みんなのランキング

シン・ゴジラに関するランキングと感想・評価

シン・ゴジラ

引用元: Amazon

最高評価

86.9

庵野秀明監督の映画ランキング」で最も高い評価を得ています。

シン・ゴジラの詳細情報

制作年2016年
上映時間119分
監督庵野秀明、樋口真嗣(監督・特技監督)
脚本庵野秀明
メインキャスト長谷川博己(矢口蘭堂)、竹野内豊(赤坂秀樹)、石原さとみ(カヨコ・アン・パタースン)、高良健吾(志村祐介)、松尾諭(泉修一)ほか
音楽鷺巣詩郎、伊福部昭
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttp://shin-godzilla.jp/
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:配信中
参考価格2,171円(税込)

『シン・ゴジラ』は、2016年(平成28年)7月29日公開の日本映画。総監督・脚本は庵野秀明が、監督・特技監督は樋口真嗣が手掛けた。東宝製作のゴジラシリーズの第29作であり、『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりの日本製作のゴジラ映画である。キャッチコピーは「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」。 往時のファミリー・子供向け路線から一転し、政治色を前面に出した群像劇。巨大生物(ゴジラ)の出現をきっかけに刻一刻と進行する危機的な大規模災害事象に対して、日本国政府ほか様々な国家機関に携わる者たちが各々の任を全うし、政治的配慮・思惑が錯綜する最中にて問題解決の糸口を模索する様が描かれる。(引用元: Wikipedia)

全 47 件中 1 〜 20 件を表示

怪獣映画ランキングでの感想・評価

ゴジラの新時代に再定義する

311後の日本が直面する新時代に合わせてゴジラの立ち位置を再定義した一作。誰もが難しいだろうと思われたハードルを見事に超えてみせた。ゴジラは社会風刺としての怪獣に戻り、原点に回帰した。

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

2位(95点)の評価

ゴジラ映画ランキングでの感想・評価

リアルな世界観と迫力!

迫りくるゴジラに対する日本政府の対応がリアルで緊迫感があってカッコよかったです。出演している俳優陣も豪華で、セリフ一言一言にものすごく説得力がありました。ゴジラが変形したり、体内のうねりみたいなものの表現も生々しくて見ごたえがありました。もし実際に日本にゴジラが来たらどうなってしまうんだろうと想像するくらい、展開が現実的でちょっと怖くなったくらいです。音楽や効果音も迫力があって、映画自体を盛り上げていたように感じます。

チコっちゃま

チコっちゃまさん(女性)

1位(100点)の評価

ゴジラ映画ランキングでの感想・評価

名作

ゴジラが非常に日常に近い存在である作品の1つとして注目をしています。日本政府がゴジラの登場といった緊急事態に対してどのような対策をとることができるのかどのような政治判断をとることができるのかを非常にリアルな観点で描いている作品としても注目できるところです。ゴジラそのものが他の怪獣と戦うところに焦点を当てず人間がどのような対応をとるかと言うところに焦点を当てている点で他の作品と異なっていると思います。

たむせむたむ

たむせむたむさん(男性)

1位(100点)の評価

ゴジラ映画ランキングでの感想・評価

ゴジラ映画の最高峰

時代の流れと技術の進歩がゴジラ映画を大人にも満足出来る作品に育てたと思った作品です。最終進化前の気色悪いゴジラは昔のままの特撮感いっぱいの大怪獣でしたが、最終進化を遂げたゴジラは一連の映画の中の最高峰の出来でした。現実っぽい政府や自衛隊を絡めて怪獣大行進物でない見応えがある内容に仕上げ成功した作品でもあります。

ボトルキャップ

ボトルキャップさん(男性)

2位(90点)の評価

怪獣映画ランキングでの感想・評価

ゴジラの成長

ゴジラの出来栄えがここまで進化するとは思ってもみませんでした。
ゴジラの登場から海に帰るシーンなんかは日本のリスペクトを感じました。
代々の歴史や歴代の作品はもう見ましたが、どれも最高でしたし謙さんも演技がうまかった。

よしなふ

よしなふさん(男性・20代)

