みんなのランキング

競馬漫画人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

ウイナーズサークルへようこそダービージョッキーみどりのマキバオー(漫画)優駿の門ウイニング・チケット

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数13
投票参加者数42
投票数98

競馬といえばギャンブルのイメージを持つ人も少なくないはず。しかし、競馬を題材にした漫画にはサラブレッドを取り巻く人間ドラマを描いた作品が多く、読みごたえがあります。今回みんなの投票で決めるのは「競馬漫画人気ランキング」。競馬漫画の代名詞ともいえる『マキバオー』シリーズ、「金色の馬」の活躍を描く『スピーディワンダー』、抜群の相馬眼を持つオーナーブリーダーが主人公の『ウイニング・チケット』などの人気作品だけでなく、連載中のあの漫画もランクイン?あなたがおすすめしたい競馬漫画に投票してください!

最終更新日: 2022/01/18

ランキングの前に

1分でわかる「競馬漫画」

馬と人のドラマが楽しめる競馬漫画

競馬を題材にした漫画作品は、競走馬を取り巻く人々の「人間ドラマ」に重きを置いているのが特徴です。有名なのは、「みどりの~」や「たいようの~」に代表される『マキバオー』シリーズや、競走馬と騎手の成長物語『風のシルフィード』など。このほか、小さな生産牧場で誕生した「金色の馬」の活躍を描く『スピーディワンダー』、抜群の相馬眼を持つオーナーブリーダーを主人公とした『ウイニング・チケット』も、競馬漫画の人気作品として名前が挙がることが多いです。

関連するおすすめのランキング

最も面白い漫画は?

面白い漫画ランキング

ジャンル別ドラマランキングはこちら

漫画おすすめ人気ランキング!全54ジャンル別・2021年版

このランキングの投票ルール

本ランキングは「競馬を題材にしたすべての漫画作品」に投票できます。書籍化されたものから読み切り作品、WEB掲載漫画まで投票OK。あなたなりのランキングを作って投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1みどりのマキバオー(漫画)

みどりのマキバオー(漫画)

引用元: Amazon

作者つの丸
ジャンル少年漫画
出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ(1994年50号~1998年9号)
巻数全16巻
参考価格748円(税込)

もっと見る

THE王道

競馬が興味のない方でも恐らく一番知られている競馬漫画です。
現実にいると絶対走らないサイズの馬ですが、馬力が凄くてまた絵もコミカルで引き込まれます。鼻水垂らしてたり、ネズミが乗っていたりありえない事ばかりですが、漫画として素晴らしい作品となっておりますので、競馬のことが興味のない方も見てみてほしいです。

報告

かわいい

ブサイクでどうしようもない馬のマキバオーが手強いライバル相手にどんどんと成長していく。まさに少年漫画のお手本のような競馬マンガの金字塔的な作品だと思います。僕まマンガもアニメも両方見ていたのですが、アニメとマンガでは展開が少し違ったりでそういうところも面白いのではないかと思います。

りん

りんさん

1位に評価

報告

キャラクターが可愛い

アニメ化されていたので、知っている人も多いと思います。
マキバオーがどう見ても競走馬には見えない馬ですが、マキバオーの競走馬として生まれたからには走りたい!という熱い気持ちが感動します。
また、馬の感情も上手く描かれています。

報告
コメントをもっと読む

2ダービージョッキー

ダービージョッキー

引用元: Amazon

作者原案:武豊 / 作画:一色登希彦
ジャンル青年漫画
出版社小学館
連載週刊ヤングサンデー(1999年~2004年)
巻数全22巻
参考価格396円(税込)

もっと見る

リアルだけどリアルじゃない

武豊監修で本当にリアルで見入ってしまい、漫画であることを忘れてしまいそうになります。
騎手側の心情がかなり細かく描かれており、登場人物ひとりひとりにドラマがかなりあります。それくらい実際の競馬でもドラマがあり、漫画でもそれが忠実に再現されています。主人公が一頭の馬を通して暗い過去も含め乗り越え、成長していく姿は本当に心打たれ、何度もリピートして読んでしまう一作です。

