みんなのランキング

【人気投票 1~56位】料理・グルメ漫画ランキング!みんなのおすすめする作品は?

ワカコ酒(漫画)美味しんぼ(漫画)食戟のソーマ(漫画)きのう何食べた?(漫画)クッキングパパ(漫画)

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数56
投票参加者数98
投票数227

みんなの投票で「料理・グルメ漫画人気ランキング」を決定!主人公が美味しそうに料理を頬張る姿を楽しむグルメ漫画から、料理人のプライドをかけた料理対決が見所の料理漫画まで、さまざまな内容が楽しめる「料理・グルメ漫画」。究極のメニューVS至高のメニューの料理対決が熱い『美味しんぼ』(1983年)をはじめ、テレビドラマ化もされた『孤独のグルメ』(1994年)や、異世界グルメ漫画『ダンジョン飯』(2014年)などがランクイン?あなたがおすすめする料理・グルメ漫画作品も教えてください。

最終更新日: 2022/09/28

注目のユーザー

杉村 啓

専門家醤油・日本酒研究家/グルメ漫画研究家

杉村 啓

投票した内容とコメントを見る

ランキングの前に

1分でわかる「料理・グルメ漫画」

美味しそうな料理が魅力の「料理・グルメ漫画」

「グルメ」とは、本来は食通や美食家を指す言葉ですが、「美食(美味しい料理)」という意味で使われることも多いです。そのため「グルメ漫画」は、料理を題材とした作品全般を意味することが一般的で、目で見て「美味しそう」と感じる作品が多数。

料理・グルメ漫画往年の名作

グルメ漫画の往年の名作としては、「究極vs至高」というメニューバトルが繰り広げられる『美味しんぼ』(1983年)や、主人公・荒岩一味が家族や同僚に料理を振る舞う様子を描きレシピも充実する『クッキングパパ』(1985年)などが挙げられます。90年代では、主人公が1人で食事をする模様を淡々と描写した『孤独のグルメ』(1994年)が話題になり、テレビドラマも続編が次々に制作されるほどヒットします。

近年の料理・グルメ漫画の代表作

近年では、料理を通じて繰り広げられるゲイカップルの日常を描き出した『きのう何食べた?』(2007年)、「モンスターを調理して食べる」をテーマとした『ダンジョン飯』(2014年)といったユニークなグルメ漫画が登場。また『ラーメン大好き小泉さん』(2013年)や、『どんぶり委員長』(2014年)など特定の食品に特化した作品も増加しています。

関連するおすすめのランキング

全ジャンルの人気漫画No.1とは?

面白い漫画ランキング

ジャンル別の漫画ランキングはこちら!

漫画おすすめ人気ランキング!全54ジャンル別・2022年版

スマホで漫画を読むときにおすすめのアプリは?

漫画アプリランキング

料理が題材のアニメ作品も要チェック!

料理アニメランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、料理・グルメを題材にした漫画作品が投票対象です。あなたがおすすめする料理漫画に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1食戟のソーマ(漫画)

食戟のソーマ(漫画)

引用元: Amazon

作者原作:附田祐斗 / 作画:佐伯俊
ジャンル少年漫画
出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ(2012年52号~2019年29号)
巻数全36巻
参考価格440円(税込)

もっと見る

関連するランキング

幸平創真

食戟のソーマキャラランキング

好きな食戟のソーマのキャラクターは?

もめ事は料理で解決! 料理対決ものを読みたければこれ!

一流の料理人を育成する「遠月学園」に入学した、下町の定食屋の息子「幸平創真」の活躍を描いた料理・グルメ漫画。学園内は料理がすべてで、もめ事が発生したときに料理対決「食戟」で解決する文化がある。

週刊少年ジャンプに連載されていた作品だけに、少年誌らしいライバル達との料理対決がしっかりと描かれています。あとお色気シーンも。

創真が培ってきた定食屋での知識や経験を生かした料理も魅力。5話以降は料理研究家の協力が加わり、お手軽な料理から本格的な料理まで幅広く登場します。

血湧き肉躍る対決と本格的な料理知識が合わさった作品です。

漫画:[続きを読む]

杉村 啓

醤油・日本酒研究家/グルメ漫画研究家

杉村 啓さん

2位に評価

報告

絵が綺麗でキャラも素敵です。

絵柄がとても万人受けする絵柄だと思います。細部までとても丁寧に描かれていて、絵だけで読めるくらいです。
作画の方は前の作品で女の子をメインで描かれていたそうなので女の子キャラがとてもかわいいです。そしてその可愛い子の服が、料理が美味しすぎるとハジケ飛ぶという(笑)少年漫画らしい展開で面白かったです。

