みんなのランキング

歴代007シリーズ人気ランキング!007映画おすすめNo.1は?

007 ゴールドフィンガー007 スカイフォール007 カジノ・ロワイヤル007 私を愛したスパイ007/ロシアより愛をこめて

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数26
投票参加者数178
投票数619

みんなの投票で「007シリーズの人気作品ランキング」を決定!1962年の第一作品目公開から愛され続けている「007シリーズ」。全部で24作品公開されており、歴代で6人の俳優が主人公のジェームズ・ボンド役をつとめています。「ドクター・ノオ(007は殺しの番号)」(1962年)、「女王陛下の007」(1969年)、「007 カジノ・ロワイヤル」(2005年)など、数多くあるシリーズ作品のなかから1位に選ばれるのは?あなたがおすすめする007シリーズの作品を教えてください!

最終更新日: 2022/01/23

ランキングの前に

1分でわかる「007シリーズ」

007シリーズとは

殺しのライセンスをもった主人公、ジェームズ・ボンドの姿を描いた人気シリーズ「007」。ダブルオーセブンと呼ばれ、1962年に第一作品目が公開されてから、現在の24作品まで、変わらずファンから愛されています。主演をつとめた歴代の6人の俳優がおり、それぞれが異なる味わいを作品のなかで出しています。また、2021年10月1日にシリーズ最新作『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』が公開予定とのことで、ファン待望です!

007シリーズの代表的な作品

約50年という長い年月の間、親しまれてきた007シリーズ。歴代最高といわれる、初代を演じたショーン・コネリーの出演作は「ドクター・ノオ」(1962年)、「007 ダイヤモンドは永遠に」(1971年)、多くのファンを虜にした、3代目を演じたロジャー・ムーアは「007 死ぬのは奴らだ」(1973年)、「007 オクトパシー」(1983年)、新たなをふかした、6代目を演じたダニエル・クレイグは「007/カジノロワイヤル」(2006年)、「007 スペクター」(2015年)などに出演しています。また、2代目はジョージ・レーゼンビー、4代目はティモシー・ダルトン、5代目はピアース・ブロスナンが主演をつとめました。

歴代のボンドガール

007といえば主人公ジェームズ・ボンドと同様に人気がある"ボンドガール"。作品の時代背景や雰囲気に合わせて数多くの女優がボンドガールをつとめました。第1作品目でボンドガールをつとめた、アーシュラ・アンドレス、5作品目に日本人のボンドガールとして出演した、若林映え子と浜美枝、公開しているなかで最も記憶に新しい24作品目ではレア・セドゥとモニカ・ベルリッチがボンドガールとして出演しました。

関連するおすすめのランキング

最も人気の名作映画は?

面白い映画ランキング

面白い洋画ランキング

面白い邦画ランキング

ジャンル別映画ランキングはこちら

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

007シリーズ人気No.1のボンドガールといえば?

歴代ボンドガール美女ランキング

緊迫した心理戦やド派手なアクションが好きな方はこちら

スパイ映画ランキング

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1007 カジノ・ロワイヤル

007 カジノ・ロワイヤル

引用元: Amazon

制作年2006年
上映時間144分
監督マーティン・キャンベル
メインキャストダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド)、エヴァ・グリーン(ヴェスパー・リンド)、マッツ・ミケルセン(ル・シッフル)、ジュディ・デンチ(M)、ジェフリー・ライト(フィリックス・ライター)ほか
主題歌・挿入歌You Know My Name / クリス・コーネル
公式サイト-

もっと見る

欠かせない

007で欠かすことのできないのがカジノ・ロワイヤルです。内容に関してもそうなのですが、役者の演技力がとてもひかる作品であり何度も見返してしまいました。ボンドとヴェスパー・リンドの掛け合いにぜひ注目してみるとより一層楽しめます。

報告

主要人物がみんな魅力的

ダニエル・クレイグ版のボンドはアクションが激しくて見ごたえがあります。ボンドガールのエヴァ・グリーンがキレイだし、マッツ・ミケルセンのル・シッフルは歴代の適役の中でも1番好きかも。

報告

Vodka Martini Shaken, not stirred

シンプルに髪
そして敵のクセが強い!

