みんなのランキング

【人気投票 1~47位】歴代NHK大河ドラマランキング!みんながおすすめする作品は?

真田丸鎌倉殿の13人風林火山(ドラマ)龍馬伝独眼竜政宗(ドラマ)篤姫麒麟がくる新選組!平清盛(NHK)軍師官兵衛

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数47
投票参加者数1,154
投票数3,338

みんなの投票で「歴代NHK大河ドラマ人気ランキング」を決定!大河ドラマは、歴史上の人物を主軸とした重厚なストーリーで高視聴率を記録することも多い、NHKのドラマシリーズ。渡辺謙の出世作ともいえる『独眼竜政宗』(1987年)をはじめ、作中で発する「心配ご無用」が流行語となった『秀吉』(1996年)、女の園・大奥の世界を濃密に描き出した『篤姫』(2008年)など、数多くの作品が放送されてきました。あなたがおすすめする大河ドラマに投票してください!

最終更新日: 2023/02/09

注目のユーザー

瀧津 孝

専門家作家・日本史激動期研究家

瀧津 孝

投票した内容とコメントを見る

ランキングの前に

1分でわかる「大河ドラマ」

豪華キャスティングでおよそ1年間に渡って放送!

NHKで約1年に渡って放送される、長編時代劇テレビドラマシリーズが「大河ドラマ」。実在した戦国時代の武将や、日本の偉人などにスポットを当てた、見応えある骨太ストーリーが特徴となっています。大作映画に匹敵する豪華なキャスティングも注目を集めます。2020年には、明智光秀の活躍を描く『麒麟がくる』が放送に。主演の長谷川博己をはじめ、本木雅弘川口春奈岡村隆史染谷将太らが出演します。

歴代大河ドラマの名作たち

大河ドラマは、1963年に放送された第1作目『花の生涯』から50作以上が制作されてきました。代表的なのは、渡辺謙が主演の伊達政宗に抜擢され歴代最高クラスの視聴率を叩き出した『独眼竜政宗』(1987年)、竹中直人が主演の豊臣秀吉を演じた『秀吉』(1996年)、武田信玄を題材にした『風林火山』(2007年)、女同士のドロドロとした戦いがみどころの『篤姫』(2008年)など。多くの名作が誕生しました!

関連するおすすめのランキング

NHKドラマで人気No.1を誇る名作は?

NHKドラマランキング

ジャンル別ドラマランキングはこちら!

ドラマおすすめ人気ランキング!全26ジャンル別・2023年版

時代劇に関するランキングはこちら!

時代劇映画ランキング

時代劇俳優ランキング

今期新作ドラマはこちら!

2023年冬ドラマランキング

このランキングの投票ルール

このランキングは、これまでにNHKで放送されたすべての大河ドラマに投票できます。あなたがおすすめするNHKの時代劇ドラマに投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1真田丸

85.5(425人が評価)
真田丸

引用元: Amazon

放送年2016年
放送局NHK
脚本三谷幸喜
メインキャスト堺雅人(真田信繁)、大泉洋(真田信之)、長澤まさみ(きり)、木村佳乃(松)、黒木華(梅)、遠藤憲一(上杉景勝)、内野聖陽(徳川家康)、草刈正雄(真田昌幸)
主題歌・挿入歌服部隆之
公式サイトhttps://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009050427_00000

もっと見る

意外な真田昌幸を観れた

真田丸というと真田信繁(後の幸村)が主人公っぽいんですけど、その父である真田昌幸もキッチリ演じられているのが良かったですね。配役は草刈正雄。そう、真田太平記というドラマで真田信繁を演じて経験があるので、これで真田親子の両方を演じた事になります。それだけに草刈正雄も真田昌幸には思い入れがあったんでしょう。独特な演じ方で草刈正雄の真田昌幸を演じてくれました。ずる賢いというよりも、結構普通の人なんだなと。もちろん真田信繁もカッコ良かったですし、良いドラマでした。

こーじー

こーじーさん

3位(75点)の評価

報告

久しぶりに面白かった大河ドラマ

この頃は大河ドラマに殆ど期待していなかった頃なのですが、久々に楽しめました。多分骨太な大河が好きな人からの評判はイマイチだと思うのですが、個人的にはエンタメと骨太、バランスの取れた良い大河だと思います。ベストキャラは「きり」ですね。私も最初はうざいと思ってましたが、まさか回を重ねるごとにどんどんと成長してくとは予想もしませんでした。

