みんなのランキング

1968年生まれの有名人ランキング!昭和43年生まれの芸能人・スポーツ選手人気No.1は?

大塚寧々佐々木蔵之介鈴木京香渡部篤郎葉加瀬太郎

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数22
投票参加者数34
投票数119

みんなの投票で「1968年生まれの芸能人ランキング」決定!世界初の一般向けレトルト食品「ボンカレー」や日本初のスナック菓子「カール」の発売、週刊少年ジャンプの創刊など、現在に至るヒット商品が続々誕生した1968年。そんな昭和43年に生まれた人たちは50代となり、社会的に高い地位を築いている人も見受けられます。俳優・女優やタレントから、歌手にお笑い芸人、スポーツ選手まで有名人が多数いるなか、人気No.11に輝くのは?昭和43年生まれで好きな芸能人・著名人を教えてください!

最終更新日: 2021/07/30

このランキングの投票ルール

このランキングでは、1968年生まれの有名人が投票対象です。俳優・女優・タレント・歌手などの芸能人はもちろん、スポーツ選手や文化人などにも投票OK!昭和43年生まれの好きな著名人に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1鈴木京香

鈴木京香

引用元: Amazon

鈴木 京香(すずき きょうか、1968年5月31日 - )は、日本の女優。宮城県出身。Vanda(ヴァンダ)所属。宮城県泉市(現・仙台市泉区)に生まれ、黒川郡富谷町(現・富谷市)で育つ。宮城県泉高等学校を経て、東北学院大学経済学部商学科卒業。

もっと見る

関連するランキング

グランメゾン東京

鈴木京香出演ドラマランキング

鈴木京香出演ドラマであなたがおすすめしたい作品は?

年を召しても美しいやね。

鈴木京香さんはとても美人だと思います。昔からとても可愛かったんですが今でも美しいんで努力をかかしていないんだと思います。若いころに美人でも年を召すとどんどんとルックスレベルが落ち込んでしまう女優さんが多い中でこれはとても目を見張るものだと思いますね。もちろんルックスだけでなくて肝心の演技の方もとてもうまいです!彼女が出演しているとドラマでも映画でもとても引き締まると思います。それだけ華のある女優さんだと思います!

みね

みねさん

1位に評価

美しい顔だけでなく声も大好き

大人の上品な女性の代名詞といっても過言でないくらい、素晴らしい女性だと思います。演技も上手ですし、化粧品のコマーシャルなどで見かけるときは、その美貌にほれぼれします。年齢に合った服装や髪型をしているところも好感が持てますし、常に上品さをまとっているので憧れの女性です。綺麗な容姿だけでなく、抑えたようなトーンの声も心地よいですし、プライベートでは大人の恋愛を楽しんでいるような格好良いところも大好きです。

52歳とは思えない美しい女優さんです。

鈴木京香さんを始めて見たのは朝ドラの「君の名は」です。とても上品な役柄でした。しかし朝ドラを見てから何十年もたっているのに、あの時と変わらない美しさを維持しているのが凄いです。彼女が出ているドラマは、なぜか見てしまいます。最新ドラマ「共演NG」もとっても面白かったです!今までにない役柄が新鮮でした。

コメントをもっと読む

2佐々木蔵之介

生年月日 / 星座 / 干支1968年2月4日 / みずがめ座 / 申年
出身地京都府
プロフィール神戸大学在学中に劇団「惑星ピスタチオ」の旗上げに参加。1998年に退団するまで全ての公演に出演。2000年、NHK『連続テレビ小説「オードリー」』に幹幸太郎役で出演し脚光を浴びる。以後、『白い巨塔』『離婚弁護士』など人気ドラマに出演し、知名度が上昇。2006年、映画『間宮兄弟』では主演を務め、名実ともに俳優として数多くの映画・テレビドラマで活躍する。また、主演ドラマのTBS『ハンチョウ~神南署安積班~』はシリーズ化されお馴染みに。更に演劇ユニット「Team申」を立ち上げ舞台公演も行う。
代表作品TBS『ハンチョウ~警視庁安積班~シリーズ』主演
映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(2017)
映画『嘘八百』(2018)
フジテレビ『シャーロック』(2019)
公式SNS-

