みんなのランキング

昭和の女性アイドルソングランキング!みんなの投票で決定!

卒業 / 斉藤由貴赤いスイートピー / 松田聖子DESIRE -情熱- / 中森明菜WOMAN 'Wの悲劇'より / 薬師丸ひろ子飾りじゃないのよ涙は / 中森明菜

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数19
投票参加者数26
投票数70

最終更新日: 2022/08/26

このお題はgurignightさんが作成

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1DESIRE -情熱- / 中森明菜

DESIRE -情熱- / 中森明菜

引用元: Amazon

アーティスト中森明菜
作詞・作曲阿木燿子 / 鈴木キサブロー
リリース1986年2月3日『DESIRE -情熱-』
収録アルバム『オールタイム・ベスト -オリジナル- Special Edition』
『BEST2』ほか
タイアップ-

もっと見る

明菜様

明菜様の曲のなかでも一番好きなのがこの曲なんです!ビジュアルもかっこいいですけど、痺れるのはその歌声ですよね。情熱的な曲調も素敵だし、改めて明菜様の表現力の幅の広さを実感したのがこの曲でした!

報告

2赤いスイートピー / 松田聖子

赤いスイートピー / 松田聖子

公式動画: Youtube

アーティスト松田聖子
作詞・作曲松本隆 / 呉田軽穂
リリース1982年1月21日『赤いスイートピー』
収録アルバム『We Love SEIKO Deluxe Edition - 35th Anniversary 松田聖子 究極オールタイムベスト 50+2 Songs -』
『We Love SEIKO -35th Anniversary 松田聖子究極オールタイムベスト 50 Songs-』ほか
タイアップ大京グループ ライオンズマンション『幸せは家の中にある篇』CMソング

もっと見る

男子の心をきゅんとさせる不動のエース曲!

皆さんご存知、『赤いスイートピー』。作詞は松本隆さん、作曲は松任谷由実さん(作曲時は呉田軽穂名義)。編曲は松任谷正隆さん。歌はもちろん、松田聖子さん。「松」だらけやないか~い!「松」の人が一極集中してるんだよね。「おそ松くん」かよ。
B面曲は卒業ソングの定番、『制服』!

1982年当時、若者の不良化が社会問題として騒がれていたけど、「本当にそうなのか??」と疑問に持った松本隆さんは、逆に純愛を描いた。だって、半年も経ってるのに手握らないんだよ!?
後に流行ることになるツッパリ系のアイドル曲・『少女A』(中森明菜さん)とは対照的だよね[続きを読む]

ももち@昭和歌謡大好き若人

昭和歌謡マイスター

ももち@昭和歌謡大好き若人さん

1位に評価

報告

音楽評論家も大絶賛!!すべてにおいて完成されている究極のアイドル曲!!

音楽評論家のスージー鈴木さんが言うには、その歌は「1984年の音楽シーンにおける金字塔」であり、「80年代前半までの日本のポップスの総括」らしいねん。

ほぉ~、『Woman“Wの悲劇”より』やないかい。その特徴は完全に『Woman“Wの悲劇”より』やないかい。
この歌は呉田軽穂さん、すなわち松任谷由実さんが作曲してんねんけど、「あぁ~♪」から始まるサビの部分がとにかくスゴイねんから!ユーミンは常識的と思われる音階からさらに1音上げて、浮遊感MAXの変態的なメロディを創造したんよ!!サビの歌詞は「時の河を流れる船にオールはない、流され[続きを読む]

ももち@昭和歌謡大好き若人

昭和歌謡マイスター

ももち@昭和歌謡大好き若人さん

2位に評価

報告

4卒業 / 斉藤由貴

卒業 / 斉藤由貴

引用元: Amazon

アーティスト斉藤由貴
作詞・作曲松本隆 / 筒美京平
リリース1985年2月21日『卒業』
収録アルバム『AXIA』
『The Special Series 斉藤由貴』
『Yuki's MUSEUM』ほか
タイアップ明星食品『青春という名のラーメン』CMイメージソング

