みんなのランキング

歴代ガンダム映画名作ランキング!ガンダムシリーズ劇場版で人気No.1の作品は?

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア劇場版 機動戦士ガンダムF91劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数18
投票参加者数89
投票数308

みんなの投票で「歴代ガンダム映画人気ランキング」を決定!迫力の戦闘シーンや濃厚な人間ドラマなどで多くの視聴者を魅了してきたガンダムの劇場版作品。毎回、主題歌も話題に。シリーズ第1作『機動戦士ガンダム』のクライマックスを描いた『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙(そら)編』(1982年)、19年ぶりのオリジナル作品として話題になった『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』(2010年)など、数多くの作品が誕生しました。名作に加え最新作もランクイン?あなたが好きなガンダムの映画作品に投票してください。

最終更新日: 2021/11/30

ランキングの前に

1分でわかる「ガンダム映画」

テレビアニメ本編の再編集から始まったガンダム映画

モビルスーツの激しい戦いはもちろん、細やかな人間ドラマも描いてきたガンダムシリーズ。劇場版も制作されており、初のガンダム映画は、テレビシリーズの初代『機動戦士ガンダム』の内容を再編集した『劇場版 機動戦士ガンダム』(1981年)でした。その後はアニメ本編とは別のオリジナル作品や、本編のリメイク作品などが公開に。2020年には、小説を原作とした新作『閃光のハサウェイ』の劇場版が公開される予定です。

ガンダム映画の人気作

機動戦士ガンダム』のアニメ本編を再編集しつつ、アニメにはない新カットも入れ込んだ『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙(そら)編』(1982年)は、根強い人気を誇るガンダム映画です。ほかにも、シャアとアムロのモビルスーツ戦と舌戦が熱い『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)や、女性人気も高かった『新機動戦記ガンダムW』の続編を描いた『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別篇』(1998年)などの作品も人気。

ガンダム映画を彩った有名歌手が歌う主題歌たち

ガンダム映画の歴代主題歌には有名歌手の曲が用いられてきました。例えば、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)の主題歌には「TM NETWORK」が歌う『BEYOND THE TIME-メビウスの宇宙を越えて-』を起用。作品の世界感をとらえた、ファン人気の高い楽曲です。

関連するおすすめのランキング

ガンダムアニメシリーズ人気No.1が決定!

歴代ガンダムアニメランキング

ガンダム漫画もチェック!

ガンダム漫画ランキング

ガンダム主題歌ランキングはこちら!

ガンダム主題歌ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、「歴代のガンダム映画」に投票できます。OVAやテレビアニメ作品は対象外です。

アニメ・OVAシリーズへの投票はこちらから!

歴代ガンダムアニメランキング

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

引用元: Amazon

制作年1988年
上映時間120分
監督富野由悠季
メインキャスト古谷徹アムロ・レイ)、池田秀一シャア・アズナブル)、鈴置洋孝(ブライト・ノア)、榊原良子ナナイ・ミゲル)、白石冬美(ミライ・ヤシマ)、川村万梨阿(クェス・パラヤ)、弥生みつき(チェーン・アギ)、佐々木望(ハサウェイ・ノア)ほか
主題歌・挿入歌BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて) / TM NETWORK
制作会社サンライズ
公式サイトhttp://www.gundam-cca.net/

もっと見る

最高傑作!

アムロ・レイとシャア・アズナブルの因縁の対決がこの作品で終幕を迎える......ガンダム映画最高傑作といえばやはりこの作品だろう。主役のアムロ&シャアのほかにも、「ギュネイ・ガス」「レズン・シュナイダー」「チェーン・アギ」など魅力的なキャラクター多数。ハサウェイと、クェスのことがめちゃくちゃ嫌いになってしまうのは仕方がない。

そして何と言っても、νガンダムを駆るアムロの戦闘シーン。シャア以外の相手はまるで歯が立たないあの感じ。初代ガンダム以来の無双感を味わうことができる。

アクシズが地球に落ちていくラストシーンは感動。「ふざけるな[続きを読む]

報告

シャアが主人公の映画だとおもいきややっぱり破れるシャア

初代ガンダムではアムロと敵対しながら、次作のZガンダムではエウーゴでアムロとともに戦ったシャア。その後また敵対関係となったのがこの逆襲のシャアです。タイトルにシャアとついているだけに赤い彗星ファンには待望の作品となりましたが、実は本作品でもシャアは結局アムロに負けてしまいます。でもやっぱりシャアはカッコいいのです。カッコ悪いことになってもカッコいいシャアの魅力が堪能できます。