OO7さん

2位に評価

報告
コメントをもっと読む

2007 スカイフォール

007 スカイフォール

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間143分
監督サム・メンデス
メインキャストダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド)、ハビエル・バルデム(ラウル・シルヴァ、ティアゴ・ロドリゲス)、レイフ・ファインズ(ギャレス・マロリー)、ナオミ・ハリス(イヴ)、ベレニス・マルロー (セヴリン)、アルバート・フィニー(キンケイド)、ベン・ウィショー(Q)、ジュディ・デンチ(M)ほか
主題歌・挿入歌Skyfall / アデル
公式サイト-

もっと見る

野生とスマートを併せ持つタフなボンド

大がかりなセットやCGではなく、トルコの峡谷、スコットランドンの荒野と素晴らしい景色で撮られているのがいいです。
敵の策略でボンドもMも尽くしてきた組織から役立たずとみなされ、徒手空拳で戦うことになります。
スコットランドの荒野で肉体と機転を武器に戦う直情的で野生的な感じのボンドがダニエルクレイグにピタリとはまって大好きです。
時に伝統のユーモアを見せますが、精神的に揺れる内面を見せるのが従来とは違って魅力的です。
ひょっとしてMを見捨てて祖国にも愛想を尽かすかと思わせるほどの危うさもありますが、最後はダンディに片をつけ英国を救うのは[続きを読む]

報告

演技力

テロリストの愛人であるセヴリンを演じたフランスの女優ベレニス・マーロウの演技力がとても印象的な作品です。女性としての色気を出しながらも、戦いに関してはとても強い女性であり、わたし自身憧れの女性像です。

報告

ボンドスパイ失格危機

 最初からハイスピードアクションが始まる。ボンドと追われるターゲットは銃撃戦・カーチェイスを繰り広げ二人は列車の上で格闘を始める。ボンドをサポートしようと放たれた弾丸はなんとボンドに命中してしまう。一命を取り留めたボンドだがスパイとしての能力が著しく低下してしまう。それをもろともしないボンドの執念に脱帽した。

園

さん

4位に評価

報告
コメントをもっと読む

3007 私を愛したスパイ

007 私を愛したスパイ

引用元: Amazon

制作年1977年
上映時間125分
監督ルイス・ギルバート
メインキャストロジャー・ムーア(ジェームズ・ボンド)、バーバラ・バック(アニヤ・アマソワ)、クルト・ユルゲンス(カール・ストロンバーグ)、リチャード・キール(ジョーズ)、バーナード・リー(M)ほか
主題歌・挿入歌Nobody Does It Better / カーリー・サイモン
公式サイト-

もっと見る

唇が魅惑的なバーバラ・バック

ソ連No.1のエージェントが登場しボンドとはりあいますが、演じるのはバーバラ・バック。エジプトで同じ物を獲得しようとボンドと出し抜き合っていたかと思うと、イギリスとソ連が手を組むことになって協力することに。でも女スパイの恋人をボンドが殺していたことがわかって雲行きが危うくなりますが、結局タイトル通りの話に。サスペンスとロジャー・ムーアらしいユーモアがバランスの取れた傑作だと思います。大人気でシリーズ次作「ムーンレイカー」にも登場することになる悪役ジョーズも登場します。

報告

4007 ゴールドフィンガー

007 ゴールドフィンガー

引用元: Amazon

制作年1964年
上映時間112分
監督ガイ・ハミルトン
メインキャストショーン・コネリー(ジェームズ・ボンド)、オナー・ブラックマン(プッシー・ガロア)、ゲルト・フレーベ(オーリック・ゴールドフィンガー)、シャーリー・イートン(ジル・マスターソン)、タニア・マレット(ティリー・マスターソン)ほか
主題歌・挿入歌ゴールド・フィンガー / シャーリー・バッシー
公式サイト-

もっと見る

黄金づくし

ボンドガールが全身金粉まみれにされて窒息死するというのが衝撃。敵の右腕を演じているのが日系人で、強くていい味出してます。

報告

Vodka Martini Shaken, not stirred

オッドジョブ演じるハロルド坂田は的殺し屋の原型を作った。また何も喋らないってのがのちのジョズにも生きてくるんだよなぁ〜

OO7さん

4位に評価

報告

5007/ロシアより愛をこめて

007/ロシアより愛をこめて

引用元: Amazon

制作年1963年
上映時間115分
監督テレンス・ヤング
メインキャストショーン・コネリー(ジェームズ・ボンド)、ダニエラ・ビアンキ(タチアナ・ロマノヴァ)、ペドロ・アルメンダリス(ケリム)、ロッテ・レーニャ(ローザ・クレップ)、ロバート・ショウ(レッド・グラント)ほか
主題歌・挿入歌From Russia With Love / マット・モンロー
公式サイト-

もっと見る

"Vodka Martini Shaken, not stirred "

これはもう名作中の名作
みないと人生損するぞ!