小村

小村さん

4位(85点)の評価

報告

真田幸村が武将の中で一番すき

真田三代が戦国武将の中で一番優れていると思っています。真田丸ではあまり描かれていなかったですが、真田幸隆という優れた武将やその子供の昌幸。上田城での徳川家康との攻防は、戦国での戦の中で非常に見ごたえがあり、その戦いは大坂の陣にも引き継がれています。

ころすけ

ころすけさん

1位(100点)の評価

報告
コメントをもっと読む

2鎌倉殿の13人

81.4(140人が評価)

史上最高のドラマ

・よくある戦国幕末物ではないがそれでいて源平合戦での皆が知る英雄たちも描く
・史実をベースとしつつ創作で味を加える
・三谷脚本の中でのシリアスと笑いの融合
・俳優たちの怪演
・物語の一貫性

全てが兼ね備わった史上最高のドラマでした

ksakaさん

1位(100点)の評価

報告

脚本、制作、演技すべてが最高

時代考証や最新の研究をしっかり踏まえたうえで、よりリアリティーある人物像と権力闘争の背景がスムーズに納得いく展開で描かれていた。
美術陣と音楽もテーマ通りに重厚で秀逸。
重厚感ある作りの中に、三谷流や清水流の喜劇、お笑いスパイスがあちこちで利かされていて、緩急がしっかりした絶妙な作品。

なおさん

1位(100点)の評価

報告

死ぬどんどん しかし名作

鎌倉時代初期の血生臭い粛清劇とパワーゲームを描いた本作は、同時期に放送された朝ドラの「ちむどんどん」をもじって「死ぬどんどん」と称されたほどですが、個性豊かなキャラクターや細部に張り巡らされた伏線、どうしてこうなったと頭を抱えたくなるほど衝撃な展開が視聴者の情緒をおかしくさせました。
軽い気持ちで見るには向かない大河ではありますが、過去の三谷大河「新選組!」や「真田丸」に劣らない名作であることは確かです。

かにさん

1位(90点)の評価

報告
コメントをもっと読む

3風林火山(ドラマ)

77.3(135人が評価)
風林火山(ドラマ)

引用元: Amazon

放送年2007年
放送局NHK
脚本大森寿美男
メインキャスト内野聖陽(山本勘助)、前田亜季(リツ)、光石研(山本貞久)、貫地谷しほり(ミツ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://www2.nhk.or.jp/archives/search/special/detail/?d=taiga020

もっと見る

ガクトがとにかく印象的

ガクトが上杉謙信というのは相当に変化球だと思うのですが、本当に格好良かった。上杉謙信の浮世離れした、神がかったような一面を見事に演じていたと思います。上越市春日山出身の人間として、不満は全くありません。ガクトはドラマが終わった後も地元のお祭に来てくれたので、ガクトに対する地元の評判はかなりいいです。

小村

小村さん

3位(90点)の評価

報告

役者の面々が重厚で見応えがあった。

井上靖の原作が面白かったので、大河を見始めました。軍師・山本勘助が格好良すぎてイメージは違ったのですが、信玄役の殿らしい殿様、市川亀治郎さんとのコンビがコミカルさも有ってハマっていました。オープニングで、ドン!と出る風林火山のタイトルも格好よかったですね。

ASHI経

ASHI経さん

2位(95点)の評価

報告

謎に満ちた山本勘助が主人公というのが良かった

武田信玄といえば有名ですけど、その軍師・山本勘助って知名度が低いんですよね。実在の人物かどうか危ぶまれていたという時期もあったそうですし、私もゲームで山本勘助の事を知りました。風林火山では名軍師・山本勘助が主人公なので、こういう人物なのか!と知ることが出来た名作です。

こーじー

こーじーさん

2位(90点)の評価

報告
コメントをもっと読む

4龍馬伝

75.9(209人が評価)
龍馬伝

引用元: Amazon

放送年2010年
放送局NHK
脚本福田靖
メインキャスト福山雅治(坂本龍馬)、香川照之(岩崎弥太郎)、大森南朋(武市半平太)、広末涼子(平井加尾)、寺島しのぶ(坂本乙女)、真木よう子(楢崎龍)、貫地谷しほり(千葉佐那)、武田鉄矢(勝麟太郎)ほか
主題歌・挿入歌リサ・ジェラルド
公式サイトhttps://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010582_00000

もっと見る

幕末の風雲児

福山雅治さん主演、坂本龍馬を描いた大河ドラマ。
31年というその短い生涯の中で、激動の幕末に青春をささげた志士・坂本龍馬が、
様々な人たちと出会い、日本を変えてゆくという壮大なスケールで動いていく物語が見ていてすごく興奮します。
また、共演には、香川照之さん、大森南朋さんなど、豪華な顔触れがそろっているのも魅力の一つです。

