みんなのランキング

【人気投票 1~41位】絵本ランキング!みんながおすすめする名作は?

旅の絵本ぐりとぐら(絵本)はらぺこあおむしゆうびんやさんのホネホネさん こどものとも絵本

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数41
投票参加者数10
投票数61

みんなの投票で「絵本人気ランキング」を決定!子供はもちろん、歳を重ねた大人の心にも響く名作がたくさんある「絵本」。幼児絵本や子供向け絵本、知育絵本などさまざまな豊富なジャンルで、感性を磨いてくれる作品が数多くあります。長きに渡り語り継がれているロングセラー作品から新作の絵本まで、数々の書籍が名を連ねるなか最も人気があるのは?あなたがおすすめする絵本を教えてください!

最終更新日: 2022/03/08

注目のユーザー

高橋 真生

専門家学びと読書のアドバイザー、絵本専門士

高橋 真生

投票した内容とコメントを見る

ランキングの前に

1分でわかる「絵本」

幼児から大人まで楽しめる、絵本

挿絵の美しさやストーリーの表現力から子供だけでなく、大人も惹きつける魅力が溢れている「絵本」。ひとくちに絵本といっても、子供の想像力や感性、豊かな心を育んでくれる幼児絵本・子供向け絵本、英語教育に便利な英語絵本、知育絵本など、ジャンルはさまざまです。歳を重ねても読むたびに、新たな感動や忘れていた感情を呼び起こしてくれたり、大人だからこそ響く言葉に秘められた本当の意味に気付かされたりと、年齢によって違った視点で楽しめるのも絵本の魅力です。

関連するおすすめのランキング

年齢別のおすすめ絵本をチェック!

赤ちゃん向け絵本ランキング

1歳児向け絵本ランキング

2歳児向け絵本ランキング

3歳児向け絵本ランキング

4歳児向け絵本ランキング

5歳児向け絵本ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、ジャンルを問わずすべての「絵本」が投票対象です。あなたがおすすめする絵本の名作に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

人気作

子供に読んであげた記憶があります。あおむしがそれはそれはたくさんの試練を乗り越えて最後には綺麗な蝶に成長するという物語です。やっぱり降りかかる苦難をあおむしが必死に乗り越えていく姿に勇気づけられますし、一緒に絵本を読みながら思わず応援したくなります。
それでいてちょっとしたユーモアも盛り込まれていて、食べ物を食べ過ぎてお腹が痛くなるところなんかはかわいらしいポイントです。生まれたときからお腹がぺこぺこで気持ちはよくわかるんですが笑
色彩も色鮮やかでそれだけでもう見ていて楽しくなるくらい。実際のあおむしが何を食べるかはわかりませんが、な[続きを読む]

報告

不朽の名作

この本が発売されたのって今から50年以上も前なのですね!とても驚きました。私が子供のときもお母さんに読んでもらった記憶がありますし、それだけ長い期間愛され続けている絵本ということで、本当に偉大な作品だなと思います。シリーズはいっぱい出ていますが、個人的にはこの作品が1番好きですね。ぐりとぐらが森でものすごく大きな卵を見つけて、巨大なカステラを作るんですが、このカステラの黄色が本当にきれいな黄色で絵本越しでも匂いがあたりにぷーんと漂ってくるような、美味しい予感に満ちた代物でいつか食べてみたいなぁなんて思ってました笑

報告

双子のねずみのお話

双子の野ネズミがある日森で卵を見つけます。大きな卵です。それをカステラにして食べるという流れで、息子に読んであげながら私自身もお腹が減ってきてしまうくらい美味しそうなカステラでした。

報告

木のうろに住む、星を見る窓、ブランコ

今だに絵を覚えているくらい、1番ワクワクしながら読んだ作品。ボロボロになるまで読み返して今も実家にある。

たまげるほどでかい木のなか(うろ)をおじいさんが掘りまくり、そのなかで暮らすという、老夫婦と一匹の犬(犬だった気がする)のお話だ。

このお話のキモである、木のうろで暮らすということに、幼き頃の小生が強烈な憧れを抱いたのは、そこに秘密基地の要素があったからだろう。少年なら大体誰もが夢中になる、あの秘密基地だ。

かつ、うろでは、こさえた暖炉を使っておばあさんが美味しいスープを作り、星を見れる窓があり、外(庭)にはブランコもありと[続きを読む]

報告

4旅の絵本

旅の絵本

引用元: Amazon

著者安野光雅
出版社福音館書店
参考価格1,440円(税込)

もっと見る

この旅は、絵本を開いたその瞬間の自分次第

中部ヨーロッパから、イギリス・アメリカ・日本など、世界のあちこちをめぐる「旅の絵本」シリーズ。ページのどこかにたたずむ旅人を探す、文字のない絵本です。

自然や街並み、人々の暮らしが描かれた美しい風景の中には、実は、名所や歴史上の人物、物語の一場面、有名絵画などが盛り込まれています。たとえば、シリーズ第一作目の本書には、赤ずきんちゃんにベートーベン、ゴッホの絵画などが隠れています。

絵本の中で何と出会うかは、それまでの経験次第。旅人を探しながら自分がその土地を旅する主人公になるかのような、まさしく「旅」の絵本です。

一人で読んでも[続きを読む]