報告

宿命

アムロ・レイとシャア・アズナブルの因縁の対決がこの作品で終幕を迎える。
ガンダム映画最高傑作といえばやはりこの作品です。
魅力的なキャラクターが多数います。
地球に落ちていくアクシズを押し返すラストシーンは感動しました。

あや

あやさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

2劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編

劇場版 機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編

引用元: Amazon

制作年1982年
上映時間141分
監督富野喜幸
メインキャスト古谷徹アムロ・レイ)、池田秀一シャア・アズナブル)、鈴置洋孝(ブライト・ノア)、鵜飼るみ子フラウ・ボゥ)、白石冬美(ミライ・ヤシマ)、井上遥(セイラ・マス)、古川登志夫(カイ・シデン)、鈴木清信(ハヤト・コバヤシ)、戸田恵子マチルダ・アジャン)、潘恵子(ララァ・スン)、永井一郎(ナレーター)ほか
主題歌・挿入歌めぐりあい/ビギニング / 井上大輔
制作会社日本サンライズ
公式サイトhttp://www.gundam.jp/movie/

もっと見る

熱くなる

機動戦士ガンダムの三部作のラストを占める作品です。
シャアがどんどんアムロに負けて、機体を乗り越えて戦況が変わっていくところでもあります。
アムロはニュータイプとしての覚醒が凄まじい。
CGを使っていないのにも時代なのに迫力満点の戦闘シーンは特に注目です。

あや

あやさん

3位に評価

報告

アムロ、シャア、ララァはガンダムシリーズの原点です

ガンダムといえばやはりその根底は初代ガンダムにおけるアムロとシャアの関係性に尽きると思います。さらに二人の間にいるララァの存在。この3人が登場してきたからこそ今につながるガンダム人気を決定づけたのではないかと思います。もう40年近く前の作品ですが、今見ても面白い作品です。

報告

アムロの父親との久しぶりの再会やララァとの戦場で再会のストーリーが興味深くてラストはとても感動

この作品はTVアニメ「機動戦士ガンダム」を再編集して劇場版として作成されたものですから、幼い頃に兄弟と夢中になってテレビで見ていたガンダムの思い出深いシーンが盛りだくさんで凄く良かったです。そしてアムロの父親との久しぶりの再会やララァとの戦場で再会のストーリーが興味深かったですし、ラストはとても感動しました。ガンダムシリーズの最高傑作だと思います。

kyawa

kyawaさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

3劇場版 機動戦士ガンダムF91

劇場版 機動戦士ガンダムF91

引用元: Amazon

制作年1991年
上映時間115分
監督富野由悠季
メインキャスト辻谷耕史(シーブック・アノー)、冬馬由美(セシリー・フェアチャイルド/ベラ・ロナ)、池元小百合(リィズ・アノー)、寺島幹夫(レズリー・アノー)、荘司美代子(モニカ・アノー)、高杉哲平(マイッツアー・ロナ)、前田昌明(カロッゾ・ロナ/鉄仮面)、坪井章子(ナディア・ロナ)、草尾毅(ドレル・ロナ)、梁田清之(ザビーネ・シャル)ほか
主題歌・挿入歌ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜 / 森口博子
制作会社サンライズ
公式サイトhttp://www.gundam-f91.net/

もっと見る

心に伝わる

総集編ではなく、今までの舞台やキャラクターを一新させたストーリーになっているのが特徴です。
ガンダムシリーズ未経験でも入りやすいオススメの作品です。
人間描写は足りないキャラクターもいますが、しっかり一人一人見せるとこはみせます。

あや

あやさん

2位に評価

報告

だってよ…アーサーなんだぜ?