1位(100点)の評価

ゴジラ映画ランキングでの感想・評価

大人のためのゴジラ

歴代ゴジラ映画作品の中で一番政治性が強く、現実世界での自分たちの暮らしについて考えさせられました。難しい題材を扱っているのにそれを飽きさせない全体の構成のテンポの良さと専門用語が多く、わかりにくくなりそうな作品を俳優陣の名演でわかりやすくしているところもすごいと思いました。

ゆっけどんぶり

ゆっけどんぶりさん(男性・30代)

1位(100点)の評価

ゴジラ映画ランキングでの感想・評価

ノーマークで見たのが良かった

ビオランテやモスラ以外の怪獣に興味がなくてシン・ゴジラには全然食指が動かなかったのですが、たまたま機会があったので何となく見てみたら面白かった!蒲田くんのインパクトや総辞職ビームなどもそうですが、怖いといいますかただの怪獣映画ではなくホラー味を感じました。

ことりん

ことりんさん(女性)

3位(75点)の評価

見始めたら止まらない!カッコいい映画

まるでドキュメンタリーを見ているかのようなリアルな作りでした。本当にこういうことが起こったら、政府はこんな対策の仕方をしていくんだろうと思ってしまう説得力がありました。竹野内豊の常にクールで計算高い役は、イラっとしたけどとてもかっこよかったです。

なるこ

なるこさん(女性・40代)

1位(100点)の評価

傑作海獣映画

エヴァンゲリオンの庵野監督が撮ったゴジラ映画ですが、従来のゴジラ映画と違って人間パートが濃密に描かれていて面白いです。政治家たちが慌てふためきながらも冷静に対応しようとしている姿が泣けます。竹野内さんもクールな政治家役でかっこいいです。

ストラ君

ストラ君さん(男性・40代)

1位(100点)の評価

ゴジラ映画ランキングでの感想・評価

大人になって初めて見たゴジラ映画です。

子供の頃は父親の影響でゴジラ映画をたくさん見てたのに大人になると全然見なくなりました。でも大ヒットしたので気になって見ました。もちろん父親と一緒に(笑)なかなか面白かったのですがゴジラ映画というより政治色が強かったです。

Sanae

Sanaeさん(女性)

4位(85点)の評価

男らしさが合ってました

シンゴジラは、荒々しさを表現したかった映画であったせいか、男性の配役は、中性的な男前よりも、いかにも男らしい俳優を起用していたと思います。その中でも竹内豊はその代表で、男らしい表情や低い声が印象的でした。

すう

すうさん(男性・50代)

2位(90点)の評価

違和感はあれど

2016年に公開され大ブームとなった、庵野秀明監督の実写映画『シン・ゴジラ』。放映当時は、あらゆるところにシンゴジ関連のグッズが置かれてたり、コラボしてたりしていたイメージ。
ストーリーは東京湾羽田沖・東京湾アクアラインでトンネルの崩落事故があり、謎の巨大生物が海上に出現。上陸して暴れ、とにかく街を破壊していくゴジラの話です。政府サイドにアメリカ合衆国大統領の特使・カヨコ・アン・パタースンを石原さとみが演じており、いろいろ笑ってしまいますがそれも逆にいいスパイスになっています。
エヴァや巨神兵などでも知られる庵野監督ならではの世界観が炸裂していました。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん(女性)

3位(88点)の評価

面白い映画ランキングでの感想・評価

日本一の怪獣映画

これまで100回以上は見ています。何回見ても飽きないし、描かれていない人間関係や登場人物たちのバックボーンを考えるのも楽しいです。ゴジラには今まで関心なかったのですが、特撮そのものにハマってしまい、今ではゴジラのみならず多くの怪獣映画を見るようになりました。そのきっかけを作ってくれた大事な作品です!

