1. トップ
  2. エンタメ
  3. アガサ・クリスティの書籍ランキング

アガサ・クリスティの人気書籍ランキング!おすすめしたい好きな作品は?

  • 五匹の子豚
  • ABC殺人事件
  • そして誰もいなくなった(小説)
  • オリエント急行の殺人
  • アクロイド殺し

世界的なベストセラーとなる推理小説を多数手がける「アガサ・クリスティ」。1976年に生涯を終えるまで、多数の名作を生み出してきました。今回はみんなの投票で「アガサ・クリスティの人気書籍ランキング」を決定します。彼女の名を広めるきっかけとなった作品『アクロイド殺し』をはじめ、日本でテレビドラマ化を果たした『パディントン発4時50分』や、世界中で高い知名度を誇る作品『そして誰もいなくなった』などの代表作はもちろん、新刊からも投票可能です!あなたのおすすめも教えてください。

最終更新日: 2020/09/03

このお題は投票により総合ランキングが決定

投票参加者数
92
アイテム数
28
投票数
332

このお題に投票している注目のユーザー

ランキングの前に

ランキングの前に…1分でわかる「アガサ・クリスティ」

ミステリーの女王と呼ばれる「アガサ・クリスティ」

1890年、イギリス生まれの作家「アガサ・クリスティ」。1920年に処女作である『スタイルズ荘の怪事件』で推理作家としてデビューを果たし、1926年に6作目となる長編推理小説『アクロイド殺し』に仕掛けられている大胆なトリックが話題を呼び、一躍人気作家となりました。以降、『そして誰もいなくなった』(1939年)や、『パディントン発4時50分』(1957年)など、85歳でこの世を去るまで多数の書籍を手がけています。自身の旅の経験から得た多彩な知識を背景描写に使用した彼女の推理小説の多くは世界的なベストセラーとなり、「ミステリーの女王」と評されています。

本ランキングにおける「アガサ・クリスティの書籍」の投票範囲

本ランキングにおけるアガサ・クリスティの書籍の投票範囲は、彼女が手掛ける作品です。リレー小説や詩集、メアリ・ウェストマコットまたはアガサ・クリスティ・マローワンの名で著した作品にも投票が可能です。

このランキングに投票しているユーザーのバッジについて

  • アガサ・クリスティの作品を全作品読んだことがある。

  • アガサ・クリスティの作品を15作品以上読んだことがある。

  • アガサ・クリスティの作品を5作品以上読んだことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、気軽に参加可能な3つのボタンによる投票と、自分の順位を決めて公開・投票するマイランキングの合計ポイントで決定します。マイランキングの方がポイントは高く、順位に及ぼす影響は大きくなります。

投票ポイント・不正投票について

マイランキングを作ってみる

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

条件による絞り込み:なし

1そして誰もいなくなった(小説)

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数37
注目

不動の一位

映画化もされており、絶対に外せない。アガサクリスティなら不動の一位です。嵐で閉ざされた孤島で起こる殺人という、今では定番になったストーリーのパイオニア。1人、また1人と死んでいき、次は自分じゃないかという恐怖と緊張感、そして犯人はあいつだと思う猜疑心が伝わってきます。タイトルの、「そして」がとても意味深いと思いました。

注目

ミステリー小説好きの必読書です(笑)

王道中の王道ですが、それでもおススメしたい作品のため1位にさせていただきました。

ストーリーは、もちろんですが、先を読まずにはいられなくなります。1人ずつ殺されていく恐怖感と次は、誰?と思わずページをめくってしまうこと間違いなし。

新着

王道ですね

映画化もされるクリスティの作品。
ひとりずつ殺されていく様が、次はだれなのかと眠い目を擦りながらいっきに読み進めてしまう一冊。
一度は読んでほしい。

最高傑作。

永遠に語り継がれるミステリー小説の金字塔。
ミステリー好きは必読。

ミステリーの緊張感がたまりません。

私が初めて読んだミステリーです。次はどうなるの?次はどうなるの?の連続で最後まで熱が冷めぬまま読めました。

残り2件のコメントを見る

2オリエント急行の殺人

オリエント急行の殺人

引用元: Amazon

『オリエント急行の殺人』または『オリエント急行殺人事件』(オリエントきゅうこうのさつじん、オリエントきゅうこうさつじんじけん、原題:Murder on the Orient Express)は、アガサ・クリスティによって1934年に発...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数33
注目