もっと見る

実力派俳優

佐々木蔵之介さんはカッコイイ俳優ですけど、カッコイイという点だけでなら他のイケメン俳優の方が上だったりします!決して外見は恵まれているとは感じませんね。それでも着々と色んな役をこなし続け、今ではトップレベルの俳優に。それだけ努力をしてきたわけですし、そういう所が大好きですね!今も大河ドラマ「麒麟がくる」で豊臣秀吉を演じていますけど、上手く演じていますね。へりくだって感じで相手の懐へと入り、さりげない気遣いやトーク力できづけば相手は虜に。そういう所を上手く演じていますし、実力派俳優だなって感じます!

どんな役でもこなせる役者さんです

佐々木蔵之介さんの映画やドラマをたくさん見ていて思ったことは、どんな役柄でも上手に演じている事です。特に私は朝ドラの「ひよっこ」のシェフ役が印象に残っていますね。スタッフやヒロインを優しく接する姿が素敵でした。優しく紳士的な役が一番似合っていると思いますよ。「ひよっこ」を見てから、ますますファンになりました!今は大河ドラマ「麒麟がくる」で後に豊臣秀吉になる木下藤吉郎役を飄々と演じています。これからもたくさん活躍してほしいですね!

飾らない2枚目

とにかく二枚目俳優ながら、気取らない、飾らないキャラクターをトーク番組などで見せてくれるのが大好きで好印象です。またらわたしと同じく関西人で、ドラマや映画ではなかなかみせない関西弁をトーク番組やバラエティ番組で見るたびにほっとしてしまいます。なんともいえない親近感を抱くことができるからです。もちろん、俳優としても本当に幅広い役柄をこなす姿はまさに二枚目。これからもかわらない姿に期待するばかりです。

3渡部篤郎

渡部篤郎

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1968年5月5日 / おうし座 / 申年
出身地東京都
プロフィールエキストラ出演をきっかけに芸能活動開始。演劇学校「丹波道場」に所属し日活ロマンポルノに出演。1991年放送『青春の門』でドラマ初主演。1995年、映画『静かな生活』で日本アカデミー賞新人賞・優秀主演男優賞受賞。2008年には映画『コトバのない冬』で監督デビューを果たした。
代表作品フジテレビ『ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜』(2014)
フジテレビ『パパ活』(2017)
映画『いらっしゃいませ、患者さま。』(2005)
映画『外事警察 その男に騙されるな』(2012)
公式SNS-

もっと見る

関連するランキング

ケイゾク

渡部篤郎出演ドラマランキング

渡部篤郎出演ドラマであなたがおすすめしたい作品は?

コミカルな演技が最高

渡部篤郎さんはシリアスにもコミカルにも演じることが出来ますが、特にコミカルな感じの演技が最高に素晴らしいと思います。
最近では「ルパンの娘」で深田恭子さんの父親役の尊を演じていましたが、その演技が役に入り込んで、バカをやりきっている感じがして、最高に面白かったですね。
以前、「ビューティフルライフ」で常盤貴子さんの兄役を演じていましたが、それも良かったと思います。
そして、人の良さそうな雰囲気に溢れていて、気さくな感じがして、優しそうなところも素敵だと思いますね。

芸風

最近はナイスミドルなおやじですが、20数年前のまだRIKAKOと結婚する前くらいに出演していたドラマで
クセはあるけど格好いいしゃべりや動作についつい引き込まれた記憶があります。
そのクセが自分にははまりました!!
世代的に年齢が近いので若かりし頃はマネをするようなこともありました。
歳をとるににつれ、私はただのおやじになりはてましたが、渡部篤郎は今でも格好いい!
最近はCMとかもコミカルな演技が多いですがやはり渋い演技が私は好きです!