まりえ

まりえさん(女性・30代)

1位(100点)の評価

急展開のストーリーに目が離せません

ゴジラの新シリーズと言うことで話題作です。ゴジラを見たことのない人間でも楽しめました。
石原さとみさんの高飛車な役が個人的には好きでした。
帰国子女なので英語も話しますが、この長台詞を覚えたのはすごいなと思います。
ただ、見所は英語よりも彼女のキャラクター性です。

ちい

ちいさん(女性・30代)

2位(90点)の評価

怪獣映画ランキングでの感想・評価

ポスト3.11の新解釈ゴジラ

本作はいわゆる3.11(東日本大震災)をモチーフに初代「ゴジラ」を再構成した、平成の怪獣映画の中でも破格の完成度を誇る逸品である。それまでの「格好いいヒーロー」としてではなく「悲劇の産物」として本作のゴジラは描かれるわけだが、初代と大きく違うのはゴジラと「共存する道もある」という受け止め方がなされているところだ。それまでの映画ではゴジラは何があろうと人類と一線を画した存在として、異物として扱われていた。しかし、本作では原発問題がそうであったように、臭いものに蓋をするのではなく現実を受け止めた上で前向きに共存していこうという考えを示し、これからを生きる我々現代日本人への強いメッセージとなっている。そこが初代から大きく進歩したところだ。

キョウジ

キョウジさん(男性・30代)

3位(70点)の評価

ゴジラの東京大破壊

久しぶりの庵野秀明監督の実写映画しかもそれがゴジラというのだから見ないわけにはいきませんでした。序盤から不穏な東京湾が描かれて、そこから怒涛のゴジラの登場。その怪獣ゴジラの対策を日本政府は四苦八苦しながらもなんとか対応していくというお話のですが、今回のゴジラは本当に恐ろしく描かれていて東京を火の海に変えてしまいます。日本人からすれば絶望的なシーンなのですが何故か自分は美しく感じてしまいました。この破壊シーンを撮るために庵野秀明は監督を引き受けたのではないかと思うほどです。はっきり言って東京破壊シーンだけも見る価値はあるので、見てない方には見ていただきたいと思います。

りん

りんさん(男性・40代)

1位(100点)の評価

迫力満点

ゴジラ作品が14年ぶりに復活ということで、とても楽しみに待っていたのですが、本当に迫力が満点だと思いました。前作に比べても、ゴジラのリアルな肌感などが際立っていましたし、東京がゴジラによって壊されていくシーンなどは、本当に東京が壊されているかのように見えました。日本だけではなくて、世界を巻き込んで大きな事件が発生しているという現実をうまく表現していましたし、規模の大きさを痛感した作品でもあります!

ギャツビー

ギャツビーさん(男性・20代)

1位(100点)の評価

怪獣映画ランキングでの感想・評価

新規格

怪獣映画の新規格を生み出しました。
これからの怪獣映画はこれを超えていかないといけません。
細部まで考えられた演出、凝った設定、マニア心をくすぐる作戦などは総監督である庵野秀明の真骨頂ですね。
リアルと非リアルのバランス感が良く、それでいてきちんと怪獣映画の領域に居続けるのがブレていない。

はいとーん

はいとーんさん(男性・40代)

1位(100点)の評価

ゴジラがもし今現れたら?の正解をみせてくれる映画

これぞ現代のゴジラ!と感じました。自衛隊が使う武器はかっこよかったし、次々起こる問題に政治家の人の対処の勢いがすごくて、ずっと圧倒されていたような気がします。
高橋さんの役の安田は最初は嫌な奴と思ってたんですが、自分の間違いに気付くとちゃんと謝罪していて、それだけで好感度がアップしました。

毛糸玉

毛糸玉さん(女性・30代)

2位(90点)の評価

役者さんたちの台詞合戦

スケールの大きさ。観ているだけで圧倒される映像は、関わるスタッフの熱量を感じさせます。
タイトルでゴジラと謳っていますが、これはもう政治映画。これでもかと使われる専門的知識の応酬についていく役者さんたちの気迫は流石のものです。
マイペースな理系の役が一生さんにぴったりです♡

月野99

月野99さん(女性・20代)

1位(100点)の評価

関連しているアイテム

似ているアイテム

関連しているタグ

みんランで人気のランキング

「映画」タグで人気のランキング

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

エンタメ>アニメ・漫画

クレヨンしんちゃん映画ランキング

おすすめしたいクレヨンしんちゃん映画は?

ひるなかの流星(映画)

エンタメ>映画

邦画の恋愛映画ランキング

好きな邦画の恋愛映画は?

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?