みんなのランキング

1960年生まれの有名人ランキング!昭和35年生まれの芸能人・スポーツ選手人気No.1は?

船越英一郎佐藤浩市黒木瞳生瀬勝久美保純

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数28
投票参加者数26
投票数90

みんなの投票で「1960年生まれの芸能人ランキング」決定!カラーテレビの本放送スタートや、若者ファッション文化の急成長、ビニール人形「ダッコちゃん」ブームなど、好景気に沸いた1960年。そんな昭和35年に生まれた人たちも60代になり、人生の大きな節目を迎えて新たな挑戦を始める人も見受けられます。俳優・女優やタレントから、歌手にお笑い芸人、スポーツ選手まで有名人が多数いるなか、1位に輝くのは?昭和35年生まれで好きな芸能人・著名人を教えてください!

最終更新日: 2021/04/22

このランキングの投票ルール

このランキングでは、1960年生まれの有名人が投票対象です。俳優・女優・タレント・歌手などの芸能人はもちろん、スポーツ選手や文化人などにも投票OK!昭和35年生まれの好きな著名人に投票してください!

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1黒木瞳

生年月日10月05日
出身地福岡県
プロフィール81年宝塚歌劇団に入団。娘役トップスターとして活躍後、85年退団。86年、映画『化身』(監督:東陽一)で女優デビュー。この作品で第10回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後、多数の映画作品に出演する。97年に上映された映画『失楽園』(監督:森田芳光)が話題を呼び、第21回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞ほか多数の賞を受賞。その他、映画における代表作に、『阿修羅のごとく』『東京タワー』『怪談』『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』。また2016年6月公開の『嫌な女』で初監督を務める。また、テレビ作品では、『ママさんバレーでつかまえて』『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』『下流の宴』『推定有罪』などがある。その他、舞台・CMにも多数出演。代表作に、舞台『ハムレット』『取り立てやお春』、CM『田辺三菱製薬』など。また、書籍『母の言い訳』では日本文芸大賞エッセイ賞受賞、『私の場合』など出版も多数ある。
デビュー作映画『化身』
代表作品テレビ『同窓会』(2010)
テレビ『下流の宴』(2011)
テレビ『おトメさん』(2013)
公式SNSInstagram

これで60歳とかない!

美魔女という言葉に相応しいのが、この黒木瞳さんでしょう。今60歳なわけですけど、その素敵な外見で60歳とか、正直ないですね。今もテレビドラマで活躍していますし、最近だと”恐怖新聞”で母親役として登場していました。序盤は亡くなった夫を想い過ぎるせいで病んでいましたが、我に返った途中からは見事な母親っぷりでした。美しい上にあれだけの演技力を備えているのですから、キセキとしかいいようのない女性ですね。今後の活躍にも期待したいです!

同世代の目標女優

宝塚出身で歌や踊りもでき、テレビドラマでの微妙な心理の表現もでき、いつまでも若さと美貌を保ち続けている、同世代の女性にとっては目標の女性。憧れの対象です!

なお

なおさん

3位に評価

60歳と思えない美しさ

60歳とは思えない美しさ・艶っぽさ・スタイルの良さ・お肌の綺麗さがとても魅力的です。学生時代に映画館で見た失楽園の演技が、今でも忘れられません。

残りの2件のコメントを読む

2佐藤浩市

生年月日 / 星座 / 干支1960年12月10日 / いて座 / 子年
出身地東京都
プロフィール1960年生まれ、東京都出身の俳優。1980年にNHK『続・続事件』でデビュー。翌年出演した映画『青春の門』でブルーリボン賞新人賞を受賞。以来多くの映画やドラマに出演し、その重厚な演技は高く評価され、数多くの映画賞を受賞。一方、三谷幸喜監督『ザ・マジックアワー』、宮藤官九郎監督『少年メリケンサック』などで抜群のコメディセンスも発揮し、硬軟両様の演技を魅せ、日本の映画界・ドラマ界では欠かせない存在となっている。父は名優・三國連太郎。
代表作品映画『青春の門』
映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』
TBS『LEADERS リーダーズ』

歳を重ねるごとに渋みが増す俳優

私よりもかなり年上の俳優さんに対して失礼な言葉かもしれませんが、幼い頃から映画やドラマを見ていると、年齢を重ねるごとにさらにかっこよくなり、さらに演技力が上がり、さらにその渋みが増しているような気がします。常にその役柄になりきるために自分自身を変えている姿がよく伺います。時折、トーク番組やバラエティー番組に登場した時も芸能界でも尊敬される存在であることが伺えますね。まだまだこれからも渋みを増し、様々な役柄に挑戦してほしいものです!

