みんなのランキング

絵本人気ランキング!みんながおすすめする名作は?

旅の絵本そらまめくんのベッドはらぺこあおむしぐりとぐら(絵本)おさるのジョージおもちゃやさんへいく

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数41
投票参加者数9
投票数53

みんなの投票で「絵本人気ランキング」を決定!子供はもちろん、歳を重ねた大人の心にも響く名作がたくさんある「絵本」。幼児絵本や子供向け絵本、知育絵本などさまざまな豊富なジャンルで、感性を磨いてくれる作品が数多くあります。長きに渡り語り継がれているロングセラー作品から新作の絵本まで、数々の書籍が名を連ねるなか最も人気があるのは?あなたがおすすめする絵本を教えてください!

最終更新日: 2021/06/10

注目のユーザー

高橋 真生

専門家学びと読書のアドバイザー、絵本専門士

高橋 真生

投票した内容とコメントを見る

ランキングの前に

1分でわかる「絵本」

幼児から大人まで楽しめる、絵本

絵本

挿絵の美しさやストーリーの表現力から子供だけでなく、大人も惹きつける魅力が溢れている「絵本」。ひとくちに絵本といっても、子供の想像力や感性、豊かな心を育んでくれる幼児絵本・子供向け絵本、英語教育に便利な英語絵本、知育絵本など、ジャンルはさまざまです。歳を重ねても読むたびに、新たな感動や忘れていた感情を呼び起こしてくれたり、大人だからこそ響く言葉に秘められた本当の意味に気付かされたりと、年齢によって違った視点で楽しめるのも絵本の魅力です。

このランキングの投票ルール

このランキングでは、ジャンルを問わずすべての「絵本」が投票対象です。あなたがおすすめする絵本の名作に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1はらぺこあおむし

はらぺこあおむし

引用元: Amazon

『はらぺこあおむし』(原題: The Very Hungry Caterpillar )は、アメリカ合衆国の絵本作家エリック・カールが1969年に出版した幼児向け絵本。 アメリカ・グラフィックアート協会賞を受賞。鮮やかで大胆な色使いの絵と、シンプルでわかりやすいストーリーから、全世界で累計3,000万部を販売するベストセラーとなった。60以上の言語に翻訳されており、日本では1976年に、もりひさし訳で偕成社より発売されている。

人気作

子供に読んであげた記憶があります。あおむしがそれはそれはたくさんの試練を乗り越えて最後には綺麗な蝶に成長するという物語です。やっぱり降りかかる苦難をあおむしが必死に乗り越えていく姿に勇気づけられますし、一緒に絵本を読みながら思わず応援したくなります。
それでいてちょっとしたユーモアも盛り込まれていて、食べ物を食べ過ぎてお腹が痛くなるところなんかはかわいらしいポイントです。生まれたときからお腹がぺこぺこで気持ちはよくわかるんですが笑
色彩も色鮮やかでそれだけでもう見ていて楽しくなるくらい。実際のあおむしが何を食べるかはわかりませんが、なしやすももなど美味しそうなフルーツがいくつも出てくるのですがそのどれもが綺麗な色で、かつ美味しそうで絵本ごと食べちゃいたいくらい。
絵本に施された仕掛けも子供心をくすぐる素晴らしいアイデアだと思います。絵本には小さな穴が開けられていてそこに指を入れて遊べるという"触れる絵本"という一面もあるんです。子供がいないとなかなか読む機会はありませんが、またどこかからか引っ張り出してきて、子供に読んでいた当時の思い出に浸りながら読み返してみたいですね。

不朽の名作

この本が発売されたのって今から50年以上も前なのですね!とても驚きました。私が子供のときもお母さんに読んでもらった記憶がありますし、それだけ長い期間愛され続けている絵本ということで、本当に偉大な作品だなと思います。シリーズはいっぱい出ていますが、個人的にはこの作品が1番好きですね。ぐりとぐらが森でものすごく大きな卵を見つけて、巨大なカステラを作るんですが、このカステラの黄色が本当にきれいな黄色で絵本越しでも匂いがあたりにぷーんと漂ってくるような、美味しい予感に満ちた代物でいつか食べてみたいなぁなんて思ってました笑

双子のねずみのお話

双子の野ネズミがある日森で卵を見つけます。大きな卵です。それをカステラにして食べるという流れで、息子に読んであげながら私自身もお腹が減ってきてしまうくらい美味しそうなカステラでした。

4旅の絵本

旅の絵本

引用元: Amazon

作者安野光雅
出版社福音館書店

この旅は、絵本を開いたその瞬間の自分次第

中部ヨーロッパから、イギリス・アメリカ・日本など、世界のあちこちをめぐる「旅の絵本」シリーズ。ページのどこかにたたずむ旅人を探す、文字のない絵本です。

自然や街並み、人々の暮らしが描かれた美しい風景の中には、実は、名所や歴史上の人物、物語の一場面、有名絵画などが盛り込まれています。たとえば、シリーズ第一作目の本書には、赤ずきんちゃんにベートーベン、ゴッホの絵画などが隠れています。

絵本の中で何と出会うかは、それまでの経験次第。旅人を探しながら自分がその土地を旅する主人公になるかのような、まさしく「旅」の絵本です。

一人で読んでも誰かと読んでも、それぞれの楽しさがあるのも魅力の一つ。読み返すたびに新しい発見があるので、5歳くらいから大人の方まで、幅広い年齢の方におすすめです。

