みんなのランキング

カルテットに関するランキングと感想・評価

カルテット

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー元プロ演奏家で専業主婦の第1ヴァイオン奏者・巻真紀、路上演奏する無職のチェリスト・世吹すずめ、妙に理屈っぽく何に対しても前に進めないヴィオラ奏者の家森諭高、自由人に憧れる第2バイオリン奏者の別府司。ある日、4人は練習していた東京のカラオケボックスで偶然出会う。演奏家としての夢を諦めきれないという共通点を持つ彼らは、弦楽四重奏のカルテット「ドーナツホール」を結成することになった。当初は運命的なものと思われた4人の出会いだが、実はその裏には大きな秘密が隠されており……。
放送年2017年
放送局TBS
脚本坂元裕二
メインキャスト松たか子(早乙女真紀)、満島ひかり(世吹すずめ)、高橋一生(家森諭高)、松田龍平(別府司)、富澤たかし(谷村大二郎)、八木亜希子(谷村多可美)、宮藤官九郎(巻幹生)、もたいまさこ(巻鏡子)ほか
主題歌・挿入歌おとなの掟 / Doughnuts Hole
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/quartet2017/
参考価格14,643円(税込)

『カルテット』は、TBS系「火曜ドラマ」枠にて2017年1月17日から3月21日まで毎週火曜22時 - 22時54分に放送されたテレビドラマである。主演は松たか子。 カルテットとは主要キャラクター4名が組む弦楽四重奏のことで、30代の4人の俳優と坂元裕二の脚本による、ラブストーリー、サスペンス、コメディーなどの要素を交えた、「ほろ苦くて甘い、ビターチョコレートのような大人のラブサスペンス」を標榜している。(引用元: Wikipedia)

全 51 件中 1 〜 20 件を表示

会話劇!

台詞をノートに書き留めておきたいような作品。
家族、夫婦、友情、仲間、恋愛、音楽、仕事、お金、夢、謎、サスペンス。
全てが詰まっている。
さらにクスッと笑える要素も沢山あり。
1回目より2回目、2回目より3回目とリピートする毎に好きになれます。
大人の上質なドラマの代表格ではないでしょうか。

H ZETT mii

H ZETT miiさん(40代)

2位に評価

高橋一生の魅力が網羅されている。多くの人の目に触れた作品

高橋一生が多くの人の目に触れるきっかけになったとも言える作品。高橋一生のるかっこよさ、かわいさ、とぼけた感じ、演技力、不思議な雰囲気等々多くの魅力が網羅されています。
一緒に住んでいる人たちの毎回行われるクスリとしてしまうような掛け合いもおもしろいですし、全体を通してもストーリーがあり、全員に秘密があるので、えー!と驚きも得られる早く続きが見たくなるドラマです
第1話の唐揚げにレモンかけます?の話題が面白くて毎回見ることを決めました。そのほかもアジフライの醤油等、納得できるような笑ってしまうような。もう一度見たくなる作品です

はん

はんさん(女性・30代)

1位に評価

様々な事情を抱えている4人が一緒に音楽を演奏する姿が素敵

事情を抱えた4人が同じ家で暮らすことになって、一緒にクラシック音楽を演奏する姿がとても素敵でした。そしてそれぞれが抱えている問題を徐々に解決して行くストーリーも面白かったです。松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんのそれぞれの個性が光る演技も良かったです。

くららん

くららんさん(女性・50代)

3位に評価

気を抜いてたら

急に出てきた『カルテット』の最終話。

松本まりか演じたのは、松たか子演じるまきまきが不在の間にゲストとして呼ばれた第一ヴァイオリン奏者。
ハキハキしすぎてうるさく、本意でないことをやらされて怒りを露わにするちょっと生意気な役でしたが、すごくインパクトがありました。
見れてよかった。

李慶子

李慶子さん(女性・20代)

3位に評価

静かそうだけど個性が爆発した独特のキャラが似合う

塩顔ブームにのっとり、続々と高橋一生がメインキャラを務めるテレビドラマが放送されています。そんな中、代表作といっても過言ではないのがこの作品。ラブストーリーを主としたものかと思いきやヒューマンサスペンスの要素も入っています。高橋一生は理屈っぽくてめんどくさいクセ者の役を演じ、個性的なキャラにも関わらずこなしていました。さすがの演技派!と脱帽。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん(女性)

3位に評価

目の芝居が天下一品!