本当の正義って何?思わず考えてしまいました。

オリエント急行は豪華な列車。エルサレムで事件を解決した後、すぐにイギリスへと向かうため、ポアロはオリエント急行に乗り込みます。豪華な内装に贅沢な料理、安全なはずの列車の中で密室殺人事件が起こります。殺されたのはアメリカの大富豪、敵が多いらしく脅迫の手紙を受け取っていました。列車は悪天候のため、停車し復旧を急いでいる状態でした。ポアロは乗客一人ひとりと話をして、真犯人を突き止めていきます。映画にもドラマにもなった人気作品。ストーリーだけでなく、テーマも重く深いものがあります。犯人が成し遂げたかったのは「復讐」です。真実を明らかにし、犯人を突き止めるはずのポアロが苦悩した事件。犯人側の覚悟と結束と切なる想いに、心が揺さぶられた方もいるのではないでしょうか。

注目

映画化、ドラマ化されるのも納得

何度も映画化やドラマ化され、何度でも楽しめる作品だと思います。登場人物が多い割には、割と頭にすっと入れながら読み進めることができます。真相を知っていても飽きないトリックが今読んでも斬新に感じられる。

新着

これに勝る傑作はなし

推理小説でこれ以上のものはないと断言できます。
久しぶりにまた読みたくなってしまいました!!
犯人って、たいてい一人で共犯がいるみたいなイメージしかなかった私が、結末に衝撃以上の衝撃を覚えたのを今でも鮮明に覚えています。

想像の連続で読み進められます。

「オリエント急行」という名前がなぜだかものすごく好きです。
皆にアリバイがあるけれど、それが崩れて解決に至る。すっきりします。

残り1件のコメントを見る

3ABC殺人事件

ABC殺人事件

引用元: Amazon

『ABC殺人事件』(原題:The ABC Murders)は、1936年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説である。クリスティ18作目の長編で、エルキュール・ポアロシリーズの長編第11作にあたる。知名度・評価ともに高い著者の代...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数26
人気

ABC順に起こる連続殺人

大胆な構想が持ち味の、クリスティの代表作の一つ。

連続殺人事件を追うポワロと、ABCという名前の男。
二つの話が交互に進んで行きます。

予想できない結末ですが、「オリエント急行の殺人」ほどぶっ飛んでおらず
程良い落とし所なのがむしろ良い。


注目

ABCと続く殺人事件にドキドキします

ポアロに届いた挑戦状。ABCの順番に人が殺されていきます。犯行現場にはABC鉄道案内が置かれ、何だか意味深です。いわずと知れた名作で好きな方も多いでしょう。犯人を捜そうにも雲をつかむような話で、この人が犯人だと思っても、その推測はひっくり返されてしまいます。入り組んだ謎が、ラストに向かって解き明かされていくのは快感ですね。犯人の偽装、犯人にはめられてしまった人。ポアロの親友であり、協力者でもあるヘイスティングズの何気ない言葉。被害者とその関係者の関係性や、細かなところを見逃さないポアロに脱帽します。それにしても犯人の巧みな誘導に、すっかり騙されました。犯行が増えれば犯人の痕跡が残り、それだけ情報が増えます。事件が起こるのを嫌だと思いながらも、次はどうなるのかと気になって仕方ありませんでした。

新着

順番に殺されてく様に

アガサクリスティは、本当に言葉選びが上手だと思う。
作中に出てくる人々の会話の言葉ひとつひとつで、
犯人だと思っている人が違ったりする。
翻訳する人も大変だと思うが、非常に忠実で的確な表現を用いていることに
感心する。

読みやすい!

