みんなのランキング

フルーツバスケット(漫画)

フルーツバスケット(漫画)

引用元: Amazon

作者高屋奈月
ジャンル少女漫画
出版社白泉社
連載花とゆめ(1998年16号 - 2006年24号)
巻数全23巻

『フルーツバスケット』は、高屋奈月による日本の漫画。『花とゆめ』(白泉社)において、1998年16号から2006年24号まで連載された(ただし、2000年18号から2001年19号まで作者の体調不良により休載)。全23巻。略称は「フルバ」・「フルバス」など。作者の高屋奈月は、「フルバ」と呼称している。 テレビアニメ作品としても制作され、2001年にテレビ東京系列にて放送された後、2019年に再びアニメ化。2009年には劇団スタジオライフによって舞台化された。 次世代編『フルーツバスケットanother』が『花とゆめONLINE』、のち『マンガPark』で2015年9月4日から連載中。

引用元: Wikipedia

コメント・口コミ

全 11 件を表示

少女漫画ランキングでのコメント・口コミ

感動

少女マンガですが、恋愛だけでなく、奥が深いところが好きです。心の闇にスポットライトを当てているところがこのマンガの魅力だと思います。要所要所で、感動したり、考えさせられるマンガです。読んだことがない人にはぜひおすすめしたいです。

goo

gooさん(女性・30代)

1位に評価

白泉社コミックランキングでのコメント・口コミ

何度泣いたかわからない

1998年~2006年に花ゆめで連載されていた、高屋奈月先生による『フルーツバスケット』。白泉社コミックにはそれはそれは多くの名作がありますが、私の中の青春といえばやはりフルバです。

2001年の旧アニメは、十二支の呪いや歴史といった草摩のお家騒動編前までが放送され幕を閉じました。
そして、2019年には高屋先生が総監修を務め、キャスト・スタッフ一新で全編アニメ化するという奇跡が。ファンからは叫びにも似た喜びの声があがりまくりました。
新章は1・2seasonが終わって、4月にThe Finalを控えています。
ついに原作で味わったあの最後を映像で目に収められるかと思うと嬉しさ半分、切なさ半分、といったエヴァ現象が起こっています。

定期的に漫画を読み直していますが、何度読んでも感動するし、何度読んでも泣く。まさに傑作バイブル。オニギリは梅干し。
20年以上経った今でもまったく色褪せることのないストーリー描写なので、読んだことがない人には今からでも是非読んでほしい作品です。
さすれば、きっと普段と一緒の景色が少し明るく見えるはず。

この作品に出会えてよかった🙏

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん(女性)

1位に評価

高屋奈月の漫画ランキングでのコメント・口コミ

キャラが良くてストーリーもひたすら泣けます。

1998年から2006年まで「花とゆめ」にて連載されていた漫画。最も売れた少女漫画としてギネス世界記録にも認定されています。本編から数年後を描いた「フルーツバスケットanother」や、愛蔵版が刊行されてもいることから、名作なのは言うまでもありません。そして個人的にも、フルバはテレビアニメでハマったのをきっかけに漫画を読んで1番良かったと感じた作品でもあります。
ざっくりとしたあらすじとしては、母親を事故でなくしテント暮らしをしていた女子高生・本田透が、ひょんなことから同級生の草摩由希の家にお世話になる→草摩一族が十二支の怪憑きで異性に抱き着かれると獣に変身してしまうということを知ってしまい、徹は秘密保持のため草摩家に居候することになる。というものです。
まず、キャラクターが可愛い(イケメン)かつ個性的で素晴らしい。悲しい境遇でも健気に生きる主人公の透や、優し気な雰囲気を放つ中性的な美形の草摩由希、短気でぶっきらぼうだけどふとしたときにデレも見せる草摩夾などのメインキャラはもちろん、元ヤンキーの魚谷ありさや思念を操る花島咲といった透の同級生など、見ていて飽きない魅力があります。
あと、十二支の呪いと草摩家をめぐるシリアスな部分は涙なしに見られません。異性に抱き着かれると動物に変身するというのは絵で見る分には可愛いのですが、化け物扱いされたり親からの愛情がもらえなかったり、辛く寂しい想いをしてきました。そんな彼らが透を中心に良き方向へ変化する姿に心が温まります。

アリス

アリスさん(女性・20代)

1位に評価

高屋奈月の漫画ランキングでのコメント・口コミ

恋愛・青春・感動すべてが揃っている

高屋奈月先生・花とゆめコミックといえば、フルバスははずせません!呪いの影響で異性に抱き着かれると十二支の動物に変身してしまう一族と、親を亡くした女子高生との同居生活や恋愛模様などが描かれています。主人公の本田透がとにかく可愛くて愛しい。壮絶な過去を経験していますが、ひたむきでちょっと天然で、草摩家の秘密を知っても優しく受け入れるところなんて、ぐう聖です。それと、由希と夾をはじめとする草摩家の人々。美形揃いなんだけど境遇を知ると泣けてきます。透とのかかわりを通してお互いにコンプレックスを克服していく様子も涙を誘います。そのなかには数々の温かい言葉も登場し、心に刺さる名言もたくさんあります。少女漫画らしく恋愛や青春展開もありますが、キャラたちの複雑な背景や感動シーンも楽しめる名作です。

