みんなのランキング

フランスのデセールランキング!みんなの投票で決定!

イル・フロッタントババオラムスフレミルフィーユガトーショコラ

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数10
投票参加者数2
投票数12

最終更新日: 2020/09/15

このお題はSakurakoさんが作成

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1スフレ

スフレ

スフレ (仏: soufflé) は、メレンゲに様々な材料を混ぜオーブンで焼いて作る、軽くふわふわとした料理。 主菜またはデザートとされる。Soufflé はフランス語で「吹く」を意味する動詞 souffler の過去分詞形。 17世紀のフランスで菓子職人が卵白と砂糖を混ぜて焼き、パンのように膨らませる技法を発見した。やがてそれが卵黄と泡立てた卵白を混ぜて焼くオムレット・スフレに発展していった。今日のスフレの最も古い記録は、18世紀半ばにヴァンサン・ラ・シャペルが残したレシピである。

もっと見る

熱々で食べるのがたまりません

スフレ・ショ(熱いスフレ)といって、オーブンから出てきたての、熱いスフレは、熱いから美味しいのか、スフレが人気なのは、スプーンを入れて少しずつ食べるところでしょうか。
熱いスフレに、上からアイスクリームや、キャラメルソースをかけたりと、演出によっては、グランマル二エのリキュール酒をかけて火をつけたりも。
目でみる楽しみもありますね~。

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

1位に評価

スポンジケーキのラム酒づけのババオラムで気分がハイ

長い間、このババオラムは、どこが美味しいのかわかりませんでしたが、最近、大人になったのか、好きになりました。
スポンジケーキにたっぷりのラム酒シロップ漬けにして、そこに質のいい生クリームのシャンティイクリームを載せて食べると、凄く上品な味になるのですね。
発見でした!
そこにさらに、グラン・マル二エのリキュール酒をかけては、酔ってしまいますが、サーブされると、「まあいいかな」と思って食べてしまいます。

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

2位に評価

3ミルフィーユ

ミルフィーユ

ミルフィーユ(仏: mille-feuille)は、フランス発祥の菓子の一種。 歴史のある菓子であり、形状や製法も様々なものがあるが、現代では3枚のフィユタージュ(仏: feuilletage)またはパート・フィユテ(仏: pâte feuilletée)と呼ばれるパイ生地にクリームをはさみ、表面に粉砂糖がまぶされたもの、あるいは糖衣がけされているものが基本とされている。

もっと見る

職人芸のミルフィーユ(ミル・ファイユ)はサクサクしっとり

考えてみれば、ミルフィーユって、凄くわざだなと思います。
出来上がってからも、パイ生地がずっと、サクサクしているから不思議ですね。中にはカスタ―ドクリームが挟まれているので、ミルフィーユが湿ってもよさそうなのに、パイ生地って不思議ですね。
ミルフィーユは、1000枚の葉の意味で、数えてはいませんが、カットしているうちに、ポロポロとパイ生地がお皿の外にこぼれ落ちそうですね。
格好をつけて食べるなら選ばないほうが良いデセールですが、やっぱ、美味しいです。

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

3位に評価

メレンゲとクレーム・アングレーズの奏であい

メレンゲのデセールですが、大きなふわふわのメレンゲが、クレーム・アングレーズ(カスタードクリームの緩い液体ばん)の上に乗っかっている状態を言います。
イルが島の意味ですので、メレンゲの「浮島」を、大きなスプーンで、クレームアングレーズと一緒に食べるって、夢がありますよね~。
私は、メレンゲの上にキャラメルソースがかっているのが好きです😊

