みんなのランキング

歴代昼ドラ人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

大好き!五つ子キッズ・ウォー 〜ざけんなよ〜牡丹と薔薇明日の光をつかめ

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数28
投票参加者数146
投票数331

みんなの投票で「歴代昼ドラ人気ランキング」を決定。ドロドロとした愛憎劇から、微笑ましいラブコメディまで、さまざまな人間関係を描いた昼ドラ。全3シリーズからなるホームコメディ『ぽっかぽか』(1994年)、女優・井上真央の名を広めるきっかけになった『キッズ・ウォー』(1999年)、五つ子の成長と家族の絆を描いた『大好き!五つ子』(1999年)など、人気作品は何位にランクイン? あなたがおすすめする昼ドラを教えてください!

最終更新日: 2021/12/08

ランキングの前に

1分でわかる「昼ドラ」

主婦層を中心に支持を得る昼ドラ

昼ドラとは、平日の12時から13時台に放送されるテレビドラマの総称。昼帯ドラマや、昼帯、昼の連続ドラマとも呼びます。主婦層をターゲットにしていることから女性目線で描かれた作品が多く、愛憎劇や心温まるヒューマンドラマまで、さまざまな人間関係を描いたストーリーが楽しめます。

これまでに放送された代表的な昼ドラ

昼ドラの代表作といえば、血のつがらない家族をテーマにした『キッズ・ウォー』シリーズ(1999年)や、10年にわたって放送された『大好き!五つ子』(1999年)シリーズ、複雑な人間関係を描いたドロドロの愛憎劇『牡丹と薔薇』(2004年)などが挙げられます。2019年4月からは、2017年に放送された倉本聰脚本作品『やすらぎの郷』の第2シリーズとなる『やすらぎの刻~道』がテレビ朝日系で放送が開始され注目を集めました。また、前述の『キッズ・ウォー』では井上真央が、『牡丹と薔薇』では小沢真珠が脚光を浴びるなど、昼ドラ出演をきっかけに有名になる女優も少なくありません。

関連するおすすめのランキング

歴代人気No.1の名作&面白いドラマは?

面白いドラマランキング

名作ドラマランキング

ジャンル別ドラマランキングはこちら!

ドラマおすすめ人気ランキング!全26ジャンル別・2021年版

人気の昼ドラ女優はこちら!

昼ドラ女優ランキング

今期新作アニメはこちら!

2021秋アニメ評価ランキング

来期注目アニメはこちら!

2022冬アニメ期待度ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、平日の昼帯に放送されたテレビドラマが投票対象です。あなたの好きな昼ドラに投票してください。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1天までとどけ

『天までとどけ』は、TBS系「愛の劇場」枠で1991年から2004年にわたり放送されていた、大家族をテーマとしたホームドラマシリーズ。総合企画アンテンヌ製作。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

子供達の成長物語

シリーズ化され、かなり長く放映されていたのでよく見てました。色々な困難に立ち向かう子供達の成長物語。成長していく姿に自分の年齢を重ねて楽しんでました。
いくら高級取りの新聞記者とはいえ、これだけの子供養えるのか、という疑問はありますが、とりあえずみてしまう昼ドラでした。テーマソング「涙くんさようなら」も大好きでした。

週末

週末さん

2位に評価

報告

岡江久美子さんのようなお母さんに憧れました!

私は小さいながら子供の頃に良く観ていた昼ドラでした。もちろん、私の母親も立派な人でしたが、この天までとどけに登場してくるお母さん役の岡江久美子さんがまた物凄く理想的なお母さんだったのです。岡江久美子さんだけに可愛くて色気もあり非常に憧れました。

報告

こんな家族最高!