アガサ・クリスティが生んだもっとも有名な探偵”エルキュール・ポワロ”が活躍する作品。
次々に事件が起こる中ポワロと相棒が素早く解決していく様が爽快感たっぷり。

伏線回収がすごい

序盤に犯人が分かった…つもりだったが、ラストで予想だにしなかったどんでん返しがあり、見事に騙されました。細かく張り巡らせられた伏線を回収しつつどんでん返しの痛快なラスト。

残り2件のコメントを見る

4アクロイド殺し

アクロイド殺し

引用元: Amazon

『アクロイド殺し』(アクロイドごろし、原題:The Murder of Roger Ackroyd)は、アガサ・クリスティが1926年に発表した長編推理小説である。クリスティ6作目の長編で、エルキュール・ポアロ・シリーズの3作目にあた...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数25
注目

誰もが納得の名作!

「ミステリーの女王」と呼ばれるアガサ・クリスティは、多くのミステリー作品を残しました。中でも探偵ポアロが登場するシリーズは、大変有名な作品群です。
ポアロシリーズの中で最も有名で、評価が高いのが、この「アクロイド殺し」です。その作品が有名になったのは、刊行後に巻き起こった「フェア・アンフェア」論争の影響が大きいでしょう。
この論争には日本では小林秀雄や江戸川乱歩も言及しており、大きな注目を受けました。
ミステリー作品というものは、読者も参加できる論理ゲームでもあり、そのため現代でも「後期クイーン的問題」などが議論されています。そのようなミステリーに関する論争の初期の流れを知ることにも役立つと思います。
この論争が巻き起こった理由はただ一つ――「意外な犯人」というトリックです。同時代人を虜にした作品、ぜひ読んでみてください。

注目

予想以上の結末

作中に登場する人物は平等に全員疑わなければならない、という大前提を思い出させてくれた。後半にかけて、犯人は予想しやすくはなっていた。まぁ結末が予想できても十分面白いし、終盤はホラー映画以上の緊張感を感じました。

新着

ポアロの心情が

犯人捜しをしているうち、あっという間にラストになり、
予想を裏切られました。
ポアロも探偵の前に男だな、と思わせる一冊。

推理小説として賛否両論の作品

この小説は医師の手記という形で話が進んでいきます。あくまで彼の視点から描かれているので、どうやら彼にとって都合の悪いところは書かれていないらしい。ズルいという感想もあれば、なるほどこういう方法もあるのかと納得する読者もいます。ロジャー・アクロイドは、ファンリー・パーク屋敷に住む大富豪。彼を殺したのは一体誰なのか。最後の最後までわからず、ポアロが真相を暴いた後も、犯人に提示した条件に驚きました。ポアロの犯人を憎む気持ちと、犯人の心情を思いやり、ある女性を助けようとする優しさ。探偵という一線を越えているのではないだろうかと思った作品です。私はアガサ・クリスティのとったこの手法に、ズルいと思いながらも魅せられました。

残り1件のコメントを見る

5五匹の子豚

五匹の子豚

引用元: Amazon

『五匹の子豚』(原題:Five Little Pigs、アメリカ版:Murder in Retrospect)は、イギリスの小説家アガサ・クリスティが1943年に発表した推理小説であり、探偵エルキュール・ポアロが登場する「エルキュール...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数18
人気

16年前の殺人事件にポワロが挑む

現場検証や証拠品からでなく
関係者の証言のみで犯人を推理するという趣向が面白い。

人によって食い違う証言から、犯人を探り当てるのが本書の醍醐味。

ゴーギャンを思わせるエゴイストの画家を中心とした
愛憎入り混じる人間模様が読み応え有り。

6ナイルに死す

ナイルに死す

引用元: Amazon

『ナイルに死す』(ナイルにしす、Death on the Nile)は、イギリスの女流作家アガサ・クリスティが1937年に発表した推理小説。名探偵エルキュール・ポアロが船上での怪事件に挑む。クローズド・サークルものの傑作の一つ。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数18
注目

アポロに期待!