Tommy

Tommyさん

1位に評価

幅広い役柄をどれも上手に演じているので凄い

渡部篤郎さんは本当に凄い俳優さんだと思っています。なぜなら幅広い役柄をどれも上手に演じているからです。時には冷酷で残虐な役の男性を演じたり、時には気が優しくて暖かい男性を演じたり、役柄の幅が本当に広いのですが、どの役柄でも違和感なく完ぺきに演じているので凄いと思います。最近ではルパンの娘の父親役が良い感じで面白いです。

コメントをもっと読む

4大塚寧々

生年月日 / 星座6月14日 / ふたご座
出身地東京都
プロフィール日本大学芸術学部写真学科卒業。1989年~96年まで『カネボウ』CMキャンペンガールを務める。1992年にフジテレビ『君のためにできること』で女優デビュー。以後、『いつか好きだと言って』『スキャンダル』などドラマのほか多数のCMに出演。1994年、萩本欽一監督作品『やさしい嵐』(東宝)で映画初主演を果たす。独特の透明感と力強い演技でコンスタントに映画・テレビドラマ・CMに出演。実力派女優として幅広い演技をみせる。2003年、『笑う蛙』で第57回毎日映画コンクールの主演女優賞を受賞。また、女優以外にも写真・絵画・陶芸などの芸術分野にも精通。オフィシャルサイトでは本人撮影の写真を多数公開している。
代表作品NHK『大河ドラマ 毛利元就』
フジテレビ『HERO』
フジテレビ『Dr.コト-診療所』
公式SNS-

もっと見る

ナチュラル

自然な感じででもとてもかわいい雰囲気の持ち主なのでスゴく好感がもてて好きな女性です!
それにファッションもスゴく素敵で、大塚寧々さんだからこそだとは思いますが、スゴく真似したくなるファッションですよね。
飾っていないところがスゴく魅力的で、こんな女性になりたいと憧れてしまいます!
振る舞いや、話し方もスゴく可愛くて嫌みがないのがスゴいなと思ってしまいますね。
女性らしさもあり、でも強い感じもあるそんなところがスゴく素敵で好きなところです!

エロかわいい

兎に角自分が若かりし頃の大塚寧々はエロいと言う印象でした。
なぜかと言うとホーキンスの靴のポスターで靴で隠しているものの豊満なボディーをあられもなく
さらけ出していて、またまた、ポスターが等身大に近い大きさのもので色々と想像力をつけさせて頂きました。
声も甲高いわけでもなく色気を感じましたね。
今でもご活躍されていますがその当時の印象が強すぎてついつい思い出してしまいます。
自分の好みは幅広かったのですが良く上げるとすれば彼女でした!

Tommy

Tommyさん

2位に評価

可愛らしさ

50代という年齢ではありますがいつまでも可愛らしい雰囲気をまとっている感じがしてなんかほんわりしていて好きです。

晋吉

晋吉さん

1位に評価

5葉加瀬太郎

生年月日 / 星座 / 干支1968年1月23日 / みずがめ座 / 申年
出身地大阪府
プロフィール990年、KRYZLER&KOMPANYのヴァイオリニストとしてデビュー。セリーヌ・ディオンとの共演で世界的存在となる。1996年の解散後ソロ活動開始。2002年、自身が音楽総監督を務める「アーティスト自身が自由に創作できるレーベル」“HATS”を設立。“HATS”に於けるアーティストプロデュースは勿論、イベントプロデュースや商品企画プロデュース等も行う。2007年秋、原点回帰をテーマにロンドンへ拠点を移し膨大なクラシックスコアと日々格闘。2013年に行った自身初となったワールドツアー「TARO HAKASE World Tour 2013-JAPONISM-」(海外公演含め全44公演)では、韓国・イギリス・ドイツ・アメリカの4か国で公演を行い、いずれも称賛され成功を収めた。恒例の真夏の野外イベント「情熱大陸スペシャルライブ」は、2014年に13年目を迎え、更なる成長を続けている。2014年8月6日アルバム「Etupirka~Best Acoustic~」をリリース。英国に居を移した頃からロンドンのスローンスクエア、カドガンホールでアコースティックコンサートを定期的に公演するようになり、2011年、クラシックスタイルでの全国ツアー“Classic Theatre”に発展した。3年間続いたそのコンサートの中で生まれた楽曲たちを中心に弦楽五重奏にピアノというアンサンブルを核にした完全なるアコースティックにこだわって制作したアルバムである。2014年9月にスタートさせた「葉加瀬太郎 Best Acoustic Tour “エトピリカ”」は、自身初となる47全都道府県を回るツアーであり、4か月という短い期間で全60公演を行うツアーとなった。公演回数は年間100公演に迫り、留まる事なく活動の場を広げている。
代表作品CDアルバム『Etupirka~Best Acoustic~』(2014)
DVD・ビデオ『TARO HAKASE World Tour 2013 JAPONISM』(2014)
CDアルバム『JAPONISM』(2013)
公式SNSTwitter
Instagram

もっと見る

この人に私の運を全て取られたかもしれないけど、ホントに凄い人で尊敬!