大家族をテーマにしたドラマ。大家族らしい賑やかで明るい場面が多くて、純粋におもしろいドラマでした。母親役の岡江久美子さんがすごくはまり役でよかったです。父親役の綿引さんもいい味だしてたなぁと思います。

報告
コメントをもっと読む

2キッズ・ウォー 〜ざけんなよ〜

キッズ・ウォー 〜ざけんなよ〜

引用元: Amazon

放送年1999年
放送局CBC
脚本畑嶺明
メインキャスト生稲晃子(今井春子)、川野太郎(今井大介)、島かおり(今井友恵)、井上真央(中西茜)、小谷幸弘(今井健一)、宮崎真汐(今井里香)、金澤匠(今井浩)、宇崎慧(中西伸二)、真夏竜(津村信彦)ほか
主題歌・挿入歌魔法のメロディー / MELODY
公式サイトhttp://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d0344/

もっと見る

井上真央の子役時代

昼ドラと言えばこれ。
後に人気女優となる井上真央がメインの子役として登場し人気を博しましたよね。
井上真央さんはどの年代でも代表作と言える作品を残しているのがすごいです。

ZONEによる主題歌「secret base 〜君がくれたもの〜」も今も歌い継がれる名曲。

報告

ざけんなよ

1998年から2003年にかけて、5シーズン+スペシャル+ファイナルの全8シリーズが放送された『キッズ・ウォー』。
昼ドラで有名作は数多くありますが、当時10歳の井上真央が演じる主人公・茜が出演していたこともあり、知らない人はいないのではないかと思います。

ストーリーに欠かせないのがなんといっても、個性豊かな面々が揃う今井家。生稲晃子が演じる、かつてレディースで名を馳せた元ヤンキーである茜の母・春子はもちろん、元エリートで温厚な父や、いつも「勉強しなさい」が口癖のおばあちゃん、ヴィラン的な裏ポジションの姉妹、弱弱しいが茜の影響をモロ[続きを読む]

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

1位に評価

報告

不思議な展開

元ヤンの妻と優しい旦那が中心のファミリー向けドラマかと思いきや、シリーズにもよるが井上真央を中心とした子供の恋愛物語に引き込まれました。
物語の中心であった夫婦が死ぬというなかなかの展開ですが、井上真央の存在感がかなりのため、段々内容が演者にシフトして行ったのではないかとさえ思いました。

週末

週末さん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

3牡丹と薔薇

牡丹と薔薇

引用元: Amazon

『牡丹と薔薇』は、東海テレビの制作により、フジテレビ系列で、2004年1月5日から3月26日まで放送された昼のテレビドラマである。全60回。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

とにかく小沢真珠さんが怖かったです!

この2位に選んだ牡丹と薔薇に関しては、とにかく小沢真珠さんが非常に印象に残っています。見た目とは裏腹に物凄く過激な発言や行動をするので、正直反って興味をそそりよく観ていました。また、一番の印象に残っているのは小沢真珠さんがバットを振り回すシーンはかなりインパクトがありました。

報告

ドラマなのに波乱万丈。こんなドラマ、今後も出会えないと思う

設定が古い感じ......。これがまたみる人を引き付けているような気がします。
現実ではありえない空気感がありながらも、みる人をドキドキと不安にさせる要素がたくさんで、まるで漫画のような作品でした。
もう一度、見たいと思える中毒性のあるドラマでした。

報告

どろどろぐちゃぐちゃが魅力

2004年に放送されていた昼ドラで、小沢真珠さんのめちゃくちゃな悪女っぷりが話題になりました。
昼ドラと聞いて「ドロドロドラマ」と思い浮かべる方は、このドラマが頭によぎるのではないでしょうか。
ラストは意外とすっきりした終わり方なのも魅力です。

NOMURA

NOMURAさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

夏の風物詩

『大好き!五つ子』は、1999年から2009年まで、およそ10年もの間、放送されたロングラン作品。五つ子と両親からなる桜井家と、周りの人物たちが織り成す日常を描いた物語です。毎年夏休みに放送されていたことから、小学生の夏の風物詩となっていて、お昼ご飯の友としていつも楽しんでいました。

報告

アットホームなドラマの代表

昼ドラと聞いて、アットホームなドラマと思い浮かべる方は、この作品か「キッズウォー」を思い浮かべる方が多いはず。
全6シリーズ放送されており、桜井家の子供が大人になるまでの成長過程が描かれています。
5つ子が起こすトラブルを桜井家がいかに乗り越えるかがポイントのドラマです。

