みんなのランキング

鳥取の食べ物・郷土料理人気ランキング!おすすめ名物・ご当地グルメは?

カレーライスかに汁鳥取牛骨ラーメン海鮮丼松葉ガニ

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数23
投票参加者数22
投票数133

みんなの投票で「鳥取の食べ物・郷土料理人気ランキング」を決定!東西にやや細長い地形の鳥取県は、食文化が東と西で分かれているといわれています。「松葉ガニ」や「ハタハタ」など全国的に有名な海の幸から、戦の勝利を祈願して作られた「大山おこわ」、特別な祝い事の際に食べられたという「柿の葉寿司」まで鳥取県が生んだ食べ物・料理は実に豊富。あなたが好きな「鳥取の食べ物・郷土料理」に投票してください。

最終更新日: 2021/09/14

ランキングの前に

1分でわかる「鳥取の食べ物・郷土料理」

江戸時代から続く鳥取のらっきょう

中国地方の北東部に位置する鳥取県。「松葉がに」や「ハタハタ」に代表される海の幸から「二十世紀梨」といった果物まで豊富に揃う、まさに食材の宝庫です。また、江戸時代から続く「砂丘らっきょう」は、らっきょうのなかでも日本トップクラスの生産量を誇ります。

ボリュームのある料理からヘルシー料理まで

鳥取県の郷土料理は、おからとハタハタの組み合わせが新鮮な「ハタハタ寿司」や、鳥取県産の和牛を使った贅沢な「大山おこわ」、柿の葉を器にして殺菌作用を高めた「柿の葉寿司」などどれもボリューム満点。一方、ところてんにも似た精進料理「いぎす」や、豆腐と白身魚を混ぜて作られた加工食品「とうふちくわ」など、女性にうれしいヘルシーな郷土料理も楽しめます。

このランキングの投票ルール

このランキングでは、鳥取県のB級グルメや郷土料理などの料理名、またはお土産など名産品の名前で投票してください。果物や野菜など、そのまま食べられる鳥取県の特産品は、その食べ物の名前で投票をお願いします。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1鳥取牛骨ラーメン

鳥取牛骨ラーメン

鳥取牛骨ラーメン(読み: とっとりぎゅうこつらーめん)は、牛骨で出汁を取る鳥取県中西部のご当地ラーメンである。鳥取県中西部(境港市、米子市、琴浦町、北栄町、倉吉市、湯梨浜町、三朝町)に提供する店が集中しており、鳥取県東部では提供する店はごく少ない。

もっと見る

牛骨でダシをとった県内では有名なラーメン。あっさり系でラーメン屋に行くといつも牛骨を選んでしまいます!

全国どこにでもあると思っていたら県内発祥のご当地料理だったと知ったときはびっくりしました。あっさりしたスープのラーメンで1度食べるとまた食べたくなる味。県内には牛骨を全面的にアピールしているラーメン店も多いです。田舎でラーメン店自体が少ない影響もあると思いますが有名店の知名度は県民間でとても高く、ラーメンの話になると話題になる店舗は必ずどこかで聞いたことがある店舗だったりします。牛骨ラーメングッズがもらえたこともありました。

みー

みーさん

1位に評価

他にはない牛骨スープを使ったラーメンが美味しいすぎる!

他県から来た人が珍しいや初めて聞いたと言われた、牛骨ラーメン。見た目は塩ラーメンのような雰囲気で、シンプルにチャーシュー、煮卵、ネギ、メンマが乗っているラーメンになります。シンプルだからこそ、牛骨がじっくりと煮込まれたスープに麺が絡んで、一口食べたら止まりません。食べるたび口の中が幸せいっぱいの気持ちになりますよ!ラーメン好きにはぜひとも味わっていただきたいです。

さっぱりで濃厚

他のダシではなかなかない、さっぱりしている中にも味がしっかりしているのが牛骨ラーメン。元々、他の県の人に言われるまでは牛骨ラーメンが特産品とは思っていませんでしたが、改めて食べてみると深い味わいが特徴的なおいしさがあります。特に、飲みに行った後の締めにはもってこいの味の深さとさっぱり具合が絶妙で、いつもこれで締めています。