高橋 真生

学びと読書のアドバイザー、絵本専門士

高橋 真生さん

1位に評価

木のうろに住む、星を見る窓、ブランコ

今だに絵を覚えているくらい、1番ワクワクしながら読んだ作品。ボロボロになるまで読み返して今も実家にある。

たまげるほどでかい木のなか(うろ)をおじいさんが掘りまくり、そのなかで暮らすという、老夫婦と一匹の犬(犬だった気がする)のお話だ。

このお話のキモである、木のうろで暮らすということに、幼き頃の小生が強烈な憧れを抱いたのは、そこに秘密基地の要素があったからだろう。少年なら大体誰もが夢中になる、あの秘密基地だ。

かつ、うろでは、こさえた暖炉を使っておばあさんが美味しいスープを作り、星を見れる窓があり、外(庭)にはブランコもありと、秘密基地の到達点とも言える豪華さがあった!!!

今でも住めるものなら住みたい、永遠の憧れだ。

郵便のプロ

ときには、ナマズに郵便を届けるために、水の中をスイスイと泳いていくこともあるホネホネさん。どこにでも郵便を配達する姿に憧れた。ビジュアルはちょっとあれだけども。

色々な生き物の巣のようなところに行くから、みている方はすごく楽しい。少年だった当時はすごくワクワクしながら見ていた。

サンタクロースの作るチョコケーキ

ネタバレになってしまうかもしれないが、サンタクロースの作るチョコケーキがそれはそれは美味しそうで。美味しそうな文章のおかげだろう。文章ごとパクリといっちゃいたいくらい、当時は夢の食べ物だったこのチョコケーキ。

おばけが出てきます

おばけが表紙のねないこだれだ。遅い時間に起きていたらおばけがやってくるから早く寝ようねって意味で読んであげると効果てきめんでした。

初めての悲しいエンド

第二次世界大戦中のお話。毒入りの餌を象に食べさせて殺そうとするも、賢い象は食べようとしないので餓死させる。多分、人生で最初に読んだ悲しいエンドのストーリーは、この作品が初めてだったように思う。象がかわいそうなのはもちろん、象を可愛がり続けてきた飼育員さんたちの気持ちを思うとやるせない。

サザエがめちゃくちゃうまそう

ある兄弟がサザエを取りすぎて、海のバケモノ「うみじじい」に襲われるというお話。サザエを焼いてたらふく食べるシーンがあるのだが、これまたおいしそうで、うまそうで、、、。そのあとに、船に付いてる水メガネ?で見つけたうみじじいはトラウマ級に怖かって、あんまり直視できなかったなぁ。

サザエは取りすぎちゃいかん、という兄弟のじいちゃんの言葉は、干したスルメのように、やけに味があったことを覚えている。

19ガンピーさんのふなあそび

ガンピーさんのふなあそび

引用元: Amazon

作者ジョン・バーニンガム
出版社ほるぷ出版

あたたかで、ちょっととぼけた味わいのあるロングセラー

小舟で出かけたガンピーさん、子どもや動物たちから次々に「つれてって」と言われます。そのたび、「いいとも」「けんかさえ しなけりゃね」などと約束しながら乗せてあげるのですが、そのうちみんなが「してはいけない」と言われたことを、ことごとくしてしまい……。

どんどん増える動物たちとのやりとりは楽しく、小舟がひっくり返るところでは思わず声や笑いが出ます。さらに最後は、みんなで幸せなティータイム。小さな子どもたちが大喜びする絵本です。

そして、私が大人としてハッと胸をつかれたのは、ガンピーさんの懐の深さ。約束を守れなかったのに、叱りもせず、おいしいものを食べさせてあげる― そんなことができるかな。穏やかな心のお守りとして、傍らに置きたい絵本です。

高橋 真生

学びと読書のアドバイザー、絵本専門士

高橋 真生さん

2位に評価

21位~40位を見る

運営からひとこと

このランキングに関連しているタグ

このランキングに参加したユーザー

  1. 1旅の絵本

    旅の絵本

  2. 2ガンピーさんのふなあそび

    ガンピーさんのふなあそび

  3. 3オレときいろ

    オレときいろ

詳細を見る
高橋 真生

学びと読書のアドバイザー、絵本専門士

高橋 真生さんの評価


7
  1. 1No Image

    ふたりとにひきがすむいえは

  2. 2ゆうびんやさんのホネホネさん こどものとも絵本

    ゆうびんやさんのホネホネさん こどものとも絵本

  3. 3ぐりとぐらのおきゃくさま

    ぐりとぐらのおきゃくさま

  4. 4かわいそうなぞう

    かわいそうなぞう

詳細を見る
ほろけい

ほろけいさんの評価


0
  1. 1はらぺこあおむし

    はらぺこあおむし

  2. 2だいすきぎゅっぎゅっ

    だいすきぎゅっぎゅっ

  3. 3ぐりとぐら(絵本)

    ぐりとぐら(絵本)

詳細を見る
キツツキ号

キツツキ号さんの評価


0
  1. 1ぐりとぐら(絵本)

    ぐりとぐら(絵本)

  2. 2ねないこだれだ

    ねないこだれだ

  3. 3ドラゴンは王子さま

    ドラゴンは王子さま

  4. 4おおきなかぶ

    おおきなかぶ

詳細を見る
ぐぎいいぎ

ぐぎいいぎさんの評価


0

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

ページ内ジャンプ