美紀)、宮迫博之(杉尾優介)、中島知子(杉尾笙子)、川島なお美(岩崎真理江)、永井大(大沢健児)、滝沢沙織(倉本冴子)ほか
主題歌・挿入歌朝焼けの旅路 / Jackson vibe
公式サイトhttps://www.fujitv.co.jp/b_hp/dad/index.html

もっと見る

おもしろい

頑固な男が専業主夫になり、できない家事を頑張る姿やご近所さんとの付き合いなど、とても面白かったです。仕事はできても家事はできない男性の姿、とても理解できて、そこから成長してだんだんと家事の大変さも理解していくところに、正に!という感じで世の中の男性に見て欲しいと思うドラマでした。

めぃ

めぃさん

1位に評価

主夫の役というギャップが良い

お隣さんと一緒に主夫業に精を出して四苦八苦しながらも頑張る姿が最高です。でも回を増すごとに主夫の仕事を覚えて行き料理も上手くなっていく姿を見るのはとても面白かったです。途中仕事復帰しそうになりますが、また主夫に戻った時はなぜかホッとしました。

7まだ結婚できない男

まだ結婚できない男

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー桑野信介は腕利きの建築士。ルックス・収入ともに人並み以上だがプライドが高く意固地で皮肉屋な男。結婚にメリットを感じられず、恋人を作らず自由気ままなシングルライフを送っていた。ある日、日課であるエゴサーチをしていたところ、信介を非難しているブログの検索ランキングが上位にあることに気づき怒りを覚えていた。近所にある弁護士事務所の吉山まどかに相談するが、偏屈な発言を連発する信介にまどかは困惑していた。一方、信介の暮らすマンションの隣の部屋に若い女性・戸波早紀が引っ越してくる。信介はジロジロ見て話しかけたり、クラシックを大音量で流したりと不審な行動を取るがそんな信介に早紀は…?
放送年2019年
放送局フジテレビ
脚本尾崎将也
メインキャスト阿部寛(桑野信介)、吉田羊(吉山まどか)、深川麻衣(戸波早紀)、塚本高史(村上英治)、咲妃みゆ(森山桜子)ほか
主題歌・挿入歌まだスイミー / 持田香織
公式サイトhttps://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/index.html

もっと見る

結婚できない男の続編がついに!

結婚できない男から13年。
遂に戻ってきた、『まだ結婚できない男』!
始まる前からワクワクして楽しみにしていました。
弁護士さんとのやり取りやお隣さんとのやり取り、行きつけのカフェの店長さんとのやり取りなど、さまざまな交流が増えさらに面白かった。

CREA

CREAさん

2位に評価

相変わらずの独善っぷりが面白い

本作品は結婚できない男の続編であり、さらに桑野の性格がねじ曲がっている点に笑ってしまう。阿部寛も年を取ったとはいえ、前作よりも渋みが出ており絶対桑野が間違っている場面でも桑野が正しいように見えてくる錯覚も楽しめる。

わん

わんさん

3位に評価

待ちに待った続編

あの頑固男のその後が楽しめます。タイトル通り、まだ結婚できないというところから予測はつきますが、頑固さは変わらずなところがおもしろいです。結婚したらどうなるのか、続編があっただけに更に続きが見たくなります。

めぃ

めぃさん

5位に評価

コメントをもっと読む

8新参者(ドラマ)

新参者(ドラマ)

引用元: Amazon

放送年2009年
放送局TBS
脚本牧野圭祐、真野勝成
メインキャスト阿部寛(加賀恭一郎)、黒木メイサ(青山亜美)、向井理(清瀬弘毅)、溝端淳平(松宮脩平)、木村祐一(小嶋一道)、泉谷しげる(上杉博史)、笹野高史(岸田要作)、原田美枝子(三井峯子)、三浦友和(清瀬直弘)ほか
主題歌・挿入歌街物語 / 山下達郎
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/shinzanmono/

もっと見る

謎が多い刑事役がピタリとはまっていました。

溝端淳平くんとのタッグがとてもよかったです。刑事物の中にクスッと笑えるところを作り出せるのは阿部寛さんだからこそだと思います。東野圭吾さんの新参者シリーズを読んでいましたが、阿部寛は期待を超えてきました。

事件の核心に迫る

事件の核心にだんだん迫っていくところが大変面白いものでした。浮かび上がる容疑者の事実を鋭い視点で暴いていくところも印象的です。

魔女

魔女さん

5位に評価

9CHANGE(ドラマ)

CHANGE(ドラマ)

引用元: Amazon

放送年2008年
放送局フジテレビ
脚本福田靖
メインキャスト木村拓哉(朝倉啓太)、深津絵里(美山理香)、寺尾聰(神林正一)、風間杜夫(近藤光輝)、西村雅彦(百坂哲也)、石黒賢(生方恒男)、富司純子(朝倉貴江)、阿部寛(韮沢勝利)ほか
主題歌・挿入歌Miles Away / マドンナ
公式サイトhttps://www.fujitv.co.jp/b_hp/change/index.html

もっと見る

有能な選挙プランナー

敏腕の選挙プランナー・韮沢勝利を演じた阿部寛さん。頼りになるキャラで、かっこよかった......