実は葉加瀬太郎さんとは生年月日が完全一致の私。しかも大学までクラシック音楽を勉強していました。もちろんレベルも学校も専門も違ったけど(私はピアノ)、葉加瀬さんの噂はよく聞いており、ジークレフというユニットで有名になった時から、直接の友達でもないのに勝手に誇りに思ってます。

世界的に有名!

世界でも活躍されている方で、ヴァイオリンが素晴らしくうまいと思います。釣りが好きというところも良いと思いますね。

亀

さん

1位に評価

6蛍原徹

生年月日 / 星座 / 干支1968年1月8日 / やぎ座 / 申年
出身地大阪府
プロフィールNSC大阪校7期生。お笑いコンビ「雨上がり決死隊」のツッコミ担当。愛称はホトちゃん。相方は宮迫博之。コンビとしては、テレビ朝日『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』など数々の番組に出演。個人としては、東海テレビ『競馬BEAT』、GAORA『『月刊ファイターズTV』などに出演。
代表作品スポーツ『競馬BEAT』
スポーツ『月刊ファイターズTV』
バラエティー『なるトモ!』
チャンネルURLホトゴルフ
公式SNSTwitter
Instagram

もっと見る

一人でも安定の面白さ

最近一人になりましたが、変わらず、面白く、むしろ一人のほうが安心して楽しく番組を視聴できます。人柄もいいんだろうなあと画面を通して感じることができますね。

7大沢たかお

生年月日 / 星座 / 干支1968年3月11日 / うお座 / 申年
出身地東京都
プロフィール大学在学中よりモデルとして活動し、俳優に転向後は日本テレビ『星の金貨』で注目を集める。2000年以降、活動の拠点を映画へ移し、数多くの作品に精力的に出演。映画『世界の中心で、愛をさけぶ』が大ヒットし、話題を呼んだ。その後、映画『解夏』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞し、実力派俳優としての地位を確立した。その他の主な出演作品に、映画『Life 天国で君に逢えたら』『BALLAD』、TBS『JIN-仁-』『百年の物語』など。
代表作品映画『地下鉄(メトロ)に乗って』(2006)
テレビドラマ『仁-JIN-』(20092011)
映画『藁の楯』(2013)
公式SNSTwitter

もっと見る

関連するランキング

キングダム(映画)

大沢たかお映画ランキング

おすすめの大沢たかお出演映画は?

JIN-仁-

大沢たかお出演ドラマランキング

おすすめの大沢たかお出演ドラマは?

ドラマ「JIN-仁-」の主役、仁を演じた大沢たかおさんが本当にカッコ良くて、彼が出演しているドラマや映画はどれも面白い

私はテレビドラマを見るのが大好きで色んなドラマを見てきましたが、その中でもダントツで好きなのがTBS系列で放送された「JIN-仁-」です。そしてそのドラマの主役、仁を演じた大沢たかおさんが本当にカッコ良くてファンになりました。そして大沢たかおさんは演技力が高くて色んな役柄をこなすことが出来るので凄いですし、彼が出演しているドラマや映画はどれも面白いです。それに彼は日本の俳優としてだけではなくハリウッド映画にも出演したり、日本の映画をプロデュースするなど色んなエリアでも活躍している所が凄いと尊敬しています。