バーニング

バーニングさん

1位(100点)の評価

報告

福山雅治の演技がすばらしかった

配役がまず良かったと思う。龍馬だけでなく、岩崎弥太郎、後藤象二郎、山内容堂など、すごく濃いキャラクターに演じていた俳優陣がすばらしかった。また、武市半平太の土佐勤皇党の活動がしっかり描かれており、歴史好きには大変満足でした。

ころすけ

ころすけさん

2位(95点)の評価

報告

新たな龍馬像の誕生

坂本龍馬が、将来への夢を抱いたり、自分が何をするべきなのか悩んだりする姿が、とてもリアルに描かれていて、豪快なだけではない、坂本龍馬の姿が印象的でした。繊細で、優しい、人間味溢れる龍馬像が出来上がったところが、とても興味深かったです。

久美子

久美子さん

4位(85点)の評価

報告
コメントをもっと読む

5独眼竜政宗(ドラマ)

75.4(106人が評価)
独眼竜政宗(ドラマ)

引用元: Amazon

放送年1987年
放送局NHK
脚本ジェームス三木
メインキャスト渡辺謙(伊達政宗)、北大路欣也(伊達輝宗)、岩下志麻(義姫)、岡本健一(伊達小次郎政道)、桜田淳子(愛姫)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

この作品のシナリオ全集は、私の〝バイブル〟

当時の記録的ヒットだけに留まらず、今も多くのファンから支持され続けている最大の要因は、脚本家・ジェームス三木氏が渾身の力を込めて書き上げたシナリオにあると思っています。

かつて〝日本映画の父〟と呼ばれた映画監督・牧野省三は、優れた作品に求められる条件として「1・スジ(脚本)、2・ヌケ(映像)、3・ドウサ(演出)」と、脚本の面白さを一番に挙げました。そんな意味で、三木氏の脚本は長期間の連続ドラマが陥りがちな〝中だるみ〟や〝物語の起伏欠如〟など一切見られず、各話がドラマティック、そしてスリリングに展開し、まだ無名だった渡辺謙氏の主役抜擢[続きを読む]

瀧津 孝

作家・日本史激動期研究家

瀧津 孝さん

1位(100点)の評価

報告

完成度が非常に高い大河

これは2010年頃に見た作品で、その頃の大河はいわゆる「スイーツ大河」と批判されていました。私もそんな人間の一人だったので、「政宗」は本当に楽しめましたね。登場人物が現代的な価値観に染まっておらず、戦国時代の合戦と政治的駆け引きに魅了されました。さすがジェームス三木だなと思います。

小村

小村さん

2位(95点)の評価

報告

伊達政宗について詳しく知れた

伊達政宗は、名前などは知っていたが、詳しい人生については、独眼竜政宗で初めて詳しく知ることができました。父親輝宗を失ったあと、奥州王に駆け上がるまで、破竹の勢いで勝ち進むところは楽しく見ることができました。また、文化人であることも知れた。

ころすけ

ころすけさん

5位(70点)の評価

報告
コメントをもっと読む

6篤姫

75.3(196人が評価)
篤姫

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー今和泉家に生まれた篤姫は、男子の塾に男装して潜入したり、下級の藩士と身分違いの交流をしたりとアブノーマルな女の子だった。その後篤姫は、島津宗家の養女として迎えられ、江戸幕府の13代目将軍・徳川家定の正室になるが……激動の幕末において波乱の人生を送る篤姫に待ち受ける運命は?
放送年2008年
放送局NHK
脚本田渕久美子
メインキャスト宮﨑あおい(天璋院/於一・篤姫)、余貴美子(英姫)、高橋英樹(島津斉彬)、山口祐一郎(島津久光)、松坂慶子(幾島)、玉木 宏(坂本龍馬)、堺 雅人(徳川家定)、北大路欣也(勝海舟)ほか
主題歌・挿入歌吉俣良
公式サイトhttps://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=taiga47