もっと見る

松本隆さん渾身の、エモい卒業ソング。

時は1985年。菊池桃子さん、倉沢淳美さん、尾崎豊さんが『卒業』というタイトルの歌をリリースしました。そんな「卒業インフレ」の中で私が一番好きなのが、斉藤由貴さんの『卒業』。
作詞は松本隆さん。作曲は筒美京平さん。このコンビの歌謡曲は数知れず。松本さん、筒美さん、いつもお世話になっております。(土下座)

松本隆さんがこの曲で描いた女の子はとにかく自律的。だって「卒業式で泣かない」って言うんだよ!?卒業式なんて泣いてナンボじゃん!?みんな泣いてるけど自分は泣かない。周りに流されてないよね。自分をしっかり持ってるよね。その姿勢が共感され[続きを読む]

ももち@昭和歌謡大好き若人

昭和歌謡マイスター

ももち@昭和歌謡大好き若人さん

4位に評価

報告

5飾りじゃないのよ涙は / 中森明菜

飾りじゃないのよ涙は / 中森明菜

引用元: Amazon

アーティスト中森明菜
作詞・作曲中森明菜
リリース1984年11月14日『飾りじゃないのよ涙は』
収録アルバム『BITTER AND SWEET』
『BEST』

もっと見る

私は泣いたことがある。この曲の質の高さに。

1984年リリース、中森明菜さんの10枚目のシングル。作詞・作曲は井上陽水さん。
恥ずかしながら私、小学生の頃、この曲は陽水さんの歌だと思ってたんだよね…(笑)だって父親の車にあった陽水さんのベストアルバムに、この曲(陽水さんのセルフカバーVer.)が入ってたから!後のヒット曲『Make-up Shadow』にも通じる大人っぽさがあるなぁ~って子どもながらに思ってた。
のちに中森明菜Ver.を知ったんだけど、明菜ちゃんの歌声は陽水さんとは別種の色っぽさがあるよね~。

そしてこの曲、とにかくノリがいい!コーラス、ギター、テクノなどが絡[続きを読む]

ももち@昭和歌謡大好き若人

昭和歌謡マイスター

ももち@昭和歌謡大好き若人さん

5位に評価

報告

妖艶かつ拓郎節。キャンディーズ、新ジャンル開拓。

1977年の作品。作曲は70年代初頭に現れたカリスマ・吉田拓郎さん。
拓郎さんは中村雅俊さん・梓みちよさん・森進一さんら、様々な歌手に曲を提供してきたけど、キャンディーズにも提供していました。拓郎作品の中でも「拓郎節」が聴いているこの歌は、歌うのが難しい…。と言うのも拓郎さん、キャンディーズへの課題曲としてわざと難しい曲にしたらしい。え、拓郎さんってSなの?(笑)

そんな『やさしい悪魔』、キャンディーズにしては色っぽい仕上がり。「レースのカーテン」、「バラ色ぶどう酒」、「長いまつ毛」という大人なアイテムが散りばめられている歌詞はもち[続きを読む]

ももち@昭和歌謡大好き若人

昭和歌謡マイスター

ももち@昭和歌謡大好き若人さん

3位に評価

報告

7WAKU WAKUさせて / 中山美穂

WAKU WAKUさせて / 中山美穂

引用元: Amazon

アーティスト中山美穂
作詞・作曲松本隆 / 筒美京平
リリース1986年11月21日『WAKU WAKUさせて』
収録アルバム『MIHO NAKAYAMA COLLECTION Ⅰ』
『Complete SINGLES BOX』
『MIHO NAKAYAMA Perfect Best』
『MIHO NAKAYAMA Perfect Best 2』
『30th Anniversary THE PERFECT SINGLES BOX』
タイアップフジテレビ系ドラマ『な・ま・い・き盛り』主題歌

もっと見る

思わず踊りたくなる、ユーロでバブルなナンバー。

中山美穂さんの8枚目のシングル。最初は王道アイドル路線だったミポリンだが、7枚目の『ツイてるね ノッてるね』からユーロビート歌謡路線も開拓。そして、この『WAKU WAKUさせて』は最高にダンサブルな仕上がりに。
作詞・松本隆さん、作曲・筒美京平さん、編曲・船山基紀さん。歌謡界のゴールデントリオですっ!!