「カルテット」は、松たか子主演で、満島ひかり、高橋一生、松田龍平の実力派の俳優の共演で話題となり、巧妙な会話劇と、視聴者の心に響くセリフの数々、予想もできない物語の展開に、目の肥えた視聴者達を唸らせる話題作となりました。その中でも特に満島ひかりの芝居は目を見張るものがありました。幼い頃、父親の悪だくみにより、超能力少女として有名人となりましたが、その嘘が世間にバレてしまい、人生が大変に難しいものになってしまいました。
そしてその父親と疎遠になっていた中で、父の最期を看取るか否かで思い悩む芝居が、とにかく素晴らしかったです。「どんなにつらい目に合わされても、家族なら許しあうのが当たり前。」そんな思いと、「しかし許せない」という思いとの葛藤。
複雑な思いが、繊細に目の芝居に現れていて、人間の目はこんなにも繊細な表情をするのだと、喜怒哀楽以上に目は感情をうったえるのだと、思い知らされたシーンでした。

くらも

くらもさん(女性・40代)

1位に評価

言葉選びが秀逸

4人の掛け合いと空気感が好きで、なんでもない食事のシーンさえ面白かった。
良い言葉がたくさん出てくる作品。
全員片想いとか一人一人の抱える秘密とか、好きなことをどう続けるかとか、いろんな要素が合わさって最終的にはそんなところを全て超越していくような展開で面白かった。

K Kさん

K Kさんさん(男性・20代)

5位に評価

大人な恋愛模様が素敵でした

とても大人なストーリーで、ミステリーな部分もあり、恋愛ドラマとしても珍しいカテゴリーだったと思います。
松たか子さんも大好きなので、満島ひかりさんとの共演がとても嬉しかったです。
とても繊細で健気な女性を演じられていて、ぐっとくる演技に惹きつけられました。

ほなか

ほなかさん(女性・30代)

3位に評価

すごく面白い4人の掛け合いドラマ

ある4人がルームシェアをして一緒に暮らし出して音楽を共有していくという話なのですが、それぞれにはちゃんとエピソードが存在してちゃんとキャラクターを掘り下げてくれるのですごく物語にのめり込むことができました。ドラクエのテーマ曲を弾き始めた時は驚きました。

ネバー

ネバーさん(男性・30代)

1位に評価

大人の趣。

こちらはあまり深刻すぎるテーマはなく、比較的軽いタッチのドラマ。何年かの時を経て、少女よりは落ち着いた雰囲気を漂わせる満島さん。大人のややコメディっぽいとぼけたやり取りが多く、切迫した役の多かったこれまでに比べてこちらも落ち着いて楽しめます。

はいとーん

はいとーんさん(男性・40代)

3位に評価

「人生チョロかった」はヤバイ

吉岡里帆は一見マトモに見えるけど実はヤバイ女がめちゃくちゃハマってますね。『ゆとりですがなにか』で演じた役もまあまあのヤバさでしたが、今回は段違い。狂気の吉岡里帆を観るならカルテットです。ちなみにドラマ自体もめちゃくちゃおもしろいです!