もっと見る

篤姫の波乱万丈な人生に涙しました

篤姫のことはほとんどしりませんでしたが、こんなに力強く生きた女性がいたのかと、とても魅せられました。登場人物もよく描かれていたのと、俳優さんたちもみなさん素晴らしくて、何度も見たくなる大河です。篤姫と家定様の夫婦の時間がとても大好きで、家定様が亡くなられたときには、篤姫と共に涙しました。この大河を見て、宮崎あおいさんや、堺雅人さんの大ファンになりました。

popochan

popochanさん

1位(100点)の評価

報告

女性の一代記として最高の出来

宮崎さんの演技力も素晴らしいのですが、於一の時代から彼女を支えた女性たちのおかげで篤姫があそこまでの人物になれたことがよくわかりました。
佐々木すみ江さんが演じた菊本の於一を送り出す時の言葉で物語の軸が決まり、覚悟を決めた女性の強さを実感した作品です。
そして、篤姫の維新後の生活についても描かれていていました。あくまで徳川の人間として最後まで生きぬいたことを、知ることができてよかったです。

yokutoku

yokutokuさん

3位(70点)の評価

報告

女の力強さに感動した

幕末という時代であれば、以前であれば女は守られるもの、という暗黙のルールみたいなものがありました。でもこの作品は違いました。篤姫、という女性の生き方は守られるものではありません。責任を自覚し行動する力強い生き方にはとても惹かれるものを感じました。

ポンデリング

ポンデリングさん

1位(100点)の評価

報告
コメントをもっと読む

明智光秀の生涯が気になる

裏切り者として世間から嫌われてしまっている明智光秀がどのような生涯を過ごしたのかとても気になります。長谷川博己さんの刀のシーンは迫力がありすごくかっこいいです。英雄を題材にしたドラマではないところが、魅力だとおもいます。

こてつ

こてつさん

2位(90点)の評価

報告

大好きな主人公

もともと明智光秀にマイナスイメージは持っておらず、どんな感じになるのか?と軽い気持ちで見始めました。光秀を始め、信長、秀吉、家康も斬新な解釈で、役者さんの個性もマッチし、英雄ではなく人間として描かれる彼らに惹きつけられました。特に、長谷川さんの光秀は、真っ直ぐな愛すべきキャラクターで、かつてないほど大好きになりました。こんなに、主人公に死んで欲しくないと思った大河も初めてでした。最終回はその辺りぼかしていたので、本当に救われました!全話Blu-rayを購入して、未だに繰り返し見ています。続編かスピンオフがあったら嬉しい!

haruさん

1位(100点)の評価

報告

明智光秀のイメージが逆転!

以前までは、明智光秀といえば、織田信長の天下を妨げた「悪者」または「裏切り者」というイメージを持っていました。でも、このドラマを通して、明智光秀が時には悩みながらも、まっすぐ進んでいるのを見て、明智光秀にはいろいろな事情があって、明智光秀は何かのためを思ってなんだなと感じました。明智光秀の印象をーから+に変えてくれた最高のドラマです!

ピーナッツ140号さん

2位(99点)の評価

報告
コメントをもっと読む

8新選組!

72.2(175人が評価)
新選組!

引用元: Amazon

放送年2004年
放送局NHK
脚本三谷幸喜
メインキャスト香取慎吾(近藤勇)、山本耕史(土方歳三)、藤原竜也(沖田総司)、オダギリジョー(斎藤一)、堺雅人(山南敬助)、佐藤浩市(芹沢鴨)、江口洋介(坂本龍馬)、石坂浩二(佐久間象山)ほか
主題歌・挿入歌服部隆之
公式サイトhttps://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010512_00000

もっと見る

テンポのよさ

大河ドラマというのは歴史モノということもありなかなか見ていて疲れてしまうところがあります。ところがこの作品は三谷幸喜らしさが強烈に表れており、一時間があっというまの作品でした。香取慎吾 藤原竜也というキャストも役に合った演技が非常にうまく見やすかったです。

報告

新撰組への印象が変わった作品です。

幕末は司馬遼太郎さんの作品から入り込んだので新撰組に良い印象は無く、田舎者に権力を与えてはいかんのう。と上から目線だったのですが、配役が良すぎました。すっかり感情移入も肩入れも出来てしまい、最終回は滂沱の涙。新撰組も好きになっていましたね。

ASHI経

ASHI経さん

1位(100点)の評価

報告

私が始めて見た大河ドラマで思い出深い作品です。

このドラマも真田丸と同じで脚本が三谷幸喜さんなので自分の趣向にピッタリでこのドラマのおかげで大河ドラマを見始めたので好きな作品です。近藤勇役の香取慎吾さんの演技がとても良くコミカルなシーンとシリアスなシーンのギャップが思い出深かったです。

サイトー

サイトーさん

3位(75点)の評価

報告
コメントをもっと読む

9平清盛(NHK)

72.2(109人が評価)
平清盛(NHK)