父親の偉大さに負けていない2世俳優

三國連太郎を父に持っていてもあまりそのことを売りにせず、自分の役者としての実績を着実に積んでいる姿勢は昔から好きです。ルックスの良さは言うまでもなく、激しいシーンから微妙な心理描写まで、演技力のすばらしさには何度も心を奪われました。包容力の感じられるたたずまいには昔から憧れています。数々の映画やドラマに出演していますが、いつも安心感をもって見ていられる、期待を裏切らない俳優さんであり、私にとっての理想の男性像でもありますね!

なお

なおさん

2位に評価

色気があってかっこいい

大人の男性に強くあこがれていた私は中学生の時からファンでした。背が高くてがっしりした体型で、色気があって、強い目力と時々見せる脱力感のアンバランスさがたまらなくかっこいい!最近は社会的地位が高い役が多いですが、昔は不良っぽい悪い役が多くありました。悪い役がかっこいいと思えるのは、色気があるからこそだと思います。60歳になった今でも色気がたっぷりあってかっこいいので、恋愛もののドラマや映画を見たいですね!

残りの3件のコメントを読む

3生瀬勝久

生年月日 / 星座 / 干支1960年10月13日 / てんびん座 / 子年
出身地兵庫県
身長 / 体重178cm / 70kg
プロフィール1983年、当時の座長辰巳琢郎の勧めで劇団そとばこまちに入団。初舞台は『猿飛佐助』。1986年、同志社大学文学部社会学科を卒業。1988年、劇団そとばこまち4代目座長に就任。以来、劇作家・演出家としても活躍。2001年、劇団そとばこまち退団。劇団での活動と並行して、読売テレビ『週刊TV広辞苑』を始めとする深夜バラエティ番組に次々に出演し、大学生を中心に人気が爆発。テレビ・ラジオなど多くのレギュラー番組を持ち、関西の若者のオピニオン・リーダー的存在に。その後、役者としての活動の場を広げるため、全国的な舞台へと進出していく。その傍ら、様々なTVドラマや、映画、CMにも出演。主な出演作品に、映画『トキワ荘の青春』『恋と花火と観覧車』『ケイゾク』『トリック』『下妻物語』『真夜中の弥次さん喜多さん』、NHK『純ちゃんの応援歌』『大河ドラマ「毛利元就」』、日本テレビ『お熱いのがお好き?』『奇蹟のロマンス』『ごくせん』、フジテレビ『鬼の棲家』『ラブジェネレーション』『非婚家族』、テレビ朝日『ガラスの仮面』『おみやさん』、舞台『女たちの十二夜』『12人のおかしな大阪人』『贋作・罪と罰』『ハムレット』『パンドラの鐘』『バッド・ニュース★グッド・タイミング』『カメレオンズ・リップ』『12人の優しい日本人』ほか多数。
代表作品フジテレビ『医師たちの恋愛事情』(渡辺幹夫役)(2015)
日本テレビ『花咲舞が黙ってない』(真藤毅役)(2015)
映画『エイプリルフールズ』(2015)
日本テレビ『あなたの番です』(2019)
映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』(2019)

役幅が広い

初めて生瀬さんを見たとき、目をむき出しにして怒鳴る怖い役柄だったのですが、次に見たときはとぼけた役柄だったので、そのギャップに驚かされました。それからは興味をもって見る俳優さんになり、バラエティでは驚くほど気さくな性格で関西弁で大笑いしていたときに大好きになりました。今では生瀬さんが出演するドラマなら外れはないと思っているので、ほとんどの出演作品を見るほど好きです。いつもいい味を出すサポート役が多いので、主演ドラマがあればいいなと期待しています。

変な役が多い

この方の演じている役はどちらかというとキャラの濃い役が多いと思いました。ちゃんとした役もありますが、インパクトが強すぎて印象に残りやすいと思いました!