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

4位に評価

とろ~りのこってりのガトー・ショコラはこってりが良い

ガトー・ショコラには種類も多く、あっさり系からこってり系まで。
ガトー・ショコラでは、フォンダン・ショコラとか、モエルー・ショコラがありますが、正確には、フォンダン・オ・ショコラ、モエル―・オ・ショコラと言い、中に「オ」がはいります。
スプーンを入れた時に、中からチョコレートが流れ出てくるくらいの、とろ~り状態はたまらなく魅力です。
とはいえ、ガトー・オ・ショコラの味は、カカオの質次第なのですね。
これにさらに、バターキャラメルソースを添えると、黄金の抗ダイエットになりますが、これがまた美味しいのです!
ちなみに、オペラもガトー・オ・ショコラに入ります。

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

5位に評価

6オペラ

オペラ

オペラ(フランス語: Opéra)は、フランス発祥のケーキである。 グラン・マルニエまたはコアントローのシロップをしみ込ませたビスキュイ・ジョコンド(fr:biscuit Joconde)という生地に、ガナッシュ、コーヒーのバタークリーム( fr:crème au beurre)、もしくはモカシロップで層を作り、チョコレートで覆った物を言う。生地とクリーム、ガナッシュが成す層は7層であることが多い。

もっと見る

伝統のチョコレートケーキのフレンチデセール

「オペラ」の魅力は何?ときかれると、迷わず、ビスキュイ・ジョコンド(アーモンドプードルと卵、小麦粉)とスポンジとチョコレートの織りなす食感と。
ビスキュイ・ジョコンドがチョコレートと浸透しあって、その歯ごたえは、なにものも代えがたいたとも感じるでしょう。
何層にもなったコーヒーと、バタークリームとのハーモニーは、スポンジメインのガトー・オ・ショコラでは演出できないですよね。
チョコレートの質がよければ、さらに美味しいです😊

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

6位に評価

パヴロヴァのバレエの様子をイメージするデセール

ロシアのバレエダンサー、アンナ・パヴロワの名前からきているとされている、優雅なデセールです。
飾り方は、シェフにより違いますが、クラシック版だと、バレリーナのチュチュの形にしていたりです。そうでないと、メレンゲとシャンティイクリームとの芸術性が競われます。
要は、果物の色と白のメレンゲと、白のシャンティイクリームで、「綺麗」とか、「すごい」と思わせられるところでしょうか。シャンティイクリームは、軽く甘すぎずフワフワ~です。

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

7位に評価

フランスで一番人気のレモンタルト

信じられないかもしれませんが、レモンタルトはフランスで一番人気のデセールです。
サブレ台の上に載せる、レモンのクレーム(レモン汁と卵とバターのクリーム)との織りなす、職人芸です。
気取っていない簡単なデセールですが、サブレのバターの味も決め手とも思います。

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

8位に評価

シュー皮とチョコレートの相性が熱い

シューといえば、シュークリームとなりそうですが、プロフィトロールは、シューの中は生クリームか、アイスクリームが入っています。
お皿に、アイスか生クリームが入ったシューをのせ、そこに熱いチョコレートをかけていきます。
熱~いチョコレートが、アイスクリームとシュー皮の上にのり、シュー皮に浸透していく、抜群の組み合わせです。
思わず、「美味しい😊」と思うのですね~。

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

9位に評価

10クレーム・ブリュレ

クレーム・ブリュレ

クレームブリュレ(仏: crème brûlée [ˈkʁɛm bʁyˌle])は、カスタードプディングと似たデザート。クリームブリュレと呼ばれることがあるが、クレムブリュレの方がよりフランス語本来の発音に近い。

もっと見る

キャラメルの焼き味がすごい

フレンチのデセールの中でも、家庭のデセールのイメージが先行して、高級なレストランではでてきません。
レストランではもっと、華やかな見た目がいいのを期待するのでしょう。
クレーム・ブリュレの美味しさは、キャラメルの焼き加減で薄っすらと固いキャラメルが上層を覆っているところで、この固いキャラメルとクリームの組合わせがどうにも魅力ですね。

Sakurako

フランス料理マイスター

Sakurakoさん

10位に評価

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