報告

料理の画力

料理漫画で最も大切なのは料理が美味しそうだと思えるかです。
この漫画はその点に関してずば抜けています。
作者の画力や言葉選びで食欲をそそられます。
この漫画には監修で料理家が着いていたので、現実でその料理を再現できるのもポイントが高いです。

報告
コメントをもっと読む

2美味しんぼ(漫画)

美味しんぼ(漫画)

引用元: Amazon

作者原作:雁屋哲 / 作画:花咲アキラ
ジャンル青年漫画
出版社小学館
連載ビックコミックスピリッツ(1983年20号〜休載中)
参考価格693円(税込)

もっと見る

関連するランキング

グルメ漫画の王道

緻密な取材に基づく料理、素材にこだわったグルメ漫画の王道。ストーリーもあるが、基本的には1話読めば料理そのものへの理解が深まる。ただ美味しいとか、料理対決を流す従来のグルメ漫画には無かった、科学的な分析で展開するグルメ漫画の金字塔。今から思うと作者の偏見に近い主義主張がしばしば垣間見えるが、ご愛嬌。

週末

週末さん

1位に評価

報告

金字塔

グルメ・料理漫画の金字塔といえば「美味しんぼ」。序盤は、東西新聞の落ちこぼれ社員の「山岡士郎」が、「これは本当の〇〇じゃない」みたいな感じで、あらゆる料理人たちに喧嘩を売っていくのが基本的なスタイルだった。

物語が進むにつれ、同じく社員の「栗田ゆうこ」と共に、東西新聞の創立記念企画である「究極のメニュー」作りに励み、「至高のメニュー」に取り組む海原雄山と対決していく......

あと、栗田さんの山岡さんに対する恋心に気がつかない、山岡の旦那の鈍さっぷりは、今のラブコメ漫画の元になっているのではないかと勝手に思っている(多分違うだろ[続きを読む]

報告

元祖、グルメ漫画のイメージがあります!

子供の頃に良く観ていたのですが、まさに元祖グルメ漫画のイメージがあります。様々な料理を新聞記者である山岡士郎がプロの料理人に対して喧嘩を売っていくと言う非常に珍しい内容だったのが印象に残っています。また、観ているだけでも本当に美味しそうに見える漫画にも思えました。

報告
コメントをもっと読む

3きのう何食べた?(漫画)

きのう何食べた?(漫画)

引用元: Amazon

作者よしながふみ
ジャンル女性漫画
出版社講談社
連載モーニング(2007年12号〜)
参考価格715円(税込)

もっと見る

「料理」も「人間ドラマ」も完成度の高い傑作

几帳面な弁護士の筧史朗(シロさん)と、人当たりの良い美容師の矢吹賢二(ケンジ)の生活を、食生活を中心に描いた作品。二人はゲイカップルでもあるため、抱えている諸事情や、家族とどう向き合っていくかなども描かれています。

料理・グルメ漫画として特筆すべきは、作中の手際の良さ!
家庭料理では一品作っている間に空いているコンロでもう一品やってしまおうとかよくあることなのですが、そういった部分を描けている漫画は意外と少なかったりします。

また、漫画ではどうしても描写を優先するために調理は簡略化されて描かれることも多いのですが、『きのう何食べた[続きを読む]

杉村 啓

醤油・日本酒研究家/グルメ漫画研究家

杉村 啓さん

1位に評価

報告

話の内容がとてもリアル

ゲイカップルが普通に暮らしていく中で、2人の食生活を主としたお話。
2人の遭遇する出来事や悩みがとてもリアルで、年代的にも共感できる部分がたくさんあり、思わず読み入ってしまう。
そんな中でも、毎日の生活に欠かせない食事を作るシーン。自分も毎日食事を作る立場であるので、毎回共感して楽しんでしまう。おまけに新しいレシピも覚えることができるので、まさに一石二鳥。
なんてことないただの日常の話なのだが、読んでいると、こちらも幸せな気持ちになることができる。

まろ

まろさん

1位に評価

報告

自宅でマネできる料理

料理のレシピを丁寧に説明しながら話が展開していくのでわかりやすく、レシピ自体も本当に一般家庭でいつでも作れる、なんならいつも作っている料理より簡単で美味しいものが紹介されています。特にシロさんのバナナケーキはお気に入りで漫画片手に何度も作ってます。

報告

4ワカコ酒(漫画)

ワカコ酒(漫画)

引用元: Amazon

作者新久千映
ジャンル青年漫画
出版社ノース・スターズ・ピクチャーズ
連載月刊コミックゼノン(2011年〜)
参考価格1,750円(税込)

もっと見る

酒飲みのツボをついた、一人飲み漫画の決定版!