OO7さん

1位に評価

報告

美しすぎるボンドガール

歴代のボンドガールのなかでも、文句なしの正統派の美人であるダニエラ・ビアンキが超魅力的。殺し屋のロバート・ショーも凄みがある。主題歌もすばらしい!

まみたさん

1位に評価

報告

6007 ゴールデンアイ

007 ゴールデンアイ

引用元: Amazon

制作年1995年
上映時間130分
監督マーティン・キャンベル
メインキャストピアース・ブロスナン(ジェームズ・ボンド)、イザベラ・スコルプコ(ナターリア・シミョノヴァ)、ファムケ・ヤンセン(ゼニア・ザラゲブナ・オナトップ )、ショーン・ビーン(アレック・トレヴェルヤン)、ジョー・ドン・ベイカー(ジャック・ウェイド)ほか
主題歌・挿入歌GoldenEye / ティナ・ターナー
公式サイト-

もっと見る

東西冷戦時代の1話完結のスパイエンターテイメント

ソ連がベールに包まれた悪の帝国だった時がスパイものが一番輝いていた気がします。
こてこての悪役の世界征服に個性的な殺し屋、そして冒頭からのアクションとCGの連続で今見ても深く考えずに楽しめます。
ピアース・ブロスナンは優男でスマートな感じですが、ノンストップアクションで大活躍です。仕掛けは派手ですが、きっちりボンドの英国紳士らしさを随所に見せてくれました。あとMが女性になり、異常に迫力があります。

報告

女殺し屋が強烈

美人でサイコな女殺し屋ゼニヤが強烈です。演じる女優さんはX-MENシリーズのジーン役で有名ですが、同一人物に見えない…

報告

Vodka Martini Shaken, not stirred

うーん、ブロスナン美形だし、格好いいのだけれど、なんか一味足らないんだよな〜

OO7さん

12位に評価

報告

7007は二度死ぬ

007は二度死ぬ

引用元: Amazon

制作年1967年
上映時間117分
監督ルイス・ギルバート
メインキャストショーン・コネリー(ジェームズ・ボンド)、丹波哲郎(タイガー田中)、若林映子(アキ)、浜美枝(キッシー鈴木)、ドナルド・プレザンス(プロフェルド)ほか
主題歌・挿入歌You Only Live Twice / ナンシー・シナトラ
公式サイト-

もっと見る

舞台は日本

 ジェームズ・ボンドが日本へ上陸した。(文字通り)今作のボンドの愛車はなんとトヨタ2000GT!美しい白い車体はまさに芸術品。敵とのカーチェイスで日本の街道を駆けるシーンがお気に入りです。他にもおもしろ兵器が出てきます。

園

さん

3位に評価

報告

もっとトンデモニッポン昔話かと思って観て観たら…

高度成長期の日本の街並や文化を割とマトモに描いていたので、色々と発見の多い作品でした。

鹿児島、新燃岳の今はもう観ることが出来ない壮大な景色と、東京ドーム1個分ほどの大きな火山口セットの融合は、必見です!

ポップコーンとコーラと映画とさん

1位に評価

報告

Vodka Martini Shaken, not stirred

日本は出てきたのは嬉しいんだけど、コネリー太った?

OO7さん

9位に評価

報告

8007 慰めの報酬

007 慰めの報酬

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間106分
監督マーク・フォースター
メインキャストダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド)、オルガ・キュリレンコ(カミーユ)、マチュー・アマルリック(ドミニク・グリーン)、ジュディ・デンチ(M)、ジャンカルロ・ジャンニーニ(ルネ・マティス)ほか
主題歌・挿入歌Another Way to Die / アリシア・キーズ&ジャック・ホワイト
公式サイト-

もっと見る

ハラハラドキドキ

最後の最後まで目が離せない作品になっていてとても印象的な作品です。ボンドとカミーユがともに、戦う姿がとてもかっこよくて好印象をうけました。二人とも演技力が上手であり、勢いが伝わってきます。ファンを魅了してくれる演技に注目して見てもらいたいです。