時は1986年下半期。世の中・そしてポピュラー音楽界においてもだんだんとバブル感が漂い始めた頃。ミポリンだけじゃなく、荻野目洋子さん、BaBe、長山洋子さんなどに代表されるように、ユーロビート歌謡がトレンドになっていった。あ、長山[続きを読む]

ももち@昭和歌謡大好き若人

昭和歌謡マイスター

ももち@昭和歌謡大好き若人さん

6位に評価

報告

「だって私、カンカン娘」の中毒性。とにかく1回聴いてみて!

深夜番組「オールナイトフジ」から生まれたユニット・「おあずけシスターズ」の歌。メンバーは片岡聖子さんと井上明子さん。
タイトルは高峰秀子さんの『銀座カンカン娘』をモチーフにしてるんでしょうねぇ。

作曲・編曲は佐藤準さん。おニャン子クラブ関連の歌を作曲・編曲したり、光GENJIの歌を編曲したり…。
そんな佐藤さんが作ったこの曲、ノリノリで中毒性がある!!特にサビの「だって私~♪カン↑カン↑娘~♪」の所。もっと言うなら、「カン↑カン↑」の部分。「カンカン」という語呂もさることながら、メロディがクセになる~!!

ももち@昭和歌謡大好き若人

昭和歌謡マイスター

ももち@昭和歌謡大好き若人さん

7位に評価

報告

山口百恵の人生を象徴するかのような名曲。

1980年、山口百恵さん引退時の歌。シングル曲ではなくアルバム曲。引退の歌と言えば『さよならの向う側』が有名だけど、『This is my trial』もイイんだよ~!

作詞・作曲は谷村新司さん。山口百恵さんの境遇と重なる歌詞が非常に魅力的。
引き返さず、振り向きもせず、自分の道を「自分で歩きはじめる」。まさに結婚生活を選んで潔く引退した山口百恵さんの姿そのもの。百恵さんをより一層伝説化させた、珠玉の歌です。

そしてこの歌詞がカッコいいよね→「私のゴールは数えきれない人達の胸じゃない」。ファンたちにしがみつく・すがりつくのでなく、キッパリと別れる。こんなカッコいい21歳、他にいる!?!?

ももち@昭和歌謡大好き若人

昭和歌謡マイスター

ももち@昭和歌謡大好き若人さん

8位に評価

報告

12ミ・アモーレ / 中森明菜

ミ・アモーレ / 中森明菜

引用元: Amazon

アーティスト中森明菜
作詞・作曲康珍化 / 松岡直也
リリース1985年3月8日『ミ・アモーレ』
収録アルバム『D404ME』
『歌姫伝説~’90s BEST 』
『ベスト・アルバム BEST』ほか
タイアップ-

もっと見る

15悲しみよこんにちは / 斉藤由貴

悲しみよこんにちは / 斉藤由貴

引用元: Amazon

アーティスト斉藤由貴
作詞・作曲森雪之丞 / 玉置浩二
リリース1986年3月21日『悲しみよこんにちは』
収録アルバム『チャイム』
タイアップフジテレビ系アニメ『めぞん一刻』初代オープニングテーマソング

もっと見る

17けんかをやめて / 河合奈保子

けんかをやめて / 河合奈保子

引用元: Amazon

アーティスト河合奈保子
作詞・作曲竹内まりや
リリース1982年9月1日『けんかをやめて』

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