掴み所のないキャラクターが魅力です

様々な役でドラマや映画に出演しており、どんな役でもこなしてしまう掴み所のなさがこの人の魅力だと思います。

4船越英一郎

船越英一郎

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1960年07月21日 / かに座 / 子年
出身地神奈川県

6真田広之

真田広之

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1960年10月12日 / てんびん座 / 子年
出身地東京都
身長170cm
プロフィール幼児向け雑誌のモデルを経て、5歳の時劇団ひまわりに入団、1966年、映画『浪曲子守唄』でデビュー。中学入学と当時に、千葉真一主宰・ジャパンアクションクラブに入団。高校入学後、学業専念のため芸能活動を一時休止。1978年、映画『柳生一族の陰謀』のオーディションに合格したことを機に活動再開。1980年公開『忍者武芸帖 百地三太夫』で映画初主演。1982年、香港映画『龍の忍者』で千葉真一に続く日本のアクションスターとして海外進出を果たす。1999年、イギリスのロイヤル・シェイクスピア・カンパニー公演『リア王』に日本人唯一のキャストとして出演し、エリザベス女王より名誉大英帝国勲章第5位を授与された。
代表作品映画『たそがれ清兵衛』(2002)
映画『ラストサムライ』(2003)
映画『PROMISE』(2005)
映画『47RONIN』(2013)

世界に通用するカッコよさ

真田広之のカッコよさは改めて説明する必要もないと思いますが、子役からの芸歴の長さ、千葉真一のジャパンアクションクラブでの活躍など、持って生まれた美形に加えてアックションの上手さ、数々の経験が醸し出す役者としての厚みが感じられる、私にとって一押しの役者さんですね。ほとんどの出演映画は見ていますが、期待を裏切られたことはありません。「ラスト・サムライ」に代表されるように海外での活躍も広く知られている、日本を超えて活躍しているところも魅力です!

なお

なおさん

1位に評価

幼い顔と豊満さのギャップが最高!

あの幼い顔に秘められた豊満なボディーにファンは魅了され続けました。大場久美子久美子さんと言ったら代表作の「コメットさん」では有りますが、ファンを魅了したCMでの彼女の胸の揺らぎを外しては語れないでしょう。ハウス食品プッチンプリンの大ヒットは彼女の胸の揺れが無ければ成し得なかったに違いありません。令和の現在、還暦を迎えながらも、その美貌と肢体で男性心を惹き付けるられるのは彼女しか居ないとのではないでしょうか。因みに今話題の宮崎美子さんは2年先輩ですが、ポッチャリだからこその人気であり、2年後にキュボンを真に見せられるのは大場久美子さんでしかないと思います。

ものまねと言えばこの人。レベルが半端ない

どのモノマネも、よく研究されていて本当によく似ている。本人以上に本人。(笑)
その中にもネタを含み、見ていて全く飽きない。
モノマネに対して真剣な取り組んでいる様子が感じられ、お笑いの中にも本人に対する敬意を失うことなく、見ていて不快になるような芸風もないところが好感が持てます。
最近は若い人たちに押され気味でテレビであまり見なくなったことが残念だが、モノマネを言えばやっぱりこの人。中でも美川憲一さんや森進一さんのモノマネは大好きです!

ついつい笑ってしまう顔芸!

果たして本当に似ているのか疑問に思うくらいの、でもしっかりと特徴をとらえた面白おかしい顔芸についつい笑ってしまいます!本当にすごい才能の持ち主だと思います!

チコ

チコさん

1位に評価

9氷室京介

氷室京介

引用元: Amazon

男気が溢れる感じが格好良い

なんといっても唯一無二という感じの、低域から中域にかけての男気あふれる感じの歌声が格好良いと思います。
歌唱力も高く、激しいロックな感じから、メロディアスなバラードまで歌い上げる能力が素晴らしいですね。
多くの名曲を生み出しているので、作曲能力も高いと思います。
天才ギタリストのスティーヴ・スティーヴンスとツアーを回っていた時が最高に格好良かったです!
また、奥さんをツアーなどに連れて行き、いつまでも大事にしているところも素敵だと思います。

脇役ながら名演技が光ります

主役級の俳優ではありませんが、古畑任三郎を始めとしたレギュラーの脇役という立ち位置で大いに活躍しています。おちゃらけたキャラだけでなく、シリアスな役もこなせる役者なので、時代劇に出演することもあり、そちらでもいい役回りを演じることが多いです。個人的には鋭く警察やそのような組織の内部情報を聞き出すような新聞記者役で出演するドラマが気に入っており、鋭い眼光は今になっても全く衰えていません。これからも色々なドラマで活躍してくれることを期待しています。!