報告

9007 ドクター・ノオ

007 ドクター・ノオ

引用元: Amazon

制作年1962年
上映時間105分
監督テレンス・ヤング
メインキャストショーン・コネリー(ジェームズ・ボンド)、ジョセフ・ワイズマン(ドクター・ノオ)、ウルスラ・アンドレス(ハニー・ライダー)、ジャック・ロード(フェリックス・ライター)、バーナード・リー(M)ほか
主題歌・挿入歌James Bond Theme / モンテ・ノーマン
公式サイト-

もっと見る

記念すべき第1作

冒頭、カジノの席で名乗るシーンからテンション上がります。

報告

10007 ユア・アイズ・オンリー

007 ユア・アイズ・オンリー

引用元: Amazon

『007 ユア・アイズ・オンリー』(ダブルオーセブン ユア・アイズ・オンリー、For Your Eyes Only)は、1981年公開、ジョン・グレン監督のスパイアクション映画。007シリーズ第12作。また、原題はイアン・フレミングの007シリーズ第1短編集 (日本語タイトルは『007号の冒険』)と、同書収録の短編(『読後焼却すべし』)のタイトルでもあり、本映画の原作としてはその他同書の『危険』が使用されている。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

長い黒髪のキャロル・ブーケ

主題歌「For Your Eyes Only」を歌ったのは当時立て続けにヒット曲を出していたイギリスの美人シンガー、シーナ・イーストンで、シーナ・イーストンが出ればいいのにとか、シーナ・イーストンが出ると勘違いしていたとかいう話があった記憶があります。でも、この作品のボンドガールであるキャロル・ブーケは歴代のボンドガールの中でももっとも美しいのではないでしょうか。ボウガンを抱えて両親の仇を追う、アマチュアの殺し屋という異色の登場人物を演じます。思いつめた表情が役柄にしっくりきます。

報告

敵の黄金銃は男のロマン

その銃は黄金で作られ、黄金の銃弾を発射する。組み立て式のその銃はロマンの塊。作品を観て自分も欲しくなります。007映画の中でもコメディ要素が強いこの作品ではカーアクションがすごい。1974年と今からすれば古いと言わざるを得ないにもかかわらず、香港映画を彷彿とさせるアクションシーンは一見の価値あり。

園

さん

1位に評価

報告

スケールがデカい

 敵は宇宙から地球を攻撃できる兵器を持っている。そのビームは地球の大地を焼き焦がすほどの威力をもつ。その兵器が007に向けて発射された。この時の007の回避が見ものです。敵は只者ではない。顔を変えボンドとサシで決闘する。ソードアクションシーンには興奮しました。

園

さん

2位に評価

報告

Vodka Martini Shaken, not stirred

悪くはない。現に氷上のカーチェイスは神だし。でも、ちょっと派手にやり過ぎた感は否めないな〜

OO7さん

13位に評価

報告

13女王陛下の007

女王陛下の007

引用元: Amazon

制作年1969年
上映時間140分
監督ピーター・ハント
メインキャストジョージ・レーゼンビー(ジェームズ・ボンド)、ダイアナ・リグ(トレーシー・ディ・ヴィンセンゾ)、テリー・サバラス(エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド)、バーナード・リー(M)、デスモンド・リュウェリン(Q)ほか
主題歌・挿入歌女王陛下の007 / メインテーマ ジョン・バリー・オーケストラ
公式サイト-

もっと見る

Vodka Martini Shaken, not stirred

これは俺にとっちゃあ3番目なんだがな〜

OO7さん

3位に評価

報告

14007 スペクター

007 スペクター

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間148分
監督サム・メンデス
メインキャストダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド)、クリストフ・ヴァルツ(フランツ・オーベルハウザー、エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド)、 レア・セドゥ(マドレーヌ・スワン)、レイフ・ファインズ(M)、 モニカ・ベルッチ(ルチア・スキアラ)ほか
主題歌・挿入歌Writing's On The Wall / サム・スミス
公式サイト-

もっと見る

15007 リビング・デイライツ

007 リビング・デイライツ

引用元: Amazon

『007 リビング・デイライツ』(ダブルオーセブン リビング・デイライツ、The Living Daylights)は、1987年公開、ジョン・グレン監督のスパイアクション映画。007シリーズ第15作。シリーズ誕生25周年の記念作品でもあり、大型予算で製作された。ジェームズ・ボンドをティモシー・ダルトンが演じた初の作品である。原作は、イアン・フレミングの短編『ベルリン脱出』(The Living Daylights)。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

ボンドカーが暴れる!