報告

ジョッキー目線で描かれている大人向けマンガ

ヤングサンデーにて連載されていた、騎手を目指す主人公の目線で描かれているマンガです。競馬学校のことをしっかりと描いていて騎手を目指している方には参考になるのではないでしょうか。少し大人向けなマンガになっており、騎手としてのロマンや青春、いろいろ詰め込まれているマンガとなっています。

NOMURA

NOMURAさん

3位に評価

報告

騎手のリアルな成長が面白いです。

ある一頭の名馬を忘れられずその経験を生かしてダービージョッキーになるために成長していく物語です。騎手のリアルな描写がされていて、おそらくこのような環境なんだろうなと感じることができ、日本ダービーを勝つことが大変だと感じることができる作品です。

報告
コメントをもっと読む

3優駿の門

優駿の門

引用元: Amazon

作者やまさき拓味
ジャンル少年漫画
出版社秋田書店
連載週刊少年チャンピオン(1995年1+2号~2000年52号)
巻数全33巻
参考価格396円(税込)

もっと見る

調教もやる主人公

この漫画の特徴はリアルということでしょうか、現実の競馬とリンクしてるかのような描写が多くてその一つが、地方競馬の騎手が主人公というところでしょう。この漫画きっかけで僕は競馬に興味を持ったと言っても過言ではありません。

りん

りんさん

3位に評価

報告

シリアス

天才ジョッキーである主役の光優馬を中心とした競馬サークルの関係者、そしてサラブレッドの物語です。サラブレッドの成長も作品の中で描いていて、かなりリアル、かつシリアスな漫画です。この作品を通じて競馬ファンになる方も多いでしょう。

報告

涙なしには読めない

幼い時に母親を亡くし、父親は行方不明になった主人公光優馬が地方競馬の騎手としてデビューします。
地方競馬でコンビを組んでいたアルフィーは臆病な性格でしたが、光優馬に出会い臆病さが治ります。
人と馬の信頼関係が素敵です。

報告
コメントをもっと読む

4ウイナーズサークルへようこそ

ウイナーズサークルへようこそ

引用元: Amazon

作者甲斐谷忍
ジャンル青年漫画
出版社集英社
連載ジャンプ改(2011年9月号~2014年11月号)
Web漫画サイト となりのヤングジャンプ(-~2016年10月28日配信分)
巻数全9巻
参考価格627円(税込)

もっと見る

ついつい笑ってしまう作品

競馬の馬券を予想するという新しい観点で描かれている競馬漫画です。一瞬ギャグ漫画かと思ってしまうほどついつい笑ってしまう箇所が随所にあります。
ふざけてばかりと思いきや、細かい競馬の事だったり、馬券を購入するための方法など初心者へ向けた解説もあります。競馬をやってみたいと思う方はオカルト部分もありますが、一度見てみると全体の流れがつかめる作品となっております。

報告

馬券を買うことの楽しさがわかるものがたりです。

この漫画は競馬サークルが中心となって展開していく話で、どのようにして儲けることができるのかという漫画です。普段競馬をやる人はこの漫画を見ると参考になることもあると思います。主人公の能力が欲しくなること間違いなしです。

報告

競馬の必勝法を学べるかも

ライヤーゲームで有名な作者、甲斐谷忍先生が作成している競馬マンガです。目線が競馬を行うプレイヤー目線なのが特徴であり、競馬の基本的なところを学べる面白いマンガです。競馬に興味がある方は是非入門書としてお勧めします。

NOMURA

NOMURAさん

2位に評価

報告

5ウイニング・チケット

ウイニング・チケット

引用元: Amazon

作者原案:河村清明 / 作画:小松大幹
ジャンル青年漫画
出版社講談社
連載週刊ヤングマガジン(2006年31号~2011年26号)
巻数全21巻
参考価格660円(税込)