エジプト、ナイル河、豪華客船と馴染みのないものばかりの話だからこそ、その世界に入り込み、よりドキドキ、ワクワク、程よい緊張感で読めました。

7メソポタミヤの殺人

メソポタミヤの殺人

引用元: Amazon

『メソポタミヤの殺人』(原題:Murder in Mesopotamia)は、イギリスの小説家アガサ・クリスティが1936年に発表した長編推理小説であり、探偵エルキュール・ポアロが登場するシリーズの作品のひとつである。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数11
注目

ポアロがでてくる作品

ポアロが出てくる作品の一つ。
長編だがいっきに読み進めてしまう作品。

8パディントン発4時50分

パディントン発4時50分

引用元: Amazon

『パディントン発4時50分』(パディントンはつ4じ50ぷん、原題:4.50 from Paddington)は、1957年に刊行されたアガサ・クリスティの推理小説。マープルシリーズの長編第7作目にあたる。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数11
注目

私の能力を最も活かせる仕事は家政婦

ミス・マープルに会うために列車に乗った友人マギリカディ夫人は、ちょうどとなりの線路を並走する列車の窓から、女性が殺される現場を目撃します。彼女は、それを警察に言いますが、誰にも取り合ってもらえない始末。そこでミス・マープルに相談をします。目撃した場所はちょうど、クラッケンソープ家の私有地を通ることから、彼女は屋敷に自分が選んだ家政婦を送り込み、真相を探ることを思いつきます。
新聞広告で現れたのは、イギリスの名門大学を優秀な成績で卒業した、ルーシー。彼女は、あらゆる仕事の中で最も家政婦こそ有能な頭脳を持たなければいけない、と家政婦に応募。そして、マープルからの依頼を聴き、ますますこの仕事に興味を示し捜査依頼を受けます。
家政婦として、彼女が過ごす屋敷では、クラッケンソープ氏と子供たちと家族が生活をしています。その中で、彼女はマープルの依頼通り、死体を見つけますが、その人物を知るものは屋敷にはいませんでした。
ところが、続く第二、第三に事件。そして、真犯人はあまりにも意外な人物でした。
様々なミステリー作家がいますが、マープルほど推理がしっかりと順序立っている人は他にはいません。また、彼女の描く物語は背景となる屋敷やホテル、遺跡などがすべて素晴らしいため、映画化もしやすいということです。
中でも、マープルはミステリーファンの女性にとってあこがれの的。映画化された女優さんも複数います。
パディントン発4時50分も映画化され、テレビドラマでも放映されています。クリスティーファンで知らない、という人はぜひご覧ください。

9カーテン

カーテン

引用元: Amazon

『カーテン―ポアロ最後の事件』(Curtain: Poirot's Last Case)は、1975年に刊行されたアガサ・クリスティの長編推理小説。エルキュール・ポアロのデビュー作『スタイルズ荘の怪事件』の「スタイルズ荘」を舞台に描か...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数10
注目

エルキュール・ポアロ最後の事件!

エルキュール・ポアロ最後の事件、そして彼の人生最期となる巻です。年老いたポアロは親友のヘイスティングズ大尉を、昔、殺人事件があったスタイルズ壮に呼び出します。これから殺人事件が起こることを話し、体力の衰えたポアロの代わりに情報収集を頼みます。ポアロの予告通り事件は起きます。この事件で厄介なのは犯人が直接手をくだしていないこと。「心理的殺人教唆」と呼ばれるもので、法廷では裁くことができない罪です。犯人がそそのかした人間は殺意を抱くようになり、実際に行動にまで移してしまいます。そして、その魔の手は親友のヘイスティングズ大尉にまで及ぶように。この作品の良いところは、ポアロは本当に、ヘイスティングズ大尉を大事に思っていたのだということ。ラストでポアロはヘイスティングズ大尉に手紙を残します。ヘイスティングズ大尉とポアロの心中を思い、胸が熱くなったところで終わります。

10杉の柩

杉の柩

引用元: Amazon

『杉の柩』(原題:Sad Cypress)は、イギリスの小説家アガサ・クリスティが1940年に発表したエルキュール・ポアロシリーズの長編推理小説。 作者作品で唯一の法廷ものである。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数9

11ひらいたトランプ

ひらいたトランプ

引用元: Amazon

『ひらいたトランプ』(原題:Cards on the Table)は、イギリスの小説家アガサ・クリスティが1936年に発表した長編推理小説である。 エルキュール・ポアロに加え、バトル警視、アリアドニ・オリヴァ夫人およびレイス大佐...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数8
注目

