みんなのランキング

大杉漣出演の人気映画ランキング!みんながおすすめする作品は?

ボクの妻と結婚してください。(映画)ソナチネ(1993年)アウトレイジ 最終章教誨師HANA-BI

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数16
投票参加者数8
投票数27

みんなの投票で「大杉漣出演の人気映画ランキング」を決定!「300の顔を持つ男」として、急逝するまで数多くの映画に出演した大杉漣。3人の男が織りなすスピード感満点のアクション『弾丸ランナー』や、ブレイクのきっかけとなった北野武(ビートたけし)監督作品『ソナチネ』、死刑囚と対話する教誨師を演じた最後の主演映画『教誨師』など、すべての出演映画のなかから上位にランクインするのは?あなたのおすすめ作品に投票してください!

最終更新日: 2020/12/13

ランキングの前に

1分でわかる「大杉漣」

北野監督作品『ソナチネ』で脚光を浴びた大杉漣

大杉漣

大杉漣
(引用元: Amazon)

大杉漣は、1951年9月27日生まれ、徳島県出身の俳優。22歳だった1973年に、舞台で俳優デビューを果たします。映画初出演は、その7年後となる1980年のことでした。その後も長い下積みが続いたものの、暴力団幹部役で出演した北野武(ビートたけし)監督作品『ソナチネ』(1993年)での演技が評判を呼び、多くの作品に出演するようになりました。そして2018年2月、急性心不全により、66歳という若さで急逝。日本を代表する名俳優を失った訃報は、日本全国に衝撃を与えました。

大杉漣が出演した代表映画作品

大杉漣は、下積み時代を含め、とにかく多くの映画に出演。堤真一演じる主人公の兄貴分役で存在感を示した『弾丸ランナー』(1996年)、常連となっていた北野武監督作品『HANA-BI』(1998年)と『アウトレイジ 最終章』(2017年)、最後の主演作にして初めてエグゼクティブプロデューサーを務めた『教誨師』(2018年)などが代表的ですが、これはほんの一握りです。ほかにも多数の名作映画に出演しています!

関連するおすすめのランキング

【全ジャンル総合】最も人気の邦画は?

面白い邦画ランキング

大杉漣ファン必見!

大杉漣出演ドラマランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、大杉漣が出演した歴代映画が投票対象です。あなたがおすすめする、大杉漣出演の映画に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1アウトレイジ 最終章

アウトレイジ 最終章

引用元: Amazon

制作年2017年
上映時間104分
監督北野武
メインキャストビートたけし(大友)、西田敏行(西野)、大森南朋(市川)、ピエール瀧(花田)、大杉漣(野村)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://outrage-movie.jp

もっと見る

意外な大杉さんの一面

基本的には人情に溢れ、温かい人間性の役柄を演じることが多い大杉さんですが、本作では凄みのあるヤクザを演じています。普段は落ち着いた温かさを醸し出す大杉さんの貫禄が、本作では落ち着きのある恐怖感を醸し出す方向に作用しており、俳優としての大杉さんの幅の広さに改めて驚かされました。

花菱会の新会長としての存在感

アウトレイジシリーズの新キャストとして、花菱会の新会長・野村役で、ほどよい存在感を残しています。元証券マンで堅気出身の野村は、お金儲けの為ならどんな手でも使うというやり方から、組員との反りが合わず、最終的には生き埋めにされてしまうという過酷な役を見事に演じています。

円熟味の演技が光る

ヤクザ役がすっかり板に付く大杉さんの演技が楽しめる作品です。怒鳴り声も様になり、北野映画の常連として存在感を発揮しています。奇しくも、この作品が多分ヤクザ役として最後だと思うので、そう言った観点からも感慨深いものが感じられます。

PC太郎

PC太郎さん

1位に評価

2ソナチネ(1993年)

ソナチネ(1993年)

引用元: Amazon

制作年1993年
上映時間93分
監督北野武
メインキャストビートたけし(村川)、国舞亜矢(幸)、渡辺哲(上地)、勝村政信(良二)、寺島進(ケン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

大杉蓮さんの才能が開花された作品

ソナチネのオーディションでは、顔を見て2秒で帰されて、落ちたと思っていた大杉蓮さんが後日、北野武監督から直接合格の連絡がきて、なぜ僕が、、と驚いたという大杉蓮さんのエピソードは、一部のファンには有名な話でもあります。そんな北野武監督の直感と、運から手にしたヤクザ役を圧倒的な存在感で演じていました。もともと、短い出演予定だった役でしたが、北野監督に気に入られて、脚本を書き直してまでも出演シーンを増やしてもらったというのは有名な話です。