コメントをもっと読む

2かに汁

かに汁

カニ汁(カニじる)は、カニ(ヤドカリ属に分類されるタラバガニも含む)を使用した汁物料理。地域や扱うカニによって名称・味付けが異なる。 北海道では、「鉄砲汁(てっぽうじる)」と呼称され、ご当地グルメ・郷土料理でもある。

もっと見る

出汁が効いています

セコカニを使ったカニ汁になります。もちろん他のカニを入れても、美味しいのですがセコカニはメスのカニになりますので、玉子を持っています。メスは元々身が少ないですので、カニ汁で出汁を取るのをおすすめしています。カニ汁は、ほとんどの具がカニのみでたまに刻みネギをちらして食べます。カニ汁の中入ったたくさんの卵を食べると甘くて本当に美味しいですよ。

日本一のカニを使った

日本有数のカニの漁獲量で有名な境港の松葉ガニ。冬のシーズンになるとご近所さんからカニをボールで数匹貰います。1人1匹で、ゆでて食べますが、さすがに何か味を変えたいなーと思ったときにもってこいなのが、カニ汁です。半永久飲み続けられるのでは?と思うほど、味が深いです。味噌のしょっぱさとカニの甘さが相まって極楽な食べ物です。

3海鮮丼

海鮮丼

海鮮丼(かいせんどん)とは、白飯の上に魚介類の刺身などを盛りつけた丼物料理。 戦後に誕生した料理で、北海道、東北など北日本から全国に広まった。江戸前のちらし寿司から派生したものという説もある。

もっと見る

鳥取の海鮮はぜひとも食べてほしい!!

鳥取県は日本海に面した県であるため、漁が盛んな場所でもあります。その中でも、海鮮丼は旅行へ来た際には必ず食べに来てほしいです。新鮮でぷりっぷりの魚たちが丼に乗っており、一口食べるとその勢いは止まらないと思います。ただ、夏のシーズンになるとお店によって混み合う場合があります。そして、海鮮丼というだけあり、値段が高いところがほとんどのため、自分へのご褒美の時などに食べるのがオススメです。

新鮮な海の幸

鳥取は、海が近いので漁港が多く魚がたくさん取れます。その魚を使った丼の、料理店が多くあるのが鳥取の特徴です。ウニ丼やいくら丼、カニ丼やエビやイカの丼が美味しく頂けるので選びました。魚の組み合わせの丼も多く、丼の間には海苔や海藻、大根のツマ、トロロ、とびっこなどが入っていることが多いです。とても親切な丼は、あっという間に完食出来ますのでおすすめです。

美味しそう

僕、海鮮丼大好きなんですよ。

ゲストさん

1位に評価

4カレーライス

カレーライス

カレーライスは、カレーを米飯にかけて食べる料理。近年では、日本独自の進化を遂げたオリジナルスタイルのカレーライスも数多く存在する。 インド料理を元にイギリスで生まれ、日本で独自に変化した料理である。 イギリスでは「イギリス英語: curry and rice(カリーアンドライス)」の他「イギリス英語: Curried rice(カリードライス)」とも呼ばれる。日本語では省略して「カレー」と呼ばれることが多く、ラーメンと並んで『日本人の国民食』と呼ばれるほど人気がある料理である。

もっと見る

カレーなんですが

鳥取はカレールー消費日本一なんだそうで、カレーのアレンジも様々だそうです。
知人が作ってくれた鳥取カレーは、シーフードカレーだったのですが皿にカレーライスを盛った後に塩胡椒で焼いたホタテの貝柱を乗せる豪華絢爛なシーフードカレーだったのです。
鳥取のカレー屋さんで出されている物の真似なんだそうですが、その美味さは絶品でした。

鳥取は、全国のカレー好きが集まるカレー県!

鳥取県では、1世帯当たりのカレー消費量が全国1位に実績があり、そのぐらいカレー好きな県なのです。カレー専門店もあり、カツがたくさん乗っているカレーや地元産の野菜がたっぷりと入ったカレーなどさまざまなお店があります。また黒いカレーなどといったルウが黒く、辛くてやみつきになるほど美味しいカレー屋さんもあり人気のお店です。

カニといったらやっぱり鳥取県産松葉ガニ!

