みんなのランキング

おくりびと(映画)

おくりびと(映画)

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間130分
監督滝田洋二郎
脚本小山薫堂
メインキャスト本木雅弘(小林大悟)、広末涼子(小林美香)、吉行和子(山下ツヤ子)、山崎努(佐々木生栄)、余貴美子(上村百合子)ほか
制作中沢敏明、渡井敏久
音楽久石譲
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
参考価格3,980円(税込)

『おくりびと』(Departures)は、2008年の日本映画。滝田洋二郎が監督を務め、第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞した。 (引用元: Wikipedia)

コメント・口コミ

全 9 件を表示

面白い邦画ランキングでのコメント・口コミ

深いテーマなのに爽やか。

タブー視されがちなテーマでありながらメッセージ性も読み解きやすく、疲れないどころかエンターテイメント性もあり、それでいて爽やかに感じる不思議。死そのものではなく、それを見送る人たちを描いた映画。故人に対する敬意はいかにも日本的。山形の広大で静かなロケーションや程よい土着性が生む非現実性が、いかにもないやらしさを軽減してくれています。

スキあらばGAME 管理人

ゲームブログ『スキあらばGAME』管理人

スキあらばGAME 管理人さん

2位に評価

面白い映画ランキングでのコメント・口コミ

日本の名作

納棺師という仕事を初めて知った映画。その仕事に注目した初めての映画じゃないだろうか。
静かな映像の中に、ときどき笑いをあり涙あり、その仕事の大変さも描いている名作だと思います。
日本人ならぜひ見ていただきたい。

50

50さん(女性・40代)

4位に評価

家族映画ランキングでのコメント・口コミ

死を通じて家族を知れる

家族のあり方のなかでも避けては通ることができない死を通じた家族のあり方をみせてくれた最高の映画。父親との思いでなど、独特の視線で描かれており、大切な人を大切にしたいと思えるような、家族のあり方を考えさせられる。

美優

美優さん(女性)

1位に評価

面白い邦画ランキングでのコメント・口コミ

名作

この映画を見て亡くなった人をどうやって送るか、すごく考えさせられます。
身内が亡くなった時も大変お世話になりましたし、この映画を見てなかったらそういった感謝の気持ちは沸かなかったんじゃないかと思います。

みいさん

みいさんさん(女性・30代)

3位に評価

面白い映画ランキングでのコメント・口コミ

死について考えさせられる

死んだ人に化粧をするおくりびとを題材にしたストーリー。面白いと言う一言ではあらわせない。考えさせられる映画です。生きているうちに見て欲しい一作品です。

aaa

aaaさん(30代)

3位に評価

広末涼子出演の映画ランキングでのコメント・口コミ

知らない世界を垣間見れた作品で広末涼子さんの演技も生々しくて良かったです。

亡くなった方をキレイにしてあの世に送り出すという職業がいわゆるおくりびとですが、プライベートではなかなかこうした職業の方の仕事ぶりを拝見する事は出来ないので率直にこの作品をとおして勉強になりました。
広末涼子さんもおくりびととしての演技が非常に生々しくて、さすが女優さんだなと素直に思わせる演技でした。

ウーバーのたくさんの評価

広末涼子出演の映画ランキングでのコメント・口コミ

納棺師に対する世間の偏見を乗り越えて、素晴らしい仕事であることを表現しているところです。

主人公が、死体を清めるための仕事に就いていることを知った際の拒否感を出している演技とそれを受け入れた際の変化が良かったです。「私に触らないで、汚らわしい」の発言を最初にしていたのに、最終的にはとても優しさに満ちた表情を出しているのが感動的でした。

通りすがりのパンくんさんの評価

広末涼子出演の映画ランキングでのコメント・口コミ

広末さんにしかできない役

美香は広末さんにしかできない役だったと思います。夫を励ましながらも、その仕事を知り、嫌悪を示してしまうという感じたことがそのまま表情に出てしまう人物で、その微妙な心の変化を広末さんが上手に表現されていたと思います。

たばすこさんの評価

広末涼子出演の映画ランキングでのコメント・口コミ

苦悩しながらも理解をする姿に感動。

納棺の仕事についた夫を最初の頃は納得がいかず汚らわしく思っていた妻を演じていました。次第にその仕事の尊さや大切さなどを感じ、少しづつ理解や納得を深め夫を支えていく姿に感動しました。

KDDIauさんの評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「映画」タグで人気のランキング