ポアロシリーズ!ゲームと謎解き、目が離せません。

ポアロシリーズです!
アガサクリスティーを読んだことがない人にもぜひ読んで欲しい作品。

複数の人間が容疑者チームと探偵チームに分かれて行われた今回のゲーム。
トランプのブリッジがわからないと何?と思うかもしれませんが、ポアロと一緒に謎解きに参加している気分になります。心理描写やはり、さすが!!と思います。

12検察側の証人

検察側の証人

引用元: Amazon

『検察側の証人』(けんさつがわのしょうにん、原題:The Witness for the Prosecution)とは、アガサ・クリスティ作の短編推理小説(法廷サスペンス小説)および、それを元に書かれた戯曲のタイトルである。1925年...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数9
注目

戯曲方式なので、すんなり読めます。

裁判、法廷ものですが、とにかく最後まで読んで欲しい作品です。
戯曲という特殊な方法で書かれているので、最初は、読みにくいと思うかもしれますせんが、読み終わっだ時には、映画を見たような気分になります。

なによりも心理描写がすごい

13スタイルズ荘の怪事件

スタイルズ荘の怪事件

引用元: Amazon

『スタイルズ荘の怪事件』(原題:The Mysterious Affair at Styles)は、1920年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説である。著者の処女作であり、エルキュール・ポアロシリーズの長編第1作かつ初登場作...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数9
注目

シンプルなミステリー

シンプルで読みやすい作品。
ミステリーの面白さが詰まっている。

14ポケットにライ麦を

ポケットにライ麦を

引用元: Amazon

『ポケットにライ麦を』(ポケットにライむぎを、原題:A Pocket Full of Rye)は、イギリスの女流作家アガサ・クリスティの1953年に発表された推理小説。 マープルシリーズの長編第6作目にあたり、クリスティの代表作である...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数9
注目

マープルシリーズ!最後は、涙が出ました

なぜマザーグースの通りに殺されたのか?これを頭に入れて作品を読んで欲しいと思います。罪を犯す者とそれに利用される者、その犠牲者…。最後まで読んで涙が出ました。誰もいなくなったと読み比べて欲しいと思います。

15ホロー荘の殺人

ホロー荘の殺人

引用元: Amazon

『ホロー荘の殺人』(原題:The Hollow)は、1946年にイギリスの小説家アガサ・クリスティが発表した長編推理小説であり、探偵エルキュール・ポアロが登場する「エルキュール・ポアロ・シリーズ」の作品のひとつである。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数8

16鏡は横にひび割れて

鏡は横にひび割れて

引用元: Amazon

『鏡は横にひび割れて』(かがみはよこにひびわれて、原題:The Mirror Crack'd from Side to Side)は、1962年に刊行されたアガサ・クリスティの推理小説。マープルシリーズの長編第8作目にあたる。 本作の...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数5
注目

殺人の理由は風疹!

マープルが住む、セントメアリーミードにアメリカの女優マリーナが引っ越してきます。マリーナは、すでに引退をし隠居を決めてこの村にやってきますが、ここで彼女は自分の運命を狂わせた人物と再会してしまいます。
そして、殺人が起こります。殺されたのは、誰からも恨みを買うような可能性が低い、村の住人ヘザー。誰もがマリーナに恨みを持つ者の仕業と、考えます。
しかし、あまりにも意外な事実が判明してしまいます。
ココからはネタバレになりますが、ぜひ皆さんも注意をしてほしいので、良かったら読んでください。最近話題の「風疹」ですが、実は、ヘザーは若い頃、妊娠中のマリーナに会いました。その時ヘザーは何と、風疹に罹っていたのです。マリーナはその時風疹に感染してしまい、生まれた子どもは重度の障害をもって生まれてしまったのです。
マリーナにとってその事実は、自分の運命を変えるくらい辛い出来事でした。そして、引退を決めて移り住んだ村で、その時、自分に風疹をうつした人物に再会してしまう、という話です。
そのため、ちゃんと意味を解っている人ではないと、絶対に解けないミステリーで、さすが薬剤師の経験がある、アガサの作品、と思ってしまいました。

17火曜クラブ

火曜クラブ

引用元: Amazon

『火曜クラブ』(かようクラブ、原題:The Thirteen Problems, 米題:The Tuesday Club Mystery)は、1932年に刊行されたアガサ・クリスティの短編集。クリスティの4作目の短編集であり、ミス・マ...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数6

