みんなのランキング

大脱走に関するランキングと感想・評価

大脱走

引用元: Amazon

最高評価

91.1

(28人の評価)

脱獄映画ランキング」で最も高い評価を得ています。

大脱走の詳細情報

制作年1963年
上映時間172分
原作ポール・ブリックヒル『The Great Escape』
監督ジョン・スタージェス
脚本ジェームズ・クラヴェル、W・R・バーネット
メインキャストスティーブ・マックイーン(ヒルツ)、ジェームズ・ガーナー(ヘンドリー)、ジェームズ・ドナルド(ラムゼイ)、リチャード・アッテンボロー(バートレット)、ゴードン・ジャクソン(マクドナルド)ほか
制作ジョン・スタージェス
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:なし
参考価格1,800円(税込)

『大脱走』(だいだっそう、原題: The Great Escape)は、1963年公開のアメリカ映画。戦闘シーンのない集団脱走を描いた異色の戦争映画。監督はジョン・スタージェス。出演はスティーブ・マックイーン 、ジェームズ・ガーナー、チャールズ・ブロンソン 、ジェームズ・コバーン 、リチャード・アッテンボロー 、デヴィッド・マッカラム など。 (引用元: Wikipedia)

感想・評価

全 16 件を表示

戦争映画ランキングでの感想・評価

第一級の戦争映画にして娯楽大作

厳重に警備された捕虜収容所からの集団脱走を計画する連合軍将兵と、それを阻止しようとするドイツ軍との駆け引きは、これってホントにあった話なの?と疑ってしまうほど波瀾万丈。脱走後どんな手を使って敵国を通過し、味方陣営にたどり着くかという方法も機知とバラエティーに富んでハラハラの連続です。

米軍捕虜・ヒルツ(スティーブ・マックウィーン)がスイス国境の柵をオートバイで飛び越えるシーンに感化され、自転車で起伏のある場所を走る時は前輪を持ち上げて進もうとする癖が未だに抜けません。いやそれなら、車を運転するよりも、普段から自転車に乗るのが好きで愛用してるのは、英軍捕虜・セジウィック(ジェームズ・コバーン)が盗んだ自転車で敵の目をかいくぐり悠々と進む姿に、何とも言えない格好良さを感じたのが原体験になってるのかも。

ドイツ軍=悪い敵、というステレオタイプな描かれ方ではなく、ヒトラーやナチス党に忠誠を誓う親衛隊とは一線を画して収容所警備にあたるドイツ空軍将兵の微妙な立場までうまく表現されています。エンディングでヒルツが独房に入れられるシーンで、敵である彼に対して好意とも同情ともつかない不思議な感情を抱くドイツ軍兵士の無言の演出が大好き!

瀧津 孝

作家・日本史激動期研究家

瀧津 孝さん (男性・60代以上)

1位(100点)の評価

脱獄映画ランキングでの感想・評価

大迫力!!

何といっても1位は、この「大脱走」で決まりでしょう!!
第二次大戦下のドイツ・捕虜収容所で実際にあった250名を超える”大脱走”。
”脱走用に堀ったトンネルが、実際には数メートル短かった”、ハラハラドキドキしたものです。
スティーブ・マックイーンのバイクで草原を疾走するシーン、またテーマ曲もいまだに目、耳にこびりついています。

hyro

hyroさん

1位(100点)の評価

脱獄映画ランキングでの感想・評価

精緻を極めた作戦

脱走=大脱走は余りに安易かとは思いますが、スティーブマックイーンを筆頭に当時の銀幕スター総動員のこの作品は二度とこの世に生まれないでしょう。反ナチスのプロパガンダ映画だとしても、その映像は素晴らしい物でした。脱出のトンネル堀りがななりのウエートを占める展開で、脱出後のマックイーンのバイクでの爆発は痺れます。

禿オヤジ

禿オヤジさん

1位(100点)の評価

バイク映画ランキングでの感想・評価

脱走者の中で最も輝いていた、バイクで逃げたマックイーン

実際レーサーでもあるスティーブ・マックイーンが、収容所を脱出後に調達したバイクで逃走する姿が最高!鉄条網を渡した柵で何重にも守られた国境線に追い詰められ、ジャンプ一発で柵を飛び越えるマックイーンがカッコ良過ぎて痺れます。あのスポーツ仕様でない軍用トライアンフに跨る姿は忘れられません。