もっと見る

相馬眼。

主役が騎手などではなく、相馬眼(馬の才能を見抜く目)を持つ若い馬商という漫画。
こうした舞台裏・ビジネス物的な話は好きなジャンルで、その業界特有の豆知識などを色々と知ることができます。
主人公の読みが的中したりすると無闇にうれしい。

報告

人間味のある一作

競馬漫画の多くが主人公騎手が多い中で、オーナーブリーダー側の視点から描かれています。
坂路コースを自作したり、ハチャメチャな所もありますが、主人公の人柄で一癖も二癖もある人物が仲間になっていきます。
私自身知識があまりない中で読んで競馬というジャンルにはまった一作でもあります。競馬の知識がなくても楽しめる作品となっています。

報告

6風のシルフィード

風のシルフィード

引用元: Amazon

作者みやたけし
ジャンル少年漫画
出版社秋田書店
連載週刊少年チャンピオン(1986年45号〜1989年48号)
巻数全17巻
参考価格462円(税込)

もっと見る

王道少年漫画

週刊少年マガジンに連載されていたというだけある王道少年漫画。
主人公の馬が白馬であることや、馬の擬人化が強めであることなど少年漫画ならではの受けの良い要素多めですが、それだけに苦難を努力で乗り越えることとか、勧善懲悪的な要素も強く、少年漫画としての良さも多くあります。
馬をテーマとしているだけに、後にその血統で続編が作られるなど大河的要素があるのも魅力。

報告

白い馬

生まれながらに故障を抱えた白馬のシルフィードが、数々の困難を抱えながらレースを勝ち上がっていくというストーリーなのですが、本当に感動するお話が多くて涙腺を決壊させたい方にはおすすめできる作品だと思います。

りん

りんさん

2位に評価

報告

吉田豊騎手も

この漫画を読んで騎手を目指したそうです。
作者は競馬素人だったそうですが、作品の熱意が伝わってきて、また競馬漫画描いて欲しいです。

ヤッホーさん

1位に評価

報告

7たいようのマキバオー

たいようのマキバオー

引用元: Amazon

作者つの丸
ジャンル青年漫画
出版社集英社
連載週刊プレイボーイ(2007年15号~2011年19・20号)
巻数全16巻
参考価格528円(税込)

もっと見る

続編も面白い

みどりのマキバオーの続編で主人公はマキバオーではなくなっていますが、前作の主人公のマキバオーやライバルたちも多く出てきて前作を読んでいた方なら嬉しいことこの上ないと思います。あと何気に作者のつの丸先生の画力がかなり上がっているので、マンガ自体がじゃかなり読みやすくなっているのもポイントです。

りん

りんさん

4位に評価

報告

地方競馬を知ることができる

みどりのマキバオーは中央競馬の話でしたが、これは地方競馬の話です。
地方競馬に興味がない人が読んだら、きっと地方競馬にも興味を持つようになるのではないかと思います。
地方競馬ならではの気持ちが分かります。

報告

8ありゃ馬こりゃ馬

ありゃ馬こりゃ馬

引用元: Amazon

作者原作:田原成貴 / 作画:土田世紀
ジャンル少年漫画
出版社講談社
連載ヤングマガジン増刊エグザクタ(1993年第1号)
ヤングマガジン(1993年~-)
巻数全17巻
参考価格495円(税込)

もっと見る

元祖天才が原作

こちらは原作が元祖天才の田原成貴騎手です。最初の頃はそのタイトル通りの朗らかなゆるーい競馬マンガでした。それが途中からある馬との出会いから本格的な競馬マンガになっていきます。手前を変えるなんて言葉はその時に覚えました。ある意味バイブルです。

報告

9じゃじゃ馬グルーミン☆UP!

じゃじゃ馬グルーミン☆UP!