北野作品へのデビュー作

1993年の「ソナチネ」で北野映画に初参戦となります。それまではポルノ映画やB級やC級作品ばかりで売れない役者人生を歩んできましたが、今作によって一躍人気俳優への階段を駆け上がります。演技は終始無表情で、そこが北野武ともマッチして実にいい塩梅なのです。

PC太郎

PC太郎さん

2位に評価

3教誨師

教誨師

引用元: Amazon

制作年2018年
上映時間114分
監督佐向大
メインキャスト大杉漣(佐伯保)、玉置玲央(高宮真司)、烏丸せつこ(野口今日子)、五頭岳夫(進藤正一)、小川登(小川一)、古舘寛治(鈴木貴裕)、光石研(吉田睦夫)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttp://kyoukaishi-movie.com/

もっと見る

最後の主演作品

最後の主演作品が、死刑囚と対話「教誨師」という職業を演じるのは皮肉なものですが、個人的には最も素の大杉さんが出ていると思いました。名バイプレーヤーとして地位を確立したので、自身の主演作は数少ないので本作はその貴重な一本です。主役でも決して派手な演技はしていませんが、そこが大杉さんらしくて涙を誘います。

PC太郎

PC太郎さん

3位に評価

名優の名演もこれが見納め

極刑を宣告された拘置所の死刑囚たちと、半世紀に渡って向き合い続けてきたプロテスタントの牧師を主人公にした社会派映画です。海千山千の犯罪者たちと対話する佐伯保役の大杉漣の存在感が抜群で、本作品が最後の主演作となってしまったのが惜しまれます。

4ボクの妻と結婚してください。(映画)

ボクの妻と結婚してください。(映画)

引用元: Amazon

制作年2016年
上映時間114分
監督三宅喜重
メインキャスト織田裕二(三村修治)、吉田羊(三村彩子)、原田泰造(伊東正蔵)、高島礼子(知多かおり)、込江海翔(三村陽一郎)ほか
主題歌・挿入歌Forget Me Not / 中島美嘉
公式サイト-

もっと見る

主人公のまっすぐさに感動するストーリー

余命半年と宣告された主人公が、残された家族を悲しませないため、また家族の生活を支えるために、自分の妻の結婚相手を探すというストーリーです。自分が愛する人の結婚相手を探さなければいけないという切ない境遇に心が痛みますが、そのまっすぐさに感動する作品です。

見応えがある

インパクトのあるタイトルで印象に残りやすく、どんな話だろうと思って見てみると、ちょっと重めの題材をうまく笑いも入れながら感動作に仕上がっています。大杉漣さんは主演ではないのですがベテランテレビマンの貫禄や人情味に溢れていて存在感があります。

tokuhana

tokuhanaさん

1位に評価

5HANA-BI

HANA-BI

引用元: Amazon

制作年1997年
上映時間103分
監督北野武
メインキャストビートたけし(西佳敬)、岸本加世子(西美幸)、大杉漣(堀部泰助)、寺島進(中村靖)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

圧倒的な存在感と演技力

北野武演じる刑事の西の同僚で、犯人に撃たれ下半身不随になり、妻と子供にも見捨てられ、絵を描き始める1人の孤独な男、堀部を圧倒的な演技力で演じています。堀部が書いた、頭が花になった絵は今でも強く印象に残っていて、妻を失っても強く生きようとする1人の男を見事に演じていました。

淡々とした演技が巧み

個人的には最も大杉連という役者を象徴している作品だと思っています。全編を通して重苦しい死を感じさせる中で、車椅子の大杉さんと主人公のやり取りが最も人間味を感じさせるのが計算だとしたら、実に巧みな映画だと思います。何度観ても見入ってしまう名作中の名作です。

PC太郎

PC太郎さん

5位に評価

6Dolls ドールズ

Dolls ドールズ

引用元: Amazon

制作年2002年
上映時間113分
監督北野武
メインキャスト菅野美穂(佐和子)、西島秀俊(松本)、松原智恵子(良子)、三橋達也(親分)、深田恭子(春奈)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

北野武監督作品の中で傑作の色使い

ドールズは「色」が印象に残る映画でした。菅野美穂さんと西島秀俊さんが主演ですが、痛々しい物語がふたつ交差する映画。人を強く愛するということはどういう事なのか、究極の愛とはそばにいてくれるだけでいいのではないか?と思わせてくれる映画です。