るーくん

るーくんさん(男性)

3位(90点)の評価

脱獄映画ランキングでの感想・評価

緊張感ある脱走

第二次大戦下での刑務所の脱走を描いた映画。後から知ったのですが、史実を元にしていることに衝撃を受けた。当時のナチスドイツの刑務所は残酷で有名だったので、よく脱走が成功したと思う。トンネルを掘るシーンは、とくに時代を感じる。脱獄映画を語る上で欠かせない作品。

スヌーピー

スヌーピーさん

3位(70点)の評価

バイク映画ランキングでの感想・評価

私はブロンソン派

大脱走もマックイーンのバイクシーンがとても有名ですが、私はこの映画のチャールズ・ブロンソンがかっこよくて好きです。
どちらにせよ名作であることは間違いないです。大名作ですが、私にはあまりバイク映画という印象ではないので5位です。

バイク王

バイク王さん(女性・30代)

5位(75点)の評価

バイク映画ランキングでの感想・評価

誰もがバイクに乗りたくなる

集団脱走。そしてその逃走のツールとしてバイクが描かれていますが、スティーヴ・マックイーンを始めとしたスターがバイクに乗る姿が本当にかっこいいと思いました。誰もが1度はバイクの免許を取ろうと思う作品になっていると思います。

たつき

たつきさん(男性)

3位(70点)の評価

バイク映画ランキングでの感想・評価

エキサイティングなシーンが印象的

スティーブ・マックイーンの走り方やカリスマ性などが素晴らしく、アメリカならではのエキサイティングなシーンが印象的。キャラクターや周辺の風景なども雰囲気があり、バイクを使って金網を超えるシーンなど迫力があります。

かふぇいん

かふぇいんさん(男性・40代)

1位(100点)の評価

脱獄映画ランキングでの感想・評価

オールスターキャストで贈る脱獄映画の決定版!

古き良き時代のハリウッド映画。捕虜収容所からの脱獄にあたり、それぞれのエキスパートが知恵を出し合いミッションを実行。うまく脱獄に成功しても、追手から逃げ切れるか手に汗握る。ベタではあるがストーリーの面白さについ最後まで見てしまう。

ぴらふ

ぴらふさん(男性・50代)

1位(100点)の評価

脱獄映画ランキングでの感想・評価

迫力満点

集団脱走というストーリーを描いた異色の作品で設定が面白い。主人公のマックイーンがかっこいい。
戦時中の人間模様が垣間見られて、心理描写が面白い。もう一度、見てみたい作品でもある。名作中の名作ともいえ、有名な脱獄映画だと思う。

GOHOJO2020

GOHOJO2020さん

2位(95点)の評価

脱獄映画ランキングでの感想・評価

不可能を可能に

印象的なメロディと、スティーブ・マックイーンのバイクに乗る姿に心を沸き上がらせたのを覚えています。
諦めない気持ちが、不可能を可能にしたのだと思いました。

美穂

美穂さん(女性・40代)

1位(100点)の評価

面白い映画ランキングでの感想・評価

はたして脱獄できるのか

この映画でマックイーンが大好きになりました。昔のかっこいいちょい悪おやじ。

ウッシー

ウッシーさん(男性・60代以上)

3位(75点)の評価

脱獄映画ランキングでの感想・評価

名作

不朽の名作。何度見ても面白い。
子供の頃と大人になってからと、まったく見た感想が変わるのがさらに面白い。

minato

minatoさん

1位(100点)の評価

脱獄映画ランキングでの感想・評価

史実を基に

ナチス捕虜収容所からの見事な集団脱走シーンが印象に残っている。

seitaro

seitaroさん(男性・60代以上)

3位(90点)の評価

脱獄映画ランキングでの感想・評価

不朽の名作

戦争映画であると同時に不朽の脱獄映画。

DJANGO

DJANGOさん

1位(100点)の評価

戦争映画ランキングでの感想・評価

戦争シ―ンはありませんが

戦争シ―ンはありませんが、紛れもなく戦争映画史上に残る名作だと考えています。

たーさん

たーさんさん(男性・30代)

3位(90点)の評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

みんランで人気のランキング

「映画」タグで人気のランキング