引用元: Amazon

作者ゆうきまさみ
ジャンル少年漫画
出版社小学館
連載週刊少年サンデー(1994年44号~2000年42号)
巻数全14巻
参考価格462円(税込)

もっと見る

生産者のお話

この漫画は騎手や調教師のお話ではなく競走馬を育成する生産者のお話です。競走馬をどうやって育てているのかというのを丁寧に描いているので、牧場の人たちの生活を覗き見ているように感じられるマンガです。僕はこのマンガきっかけでダビスタやウイニングポストなどの競馬ゲームを買うようになりました。

りん

りんさん

5位に評価

報告

厩舎の日常

ジョッキー目線ではなく馬の管理をしている厩舎、厩務員の日常を描いた作品です。ラブコメ要素も入ってはいますが、あくまでも馬を育てる何気ない日常がメインです。その苦労や喜び、悲喜こもごもがマンガを通して楽しめます。

報告

競馬のことを知りたければまずこれを読んで欲しい

主人公が競馬知識など全くない高校生の時点で始まります
生産牧場の牧童となり働く過程で生産者のみならず馬主、調教師、騎手すべての競馬社会を描いています
パトレイバー等のゆうきまさみ氏の競馬愛あふれる作品
競馬初心者にはまずこれを読んで欲しい
そうでない方でも何かしら発見はあると思う

梅さんさん

1位に評価

報告

10優駿の門GI

優駿の門GI

引用元: Amazon

作者やまさき拓味
ジャンル青年漫画
出版社秋田書店
連載週刊少年チャンピオン(2001年3号~2003年32号)
巻数全13巻
参考価格396円(税込)

もっと見る

競馬愛溢れる一作

優駿の門シリーズで、実際に活躍した有名な馬が実名で出てきたり、かなりリアルで、作者の競馬愛があふれています。
主人公は地方競馬で厳しい立場であり、様々な壁に打ちのめされる姿に胸をうたれ、つい泣いてしまうこともありました。それくらい競馬について真摯に描かれている一作となります。

報告

天馬駿の気持ち

ばんえい競馬の牧場の息子が、大好きな哀歌が走る競馬場へ行き、天馬駿の声援に応えゴール寸前だったのに心臓麻痺で死亡してしまう悲しい話。
天馬駿が大きくなり、中央競馬で哀歌という同じ名前の馬に出会い二人三脚で世界中を回ることが好きです。

報告

アイカ

冒頭のシーンはいつまでも心に残ります。

ヤッホーさん

1位に評価

報告

11スピーディワンダー

スピーディワンダー

引用元: Amazon

作者原作:綱本将也 / 作画:山根章裕
ジャンル青年漫画
出版社秋田書店
連載ヤングチャンピオン(2010年~2016年)
巻数全17巻
参考価格495円(税込)

もっと見る

牧場からの生活を描く競馬マンガ

みどりのマキバオーのような、馬にスポットをあてて漫画にしています。マキバオーと違うところは、馬の生涯をたんたんと描いているところです。こころが持っていかれそうになる切ないシーンが多く、ストーリー性が面白いマンガです。

NOMURA

NOMURAさん

4位に評価

報告

12白星のギャロップ

白星のギャロップ

引用元: Amazon

作者西連助
ジャンル少年漫画
出版社小学館
連載マンガワン(2016年8月~2017年11月)
巻数全3巻
参考価格628円(税込)

もっと見る

WEBマンガで掲載されていた短編競馬マンガ

マンガとしては全3巻で構成されていてサクッと読めてしまうところがオススメです。競馬マンガが気になっているけど、何冊も読むのが面倒と考えている方にはオススメです。物語はジョッキーを目指す少年の話で青春系のマンガになっています。

NOMURA

NOMURAさん

5位に評価

報告

13サラブレッドと暮らしています。

サラブレッドと暮らしています。

引用元: Amazon

作者田村正一
ジャンル青年漫画
出版社白泉社
連載ヤングアニマルDensi
巻数全1巻
参考価格660円(税込)

もっと見る

リアルな厩務員の日常

こちらの作品は地方競馬の現役の厩務員さんが描いたエッセイマンガです。そのほのぼのとしつつも大変な日々をかわいいタッチで描いています。馬に携わる人間の何気ない日常。勝てなくてもずっと付きっきりで対話していくサラブレッド達。全1巻ですので気軽に読めるのでオススメです。

報告

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