みんなのランキング

デスノートに関するランキングと感想・評価

デスノート

引用元: Amazon

放送年2015年
放送局日本テレビ
原作大場つぐみ、小畑健『DEATH NOTE』
脚本いずみ吉紘
メインキャスト窪田正孝(夜神月)、山﨑賢人(L)、佐野ひなこ(弥海砂)、優希美青(N/メロ)、半海一晃(ワタリ QillshWammy)、佐藤二朗(模木完造)、松重豊(夜神総一郎)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://www.ntv.co.jp/drama-deathnote/
参考価格15,735円(税込)

『デスノート』は、2015年7月5日から9月13日まで毎週日曜日22:30 - 23:25に、日本テレビ系の『日曜ドラマ』枠で放送された日本のテレビドラマ。全11回。 漫画『DEATH NOTE』を原作とし、2006年に公開された実写映画版、2015年のミュージカル版に続き、今回初めて実写テレビドラマ化される。原作とは違うキャラクター設定でオリジナルストーリーとなり、実写映画版では描かれなかったキャラクターも登場する。 主演の窪田正孝はこの作品の演技が評価され、第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞を受賞した。 (引用元: Wikipedia)

全 34 件中 1 〜 20 件を表示

人間味のない山崎賢人

もともとデスノートが好きなので楽しめました。山崎さんなりのLの良さがありました。人間味のない感じが世界観に惹きつけられました。整っている容姿が活かされているように感じました。内容は分かっていたけどドラマの良さもあり、ハラハラドキドキしながら楽しめました。

hana

hanaさん(女性・30代)

3位に評価

キャラにあっている

デスノートは前に藤原竜也と松山ケンイチでドラマをやっており、そのイメージが強かったものの、新しいデスノートと見せてくれるような演技でした。山崎賢人演じるLは個性が出るキャラクターにもかかわらず、いつもの恋愛ドラマをやってる山崎賢人とはちがった雰囲気がでてて引き込まれました。

ぷぷこ

ぷぷこさん(女性・40代)

3位に評価

山崎賢人らしいL

デスノート、Lといえば松山ケンイチさんを思い浮かべる人が多いと思います。
しかし、山崎賢人のLもとても良かったですね。
変人探偵Lを松山ケンイチさんとは少し違った設定、キャラで演じていました。
賛否両論ですが、見比べてみるのも面白いですね。

seleva

selevaさん(男性・20代)

4位に評価

演技力の高さ

はっきり言うと、前評判は高くなかったと思う。映画の藤原竜也の印象が強すぎるため、あまり期待値は高くなかったと思うが、ふたを開けてみると、すごい演技力をまざまざと見せてもらった。いわゆる、久保田正孝としての演技力が世間的に受け入れられた出世作ではないかと思う。追い込まれていくさまの鬼気迫る感じがすごい印象に残っている。

くま

くまさん(男性・30代)

1位に評価

迫真の演技は見もの

夜神月役でしたが、デスノートで次々に殺して行くときの目の奥の鋭さが怖いくらいでした。
いつもより声もワントーン落とした感じで凄みがあり、悪役をバッチリ演じ切っていたと思います。
窪田正孝の悪役はあまり見れないので、貴重な役柄だったんじゃないかと思います。

キリン

キリンさん(女性・50代)

5位に評価

大ヒット漫画の主人公を熱演

大ヒット少年漫画「DEATH NOTE」をテレビドラマ化した「デスノート」!
窪田正孝は主人公の夜神月役に。
原作も映画もすべて見てきたけど、このドラマも面白かったです!
テレビドラマオリジナルの展開にワクワクしました!!
山崎賢人演じるL(エル)との熱いバトルに、釘付けになりました。

ギャル志望

まつ育中

ギャル志望さん(女性・20代)

3位に評価

ミサミサこと弥海砂

ミサミサこと弥海砂を演じていた佐野ひなこチャン。アイドル兼女優で、ツインテールで、とってもお似合いな役柄でしたね。純粋で一見おバカな雰囲気だったのですが、キラと同じくデスノートをゲットする物語の重要な役どころを担っていて、がんばっているなぁと。拘束されるシーンはハラハラドキドキで、ちょっと見ていられなかったけど、ガン見してしまいましたね。この作品のハイライトだったんだんじゃないでしょうか。夜神ライトのことが好きな役だったのですが、私自身は八神ライトになりたいと思っちゃいましたね。戸田恵梨香が演じた映画版とはまた違った、それと同じくらい、いや明らかにそれ以上の良さが佐野ひなこチャンのミサミサにはあったと感じますね。登場シーンも多く、文句なしで1位にしたいと感じますね。

ソンドンヨル

ソンドンヨルさん(男性・40代)

1位に評価

日曜ドラマランキングでの感想・評価

凄いわかる

一躍社会現象になったデスノート。誰もが一度は使ってみたいと思うことでしょう。私も名前を書いて葬りたいのが、ひとり、ふたり、さんにん。というのは冗談としてもコンセプトが惹きつけられるドラマです。死神デュークなんて再現できるのか?と思っていたら、見事に再現されていました。主人公の光も、名前に似合わず完全に闇落ち主人公です。最初こそ、いい人だと思ってたのにやはり悪に手を染めているうちに、なのでしょうかね。なんにせよ面白いと思います。

dia

diaさん(女性・20代)

1位に評価

よく頑張った

ミサミサ。原作のファンが多くて、映画版は戸田恵梨香が好演してたし、そりゃ比べちゃうだろうし、人によって思うところはあるでしょう。

自分は戸田恵梨香好きだからやっぱりそっちのイメージが強い。でもそれはそれ。佐野ひなこがドラマで主要キャラを演じたのは初めてだったんじゃないかなー。ミサミサのアホっぽい感じは表現できてたと思うのです。

酷評に耐えてよく頑張った。感動した!