呑兵衛の舌を持って生まれてしまった村崎ワカコ(26)が一人で居酒屋へ行き、食べ、酒を飲む漫画。ただそれだけなんですが、これが実に面白いのです。

料理のセレクトも、お酒の飲み方も、呑兵衛のツボをついたものばかり。たとえば、近くの席の女子があん肝は苦手と言っているのを小耳に挟んだりしたときでも「臭みといえばそうかもしれないが燗酒と合わせれば鼻の奥で臭みはうまみにかわる」と、燗酒で楽しんだりするのです。酒飲みなら共感することだらけでしょう。

そしておいしいものを食べたら「ぷしゅーーー」と息が漏れます。食べた後に口に広がる料理の余韻を楽し[続きを読む]

杉村 啓

醤油・日本酒研究家/グルメ漫画研究家

杉村 啓さん

3位に評価

報告

酒飲みにはたまらない、飲めなくてもたまらない

酒飲みにはもちろん、お酒が飲めない人でも、一杯飲んだようなそんな気持ちにさせてくれます。居酒屋メニューから宅飲みまで、ちびちびだったり、豪快にかぶりついたり、色々な気分を味合わせてくれて、飽きがこないです。

報告

一杯やりたくなる

1話1話がとても短く、簡潔かつのんびりとした面白さがあるのです。出てきたお酒も料理も出来ることなら全部嗜みたいと思ってしまいます。

報告

5クッキングパパ(漫画)

クッキングパパ(漫画)

引用元: Amazon

作者うえやまとち
ジャンル青年漫画
出版社講談社
連載モーニング(1985年14号~)
参考価格660円(税込)

もっと見る

優しいパパの家庭料理

モーニング連載の家庭料理。荒岩家族を中心とするが、これといったストーリー展開もなく至って平和であるが、ネットも無い時代から漫画で家庭料理、創作料理を紹介していくのは漫画版クックパッドのような存在感。平和すぎてモーニングではいつも後ろの方に掲載されているが、安心するグルメ漫画。

週末

週末さん

2位に評価

報告

クッキングパパで料理を覚えました!

とにかくこの漫画は、漫画であって漫画以上に価値のある漫画に思えました。何故ならば、やはりしっかりとした料理の手順が知らされているので、読んでいるこちらまで知らず知らずに料理の手順から基本まで覚えることが出来ました。

報告

ほのぼのしてる

家庭、青春、恋愛、社会、そしてグルメという全てのジャンルが楽しめる、面白い漫画です。

報告

6包丁人味平

包丁人味平

引用元: Amazon

作者原作:牛次郎 / 作画:ビッグ錠
ジャンル少年漫画
出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ(1973年28号~1977年45号)
巻数全12巻
参考価格297円(税込)

もっと見る

汗で塩味を補う衝撃

最も衝撃的だったシーンは、塩しか入れない潮汁勝負のときのこと。主人公の味平が潮汁を作っている最中に入った自身の汗によって、ちょうどよい塩加減になり、引き分けた。

今思うと、あれはなかなかバッチいのではなかろうか。いや、味平なら許される。

あと荒磯の勝負もすごく好き。

報告

料理をする際、色々と参考になった

私が初めて読んだ料理マンガが、この包丁人味平です。
この作品の好きな理由は、マンガ内で紹介されている料理技術がリアルでも使えたから。
キャベツのみじん斬りや玉ねぎの剥き方、ラーメンを茹で時間を短縮出来る”びっくり水”、カレーを食べる際の薬味にはどういう役目があるか?等、包丁人味平で学ばせてもらいました。
今でもこういった方法は実生活で使用していますし、その度に包丁人味平って凄いな~とリスペクトしています。

報告

7ミスター味っ子(漫画)

ミスター味っ子(漫画)

引用元: Amazon

作者寺沢大介
ジャンル少年漫画
出版社講談社
連載週刊少年マガジン(1986年40号~1990年4、5合併号)
巻数全19巻
参考価格462円(税込)

