1. トップ
  2. アイテム一覧
  3. ラヂオの時間

ラヂオの時間

ラヂオの時間

『ラヂオの時間』は、1993年に上演された、劇団東京サンシャインボーイズの演劇。脚本・演出は三谷幸喜。1997年には三谷幸喜の初監督作品として映画化された。とあるラジオ局「ラジオ弁天」で、普通の主婦である鈴木みやこが脚本を手がけた作品が、初めてラジオドラマで使われることになった。ドラマは生放送で、熱海を舞台にした平凡な主婦と漁師の恋の物語。
映画化されると、ラジオという低予算な世界で想像と声だけで演ずることから生まれる壮大なスケールのストーリー、テンポの良い展開、絶妙な笑いで人気を博し各賞を総嘗めにした。
制作年1997年
上映時間103分
原作三谷幸喜、東京サンシャインボーイズ『ラヂオの時間』
監督三谷幸喜
脚本三谷幸喜
製作村上光一、高井英幸
音楽服部隆之
メインキャスト唐沢寿明(工藤学)、鈴木京香(鈴木みやこ)、西村雅彦(牛島龍彦)、戸田恵子(千本のっこ)、布施明(堀ノ内修司)ほか
主題歌布施明『no problem』
公式サイト-

引用元:Wikipedia

ラヂオの時間のコメント・口コミ

みんな好き勝手やっちゃう!ハラハラが止まらないラジオ生放送

ラジオの生放送を舞台に、個性豊かな俳優達が必死になってラジオドラマを作り上げていく様子がとても滑稽で笑えます。めちゃめちゃな展開になっていって、これからどうなるの?大丈夫か?!という場面も。 ラジオの舞台裏を見ることができて、色んな楽しみ方ができる作品です

この時代だからこそ、ラヂオ!

あるラジオドラマを放送するために色々な出来事が起こります。古い映画ですが、くるくると変わる展開が絶妙に面白く、最後がまた優しい気持ちになる一本。個人的には、西村和彦さんの細かい演技がめちゃくちゃツボにハマりました

ラジオ局のドタバタ

三谷幸喜の初監督作品とのこと。劇場で見た記憶があります。ラジオ局のドタバタをコミカルに描いた良作!

コメント・口コミをもっと見る

ラヂオの時間がランクインしているランキング

ザ・マジックアワー

ザ・マジックアワー

chocopie

勘違いと勘違いが絡み合う緻密なストーリー。

2008年6月7日公開、マフィアのボスに西田敏行、その...

ホーム・アローン

ホーム・アローン

aha

ドキドキする

空き巣を狙った悪党2人を、次々と子供ならではのアイディ...

テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ

かん☆

面白い!!

漫画とは、ヒロインの設定が若干違うけど面白い!笑いが満...

ラヂオの時間に関連するアイテム

ラヂオの時間に関連するタグ

マイランキング
作成・投票