アントニオきのこ

アントニオきのこさん(男性・30代)

1位に評価

日曜ドラマランキングでの感想・評価

原作とは違った感じが魅力

デスノートといっても原作のデスノートとはかなり違ったアレンジがされたデスノートでまた違ったデスノートを楽しめたという点で良いと思ったドラマでした。原作にかなり思い入れがある人には微妙に感じるかもしれないですが、これは原作とが違って設定になっているからこそどういう展開になるか分からないというハラハラ感がありました。

おけだ

おけださん(男性・40代)

1位に評価

日曜ドラマランキングでの感想・評価

復活した社会現象

映画版デスノートを見てドラマ版のデスノートを見ました。
映画版でも漫画版でもない結末で自分もびっくりし、主演の鬼気迫る演技がすごかったです。
映画版に負けず劣らずの推理合戦は、手に汗握りました。
デスノートで人が変わってく様は自分が持ったらどうなるんだろうと考えさせられました。

レイディ

レイディさん(男性・20代)

2位に評価

日曜ドラマランキングでの感想・評価

頭脳戦ドラマの先駆け的存在

ドラマのみならず、原作の漫画やアニメも大好きな作品ですね。それぞれ微妙に話は異なってますけど、ドラマも秀逸でした。特に良かったのが夜神月でしょうか。自分がキラだという疑いを晴らす為、軟禁してくれ!とLに訴えた時の凄い迫力でした。頭脳戦の先駆け的な存在になったドラマだと思います。

シュタタタ

シュタタタさん(男性・50代)

1位に評価

見どころは拘束シーン

戸田恵梨香のミサミサのイメージが強すぎるが、さのひなミサミサもかわええぞ!!
個人的には戸田恵梨香よりも原作のちょっとウザい系な感じが上手くて好きだぞ!拘束シーンもよいよい。
ゴスロリなさのひなを拝めるだけで満足。あ〜さのひなミサミサに崇拝される夜神月うらやましいな〜!

おじおじ

おじおじさん(男性)

3位に評価

窪田正孝の表情

正直、「ドルオタ」という設定などのオリジナル要素の多さと、映画版の印象が強すぎてダメかなって思ってました。それでも何となく毎週見ていると驚きました。目つきや笑った時の口元など、完全に"キラ"になっていたんです。そこからはもう夢中になって毎週テレビにかじりついていました。

まぐろ

まぐろさん(男性・20代)

1位に評価

エル役が最高にハマっている!

デスノートはドラマを見る前から漫画を読んでいたので知っていて好きでした。ドラマになっても良いキャストと俳優さんたちの演技で、本当に最高でした。特に松山ケンイチさん演じるエルは、キラと並んで主役で、独特の猫背な姿勢と話し方、目つきなど本当に原作のエルそのものでした。

くま

くまさん(女性・20代)

1位に評価

狂気的な演技がすごい

窪田くんには個人的に好青年のイメージがあったが、そんなもの無くなるくらい、どんどんとキラとして壊れていく姿に度肝を抜かれました。映画とは違いどこか正義として人を殺すことに快感を覚えていくような、そんな狂気すらも感じるくらい圧巻の演技力だと思いました。

もちゃ

もちゃさん(女性・20代)

3位に評価

期待どおり

デスノートは人気作品ですし、藤原竜也さんの月役がすごくぴったりすぎだったので、タイプの違う窪田くんには合わない気がしていました。でも実際、窪田くんが月役ですごくおもしろかったです。いつもと違うダークな窪田くんもかっこよかったです。

KIYAKU

KIYAKUさん(女性・20代)

2位に評価

日曜ドラマランキングでの感想・評価

のめり込んでしまうドラマ

恐ろしいストーリーですが、何度見ても飽きないドラマです。キャストの演技がとても上手で、まさに怪演といった感じでした。テンポの良いストーリーで、のめり込んで見てしまいましたし、様々な事件や死を通して色々な気持ちを持つことができました。

ユッケジャン

ユッケジャンさん(女性)

1位に評価

顔面が柔軟

いや、この人マジで演技うまいと思いました。
名言「計画通り」のときの顔面の原作再現度の高さときたら…。

窪田正孝がクセのあるLを演じていたらどうなっていたのだろう。恐らくクセがすごいだろう。めっちゃ見て見たい!

ピキノド

ピキノドさん(男性・30代)

1位に評価

とにかく可愛い

この作品では、主人公に恋をするミサミサという役なのですが、こんな女の子いたら絶対好きになってしまうといった役を演じています。私もこの作品で彼女を知るきっかけとなったので思い入れがありますし、一番好きな作品です。

わーるど

わーるどさん(男性・20代)

1位に評価

関連しているランキング

エンタメ>アニメ・漫画

デスノートキャラランキング

L(DEATH NOTE)

L(DEATH NOTE)

さちこ

茶目っ気たっぷりの天才探偵

世界で活躍し、数々の難題事件を暴いてきた探偵。天才的な...

関連しているアイテム

似ているアイテム

関連しているタグ

みんランで人気のランキング

「ドラマ」タグで人気のランキング

アンナチュラル

エンタメ>テレビ

面白いドラマランキング

おすすめの面白いドラマは?

トンイ

エンタメ>テレビ

韓国ドラマ時代劇ランキング

韓国ドラマの時代劇であなたがおすすめしたい作品は?

トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜

エンタメ>テレビ

韓国ドラマランキング

おすすめの韓国ドラマは?