8森口博子

生年月日 / 星座 / 干支1968年6月13日 / ふたご座 / 申年
出身地福岡県
プロフィール1985年国民的アニメ『機動戦士Zガンダム』の主題歌『水の星へ愛をこめて』でデビュー。音楽活動と並行し、バラエティ・ドラマ・舞台・ラジオ・CM等幅広く活躍。TVレギュラー12本かかえ、バラエティアイドル(バラドル)と言うジャンルを確立、幅広い層に支持される。1991年映画『機動戦士ガンダムF91』の主題歌『ETERNAL WIND』がヒットし、初のベスト10入りを果たす。同年から6年連続NHK『紅白歌合戦』に出場。これまでにシングル30枚 アルバム19枚発売。近年ではジャズライブにも定期的に挑戦している。その経験から、透明感に深みとパワーが増した歌声で、聴く人に癒しとエネルギーを与えている。
代表作品NHK『てるてる家族』(2003)
TBS『うちはステップファミリー』(2005)
フジテレビ『夢がMORIMORI』(1992)
チャンネルURL森口博子 オフィシャル YouTube チャンネル
公式SNSTwitter

もっと見る

関連するランキング

ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~ / 森口博子

森口博子の曲ランキング

好きな森口博子の曲は?

ぼくたちの失敗 / 森田童子

森田童子の曲ランキング

あなたが好きな森田童子の曲名は?

ガンダムの主題歌を歌って大人気、茶目っ気のある性格も大好きです

子供の頃に見ていたアニメ、Zガンダムの主題歌を歌っていたこともあって昔から大好きです。中学生の頃に何人かの男友達にそう言うととてもバカにされましたが、数十年経った今では50代に見えないほど若くて綺麗ですしコンサート等の音楽活動も大人気で、あの頃の私の価値観は間違っていなかったと自負しています。90年代は元祖バラドルとして活躍され、お笑い系に近いポジションにあったことが女性タレントとして評価が低かった主原因だと思いますが、茶目っ気のある性格で自虐ネタをして周囲を笑わせたりするところはむしろ性格が良い人なのだと思います。

9菊池桃子

菊池桃子

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1968年5月4日 / おうし座 / 申年
出身地東京都
チャンネルURL菊池桃子のYouTubeラジオ『今日もお疲れ様です。』 
公式SNSInstagram

もっと見る

関連するランキング

卒業-GRADUATION- / 菊池桃子

菊池桃子の曲ランキング

好きな菊池桃子の曲は?

10杉本彩

生年月日 / 星座 / 干支1968年7月19日 / かに座 / 申年
出身地京都府
プロフィール京都府出身。1987年、東レ水着キャンペーンでデビュー。日本テレビ『ウリナリ』に出演し、芸能人社交ダンス部のメンバーとして多くの大会に出場、入賞を果たす。TV・映画・CMなどで活躍。主な出演作品に、日本テレビ『魔女たちの22時』、映画『花と蛇』『LOVE DEATH』、CM『ノーベル製菓「はちみつきんかんのど飴」』『エバラ食品工業「さらっと旨い焼肉のたれ」』など。また、美容関係に精通しており、自身のブランドも立ち上げている。
代表作品日本テレビ『ウリナリ』
映画『花と蛇』(2004)
映画『花と蛇2 パリ/静子』(2005)
公式SNSInstagram

もっと見る

11松下由樹

関連するランキング

ナースのお仕事

松下由樹ドラマランキング

松下由樹出演ドラマであなたがおすすめしたい作品は?

13夏川結衣

出身地熊本県
プロフィール熊本県出身の女優。1992年にドラマ『愛という名のもとに』で女優としてデビュー。以来TBS『青い鳥』『新参者』『トイレの神様』、日本テレビ『87%』、フジテレビ『結婚できない男』『任侠ヘルパー』『無理な恋愛』、テレビ朝日『夜光の階段』等多くのドラマに出演。また、『座頭市』(北野武監督)、『花よりもなほ』『歩いても歩いても』『奇跡』(是枝裕和監督)、『東京家族』『小さいおうち』(山田洋次監督)等、名監督の作品にて重宝されている。
代表作品映画『歩いても歩いても』
フジテレビ『結婚できない男』
映画『孤高のメス』