引用元: Amazon

放送年2012年
放送局NHK
脚本藤本有紀
メインキャスト松山ケンイチ(平清盛)、松田翔太(後白河法皇)、岡田将生(源頼朝)、上川隆也(平盛国)、深田恭子(時子)、(政子)、玉木宏(源義朝)、中井貴一(平忠盛)ほか
主題歌・挿入歌吉松隆
公式サイトhttps://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010597_00000

もっと見る

目の付け所がよかった

平清盛というと時代の敗北者なわけです。だって平家は負け、源氏が勝ったわけですから。それに織田信長や秀吉のようにものすごい功績があったわけでもありません。・・・と思っていました。このドラマを見るまでは。平清盛はすごかったんです。このドラマを見る前と後で平家に対する印象が全く変わってしまいました。

報告

すごく面白くはまる

正直この時代苦手です。平清盛についても平家物語の悪いイメージしかありませんでしたが、実は武勇にすぐれ政治力もあり先見の明もあった。清盛の失敗があってこその武士の世になったのかなと思います。そしてその生涯が劇的でダイナミックでありながら繊細に描かれ、豪華キャストの熱演で、一話たりとも見逃せない濃密さです。オープニングも毎回飛ばさずにじっくり見聞きしてしまう程の素晴らしい出来。清盛の人気の低さのせいか低視聴率だったのがもったいない!

ゲストさん

1位(100点)の評価

報告

見応えあり

貧困、流人、飢餓、盗賊が跋扈する埃まみれのダークな平安京。
ほとんどドラマ化されないこの時代の宮中のどろどろを映像化しているのがよかった。
鳥羽帝と待賢門院の話や怨霊となる崇徳院の話など。
鳥羽帝役の三上博史さんの演技を見るだけでも価値がある。

甲子太郎さん

1位(100点)の評価

報告
コメントをもっと読む

10軍師官兵衛

71.6(136人が評価)
軍師官兵衛

引用元: Amazon

放送年2014年
放送局NHK
脚本前川洋一
メインキャスト岡田准一(黒田官兵衛)、中谷美紀(光)、竹中直人(豊臣秀吉)、松坂桃李(黒田長政)、二階堂ふみ(淀)、田中圭(石田三成)、寺尾聰(徳川家康)、柴田恭兵(黒田職隆)ほか
主題歌・挿入歌菅野祐悟
公式サイトhttps://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2530/173356.html

もっと見る

才能豊かな兵法者

黒田官兵衛と豊臣秀吉の人間関係がうまく描かれている作品です。軍師官兵衛に対する初期の頃の感情と後期の脅威に感じる感情差が面白かったです。また、竹中半兵衛との友情シーンは、武士の絆を感じます。軍師の凄さを実感したのを覚えています。

はじめ

はじめさん

1位(100点)の評価

報告

時代背景がよかった

秀吉が黒田官兵衛と竹中半兵衛の二兵衛を獲得し、一番輝いていた時代をしっかり見ることができるないようで、わくわくしてみることができる、戦国時代でももっとも好きな時代背景であったこと。晩年の黒田は初めてみました。

ころすけ

ころすけさん

4位(85点)の評価

報告

丁寧な人間描写

黒田官兵衛が、主君と決めた羽柴秀吉にどのように仕え、どのように波瀾万丈の生涯を過ごしたのかが、とても丁寧に描かれていました。官兵衛に対して、好意を持つもの、敵意を持つものはもちろんですが、秀吉との複雑な関係性が、とても興味深かったです。歴史の波に流されまいと必死になる官兵衛の姿は、とても心に響きました。

久美子

久美子さん

2位(95点)の評価

報告

11秀吉

70.9(86人が評価)
秀吉

引用元: Amazon

放送年1996年
放送局NHK
脚本竹山洋
メインキャスト竹中直人(日吉→秀吉)、沢口靖子(おね)、高嶋政伸(小竹→小一郎→秀長)、小井紗陽→松たか子(茶々→淀)、川上麻衣子(おかつ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010434_00000

もっと見る

初めて見た大河ドラマ

小学生の時に見たのですが、ただただ単純に面白かった。竹中直人演じる秀吉がどんどんと出世していく様子は爽快でした。この大河に欠かせないのが、何と言っても弟の小一郎。サポート役を高嶋政伸が見事に演じています。豊臣秀長が私のお気に入り武将なのは、このドラマがきっかけです。