ガンダム主人公にしては珍しくいい子の「シーブック・アノー」がガンダムに搭乗し、初出動からいきなり3機を撃破するわけだが、そこに至るまでに彼は大切な友達アーサーを失くしている。

みんなのムードメーカー的存在のアーサーが死んだという現実を受け止められなかったシーブックの発言こそ「だってよ…アーサーなんだぜ?」だ。

ビルギットさんの活躍も見逃せない。「人間だけを殺す機械かよ!」は、民間人を殺す無人機械・バグの殺戮に憤ったビルギットさん有数の名言だ。

報告

質量を持った残像がかっこいい

ゴツゴツしていないフォルムも好きだが、カロッゾが言っていた「質量を持った残像だというのか?」の所の残像が、初めて見た時にめちゃくちゃかっこよかった。
ヴェスバー装備もなかなかかっこいい。
シーブックの「だってよ…。アーサーなんだぜ。」もぐっとくる。

報告
コメントをもっと読む

4劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

引用元: Amazon

制作年2010年
上映時間120分
監督水島精二
メインキャスト宮野真守刹那・F・セイエイ)、三木眞一郎ロックオン・ストラトス)、吉野裕行アレルヤ・ハプティズム)、神谷浩史ティエリア・アーデ)、勝地涼(デカルト・シャーマン)ほか
主題歌・挿入歌閉ざされた世界 / THE BACK HORN
クオリア / UVERworld
制作会社サンライズ、毎日放送、バンダイビジュアル
公式サイトhttp://www.gundam00.net/movie/

もっと見る

関連するランキング

クアンタ

テレビアニメには登場しなかった、ダブルオークアンタの勇姿が見られる作品だ。敵はELSと呼ばれる地球外生命体。まるでウルトラマンに出てくるような敵を相手に、刹那をはじめとするガンダムマイスターたちが活躍する。

キーワードは対話。戦闘ではなく、対話を求め続けた刹那の選んだ結末は必見。

報告

すべてのシメ

本編時点からのファンで、完結編として観ました。
本編時点からの問題がいくらか解決している風なところや、本編時に先行きが気になっていた二人のまさかの形での再会など、衝撃的な部分も多く、そこに胸を掴まれている状態です。

報告

ついに完結

OOセカンドシーズンの続編。ELSと呼ばれる金属で構成された謎の地球外生命体と、人類の存亡をかけて戦う。刹那の進化をはじめ、OO好きなら見るべきポイントが目白押し!

報告
コメントをもっと読む

5劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編

劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編

引用元: Amazon

制作年1981年
上映時間134分
監督富野喜幸
メインキャスト古谷徹アムロ・レイ)、池田秀一シャア・アズナブル)、鈴置洋孝(ブライト・ノア)、鵜飼るみ子フラウ・ボゥ)、白石冬美(ミライ・ヤシマ)、井上遥(セイラ・マス)、古川登志夫(カイ・シデン)、鈴木清信(ハヤト・コバヤシ)、戸田恵子マチルダ・アジャン)、潘恵子(ララァ・スン)、永井一郎(ナレーター)ほか
主題歌・挿入歌哀 戦士 / 井上大輔
制作会社日本サンライズ
公式サイトhttp://www.gundam.jp/movie/

もっと見る

アムロが戦士になっていく過程を見ることができます

偶然ガンダムを操縦したことからガンダムのパイロットとなり、ホワイトベースに乗ることになったアムロ。彼がオヤジにもぶたれたことがいないのに、ブライトさんに2度もぶたれ、リュウさんや仲間たちが戦死していく中で、少年が戦士として成長していく姿を見ることができます。特に初代ガンダムの前半の山場でもあるランバラルやハモンさんとのからみは秀逸です。主題歌の哀・戦士も名曲です。

報告

内容、音楽が最高

音楽が最高過ぎます。ジャブローでジオン軍モビルスーツが大量に投下され、それを地球連邦軍が迎え撃つ。そのシーンで流れる哀戦士という曲のカッコ良さ!ここだけは今みてもシビレます。また内容もいいですね。アムロが戦い慣れをし、ニュータイプとしても覚醒しつつあったからでしょう。強敵であったシャアにダメージを与えて撃退しましたし、最高のガンダム映画です。

報告

戦争の悲しさを感じて色々と考えさせられる作品

この作品にはアムロを救うために命を落とした人たちの姿などが描かれていて、戦争の悲しさを感じて色々と考えさせられる作品でした。

kyawa

kyawaさん

3位に評価

報告

ニュータイプの原点

ユニコーンガンダムの続編として非常に期待していた作品。モビルスーツのデザインも素晴らしかったし、何よりも宇宙世紀を引き継ぐ作品として最も魅力的であったのはニュータイプの謎を解き明かすシナリオがあったこと。

大男

大男さん

1位に評価

報告

90年代アニメの最高峰の一角。

この作品を見た当時はまだ子供でしたが、90年代の映像技術の粋を集めた美麗な作画は今でも鮮明に記憶に残っています。GPシリーズを始めとする独特のメカニックデザインや、敵役のガトーを始めとする個性豊かな登場人物など、一度見たら忘れることができないほどのインパクトを持った傑作です。