花

さん

1位に評価

7アウトレイジ

アウトレイジ

引用元: Amazon

制作年2010年
上映時間109分
監督北野武
メインキャストビートたけし(大友)、椎名桔平(水野)、加瀬亮(石原)、小日向文世(片岡)、北村総一朗(関内)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

面白かったです。

大杉漣さんは渋い俳優さんで日本の宝でしたが、アウトレイジシリーズには欠かせない存在で一番印象に残っています。アウトレイジの大杉さんは臨場感溢れるこわさ、迫力があって、ストーリーもとても面白かったです。展開が早いので、ついていくのに必死でした。

maina

mainaさん

1位に評価

懐かしさと暖かさにあふれた作品

60代の映画監督が、故郷の親友の死をきっかけに数十年ぶりに故郷に帰ってくるというストーリーから始まる作品です。徐々に故郷の思い出を思い出し、懐かしさと郷土愛を感じ始めたり、自らの仕事への思いを再認識するような主人公の感情の動きが巧みに表現された作品です。

9BROTHER

BROTHER

引用元: Amazon

制作年2000年
上映時間114分
監督北野武
メインキャストビートたけし(山本)、オマー・エップス(デニー)、真木蔵人(ケン)、加藤雅也(白瀬)、寺島進(加藤)、大杉漣(原田)ほか
主題歌・挿入歌I love you...Aniki / 久石譲
公式サイト-

もっと見る

とにかくかっこいい

BROTHERはヤクザの世界の仁義を描いていて、登場人物はカタギじゃない人たちばかりです。大杉漣さんもその一員として出演しています。鋭い眼光や立ち姿、ドスの効いた声色など、見事に演じきっていて本当に怖い人なんじゃないかと錯覚してしまう演技力は素晴らしい。大杉漣さんはやはりこういう役が似合うと再認識できる作品です。

tokuhana

tokuhanaさん

2位に評価

北野武映画で定番になったヤクザ役が、はまっていてかっこよかった

山本の兄弟分役で、偽装パスポートと資金を用意して山本を海外へ逃亡させるという重要な役割で登場します。脇役ながらも、大きな存在感を残し、穏健派で度胸のあるヤクザ役を堂々と演じています。たけし映画には常連となった大杉蓮さんの安定の存在感でした。

10箱入り息子の恋

箱入り息子の恋

引用元: Amazon

『箱入り息子の恋』(はこいりむすこのこい)は、2013年6月8日公開の日本映画。ミュージシャンとしても活躍している星野源の映画初主演作品。

もっと見る

星野源の良さが最高に伝わる映画

北野武映画の常連の大杉連さんですが、恋物語の映画としてはこの映画も好きです。内気で物静かで自己主張もない息子が星野源さん。お見合い相手の父が大杉連さんなのですが横柄で嫌な役柄です。でも、二人の恋が始まり思いが通じる時観ているこちらまで幸せな気持ちにさせてくれる映画です。

花

さん

2位に評価

11ネコナデ

ネコナデ

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間85分
監督大森美香
メインキャスト大杉漣(鬼塚太郎)、トラ(鬼塚トラ)、原日出子(鬼塚静子)、青山倫子(君島凛子)、黒川芽以(田中亜里沙)ほか
主題歌・挿入歌頼りない天使 / つじあやの
公式サイト-

もっと見る

可愛すぎる

猫のトラちゃんが可愛すぎて、優しい大杉さんをみられてほっこりする映画でした。主人とみたのですが、主人が大のネコ好きで、こんなにでれでれになるのかと思うほど食い入るように見入っている主人も面白く、ダブルでほっこりした思い出の映画です。

maina

mainaさん

2位に評価

鬼の目に止まった猫

一部上場のIT企業で仕事一筋に生きてきた中年男性・鬼塚太郎に、大杉漣が威厳たっぷりに扮しているコメディー映画です。会社のためには同期の仲間さえリストラする冷血漢が、公園で拾った1匹の猫の世話をする姿に癒されました。

12シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

引用元: Amazon

制作年2016年
上映時間119分
監督庵野秀明、樋口真嗣(監督・特技監督)
メインキャスト長谷川博己(矢口蘭堂)、竹野内豊(赤坂秀樹)、石原さとみ(カヨコ・アン・パタースン)、高良健吾(志村祐介)、松尾諭(泉修一)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttp://shin-godzilla.jp/
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:配信中

もっと見る

リアルな内閣総理大臣役がはまっていておもしろかった

決断力の乏しい本当に存在しそうな総理役をリアルに演じていました。最初は周りの意見に流されやすい総理でしたがゴジラを前にして、だんだんと指導者としてゴジラ対策への頭角を示していく様子がとてもリアルで、いい存在感と緊張感を出していました。

総理!