12清水ミチコ

生年月日 / 星座 / 干支1960年01月27日 / みずがめ座 / 子年
出身地岐阜県
身長 / 体重162cm / 50kg
プロフィール1983年からラジオ番組の構成作家を始め、次第に出演もするようになり、翌年にはTV-CMの声のキャラクターを始める。1986年に渋谷ジァンジァンにて初ライブ。翌年、フジテレビ系『冗談画報』にてデビュー。同年10月には『笑っていいとも』に出演し、全国に知られるようになり、ファーストアルバム『幸せの骨頂』もリリース。以降、数多くのバラエティ番組に出演し人気を博す。映画『木村家の人々』『お日柄もよくご愁傷さま』などに出演し、女優としても活躍。また、桃井かおりやユーミンなどものまねレパートリーは数多く、ピアノの弾き語りによるものまねは圧巻。
デビュー作フジテレビ『冗談画報』
代表作品日本テレビ『メレンゲの気持ち』
ニッポン放送『ラジオビバリー昼ズ』
CD『趣味の演芸』
公式SNSTwitter

面白い人です!

清水ミチコさんはとても面白い人でかつ多才な人だと思います!モノマネがとてもうまくて特にユーミンや矢野顕子さんのモノマネが秀逸だと思いますね。ピアノがとても上手でどうしたらこんなに才能豊かになれるんだろうと不思議です。トークもとてもうまくてバラエティ番組を見ていてもいつも場を盛り上げているので感心します。彼女がいると笑いにつつまれて本当に明るい気分にさせてくれるんで大好きですね。こういうポジティブな方は大好きです!

みね

みねさん

1位に評価

13山村紅葉

生年月日 / 星座 / 干支1960年10月27日 / さそり座 / 子年
出身地京都府
プロフィール早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。在学中に、ANB『燃えた花嫁~殺しのドレスは京都行き~』で女優デビュー。以来在学中に20数本出演するが、国税庁国税専門試験に合格し、卒業後は国税局に勤務。結婚退職を機に、ふたたび女優の道へ。400近い原作を残した、亡き母・山村美紗作品を中心に『赤い霊柩車』『名探偵キャサリン』『京都祇園芸妓』『狩矢警部』などの代表シリーズに出演。また、バラエティーや舞台にも活動の幅を広げ、2006年9月、山村美紗没十年追悼『京都 都大路謎の花くらべ』(南座)や新春喜劇公演『俺はお殿さま』(新宿コマ劇場)、2010年10月『山村美紗サスペンス「京都花灯路恋の耀き」』(南座、東京、他地方公演)に出演。日本喜劇人協会理事も務める。
代表作品テレビ朝日『土曜ワイド劇場「温泉若おかみの殺人推理27」』
フジテレビ『金曜プレステージ「十津川捜査班8 十津川警部~家族」』(2014)
TBS『月曜ゴールデン「十津川警部シリーズ51」』(2014)

16サンプラザ中野くん

生年月日 / 星座 / 干支1960年08月15日 / しし座 / 子年
出身地山梨県
プロフィール1960年08月15日生まれ、山梨県出身の歌手・タレント。主な出演作は、バラエティー『ひるキュン!』、AbemaTV『原宿Abema News』など。
代表作品バラエティー『ひるキュン!』レギュラー(2016)
CDアルバム『励ます』(2015)
AbemaTV『原宿Abema News』(レギュラー)
公式SNSTwitter
Instagram

頑張れる!