高橋 真生

学びと読書のアドバイザー、絵本専門士

高橋 真生さん

1位に評価

報告

郵便のプロ

ときには、ナマズに郵便を届けるために、水の中をスイスイと泳いていくこともあるホネホネさん。どこにでも郵便を配達する姿に憧れた。ビジュアルはちょっとあれだけども。

色々な生き物の巣のようなところに行くから、みている方はすごく楽しい。少年だった当時はすごくワクワクしながら見ていた。

報告

おばけが出てきます

おばけが表紙のねないこだれだ。遅い時間に起きていたらおばけがやってくるから早く寝ようねって意味で読んであげると効果てきめんでした。

報告

サンタクロースの作るチョコケーキ

ネタバレになってしまうかもしれないが、サンタクロースの作るチョコケーキがそれはそれは美味しそうで。美味しそうな文章のおかげだろう。文章ごとパクリといっちゃいたいくらい、当時は夢の食べ物だったこのチョコケーキ。

報告

初めての悲しいエンド

第二次世界大戦中のお話。毒入りの餌を象に食べさせて殺そうとするも、賢い象は食べようとしないので餓死させる。多分、人生で最初に読んだ悲しいエンドのストーリーは、この作品が初めてだったように思う。象がかわいそうなのはもちろん、象を可愛がり続けてきた飼育員さんたちの気持ちを思うとやるせない。

報告

9うみじじい

うみじじい

引用元: Amazon

参考価格206円(税込)

もっと見る

サザエがめちゃくちゃうまそう

ある兄弟がサザエを取りすぎて、海のバケモノ「うみじじい」に襲われるというお話。サザエを焼いてたらふく食べるシーンがあるのだが、これまたおいしそうで、うまそうで、、、。そのあとに、船に付いてる水メガネ?で見つけたうみじじいはトラウマ級に怖かって、あんまり直視できなかったなぁ。

サザエは取りすぎちゃいかん、という兄弟のじいちゃんの言葉は、干したスルメのように、やけに味があったことを覚えている。

報告

10ガンピーさんのふなあそび

ガンピーさんのふなあそび

引用元: Amazon

著者ジョン・バーニンガム
出版社ほるぷ出版
参考価格3,150円(税込)

もっと見る

あたたかで、ちょっととぼけた味わいのあるロングセラー

小舟で出かけたガンピーさん、子どもや動物たちから次々に「つれてって」と言われます。そのたび、「いいとも」「けんかさえ しなけりゃね」などと約束しながら乗せてあげるのですが、そのうちみんなが「してはいけない」と言われたことを、ことごとくしてしまい……。

どんどん増える動物たちとのやりとりは楽しく、小舟がひっくり返るところでは思わず声や笑いが出ます。さらに最後は、みんなで幸せなティータイム。小さな子どもたちが大喜びする絵本です。

そして、私が大人としてハッと胸をつかれたのは、ガンピーさんの懐の深さ。約束を守れなかったのに、叱りもせず、[続きを読む]

高橋 真生

学びと読書のアドバイザー、絵本専門士

高橋 真生さん

2位に評価

報告

ハグ

動物が主人公の方が子供が喜んでいる傾向にあったので、本屋で見かけて購入した記憶があります。
絵本の表紙からもわかる通り、タイトルのぎゅっはハグのことです。うさぎの親子が大好きといいながらハグを繰り返し行うのでほっこりします。私も子供とそんな風にハグし合いたい気持ちは山々でしたが、どうしても照れの気持ちが勝ってしまって絵本の親子のようにはいきませんでした。しかし、この本を読み終わると子供がいつもより甘えてくることが多かったので、とてもいとおしい気持ちになれたこともあります。とにかく癒される本なので、少し子育てでイライラするようなことがあ[続きを読む]

報告

茂市久美子さん

この絵本の茂市久美子さんは私と同じ県の生まれということもあってか、親近感があります。怖い存在のイメージもあるドラゴンですが、茂市久美子さんの手にかかれば愉快なキャラクターに。終わりもほのぼのとした結末で楽しく読むことができました。

報告

水の中は桃源郷

仲良しのがまくんとかなへびくんのちょっとした冒険譚が描かれているお話。絵本の表紙のように、がまくんに引っ張って行ってもらってるかなへびくんが、水の中を覗き込んだ世界が、桃源郷か?、めくるめくパレードか?というくらい綺麗だったことを覚えている。特に印象深かったのは透き通るような赤の海老。美味しそうだったなぁ。

報告

いちじく

もともとはフランスの童話らしい。ピトシャン・ピトショという、ボーボボ並に特徴的な名前の少年がいちじくを頬張っているときに、鬼にさらわれてしまう。まぁさらわれたことはおいておいて…。

とにかく「いちじく」という果物に猛烈な憧れを小生に抱かせたのはこの絵本がきっかけ。キテレツな色合い(失礼)と変わったフォルム、しかしピトショは美味しそうに食べているので、こいつはどんな味がするのだろうと、小生はいつも好奇心によってお腹を空かせていた気がする。

報告

21

21位~40位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

人気No.1の絵本作家は?

絵本作家ランキング

児童文学のランキングはこちら!

児童文学ランキング

年齢別のおすすめ絵本をチェック!

赤ちゃん向け絵本ランキング

1歳児向け絵本ランキング

2歳児向け絵本ランキング

3歳児向け絵本ランキング

4歳児向け絵本ランキング

5歳児向け絵本ランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