小村

小村さん

1位(100点)の評価

報告

俳優陣の演技が魅力的

竹中直人演じる豊臣秀吉で有名な作品です。オーバー過ぎる演技にハマったのを覚えています。また、渡哲也演じる織田信長が怖くて迫力がありました。秀吉の初期の頃が多く描かれていて、新たな発見も多くありました。秀吉の人間味が良く出ていて、ファンにはたまらないと思います。

はじめ

はじめさん

2位(85点)の評価

報告

王道成り上がりストーリー

とにかく、秀吉役の竹中直人さんの熱演ですね。貧乏暮らしは本当に貧乏で垢だらけだし、成り上がっては金銀錦と、分かりやすい成り上がり物語です。周囲を固める人物も丁寧に描かれており、若くして亡くなった弟・秀長との兄弟関係には、日頃注目されないので、歴史好きには嬉しかったです。

mio

mioさん

4位(85点)の評価

報告
コメントをもっと読む

12太平記

70.6(70人が評価)
太平記

引用元: Amazon

放送年1991年
放送局NHK
脚本池端俊策、仲倉重郎
メインキャスト真田広之(足利尊氏)、沢口靖子(赤橋登子)、緒形拳(足利貞氏)、藤村志保(上杉清子)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010380_00000

もっと見る

キャスト、ストーリー展開、音楽のすべてが良いです

吉川英治さんという大小説家の原作を元になっているドラマなだけあって、ストーリー展開が重厚で面白いです。そして主役を演じているのが真田広之さん、そして脇を固めているのが陣内孝則さんや柳葉敏郎さんで、それぞれが良い味を出していてとても良いドラマに仕上がっています。またオープニング曲もとても良いです。

にここ

にここさん

2位(95点)の評価

報告

我が故郷も舞台の軍記物

大河ドラマでは珍しい軍記物、太平記、足利尊氏と後醍醐天皇との物語、前半に執権北条方に反旗を翻し戦う楠木正成公、そして我が故郷の名和長年との戦い戦に勝ち後醍醐天皇が世に今度は戦いを挑む足利尊氏そして後醍醐天皇に忠義をつくし討死にする楠木正成とても熱き歴史ドラマです。

けいたろう

けいたろうさん

3位(90点)の評価

報告

新鮮

それまでそれほど脚光を浴びていなかった足利尊氏を主役とした新鮮さが印象的。佐々木道誉を演じた陣内孝則さんの名演に共感する。

terichan

terichanさん

3位(90点)の評価

報告
コメントをもっと読む

13葵 徳川三代

70.6(70人が評価)
葵 徳川三代

引用元: Amazon

『葵 徳川三代』(あおい とくがわさんだい)は、NHKが2000年1月9日から12月17日に放送された39作目の大河ドラマ。2019年4月から大河ドラマアンコールでも放送が行われている。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

時代の移り変わり

キャスト皆さんの演技がとても良かった。ポップな感じで描かれていて、とても見やすかった。全体の雰囲気が良かった。

通りすがりの歴史人さん

2位(95点)の評価

報告

14武田信玄(1988年)

69.8(54人が評価)
武田信玄(1988年)

引用元: Amazon

『武田信玄』(たけだしんげん)は、NHKが1988年1月10日から12月18日に放送した第26作目の大河ドラマ。全50回。NHK大河ドラマとしては昭和のうちに最終回を迎えた最後の作品。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

武田の騎馬隊が良く描かれていた

武田信玄と武田の武将がかっこよかった。また、柴田恭平の上杉謙信がなかなかさまになっていた。信玄の騎馬軍団が常勝軍団になっていく過程が村上義清の破れ、板垣・甘利を失うところから、細かく描かれ、三方ヶ原の時は、手が付けられない強さに成長していた。

ころすけ

ころすけさん

3位(90点)の評価

報告

地元の英雄!

初めて一生懸命見た大河ドラマ。なんと言っても地元英雄武田信玄公が主役なので。当時中学生で歴史の勉強にもなり思い出深いです。主演の中井貴一がカッコよく、正室三条夫人役の紺野美沙子がすっごくキレイでした。

ゴン太

ゴン太さん

5位(70点)の評価

報告

新しい信玄

若き日の中井貴一の姿が新しい武田信玄のイメージを作ってくれた作品。

報告
コメントをもっと読む

15利家とまつ 〜加賀百万石物語〜

67.2(93人が評価)
利家とまつ 〜加賀百万石物語〜

引用元: Amazon

放送年2002年
放送局NHK
脚本竹山洋
メインキャスト唐沢寿明(前田利家)、松嶋菜々子(まつ)、反町隆史(織田信長)、香川照之(豊臣秀吉)、酒井法子(ねね)、天海祐希(はる)、三浦友和(前田利久)、竹野内豊(佐脇良之)ほか
主題歌・挿入歌颯流 / メインテーマ
公式サイトhttps://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=taiga41