山陰地方で水揚げされるズワイガニ「松葉ガニ」は、他のカニとは比べ物にならないくらい体が大きく、しっかりと身が詰まっていて最高です!中に大量に入っているカニミソもまた、絶品です。冬に鳥取に帰ると必ず食べたい文句なしの1位です。雌蟹は親ガニと呼ばれ、体は小さいですが内子・外子・ミソがたっぷり詰まっていて、これもまたお味噌汁にすると絶品なんです。松葉ガニを1度食べてしまうと、安いカニはもう食べれなくなりますよ。

きい

きいさん

1位に評価

鳥取特有の春雨の入った茶碗蒸し

茶碗蒸しの中に、春雨が入っています。これが、茶わん蒸しのダシを吸ってめちゃくちゃおいしいのです。他の具材は鶏肉、銀杏、かまぼこと代り映えは無いのですが、春雨が入っているかいないかで大分味が違います。そもそも春雨が入っているのが普通と思っていた為、都会で食べた茶碗蒸しの味気なさに驚きました。他県の人も1度試して欲しいです。

写真がないので残念

写真を見たかった

ゲストさん

6位に評価

7とうふちくわ

とうふちくわ

とうふちくわ(豆腐竹輪)とは、鳥取県東部で食されている郷土料理である。低カロリー、高タンパクなヘルシー食品としても注目を集めている。木綿豆腐と魚肉のすり身を混ぜ合わせ、蒸し上げて作られたちくわである。

もっと見る

ふわふわでやわらかいちくわです!おやつによし、おかずによし、お酒のつまみにもなります。

豆腐と白身魚のすり身で出来た真っ白なとうふちくわ。低カロリー高たんぱくでダイエットにも最適なご当地食品で値段も手頃です。そのままでもおいしく食べることができ、料理にも使えることから、おやつに食べたり贈答品にしたりといろいろな場面で活躍しています。子どもから高齢者までみんな大好きな健康食、スーパーにも普通に売っています。

みー

みーさん

2位に評価

ヘルシーだけどなんにでも合う

木綿豆腐と白身魚のすり身をほぼ7対3の割合で混ぜて蒸し上げてつくる豆腐ちくわは、豆腐の良さである繊細と、すり身の良さの噛みしめる味わい深さ。しかしふんわり豆腐の香りがする為、何個でも食べれます。お勧めはちょっと焼き色を付けてしょうが醤油につければ、日本酒と非常にマッチしますので酒の肴には最高の一品です。

お魚のカツです。

あごとはトビウオの事なんだそうで、そのトビウオをすり身にしてカツにした物があごカツです。
すり身になっているので、あんの口あたりはなめらかで、周りのころものサクサク感との相性はばつぐんです。

ホルモンだけではないB級グルメ。

名前の通りホルモンの入った焼きそばなんですが、ホルモンや野菜を味噌ダレで炒め中華麺を入れるので、ホルモンの味付けの焼きそばって感じです。
甘辛い味の焼きそばは、とても斬新でした。

東京でも大人気!?鳥取県民の味、白バラ牛乳

食べ物と言っていいのかわからない、でもどうしてもランキングに入れたいそんな1品。鳥取では給食に毎日出てくる「白バラ牛乳」。鳥取ではどこのスーパーにも売られており、家庭の定番ですが、他県ではスーパーにも売られていないそう。そんな白バラ牛乳ですが、実は都会でも人気の声が高く、お高いスーパー「成城石井」で売られているそうです!

きい

きいさん

2位に評価

大人になっても止まらない!

打吹公園だんごは、鳥取県倉吉市で作られているお土産の定番お菓子です。三色のおだんごが串に刺さっているよくあるお団子ですが、お餅ではなく「THE 白餡」サイズも通常のおだんごの1/3程度の大きさで、一口で軽く食べれちゃいます。小さいからこそ甘い物が大量に食べれない大人でもペロリ。あればあるだけ食べてしまう止まらないお菓子です。

きい

きいさん

3位に評価

団子

おいしそーーーーー🤮

いろんな味があって美味しいので是非買って下さい

うってぃさん

16位に評価

いわゆるおしるこです。

ごく一般的な甘いおしるこなので、食材や味などには何の意外性もないのですが、名前の通り雑煮として正月に食べるんだそうです。
雑煮といえば、しょっぱいという固定概念を崩された気がしたので衝撃をうけました。

山陰ならではです

あごの焼きは、独特の製法で焼き上げたお酒やお茶口にも合う高級な蒲鉾です。メーカーによって味が異なりますので、自分の口にあったあごの焼きを探すのも楽しいですよ。あごの焼きは、ホカホカの状態で食べても、ワサビ醤油につけて食べてもそのまま食べても美味しい一品です。こちらのスーパーでは大抵どこでも買うことが出来ます。

お土産にはこれ買っとけば間違いない!