 今作ジェームズ・ボンドの愛車 アストンマーチンが大活躍。ミサイルを撃ち敵の妨害を突破。サイドにスキー板をつけ雪上を走行。果ては大ジャンプを決める。
ボンド本人も負けてはいない楽器ケースをそり代わりにしゲレンデを下っていく。そしてそのまま隣国に入国するのだから。

園

さん

5位に評価

報告

ふわっとしたタニヤ・ロバーツ

ボンドガールはタニヤ・ロバーツ。映画の後半、ボンドと二人で、敵が悪事を準備する洞窟へ入るべく労働者になりすますのだけれど、ズボンの下にハイヒールが見えています。そんなどこか場違いに見える、市役所で孤立しながら大富豪ゾリンと裁判闘争をする強い女なのだけれど、事件に巻き込まれちゃった感のある、なんとなくふわっとした女性を演じています。一方、ゾリンの片腕を演じるグレース・ジョーンズは、ファッションモデルとして鍛えた鋭利な肉体をさらして、ゾリンの裏切りには断固として仕返しする強さを見せます。最後のロジャー・ムーア主演のボンド映画がとても華やかでよかった。

報告

Vodka Martini Shaken, not stirred

普通にいいよ、でもな〜ムーアがちょっと年取り過ぎてるからってことで80点

OO7さん

9位に評価

報告

17007 サンダーボール作戦

007 サンダーボール作戦

引用元: Amazon

制作年1965年
上映時間130分
監督テレンス・ヤング
メインキャストショーン・コネリー(ジェームズ・ボンド)、クローディーヌ・オージェ(ドミノ)、アドルフォ・チェリ(エミリオ・ラルゴ)、ルチアナ・パルッツィ(フォオナ)、リク・ヴァン・ヌッター(フェリックス・ライター)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

18007 消されたライセンス

007 消されたライセンス

引用元: Amazon

『007 消されたライセンス』(ダブルオーセブン けされたライセンス、米: License to Kill, 英: Licence to Kill)は、1989年公開、ジョン・グレン監督のスパイアクション映画。『007』シリーズ第16作。ティモシー・ダルトンがジェームズ・ボンドを演じた最後の作品である。イアン・フレミングの原作からは短編「珍魚ヒルデブラント」の登場人物(クレスト)を使用。鮫に足を食いちぎられる、減圧室での頭部破裂、粉砕機での圧死など控えられてきた血生臭い表現を演出した。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

ダルトンを筆頭にアクションに体張ってます

女王陛下に忠誠を誓う優等生スパイでなく、復讐のために己の能力を使う裏キャラ的なボンドが画期的で好きでした。
鉄の意志と研ぎ澄まされた頭脳に抜群の行動力を駆使して麻薬王への友人の恨みを晴らします。
敵は麻薬王と小物ですが、単身で挑むには迫力は十分あり、今ならCGで描かれるであろうアクションが特撮も若干入っていますが人間が演じているのが大迫力です。
直観的にこれは凄いと思わせるアクションが山盛りで楽しめます。

報告

優雅に再登場したモード・アダムス

たまたま招待券をもらって映画館に入ったこの映画が初めて映画館でみた007映画でした。上映時間が半分過ぎた頃に入って十分楽しみました。どこから見ても楽しめる映画なのです。モード・アダムズが「黄金銃を持つ男」に続く007映画再登場だということは新聞で読んでいて、かなりおばさんだし鮮度が低いような感じがしていましたが、時を経て見返すとこの作品のモード・アダムズの優雅さがわかります。ただ、ソ連のタカ派の将軍が西側の反核運動の高まりを自国のために利用しようとするというストーリーは全く優雅でない時代色を反映しています(「オクトパシー」公開の翌年の話題作は反核映画「ザ・デイ・アフター」でした)。

報告

20007 ダイヤモンドは永遠に

007 ダイヤモンドは永遠に

引用元: Amazon

『007 ダイヤモンドは永遠に』(ゼロゼロセブン ダイヤモンドはえいえんに、Diamonds Are Forever)は、1956年に出版されたイアン・フレミングの長編小説(『ジェームズ・ボンド』シリーズ第4作)。また1971年公開の、ガイ・ハミルトン監督のスパイアクション映画。『007』シリーズ映画化第7作。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

21

21位~26位を見る

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

ページ内ジャンプ