10HERO(ドラマ)

HERO(ドラマ)

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー正義感の強いが大胆な行動派の検察・久利生公平と真面目だが、天然で抜けているところのある検察事務官・雨宮 舞子の異色コンビが事件解決に奮闘するコメディ要素が強い検事ものドラマ。
放送年2001年
放送局フジテレビ
脚本福田靖、大竹研、秦建日子、田辺満
メインキャスト木村拓哉(久利生 公平)、松たか子(雨宮 舞子)、小日向文世(末次 隆之)、八嶋智人(遠藤 賢司)、田中要次(「St.George's Tavern」マスター)
主題歌・挿入歌Can You Keep A Secret? / 宇多田ヒカル
公式サイトhttps://www.fujitv.co.jp/b_hp/hero/index.html

もっと見る

11ハッピー・マニア(ドラマ)

ハッピー・マニア(ドラマ)

引用元: Amazon

放送年1998年
放送局フジテレビ
脚本楠本ひろみ、梅田みか
メインキャスト稲森いずみ(重田加代子)、藤原紀香(福永ヒロミ)、諸星和己(松江剛)、阿部寛(藤堂秀樹)、金子賢(高橋修一)、上原さくら(三浦すみれ)、国生さゆり(坂巻麗子)ほか
主題歌・挿入歌PARADISE / サザンオールスターズ
公式サイト-

もっと見る

12アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜(ドラマ)

アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜(ドラマ)

引用元: Amazon

放送年2001年
放送局フジテレビ
脚本岡田惠和
メインキャスト滝沢秀明(神田エイジ)、椎名桔平(橘圭一郎)、藤木直人(小野裕介)、小雪(飯塚桃子)、えなりかずき(吉永正太)、西野妙子(内野茜)、小林すすむ(野間篤史)、辻萬長(宗像克雄)、眞鍋かをり(島崎珠美)ほか
主題歌・挿入歌youthful days / Mr.Children
公式サイトhttps://www.fujitv.co.jp/b_hp/antique/

もっと見る

何年経っても影

「小早川千影」という男を演じていて椎名桔平演じる「橘 圭一郎」からは「カゲ」と呼ばれている。ケーキ屋で勤める橘をいつも影で見守るという面白い男の役で、椎名さん曰く、この役は阿倍さんしかいないと原作者に言い、その原作者本人も実は阿倍さんを意識して書いていたと言われるぐらいのハマり具合なんです。コレは話云々よりもカゲをとにかく見てほしいです。

tanaka

tanakaさん

3位に評価

13YASHA-夜叉-(ドラマ)

YASHA-夜叉-(ドラマ)

引用元: Amazon

放送年2000年
放送局テレビ朝日
脚本佐藤嗣麻子、武上純希、深沢正樹
メインキャスト伊藤英明(有末静/雨宮凛)、大塚寧々(有末比佐子)、岩城滉一(雨宮協一郎)、阿部寛(ケン・黒崎)、柏原収史(永江茂市)、吹越満(伊東泰之)、仲根かすみ(中西命)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

14マイ リトル シェフ

マイ リトル シェフ

引用元: Amazon

放送年2002年
放送局TBS
脚本源孝志、後藤法子
メインキャスト矢田亜希子(鴨沢瀬理)、阿部寛(橘健作)、上戸彩(鴨沢名津菜)、梶原善(藤堂平助)、内田朝陽(匂坂太一)、市毛良枝(鴨沢多美子)、風間杜夫(橘健蔵)、高橋惠子(土方さな子)ほか
主題歌・挿入歌Voyage / 浜崎あゆみ
公式サイト-

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜

エンタメ>テレビ

韓国ドラマランキング

おすすめの韓国ドラマは?

アンナチュラル

エンタメ>テレビ

面白いドラマランキング

おすすめの面白いドラマは?

トンイ

エンタメ>テレビ

韓国ドラマ時代劇ランキング

韓国ドラマの時代劇であなたがおすすめしたい作品は?

仮面ライダーW(2009年)

エンタメ>テレビ

平成ライダーシリーズランキング

おすすめの平成仮面ライダー作品は?

ページ内ジャンプ