NOMURA

NOMURAさん

2位に評価

報告

にぎやかな大家族に憧れた

個性溢れる男3人女2人の五つ子兄妹のドラマ。5人とも年相応の揉め事、喧嘩、反抗期があって、本当の家族の一夏の物語を見ているような感覚でした。あの頃は子ども目線だったけど、いま見たらきっと母親目線で見てしまうのだろうなあと思ってしまいます。

報告
コメントをもっと読む

5明日の光をつかめ

明日の光をつかめ

引用元: Amazon

『明日の光をつかめ』は、東海テレビで2010年・2011年・2013年の夏休み期間に放送された昼ドラのシリーズ作品である。放送時間は、月曜 - 金曜の13:30 - 13:58。シリーズ共通の特徴として、いじめ・児童虐待・犯罪をテーマとして扱っている。通称『明日ピカ』『明日光シリーズ』。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

おっちゃんの優しさ

このドラマを見て犯罪を犯してしまった子供達にも色々な事情があり闇雲に突っぱねてはいけないことを学びました。
おっちゃん自身も子供を少年に殺された過去があるので、その事を頭の片隅に置きながら見ると泣けてきます。

報告

おっちゃんの言葉

おっちゃんの言葉一つ一つが胸に突き刺さります
とてもいいドラマでした

な や

な やさん

1位に評価

報告

子役がかわいすぎる!

ぽっかぽかは絶対に外せません。子役たちがとにかくかわいかったです。あの子役は今どうなっているんでしょうか、そして今何歳でどんな大人に成長しているんでしょうか、そんなことが気になります。「はは」「ちち」と呼ぶ姿に胸がきゅんとしました。

報告

7赤い糸の女

赤い糸の女

引用元: Amazon

『赤い糸の女』は、2012年9月3日から11月2日まで東海テレビ制作によるフジテレビ系列の昼の帯ドラマ枠にて放送されていたテレビドラマである。全44回。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

三倉マナさんの演技に釘付け

マナカナの三倉マナさんが主演ということで、当時マナカナファンだった私にとっては、衝撃的なドラマでした。こんなに深い演技ができるんだなぁ、すごいなぁと芝居に関してはもちろん素人の私ですが、それでも圧倒される妖艶な演技にくぎ付けでした。

報告

王道のドロドロ愛憎劇

これぞ昼ドラのドロドロ愛憎劇作品です。女性が好きそうな王道の昼ドラだと思います。また、小沢真珠さん・石田純一さんが出演しているだけで、より昼ドラらしくなりますね。ありえない設定に文句を言いながら楽しめるそんな作品です。

報告

8ラブレター(ドラマ)

ラブレター(ドラマ)

引用元: Amazon

放送年2008年~2009年
放送局TBS
脚本藤井清美、渡辺啓、松田裕子
メインキャスト鈴木亜美(田所美波)、田中幸太朗(塚越海司)、坂本爽(小金井陸/湊陸)、粟田麗(兼松久美子)、木内晶子(岩村真由美)、澁谷武尊(岩村健太)、井上晴美(田所遥)、布川敏和(兼松裕一)ほか
主題歌・挿入歌音のない世界 / MY LITTLE LOVER
公式サイト-

もっと見る

知る人ぞ知る名作恋愛ドラマ

2008年に放送されていたドラマで、主演は鈴木亜美さん。
1年間ほどのドラマでしたが、友情や恋愛、家族との絆をうまく描いている素晴らしいドラマだと思います。
聴覚障害という一つのテーマにもしっかりと向き合いドラマとして描かれていました。

NOMURA

NOMURAさん

3位に評価

報告

主題歌も良かった

山下リオが良すぎて鈴木亜美版はいまいちだった。

ゲストさん

1位に評価

報告

昼ドラといえば

昼ドラと言えばドロドロ。
個人的にはあまり得意ではないですが、それでもこの作品は挙げざるを得ない。
原作はなんと明治生まれの作家「菊池寛」による大正時代の作品です。
ドラマではさすがにかなりアレンジされていていたそうですが、たわしコロッケは菊池寛の小説には出ていたのでしょうか。