もっと見る

激動の時代を生きる夫婦の波瀾万丈の生き様に感動しました

前田利家を演じた唐沢寿明さんと、まつを演じた松嶋奈々子さんの二人で支えあって波乱万丈の人生を生きる姿には何度も感動させられました。特にまつを演じた松嶋菜々子さんの演技が素晴らしかったです。そして信長に反町隆史さん、家康に高嶋政宏さん、秀吉に香川照之さんなどの豪華俳優の演技も良くて、素敵なドラマに仕上がっています。

にここ

にここさん

3位(90点)の評価

報告

とにかく元気な似たもの夫婦

加賀百万石の礎を築いた、前田利家だけならここまで話題にならなかったのかな、と思います。利家を若い頃から支えるまつの存在が存分に発揮され、戦国イチのオシドリ夫婦の呼び声高い前田家の魅力が際立っています。

mio

mioさん

3位(90点)の評価

報告

飽きない

痛快な立身出世の物語で、最終話までまったく飽きさせない構成がすばらしい。

baito

baitoさん

1位(100点)の評価

報告
コメントをもっと読む

16八重の桜(ドラマ)

66.8(71人が評価)
八重の桜(ドラマ)

引用元: Amazon

放送年2013年
放送局NHK
脚本山本むつみ
メインキャスト綾瀬はるか(山本八重/新島八重)、西島秀俊(山本覚馬)、長谷川博己(川崎尚之助)、オダギリジョー(新島襄)、長谷川京子(樋口うら)、及川光博(木戸孝允)、反町隆史(大山巌)、生瀬勝久(勝 海舟/麟太郎)ほか
主題歌・挿入歌坂本龍一
公式サイトhttps://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=taiga52

もっと見る

前半部分が面白かった

鶴ヶ城籠城戦までの前半部が非常に面白かったです。会津の厳格な気風の中で、戦いに身を投じる女性という展開に惹かれました。鶴ヶ城籠城戦はまさに壮絶の一言で、大河の合戦の中で一番印象的な戦いです。ただ、それ以降は作風が変わりすぎて(私にとっては)失速した感が否めません。

小村

小村さん

5位(75点)の評価

報告

綾瀬はるかさんの演技に引き込まれました

様々な時代背景に翻弄されながらも自らの理想を貫き、社会に貢献した力強い女性像が描かれていて感動しました。そしてそんな力強い女性を演じた主演の綾瀬はるかさんの演技が素晴らしかったです。同じ女性として勇気をもらいました。

にここ

にここさん

5位(70点)の評価

報告

ヒロインの強さが圧倒的だった作品

大河ドラマにおいて、ヒロインが男装して戦うというところが、とても斬新に感じました。八重の芯の強さに、魅力を感じました。会津の人たちの、実直で忠義心溢れる姿が、ドラマを通して伝わってきました。「ならぬものはならぬ」という教えをひたむきに守る八重の姿が、とても印象的でした。

久美子

久美子さん

5位(75点)の評価

報告
コメントをもっと読む

17西郷どん

66.6(130人が評価)
西郷どん

引用元: Amazon

放送年2018年
放送局NHK
脚本中園ミホ
メインキャスト鈴木亮平(西郷隆盛)、瑛太(大久保利通)、黒木華(西郷糸)、錦戸亮(西郷従道)、松田翔太(徳川慶喜)、小栗旬(坂本龍馬)、西田敏行(西郷菊次郎)
主題歌・挿入歌西郷どん~メインテーマ~すらちまいあがれVer. / 里アンナ
公式サイトhttps://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=4136

もっと見る

大久保との友情に涙

刀を持てなくなるが、斉彬のためにと立ち直り、斉彬のために働く吉之助の頑張りは見ていて、すごかったです。
大久保との友情は本当にすごくて、そこがおそらくメインですよね。最後大久保が、西郷が死ぬのを死んで、『吉之助さん』と泣くのは、瑛太さんの迫真の演技でした。
わかる人にはわかると思いますが、西郷が『忘れもの』と大久保を迎えシーンがいまでも忘れられないです。

スヌーピー

スヌーピーさん

5位(70点)の評価

報告

主役の熱意

西郷隆盛については、あまりどのような人柄なのか分からずでしたが、回想シーンなども多々あり、この方のルーツなどわかりやすくドラマ化されていました。主役の方の役に徹する熱意も感じられ、ドラマに熱中したのを憶えてます。

すう

すうさん

2位(95点)の評価

報告

18毛利元就(ドラマ)

64.7(62人が評価)
毛利元就(ドラマ)

引用元: Amazon

放送年1997年
放送局NHK
脚本内館牧子
メインキャスト中村橋之助(毛利元就)、富田靖子(美伊の方)、松坂慶子(杉の方)、上川隆也(毛利隆元)、松重豊(吉川元春)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

毛利ファミリーの結束が最高!