もっと見る

14長山洋子

生年月日 / 星座 / 干支1968年1月13日 / やぎ座 / 申年
出身地東京都
プロフィール1984年4月、16才の時『春はSA.RA.SA.RA』でアイドルポップスシンガーとしてデビュー。1986年10月、ユーロビートに乗せたカバー『ヴィーナス』がヒット、1988年に映画『恋子の毎日』に主演するなど、歌手・女優としてキャリアを重ねる。デビュー10年目の1993年、25才で演歌歌手に転身。“演歌元年”のキャッチフレーズで『蜩(ひぐらし)』を発売、演歌界に新風を吹き込み、年末の各賞受賞はじめNHKの紅白歌合戦への初出場を果たす。その後もヒットを連発。「でもねポーズ」が話題となった『捨てられて』。将棋界の奇才・羽生善治氏をモチーフにした『たてがみ』など、「演歌の長山洋子」のスタンスをより固めていく。また、ビクター少年民謡会時代の経験を生かした津軽三味線と民謡の披露など、コンサートにも一層の磨きがかかっていく中、立ち弾き三味線で唄う『じょんから女節』が大ヒット。より深みを増した表現力で独自の世界を創出し、演歌ファンに強烈にアピールした。2005年からはタイトルに『洋子の…』と冠した3部作をリリース。2006年には作曲家・影山時則氏とのデュエット曲『絆』が大ヒットを記録。「デュエットソングの新定番」としてカラオケファンに広く支持を受けている。2012年4月11日『木曽の翌檜』発売と同時に木曽観光大使に就任。
代表作品CDシングル『木曽の翌檜』(2012)
CDアルバム『帰心~長山洋子 津軽三味線の旅~』(2012)
CDシングル『ほっとしてください』(2012)
公式SNS-

もっと見る

15佐々木主浩

佐々木主浩

引用元: Amazon

佐々木 主浩(ささき かづひろ、1968年2月22日 - )は、元プロ野球選手(投手)。現在は日本プロ野球名球会理事、野球解説者・野球評論家、タレント、馬主、レーシングチーム「D'station Racing」総監督。右投右打。

もっと見る

16小島奈津子

生年月日1968年7月26日
出身地埼玉県
プロフィール埼玉県出身のアナウンサー。1992年にフジテレビジョンへ入社。『タモリのボキャブラ天国』『爆笑おすピー問題!』『脳内エステ IQサプリ』等に出演し人気を博し、『めざましテレビ』の2代目メインキャスターとしてお茶の間に親しまれる。2002年に惜しまれつつもフジテレビを退社。2006年に女児を出産。以降もTBS『噂の!東京マガジン』など人気番組に出演を続ける。
代表作品TBS『噂の!東京マガジン』
ラジオ『小島奈津子のおかえりなさい』
広告『JEMCO日本電子債権機構株式会社「電子手形」』

もっと見る

17井森美幸

井森美幸

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1968年10月26日 / さそり座 / 申年
出身地群馬県
公式SNS-

もっと見る

18Chara

関連するランキング

No Image

CHARAの曲ランキング

好きなCHARAの曲は?

19名倉潤

生年月日 / 星座 / 干支1968年11月4日 / さそり座 / 申年
出身地兵庫県
プロフィール1993年結成したお笑いトリオ『ネプチューン』のリーダーを務める。ツッコミ担当。愛称は『潤ちゃん』『リーダー』等。妻はタレントで元おニャン子クラブの渡辺満里奈。東南アジア系の顔つきが特徴で、度々ネタにされる。バラエティー番組では司会進行役として定評がある。主な出演作品として、フジテレビ『ホンネの殿堂!!紳助にはわかるまいっ』、NHK『新感覚ゲーム クエスタ』、TBS『爆笑問題のバク天!』、日本テレビ『リモート』他多数。
代表作品フジテレビ『ホンネの殿堂』レギュラー
日本テレビ『しゃべくり007』レギュラー
フジテレビ『ネプリーグ』レギュラー

もっと見る

21

21位~22位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

1960年生まれの有名人ランキング

1961年生まれの有名人ランキング

1962年生まれの有名人ランキング

1963年生まれの有名人ランキング

1964年生まれの有名人ランキング

1965年生まれの有名人ランキング

1966年生まれの有名人ランキング

1967年生まれの有名人ランキング

1969年生まれの有名人ランキング

このランキングに関連しているタグ

芸能人・著名人の新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