報告

つい見てしまう。。

『ボタンと薔薇』に負けじとハマる作品でした。独特の世界観がまたなんとも言えないです。

ダイジェストでもいいので、思い出しながらもう一度見てみたいなと思います。

報告

10Xmasの奇蹟

Xmasの奇蹟

引用元: Amazon

『Xmasの奇蹟』は、東海テレビの制作によりフジテレビ系列で2009年11月2日から同年12月29日まで平日13:30〜14:00に放送されたテレビドラマ。制作プロダクションはビデオフォーカス。平均視聴率は4.8%。 キャッチコピーは「彼の魂は、姿を変え、私に逢いにきた。」。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

初々しい窪田正孝が見所

半主演の立ち位置に現在、大人気の窪田正孝さんが出ています。役どころは主人公の夫の魂が入り込んでしまった男子高校生といったもの。とにかくイケメン。可愛い。演技は初々しいけれど、堂々としていてついつい見入ってしまいます。

報告

11華の嵐

華の嵐

引用元: Amazon

『華の嵐』は、1988年に放送開始された、東海テレビ・泉放送制作が制作した昼ドラである。放映回数は全70話。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

怖い

昭和初期を舞台にしたドラマでしたが、見ていて常にドキドキしていました。次々と展開していく波乱な場面に、子供ながらに、正直言って怖いと思えるほどでした。

報告

スカーレット・オハラ

再放送で見てはまりました。高木美保の美貌と演技力が凄い

ゲストさん

1位に評価

報告

12キッズ・ウォー3〜ざけんなよ〜

キッズ・ウォー3〜ざけんなよ〜

引用元: Amazon

放送年2001年
放送局CBC
脚本畑嶺明
メインキャスト生稲晃子(今井春子)、川野太郎(今井大介)、島かおり(今井友恵)、井上真央(今井茜)、小谷幸弘(今井健一)、宮崎真汐(今井里香)、金澤匠(今井浩)、斉藤祥太(紺野翼)、真夏竜(津村信彦)ほか
主題歌・挿入歌secret base ~君がくれたもの~ / ZONE
公式サイトhttp://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d0549/

もっと見る

昼ドラの名作

昼ドラといえばこれです。井上真央さんが演じる茜は乱暴ではありますが、毎度毎度、スカッとしていました。このシリーズは恋愛も多く描かれていて、キュンとしたりはらはらしたり……そんな青春なドラマでした。

報告

14吾輩は主婦である

吾輩は主婦である

引用元: Amazon

『吾輩は主婦である』は、2006年5月22日から7月14日までTBS系列「愛の劇場」で放送されていた日本のテレビドラマ。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

斉藤由貴の火つけ作品

宮藤官九郎と言えば、それまでそれほど目立っていなかった俳優に個性的な役をつけ再ブレイクさせることを得意とする再生工場みたいなところがありますが、斉藤由貴もアイドル時代からスムーズに女優業へ移行はしていたものの、しばらく一休みみたいな期間がこの作品の前に数年ありました。
そしてこの作品からベテラン女優としての階段を駆け上がったような気がします。

報告

15温泉へ行こう

温泉へ行こう

引用元: Amazon

『温泉へ行こう』は、TBS系列のテレビドラマシリーズ枠「愛の劇場」で放送された昼ドラである。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

単純だけどスカッとするドラマ

見ていて爽快な気分になる、純粋に楽しいドラマでした。何か問題がおこれば、加藤貴子さんが解決する、そんな単純なパターンでしたが、それはそれでわかりやすくておもしろかったです。加藤貴子さんと言えば、温泉の女将、そんなイメージが完全に定着したドラマでした。

報告

加藤貴子に惹かれて

加藤貴子の声が特徴的で何故かよく見ていました。内容はそれほどというか、温泉宿をメインにドタバタ劇が繰り広げられるのですが、珍しい客やそれなりのトラブルが起きるだけ。最終シリーズに連れて多少シリアスになっていくもの展開が読めてしまうのが少し残念でした。

週末

週末さん

3位に評価

報告

16ピュア・ラブ

ピュア・ラブ

引用元: Amazon

『ピュア・ラブ』は、宮内婦貴子脚本でMBS毎日放送製作、TBS系列「ドラマ30」枠で放送されていた日本の昼ドラマ。放送終了後の2004年に小説化された。宮内の遺作となっている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

プラトニックな愛に胸キュン

小田茜さんが可愛くて健気なヒロインで毎回欠かさずに見ていました。
何と言っても相手のお坊さん役の狩野学さんがとっても格好いいんです!所作も素敵。
お互い好きなのに、修行中の為にむやみには近づけない二人の切なさに胸キュンでした。
パート3で結婚した時にはほんとに嬉しかったです!