大ヒットしたランナーをはじめ名曲が多いからです。さらに、何か熱くなりたいときに聞くと、元気が出ます。

亀

さん

1位に評価

21位~28位を見る

運営からひとこと

このランキングに関連しているタグ

このランキングに参加したユーザー

  1. 1No Image

    西村雅彦

  2. 2生瀬勝久

    生瀬勝久

  3. 3黒木瞳

    黒木瞳

詳細を見る
昼寝亭

昼寝亭さんの評価


0
  1. 1黒木瞳

    黒木瞳

  2. 2郷ひろみ

    郷ひろみ

  3. 3真田広之

    真田広之

詳細を見る
もふもふ

もふもふさんの評価


0
  1. 1佐藤浩市

    佐藤浩市

  2. 2黒木瞳

    黒木瞳

  3. 3生瀬勝久

    生瀬勝久

詳細を見る
たむの

たむのさんの評価


0
  1. 1生瀬勝久

    生瀬勝久

  2. 2船越英一郎

    船越英一郎

  3. 3美保純

    美保純

詳細を見る
クリーノ

クリーノさんの評価


0
  1. 1真田広之

    真田広之

  2. 2佐藤浩市

    佐藤浩市

  3. 3黒木瞳

    黒木瞳

詳細を見る
なお

なおさんの評価


0
  1. 1コロッケ(芸人)

    コロッケ(芸人)

  2. 2氷室京介

    氷室京介

  3. 3No Image

    乃南アサ

  4. 4真田広之

    真田広之

詳細を見る
なおみ

なおみさんの評価


0
  1. 1黒木瞳

    黒木瞳

  2. 2佐藤浩市

    佐藤浩市

  3. 3船越英一郎

    船越英一郎

  4. 4熊谷真実

    熊谷真実

詳細を見る
お番ですよ

お番ですよさんの評価


0
  1. 1黒木瞳

    黒木瞳

  2. 2船越英一郎

    船越英一郎

  3. 3美保純

    美保純

詳細を見る
かんちゃん

かんちゃんさんの評価


0
  1. 1佐藤浩市

    佐藤浩市

  2. 2真田広之

    真田広之

  3. 3黒木瞳

    黒木瞳

  4. 4熊谷真実

    熊谷真実

詳細を見る
りりこ

りりこさんの評価


0
  1. 1大場久美子

    大場久美子

  2. 2美保純

    美保純

  3. 3荒木由美子

    荒木由美子

詳細を見る
禿オヤジ

禿オヤジさんの評価


0
  1. 1佐藤浩市

    佐藤浩市

  2. 2大場久美子

    大場久美子

  3. 3生瀬勝久

    生瀬勝久

  4. 4東ちづる

    東ちづる

詳細を見る
晋吉

晋吉さんの評価


0
  1. 1佐藤浩市

    佐藤浩市

  2. 2生瀬勝久

    生瀬勝久

  3. 3No Image

    西村雅彦

詳細を見る
とんこ

とんこさんの評価


0
  1. 1コロッケ(芸人)

    コロッケ(芸人)

  2. 2生瀬勝久

    生瀬勝久

  3. 3佐藤浩市

    佐藤浩市

  4. 4庵野秀明

    庵野秀明

詳細を見る
チコ

チコさんの評価


0
  1. 1清水ミチコ

    清水ミチコ

  2. 2コロッケ(芸人)

    コロッケ(芸人)

  3. 3山田邦子

    山田邦子

詳細を見る
みね

みねさんの評価


0
  1. 1黒木瞳

    黒木瞳

  2. 2美保純

    美保純

  3. 3大場久美子

    大場久美子

詳細を見る
徳剛

徳剛さんの評価


0
  1. 1佐藤浩市

    佐藤浩市

  2. 2黒木瞳

    黒木瞳

  3. 3船越英一郎

    船越英一郎

  4. 4美保純

    美保純

詳細を見る
Shiho

Shihoさんの評価


0
  1. 1サンプラザ中野くん

    サンプラザ中野くん

  2. 2氷室京介

    氷室京介

  3. 3ディエゴ・アルマンド・マラドーナ(Diego Armando Maradona)

    ディエゴ・アルマンド・マラドーナ(Diego Armando Maradona)

詳細を見る
亀

さんの評価


0
  1. 1氷室京介

    氷室京介

  2. 2佐藤浩市

    佐藤浩市

  3. 3黒木瞳

    黒木瞳

詳細を見る
上月丸

上月丸さんの評価


0
  1. 1生瀬勝久

    生瀬勝久

  2. 2船越英一郎

    船越英一郎

  3. 3美保純

    美保純

詳細を見る
ガスリー

ガスリーさんの評価


0

芸能人・著名人の新着記事

おすすめのランキング

ページ内ジャンプ