そうそうたるキャストで作られた映画で、ストーリー、壮大さ、演出、すべてが素晴らしい作品です。大杉さんが内閣総理大臣役を演じられていて、大杉さんらしい渋さというか、堂々とした姿を感じることができて演技も素晴らしかったです。

maina

mainaさん

3位に評価

大ヒット作品でも光る演技力

確か、大杉さんが出演した中では最もヒットを記録したのが「シン・ゴジラ」です。長谷川博己・竹野内豊・石原さとみなど豪華スターの陰に隠れていますが、中年の渋さが前面に出ています。

PC太郎

PC太郎さん

4位に評価

13棚の隅

棚の隅

引用元: Amazon

制作年2006年
上映時間81分
監督門井肇
メインキャスト大杉漣(宮田康雄)、内田量子(岡崎擁子)、渡辺真起子(宮田秀子)、榊英雄(進藤亮介)、今井悠貴(宮田毅)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

店先に置き忘れた記憶


小さなおもちゃ屋さんを切り盛りしていた宮田康雄の平々凡々とした人生が、ある日突然に別れた妻との再会によって動き始めていきます。ふたりの女性の間で揺れ動く優柔不断な主人公を、大杉漣が静かに演じていて心に残りました。

14阪急電車 片道15分の奇跡

阪急電車 片道15分の奇跡

引用元: Amazon

制作年2011年
上映時間120分
監督三宅喜重
メインキャスト中谷美紀(高瀬翔子)、戸田恵梨香(森岡ミサ)、宮本信子(萩原時江)、南果歩(伊藤康江)、谷村美月(権田原美帆)、有村架純(門田悦子)、芦田愛菜(萩原亜美)、勝地涼(小坂圭一)ほか
主題歌・挿入歌ホーム / aiko
公式サイト-

もっと見る

何度観ても心が温まる映画

大好きな映画のひとつ。もう何度観ても感動するし、すっきりした気持ちになります。阪急電車の中で完結する物語でオムニバス風でありながら、小さく小さく繋がっているという不思議。人の優しさ悔しさ情けなさも容赦なく表現されているのは爽快でもあります。

花

さん

3位に評価

15沈まぬ太陽(映画)

沈まぬ太陽(映画)

引用元: Amazon

3時間22分と長時間の作品であるため、上映途中に10分間の休憩(インターミッション)が入る。2011年2月11日には日本テレビの映画放送番組・『金曜ロードショー』を枠拡大した『金曜特別ロードショー』として、約4時間にわたり本編ノーカットで地上波初放送された。視聴率は15.0%(関東地区・ビデオリサーチ社調べ)。

もっと見る

大作

有名作で映画だけでなくドラマも作られている作品で、ストーリーが重厚で面白い。登場人物もとても多く、有名な俳優さんが数多く出ているが、大杉漣さんも埋もれることなく演じられている。バックグラウンドまで感じさせてしまう演技は圧巻です。

tokuhana

tokuhanaさん

3位に評価

16ブタがいた教室

ブタがいた教室

引用元: Amazon

『ブタがいた教室』(ブタがいたきょうしつ)は、黒田恭史の書籍『豚のPちゃんと32人の小学生 命の授業900日』(ミネルヴァ書房 2003年)を原案とした、2008年11月1日公開の日本映画である。

もっと見る

子供の心の純粋さが泣ける

小学校でブタを飼育して最後は「食べる」という教育を選んだ教師。命をいただくこと、それは有難いこと、しかしとても残酷でもあることを子供の意見を尊重しながらブタの今後を考えるシーンは泣けました。

花

さん

4位に評価

運営からひとこと

これまでに大杉漣が出演してきた歴代映画を大集結させた「大杉漣出演の映画人気ランキング」!ほかにも「大杉漣出演ドラマ人気ランキング」や「面白い映画人気ランキング」など、投票受付中のランキングが多数あります。ぜひチェックしてみてください!

関連するおすすめのランキング

【全ジャンル総合】最も人気の映画作品は?

面白い映画ランキング

面白い邦画ランキング

ジャンル別映画ランキングはこちら!

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

Vシネ映画ランキングも必見!

Vシネマランキング

大杉漣が出演したドラマランキングも!

大杉漣出演ドラマランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

ページ内ジャンプ