YOOU

YOOUさん

2位に評価

報告

羽田美智子さんの着物姿がとても綺麗でした!

この花嫁のれんでは、主演である羽田美智子さんが着物姿が登場しているのですが、その姿がまた非常に綺麗で美しかった印象があります。また、共演している野際陽子さんもベテランらしいお芝居により魅了された印象がありました。また、お2人の息の合った演技にもとにかく引き込まれていった思い出があります。

報告

19幸せの時間(ドラマ)

2012年11月5日から12月28日まで東海テレビ制作によるフジテレビ系列の昼の帯ドラマで放送された。キャッチコピーは、「女は愛を奪い合う。」。平均視聴率4.7%[1]。 本枠での漫画作品のドラマ化は『花衣夢衣』(2008年)以来、約4年ぶりとなる。日本テレビグループの日テレアックスオンが本枠で初めて制作に関わった。同局の昼ドラでは珍しい自社制作。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

リアル感がある昼ドラ

『幸せの時間』は、家族が崩壊していくドラマです。浮気・横領・売春など何でもありの作品です。はじめのうちは、妻と笑っていましたが、リアル近所で同じことがあってからは、笑えなくなったのを覚えています。ドキッとする人も多いのでは?と思います。

報告

20新キッズ・ウォー

新キッズ・ウォー

引用元: Amazon

『新キッズ・ウォー』は、2005年と2006年に放送された昼ドラのシリーズである。CBC製作、TBS系列「ドラマ30」枠で13:30 - 14:00に放送された。脚本は共に畑嶺明が担当。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

親子で楽しいドラマ

大好きなキッズ・ウォーシリーズ。
本作は親の気持ちなど、よく考えさせられるドラマになっていました。親子で見てお互いの気持ちを考えながら話ができたのがとても良かったところです。

子供の気持ち、親の気持ちそれぞれの気持ちの対話ができるドラマが最近は少ないのでこういうドラマをまた放映してほしいなと改めて思いました。

報告

21

21位~28位を見る

運営からひとこと

主婦を中心に多くの人を夢中にさせたドラマが集まる「歴代昼ドラ人気ランキング」。ほかにも、名作ドラマや昼ドラ女優ランキングなど、おすすめのランキングを公開中。ぜひCHECKしてください!

関連するおすすめのランキング

年代別にも名作ドラマをチェック!

平成の名作テレビドラマランキング

90年代ドラマランキング

2000年代ドラマランキング

2010年代ドラマランキング

各テレビ局のドラマはこちら!

歴代日テレドラマランキング

歴代フジテレビドラマランキング

歴代TBSドラマランキング

歴代テレビ朝日ドラマランキング

歴代テレビ東京ドラマランキング

放送時間(枠)ごとのドラマもチェック!

月9ドラマランキング

NHK朝ドラランキング

歴代大河ドラマランキング

動画配信サービス(VOD)徹底調査!コスパ比較や満足度&ジャンル別おすすめランキング

ドラマを観るのにおすすめのVODが決定!

ドラマ見放題サービスランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜

エンタメ>テレビ

韓国ドラマランキング

おすすめの韓国ドラマは?

アンナチュラル

エンタメ>テレビ

面白いドラマランキング

おすすめの面白いドラマは?

No Image

エンタメ>テレビ

台湾・中国ドラマランキング

おすすめの台湾・中国ドラマは?

トンイ

エンタメ>テレビ

韓国ドラマ時代劇ランキング

韓国ドラマの時代劇であなたがおすすめしたい作品は?

ページ内ジャンプ