もっと見る

関連するランキング

ルネッサ〜ンス、情熱〜

下町の食堂で料理を提供する15歳の少年料理人・味吉陽一。

彼が作った二度揚げのカツ丼を味皇村田が食べに来て以来陽一は、出張料理人・久高建男や、味皇料理会のフランス料理主任・下仲基之など、数々の凄腕料理人たちと対決した。

個人的に、陽一の後輩の亡くなったお母さんが作った茶碗蒸しと、ホッケの塩焼きの味を再現する話が好き。この回のタケノコをコンクリートで放置するとアクが抜けるという事実(?)は衝撃だった。理由はわからないけど〜と、陽一にもアクが抜けた要因がわからなかったのは、少し面白い。

味皇GPは、やはり第二回大会だろう。陽一永遠の[続きを読む]

報告

8深夜食堂(漫画)

深夜食堂(漫画)

引用元: Amazon

作者安倍夜郎
ジャンル青年漫画
出版社小学館
参考価格770円(税込)

もっと見る

かっこいいおじさん

この漫画は、子供~大人までが楽しめる、そして料理だけではなく、日常の会話、自分もこの作品の方で一緒に主人公たちと飲んでいる気分になれれうグルメ漫画だと思います。

報告

9山と食欲と私

山と食欲と私

引用元: Amazon

作者信濃川日出雄
ジャンル青年漫画
出版社新潮社
連載月刊コミック@バンチ(2015年~)
参考価格465円(税込)

もっと見る

キャンプ飯のすばらしさが詰まってる

キャンプだからこそ味わえる美味しさが伝わってくる絵です。

報告

10トリコ(漫画)

トリコ(漫画)

引用元: Amazon

作者島袋光年
ジャンル少年漫画
出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ(2008年25号~2016年51号)
巻数全43巻
参考価格418円(税込)

もっと見る

関連するランキング

理性ではなく本能で読む漫画

この漫画の絵は決して万人受けするものではありません。
実際に僕も連載された当初は敬遠していました。
しかし実際に読むと画力は高くないはずなのに何故か登場する料理にヨダレが垂れそうになります。

報告

神の食材

トリコを見て、食材への忠義、感謝を改めて知ることができました。
すべての食材に感謝をこめて、いただきます

マナティさん

1位に評価

報告

11Artiste

Artiste

引用元: Amazon

作者さもえど太郎
ジャンル青年漫画
出版社新潮社
連載月刊コミックバンチ(2016年9月~)
参考価格574円(税込)

もっと見る

人間を描いた作品

料理にスポットを当てているというよりも、人間関係の機微が見所の料理漫画といえるだろう。オドオドしながらも絶対的な味覚を持つ副料理長・ジルベールの成長ぶりにほっこりする作品でもある。

報告

12鉄鍋のジャン!

鉄鍋のジャン!

引用元: Amazon

作者西条信二
ジャンル少年漫画
出版社秋田書店
連載週刊少年チャンピオン(1995年~2000年)
巻数全27巻
参考価格344円(税込)

もっと見る

マジックマッシュルーム

かなり古い漫画で絵も古いですが、主人公のジャンの作る料理がめちゃくちゃ魅力的です。
その中でも僕が最も記憶に残っているのは、マジックマッシュルームを食材として使用した料理です。
審査員たちがゾンビのようにジャンの料理を求めるさまをみて僕も1口……と思いました。

報告

唯一無二

大きな流れは王道料理バトル漫画だが、主人公を悪役にするという大胆な視点の転換がされていることでいい意味で期待を裏切ってくれる。
主人公が悪役なため料理漫画でたまにある謎パワー(想いの差など)での勝利が起こらないことが確定しており、バトルに緊迫感を産んでいる

グルーポンさん

1位に評価

報告

13フェルマーの料理

フェルマーの料理

引用元: Amazon

作者小林有吾
ジャンル少年漫画
出版社講談社
連載月刊少年マガジン(2018年10月号〜)
参考価格660円(税込)

もっと見る

理論派、料理漫画

あれだけ理論的な、創意工夫が含まれた、ナポリタンを見たことがない。

アオアシの作者が描いた料理漫画。数学オリンピックの候補に選ばれながらも挫折した少年が、ふとしたきっかけで料理の世界へ飛び込むというストーリーだ。

報告

14真・中華一番!(漫画)

真・中華一番!(漫画)

引用元: Amazon

作者小川悦司
ジャンル少年漫画
出版社講談社
連載週刊少年マガジン
巻数全12巻
参考価格462円(税込)

もっと見る

衝撃の恒河沙麺!