18大空をとぶ殺人

大空をとぶ殺人

引用元: Amazon

アガサ=クリスティ長編傑作の第3弾!英仏を往復する定期旅客機の中でおきた密室殺人事件――それは、検死審問でポワロが容疑者にされかかったほど、完全な犯罪におもわれた……。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数8
注目

空の上での密室殺人事件

英仏を行き来する旅客機の中で起きた殺人事件。スズメバチが飛び回り、そのスズメバチは乗客の一人によって叩き落されたものの、老婦人が毒針に刺されて亡くなります。犯人は飛行機に乗っている乗客の内の一人。一転二転するストーリーにハラハラします。この作品で楽しいのはロマンス的要素があるところ。事件そっちのけでドキドキしながら読みました。推理小説は人の憎しみや悲しみが伝わることが多く、読み終わった後に落ち込むことがあります。この作品に出てくる女性がチャーミングなので、楽しんで読めました。ポアロがキューピッド役となって女性に助言する姿に好印象。もちろん推理や犯人を突き止めていく、いつものポアロの様子も読めますよ。大空にいてもポアロは事件に巻き込まれます。ポアロが容疑者として間違われるシーンにも、ちょっとハラハラします。

19ポアロのクリスマス

ポアロのクリスマス

引用元: Amazon

『ポアロのクリスマス』(原題:Hercule Poirot's Christmas{アメリカ:Murder for Christmas})は、1938年に発表されたアガサ・クリスティ作のエルキュール・ポアロが登場する推理小説である。本...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数10
注目

密室殺人ファンにはたまりません。

またポアロシリーズ。

伏線やミスリードに注意しながら、ぜひ犯人探しをしてみて欲しい作品です。
密室殺人ファンには、推理たくなるような内容が、散りばめられています。

20ゼロ時間へ

ゼロ時間へ

引用元: Amazon

『ゼロ時間へ』(原題:Towards Zero)は、1944年にイギリスの小説家アガサ・クリスティが発表した長編推理小説である。 ロンドン警視庁のバトル警視が活躍する本作品においては、犯人が殺人の計画を策定する時間から始まり、犯...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数7
21位~28位を見る

ランキング結果一覧

条件による絞り込み:なし

アガサ・クリスティの書籍ランキング

タップすると画像やコメントを見ることができます。

  1. 1位そして誰もいなくなった(小説)
    詳細
    コメント
  2. 2位オリエント急行の殺人
    詳細
    コメント
  3. 3位ABC殺人事件
    詳細
    コメント
  4. 4位アクロイド殺し
    詳細
    コメント
  5. 5位五匹の子豚
    詳細
    コメント
  6. 6位ナイルに死す
    詳細
    コメント
  7. 7位メソポタミヤの殺人
    詳細
    コメント
  8. 8位パディントン発4時50分
    詳細
    コメント
  9. 9位カーテン
    詳細
    コメント
  10. 10位杉の柩
    詳細
    コメント
  11. 11位ひらいたトランプ
    詳細
    コメント
  12. 12位検察側の証人
    詳細
    コメント
  13. 13位スタイルズ荘の怪事件
    詳細
    コメント
  14. 14位ポケットにライ麦を
    詳細
    コメント
  15. 15位ホロー荘の殺人
    詳細
    コメント
  16. 16位鏡は横にひび割れて
    詳細
    コメント
  17. 17位火曜クラブ
    詳細
    コメント
  18. 18位大空をとぶ殺人
    詳細
    コメント
  19. 19位ポアロのクリスマス
    詳細
    コメント
  20. 20位ゼロ時間へ
    詳細
    コメント
11位から20位を見る

TOP5集計グラフ

合計ポイント差

  1. 1位そして誰もいなくなった(小説)

  2. 2位オリエント急行の殺人

  3. 3位ABC殺人事件

  4. 4位アクロイド殺し

  5. 5位五匹の子豚

ポイント男女比

  1. 1位そして誰もいなくなった(小説)