元就の人となりも去ることながら、父親の側室・松殿との関係が本当に最高です。うら若い都会者の松殿が、少しずつ嫡男の元就と打ち解けて、戦友のように語らい、母として元就を支える二人の関係が本当に家族を感じます。
毛利家と言えば、元就の三本の矢の逸話で有名な「毛利3兄弟」ですが、この三人の三者三様の性格の違いまも見どころです。
ファミリー愛で、中国の覇者となった毛利家の歴史が垣間見れます。

mio

mioさん

1位(100点)の評価

報告

当時の斬新な計略が凄すぎる

毛利元就の凄さを改めて認識した作品です。時代に恵まれなかっただけで、もう少し遅く生まれていたら天下の中心にいたと思います。当時では考えられない、戦略と計略が恐ろしいです。信長や信玄とは違う恐ろしさがあります。歴史を知る上でも分かりやすいので、若い人に見てもらいたい作品です。

はじめ

はじめさん

3位(70点)の評価

報告

私が初めて見た大河

毛利元就は、わたしが初めて見た大河です。元就と奥様がとても仲良しだったのと、元就がとても穏やかな当主で、のほほんと見ていたのを覚えています。私の初めての大河、初めて好きになった時代劇なので、二番目にさせていただきました。

popochan

popochanさん

2位(90点)の評価

報告
コメントをもっと読む

知らない事が解った。

以前の大河はその役をどう演じるか。だった様に思います。
しかし、最近の大河は、いだてん。明智光秀、渋沢栄一と、本当に、知らなかった。物語を、きちんと、しわ紹介してくれてます。
渋沢栄一さんや徳川慶喜の事を、皆さんは、どれだけ知ってますか?本当に、素晴らしい物語でした。

ヤッホー明太さん

1位(100点)の評価

報告

みんなが幸せになる事

それが一番だと説いていましたね。

この大河ドラマを見て、1万円札の表紙に価する人だと思った作品でした。

チーバくんさん

12位(80点)の評価

報告

20功名が辻(ドラマ)

63.8(50人が評価)
功名が辻(ドラマ)

引用元: Amazon

放送年2006年
放送局NHK
脚本大石静
メインキャスト仲間由紀恵(千代)、上川隆也(山内一豊)、舘ひろし(織田信長)、柄本明(豊臣秀吉)、西田敏行(徳川家康)、佐久間良子(法秀尼)、玉木宏(山内康豊)、生瀬勝久(堀尾吉晴)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=taiga45

もっと見る

凡庸的作品

演技は俳優さん達がいいので良いが、脚本が微妙に感じた。司馬作品としてはお気に入りだがドラマとなるとイマイチ。

通りすがりの歴史人さん

3位(75点)の評価

報告

21

21位~40位を見る

運営からひとこと

重厚なストーリーや豪華キャストが見どころの名作が揃う「歴代NHK大河ドラマ人気ランキング」。ほかにも「NHK朝ドラランキング」や歴史・時代劇に関連したランキングなど、おすすめのランキングを公開中。ぜひCHECKしてください!

関連するおすすめのランキング

歴代人気No.1の名作&面白いドラマは?

面白いドラマランキング

名作ドラマランキング

年代別にも名作ドラマをチェック!

平成の名作テレビドラマランキング

90年代ドラマランキング

2000年代ドラマランキング

2010年代ドラマランキング

各テレビ局のドラマはこちら!

歴代日テレドラマランキング

歴代フジテレビドラマランキング

歴代TBSドラマランキング

放送時間(枠)ごとのドラマもチェック!

月9ドラマランキング

NHK朝ドラランキング

動画配信サービスを契約するなら?

動画配信サービス(VOD)徹底調査!コスパ比較や満足度&ジャンル別おすすめランキング

ドラマを観るのにおすすめのVODが決定!

ドラマ見放題サービスランキング

各動画サービスのオリジナル作も必見!

Netflixオリジナル作品ランキング

Huluオリジナル作品ランキング

Amazonプライム・ビデオオリジナル作品ランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