中国全土を舞台に少年料理人・マオが活躍する物語。マオの料理も、敵が作る飯も、とにかく美味しそう。食べるたびに麺の味が変わる焼きそば「恒河沙麺」は衝撃的だった。

報告

15最後のレストラン

最後のレストラン

引用元: Amazon

作者藤栄道彦
ジャンル青年漫画
出版社新潮社
連載月刊コミック@バンチ(2011年4月号〜)
参考価格577円(税込)

もっと見る

歴史上の人物に料理を提供

現代のあるレストランに、織田信長や関羽など、歴史に名を残した偉人たちが訪れる。死ぬ直前にタイムスリップした彼らは、最後の晩餐として、主人公へ難題を突きつけるという内容で、とてもおもしろい。

報告

16三国志メシ

三国志メシ

引用元: Amazon

作者本庄敬
ジャンル青年漫画
出版社潮出版社
連載WEBコミックトム(2017年〜)
参考価格1,056円(税込)

もっと見る

三国志時代の飯が現代に蘇る

三国志が好きな中華料理屋の店主が、ひょんなきっかけで三国志時代の飯を再現するお話。

飯を通して三国志時代のエピソードを知れるし、「劉備や孔明がこれを食べていたのかもしれないのか…!」とちょっと感動もする。絵も温かみがあってすごく好き。今最も注目しているグルメ漫画かもしれない。今後が楽しみ!

報告

17衛宮さんちの今日のごはん(漫画)

衛宮さんちの今日のごはん(漫画)

引用元: Amazon

作者TAa
ジャンル青年漫画
出版社KADOKAWA
連載ヤングエースUP(2016年2月~)
参考価格574円(税込)

もっと見る

レシピも載ってる

好きなシリーズの派生漫画という事もありますが、実際に作れる様レシピまで書かれているので夕飯の献立に困りません。

報告

18いつかティファニーで朝食を(漫画)

いつかティファニーで朝食を(漫画)

引用元: Amazon

作者マキヒロチ
ジャンル青年漫画
出版社新潮社
連載月刊コミック@バンチ(2012年5月号〜2019年11月号)
巻数全14巻
参考価格485円(税込)

もっと見る

アラサー女性の悩みが凝縮されています。

こちらに出てくるお店は全て実際にあるお店で、コックスの最後には必ずお店の紹介ページが載っていますので、ちょっとしたグルメガイドブックになります。
アラサー女性のあるあるな悩みが丁寧に描かれていて、どんなに辛いことがあっても朝は来る、朝ごはんと共に心のリセットをする様子は私もマネしたくなります。

報告

19らーめん才遊記

らーめん才遊記

引用元: Amazon

作者河合単
ジャンル料理漫画
出版社小学館
連載ビッグコミックスペリオール(2009年17号~2014年5号)
巻数全11巻
参考価格693円(税込)

もっと見る

ラーメンを知るのに最適なシリーズ。続編もぜひ!

人気ラーメン店「らあめん清流房」のオーナーにしてラーメン界のカリスマ芹沢達也はラーメン向けフードコンサルタント会社「清流企画」を設立。そこに新入社員として入社した汐見ゆとりは、有名料理研究家を母に持つ料理の天才だった。ゆとりは芹沢に導かれ、フードコンサルとして成長していく。

前作『ラーメン発見伝』で人気を博したキャラの芹沢を中心とした、外伝的な作品でもありますが単体でも楽しめます。2009年の作品ですが、2020年にドラマ化。そして続編『ラーメン再遊記』の連載が開始されました。

2009年から2014年までの連載期間中は、かなりラ[続きを読む]

杉村 啓

醤油・日本酒研究家/グルメ漫画研究家

杉村 啓さん

4位に評価

報告

20スーパーくいしん坊

スーパーくいしん坊

引用元: Amazon

作者原作:牛次郎 / 漫画:ビッグ錠
ジャンル料理漫画
出版社講談社
連載月刊少年マガジン(1982年~1987年)
巻数全9巻
参考価格25,939円(税込)

もっと見る

料理のアイディアが斬新過ぎた

マンガ自体は読んだ事なくとも、主人公の”できらぁ!”の画像なら見たことある方も多いんじゃないでしょうか。
料理を相談されたり、料理バトルをしたりと料理について色々と工夫します。
特に印象的だったのが、トタン板に油をひいてバーベキューをする話。
当時は車のボンネットで目玉焼きを焼くというTVCMもなかった時代だったので、こんな事が出来るのか!と印象に残りました。

報告

21

21位~40位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

【全ジャンル総合】面白い漫画No.1に輝いた作品は?

面白い漫画ランキング

完結漫画 名作ランキング

料理・グルメがテーマの作品をもっとチェック!

料理アニメランキング

料理ドラマランキング

料理映画ランキング

寿司漫画ランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