  2. 2位オリエント急行の殺人

  3. 3位ABC殺人事件

  4. 4位アクロイド殺し

  5. 5位五匹の子豚

男性女性

アガサ・クリスティの書籍ランキングに関連するタグ

このランキングに参加したユーザー

  1. 1
    五匹の子豚
    五匹の子豚
  2. 2
    ABC殺人事件
    ABC殺人事件
  3. 3
    クリスティ短編集(1)
    クリスティ短編集(1)
続きを見る
  1. 1
    オリエント急行の殺人
    オリエント急行の殺人
  2. 2
    ナイルに死す
    ナイルに死す
  3. 3
    そして誰もいなくなった(小説)
    そして誰もいなくなった(小説)
続きを見る
yuiyui(女性・30代)
  1. 1
    そして誰もいなくなった(小説)
    そして誰もいなくなった(小説)
  2. 2
    ABC殺人事件
    ABC殺人事件
  3. 3
    スタイルズ荘の怪事件
    スタイルズ荘の怪事件
  4. 4
    オリエント急行の殺人
    オリエント急行の殺人
続きを見る
ミランダミランダ(女性・20代)
  1. 1
    そして誰もいなくなった(小説)
    そして誰もいなくなった(小説)
  2. 2
    アクロイド殺し
    アクロイド殺し
  3. 3
    オリエント急行の殺人
    オリエント急行の殺人
  4. 4
    ABC殺人事件
    ABC殺人事件
続きを見る
ny4649ny4649(男性・20代)
  1. 1
    そして誰もいなくなった(小説)
    そして誰もいなくなった(小説)
  2. 2
    オリエント急行の殺人
    オリエント急行の殺人
  3. 3
    ナイルに死す
    ナイルに死す
  4. 4
    予告殺人
    予告殺人
続きを見る
usausa(女性・40代)
  1. 1
    アクロイド殺し
    アクロイド殺し
  2. 2
    そして誰もいなくなった(小説)
    そして誰もいなくなった(小説)
  3. 3
    ABC殺人事件
    ABC殺人事件
  4. 4
    死との約束
    死との約束
続きを見る
  1. 1
    メソポタミヤの殺人
    メソポタミヤの殺人
  2. 2
    五匹の子豚
    五匹の子豚
  3. 3
    杉の柩
    杉の柩
  4. 4
    ホロー荘の殺人
    ホロー荘の殺人
続きを見る
MinnieMinnie(女性・20代)
  1. 1
    そして誰もいなくなった(小説)
    そして誰もいなくなった(小説)
  2. 2
    検察側の証人
    検察側の証人
  3. 3
    ひらいたトランプ
    ひらいたトランプ
  4. 4
    ポアロのクリスマス
    ポアロのクリスマス
続きを見る
  1. 1
    カーテン
    カーテン
  2. 2
    オリエント急行の殺人
    オリエント急行の殺人
  3. 3
    大空をとぶ殺人
    大空をとぶ殺人
  4. 4
    ABC殺人事件
    ABC殺人事件
続きを見る
天鳥そら天鳥そら(女性・30代)
  1. 1
    オリエント急行の殺人
    オリエント急行の殺人
  2. 2
    そして誰もいなくなった(小説)
    そして誰もいなくなった(小説)
  3. 3
    メソポタミヤの殺人
    メソポタミヤの殺人
  4. 4
    ABC殺人事件
    ABC殺人事件
続きを見る
秋桜秋桜(女性・30代)
  1. 1
    パディントン発4時50分
    パディントン発4時50分
  2. 2
    鏡は横にひび割れて
    鏡は横にひび割れて
  3. 3
    復讐の女神
    復讐の女神
続きを見る
こなみんこなみん(女性・50代)

あわせて読みたいランキング

図書館戦争(小説)

エンタメ >

小説ランキング

おすすめの小説は?

十角館の殺人

エンタメ >

サスペンス・ミステリー小説ランキング

おすすめのミステリー・推理小説は?

容疑者Xの献身(小説)

エンタメ >

東野圭吾の書籍ランキング

おすすめの東野圭吾の書籍は?

涼宮ハルヒの憂鬱(ライトノベル)

エンタメ >

ライトノベルランキング

おすすめしたいライトノベルは?

ゴールデンスランバー(小説)

エンタメ >

伊坂幸太郎の書籍ランキング

あなたがおすすめする伊坂幸太郎の書籍は?

マイランキング
作成・投票