因幡の白うさぎは、鳥取土産の中で圧倒的に有名、一番定番といっても過言ではないお菓子です。分かりやすく言うとひよこ饅頭のウサギ版で、どこにでもありそうなお菓子ではありますが、みんなに愛される昔馴染みの味です。嫌いな人はいないんじゃないでしょうか!?近年ではフィナンシェも発売されて、どんどん魅力は増しています。

きい

きいさん

4位に評価

クロザコエビのこと。もさバーガーやモサエビ煎餅など加工品もおいしい!

幻のエビとも言われるモサエビ。県内では松葉ガニが有名ですが、モサエビは隠れた名品です。鮮度が落ちやすいため地元で捕れてそのまま地元で食べられるモサエビは刺身や塩焼き、海鮮丼として食べられることが多いです。お土産用に煎餅にもなっているのでおすすめです。道の駅「神話の里白うさぎ」で食べられるもさバーガーも絶品です。

みー

みーさん

3位に評価

そばの香りが引き立ちます

こちらのお蕎麦は、蕎麦粉が多く含まれていますので麺の色が黒っぽいですが、口の中で噛みしめるとお蕎麦の美味しい味がします。お蕎麦を食べられる店舗は、多いですが昔ながらのお店を選ばれた方が地元特有の味を楽しめるのでなないかと思います。全部食べ終わったあとの、蕎麦湯は格別ですよ。蕎麦茶なるものもありますので、そちらもぜひどうぞ。

色鮮やかなお餅が目にも楽しいもちしゃぶ。しゃぶしゃぶ用のお餅はお持ち帰り用もあって家でも楽しめる!

倉吉市の名所、白壁土蔵群近くにあるお店「清水庵」の名物料理です。栃の実、エビ、ゆずなどいろいろな味の餅があり、やさしい味のダシで食べるしゃぶしゃぶは絶品です。餅の味自体は主張が強いわけではなく、これは何味かな?と当てながら食べています。テレビの取材も何度か入っており、地元では有名店。遠くから遊びに来た知り合いをよく連れて行きます。観光後に立ち寄って町家を改装したお店で食べる餅しゃぶは最高です。

みー

みーさん

4位に評価

県西部の郷土料理。具材は家庭によってまちまちです。大山の近くで大山山麓の食材を使って作られるっていうのが一番のポイント。

鳥取県が誇る霊峰大山の名前がついているおこわです。しょうゆ味で具材は鶏肉、シイタケ、ニンジン、ゴボウなど。普通のおこわといえばおこわですが、大山山麓の旅館街、定食屋さんにも食べられるところがたくさんあります。大山登山後に食べるのもおすすめ、このおこわをおにぎりにして登山するのもおすすめです。県西部のイベントではよくおこわの屋台も出ています。

みー

みーさん

5位に評価

20ハタハタ

ハタハタ

ハタハタ(Arctoscopus japonicus、鰰、鱩、雷魚、燭魚、英名:Sailfin sandfish)は、スズキ目に属する魚の一種。別名カミナリウオ、シロハタなど。 日本では主に日本海側で食用にされ、秋田県の県魚である[1]。煮魚や焼き魚に調理されるほか、干物、塩蔵、味噌漬けなどにもされ、しょっつると呼ぶ魚醤にも加工される。魚卵はブリコと呼ばれる。

もっと見る

美味しい、リーズナブルなお魚

鳥取は野菜と、魚と、B級グルメが有名ですがお魚の代表のひとつとしてハタハタの天日干しのお料理をおすすめします。ハタハタは、鍋にしても煮物にしても焼いて食べても甘みがあって、美味しいお魚ですがちょっと骨が柔らかくてクタっとしています。ですので、そのハタハタを干すことによってパリッとした焼き魚を楽しむことが出来ます。お酒ともよく合いますよ。

21

21位~23位を見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