すぐる

すぐるさん(女性・20代)

1位に評価

高屋奈月の漫画ランキングでのコメント・口コミ

代表作

すごく懐かしい、、、、。高屋奈月さんといえば「フルーツバスケット」というくらい有名な代表作ですよね。小学生のころ、めちゃくちゃ好きでよく読んでいました!たまに見返すと面白くて、スラスラと読んでしまいます\(^o^)/アラサー世代の女子なら、みんな読んだことある作品だと思います。若い世代の子達は、しらない人も多いのかな〜〜〜。アニメ化もされていますが、私はしっかりアニメの方も鑑賞しました。正直、コミック原作のアニメって面白くないイメージがあったので、あんまり期待はしていなかったのですが、いざ見てみたら原作の雰囲気をしっかり再現していたし、テンポ感もいい感じだったので、最後まで安心してみることができました!笑

あいか

あいかさん(女性)

1位に評価

恋愛漫画ランキングでのコメント・口コミ

恋愛、青春、将来とオールジャンルで考えさせられます!

私が学生の頃に連載されていて、高校生あたりまでずっと読んでいました。私にとっての青春の一冊といっても過言ではありません!
内容は学園ものでありきたりな展開…、かと思いきやそうではなく。物語のベースは十二支で、十二支の呪いをかけられた男女が出てきます。
皆それぞれ美男美女で、何不自由なく育っているように見えますが、とてつもない苦労を抱えているのです。
当然普通の人間(高校生)も出てきます。複雑な人間関係、自分自身との向き合いうことの有機、恋愛関係も混ざっています。兎に角深い言葉が多くて、勉強になりました…。
是非一度読んでみてほしいです!

M.K

M.Kさん(女性・30代)

1位に評価

大人向け少女漫画ランキングでのコメント・口コミ

共感できるセリフの数々

十二支をモチーフにした不思議な設定に対して、コメディとシリアスのバランスよく配分しており、一般的なシリアスなジャンルよりも雰囲気の緩急の付け方が上手い作品です。特にシリアス時の切々と訥々と心に訴えかけてくるセリフ回しが好きです。登場人物たちが抱える傷を、聖女のようなヒロインが癒していくストーリーはよく見かけますが、本作は終盤でヒロインが人間らしい内面を見せ、己のコンプレックスを乗り越えます。そのような紆余曲折を経て、キャラクター達はお互いの成長に役立っていたことを自覚する、涙なしでは読めない名作少女漫画に仕上がっています。

舟稀

舟稀さん(女性・20代)

2位に評価

高屋奈月の漫画ランキングでのコメント・口コミ

大ヒット作

2001年に放送されたアニメ版をきっかけにハマってしまい、原作も読んでみることにしました。異性に抱きつかれると干支に変化する話です。ほっこりとあったかい気持ちになったり、苦しくてもどかしい気持ちなったり、いろんな感情が出てきて、ラストは涙流してました。笑 神様と猫の話がすごい泣ける・・・・・。

さぁや

さぁやさん(女性)

1位に評価

恋愛漫画ランキングでのコメント・口コミ

ひとに優しくなれる王道漫画

動物に変身してしまう呪いのかけられたある一家と、普通の女子高生が一緒に住むことで物語がはじまりますが、動物に変身する条件が異性と抱き合うことなのでなかなか恋愛にはすすみません。そして恋愛関係になってもなかなか先に進まないのですがそれでも愛とはなんなのか教えてくれる作品です。

もちのん

もちのんさん(女性・20代)

2位に評価

白泉社コミックランキングでのコメント・口コミ

言わずと知れた名作

不幸な境遇でもめげずに生きる主人公・本田透と、異性に抱きつかれると憑りついた十二支に変身してしまう草摩家との交流を描いた作品。透がぐう女神&草摩家の顔面偏差値がえぐい。そして登場人物それぞれの苦悩や人間関係は考えさせられるし展開が泣ける。

みさこ

みさこさん(女性)

1位に評価

青春漫画ランキングでのコメント・口コミ

言わずと知れた名作

「十二支」がテーマのユニークな漫画です。主要となる登場人物が多いのですが、そのひとりひとりが魅力的です。それぞれにカッコ良くてキュンキュンさせられたり、闘う様子に共感させられたり、応援したくなります。

まこ

まこさん(女性・20代)

1位に評価

関連しているランキング

草摩夾

草摩夾

後半は由希に圧倒的大差をつけた

フルバで唯一十二支ではなく、猫のモノノ怪が憑いている、...

関連しているアイテム

似ているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「漫画」タグで人気のランキング