Paul

Paulさん

1位に評価

報告

富野由悠季監督の最新作の幕開けなので

TV版Gのレコンギスタよりもわかりやすく、より面白くなった映画版という印象で、生き生きとしたキャラクターや斬新なデザインのメカ、新たな世界観だけでなく、主人公機Gセルフの目力の強さだけでも十分に価値のある映画です。

AMAM

AMAMさん

1位に評価

報告

9機動戦士Zガンダム A New Translation -星を継ぐ者-

機動戦士Zガンダム A New Translation -星を継ぐ者-

引用元: Amazon

制作年2005年
上映時間95分
監督富野由悠季
メインキャスト池田秀一シャア・アズナブル)、飛田展男(カミーユ・ビダン)、鈴置洋孝(ブライト・ノア)、岡本麻弥(エマ・シーン)、勝生真沙子レコア・ロンド)、新井里美(ファ・ユイリィ)、井上和彦ジェリド・メサ)、郷里大輔(バスク・オム)、島田敏(パプテマス・シロッコ)、古谷徹アムロ・レイ)ほか
主題歌・挿入歌Metamorphoze 〜メタモルフォーゼ〜 / Gackt
制作会社サンライズ
公式サイトhttp://www.z-gundam.net/z1/index.html

もっと見る

かっこいい

20年経って新解釈のzガンダムを見れるだけでオススメです。
難解なストーリーをもう一回再編集して結末を変えることを目標に作られていて、新規のシーンが盛沢山なのが見どころの一つです。
アッシマーやギャプランとの戦闘シーンはとくにかっこいいです。

あや

あやさん

4位に評価

報告

感動の名作

モビルスーツとしては最も大好きであったゼータガンダムの映画版の三部作最終回。
なんといっても主役であるカミーユビダンの最後の戦いの後の姿がテレビとは違ったシナリオになっているところが話題を呼びました。個人的には映画版のラストの方が好きです。

大男

大男さん

3位に評価

報告

14劇場版 機動戦士ガンダム

劇場版 機動戦士ガンダム

引用元: Amazon

制作年1981年
上映時間137分
監督富野喜幸
メインキャスト古谷徹アムロ・レイ)、池田秀一シャア・アズナブル)、鈴置洋孝(ブライト・ノア)、鵜飼るみ子フラウ・ボゥ)、白石冬美(ミライ・ヤシマ)、井上遥(セイラ・マス)、古川登志夫(カイ・シデン)、鈴木清信(ハヤト・コバヤシ)、戸田恵子マチルダ・アジャン)、潘恵子(ララァ・スン)、永井一郎(ナレーター)ほか
主題歌・挿入歌砂の十字架 / やしきたかじん
制作会社日本サンライズ
公式サイトhttp://www.gundam.jp/movie/

もっと見る

15∀ガンダムⅡ 月光蝶

∀ガンダムⅡ 月光蝶

引用元: Amazon

制作年2002年
上映時間128分
監督富野由悠季
メインキャスト朴璐美ロラン・セアック)、高橋理恵子(キエル・ハイム/ディアナ・ソレル)、村田秋乃ソシエ・ハイム)、青羽剛(グエン・サード・ラインフォード)、稲田徹(ハリー・オード)、福山潤(キース・レジェ)ほか
主題歌・挿入歌AFTER ALL / Donna Burke
制作会社サンライズ
公式サイト-

もっと見る

16新機動戦記ガンダムW Endless Waltz

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz

引用元: Amazon

発売日1997年1月25日
話数全3話
制作会社サンライズ
監督青木康直
メインキャスト緑川光ヒイロ・ユイ)、矢島晶子(リリーナ・ドーリアン)、関俊彦デュオ・マックスウェル)、中原茂(トロワ・バートン)、折笠愛カトル・ラバーバ・ウィナー)ほか
公式サイト-

もっと見る

関連するランキング

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

一番人気のアニメ映画は?

アニメ映画ランキング

ガンダムファンはこちらもチェック!

ガンダム主人公ランキング

歴代ガンダムヒロインランキング

ガンダム最強パイロットランキング

モビルスーツランキング

ガンダム最強モビルスーツランキング

かっこいいモビルスーツランキング

歴代ガンダムゲームランキング

ガンダムアプリランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