TARS

TARSさん(男性・20代)

1位に評価

とぼけた満島ひかり

とぼけた役です。でもしんにはなにがあるのか、、、
ドラマ自体がとてもおもしろいです。
そして満島ひかりは飛び抜けておかしなキャラ。
あの小さな体で大きな楽器を演奏する姿もかわいいです。
小ネタが出てくるので、何度か見返したいドラマ

はん

はんさん(女性・30代)

1位に評価

笑えるし、不思議な感覚になる。

今までにはなかったようなドラマだと思いました。まず主題歌を出演している皆さんでやっているのが印象的で、すごく好きでした。ドラマは少し不気味ところも、笑えるところもあり、アドリブではないかと思うくらい自然なお芝居で、面白かったです。

あー

あーさん(女性・30代)

1位に評価

それぞれの個性が生かされてる

恋愛サスペンスのような、新ジャンルのドラマだと思います。個々の個性あるキャラクターも魅力的で、回を重ねるたびに謎が深まったり解明されたり、とにかく次が楽しみになるドラマでした。満島ひかりちゃんがとてもかわいかったです。

たぬき

たぬきさん(女性・30代)

1位に評価

際立つ存在感

出演していたのは、松たか子・高橋一生・満島ひかり・松田龍平といった演技力の高さに定評のある面々。タイトルにもなっている「カルテット」はこれら4人のことを指す。作品のジャンルとしてはサスペンスでありコメディでもある。味なセリフが随所に盛り込まれており、まさに坂元裕二の面目躍如といえるものに仕上がっていたと感じる。

このランキングで私が1位に挙げた理由は無論吉岡里帆氏の存在感が際立っていたからだ。冒頭で述べた通り、メインはその4人なのだから、吉岡氏は正真正銘の脇役であった。松たか子らカルテットの演奏の場として登場するレストランのアルバイト店員という役柄で、物語の後半に突如として本性をあらわにするのだ。序盤で「目が笑っていない」というキャラクター描写が伏線としてあったものの、豹変する容姿がお見事。身震いするレベルであった。ただ美人なわけでなく本格派女優として大成する未来が見えた瞬間とも言えるだろう。

青島ブルー

青島ブルーさん(男性)

1位に評価

散りばめられた伏線が絶妙すぎる

カルテットは、高橋一生さん主演という文言に釣られて見始めたのですが、彼が主演というのを抜きにしてもおすすめのドラマです。ドラマの一番最初に出てくる唐揚げレモン論争は、高橋一生って本当にそういう細かいこと言いそうだよなーと思わせるお芝居でした。最初のユーモアを交えたそんな場面が、実は「不可逆性」という伏線だったりするのがこのドラマの面白いところです。日常の何気ないワンシーンや、主演の4人の何気ないセリフだったりが伏線になっているので何度も見返して、この場面はあの場面の伏線だったのか、と考察を立てることのできるドラマです。

こころ

こころさん(女性・20代)

1位に評価

最高にやばい

夢に破れた大人の男女4人の嘘と、片思いが描かれたドラマ。
先の読めないストーリーに見る人がどんどん引き込まれていきます。

そんな中で吉岡里帆さんが演じるのは魔性の女。
ふだんからのギャップがすごいですよね。
悪女っぷりがぶっとんでて
普段の常識人さからは想像ができない!

人のことを言葉巧みに弄んで、でも心の中は一切笑っていない感じが演技に出ていてちょっと怖くなります!

ゆきの

ゆきのさん(女性・30代)

1位に評価

不思議女子を見事に演じてます

このドラマの独特のテンポと掴めない展開、そこに音楽の世界が加わった一風変わった世界観が好きです。ここに登場する吉岡里帆演じるレストランのバイトの女の子、ニコニコしている普通の子かと思いきや、とてもビックリ行動に出ます。そんな行動をしている時も不敵な笑みを浮かべていたりして、可愛いけど気味の悪い、個性的な役柄を上手に演じている作品だと思います。

taka mama

taka mamaさん(女性・40代)

1位に評価

舞台劇のような独特な世界観

松たか子を筆頭に、高橋一生、松田龍平、満島ひかりという個性豊かな役者陣が織りなす台詞劇は、独特なタッチがあり、見るものを引きつける。特に言葉が魅力的で、映像作品を見ているのに、まるで小説を読んでいる気分になるから不思議。淡々と交わされるユーモア溢れる会話も魅力的。松さんのミステリアスさが後のストーリーの肝。

月野99

月野99さん(女性・20代)

1位に評価

サイコパスな役がすごく似合う

この作品をきっかけに吉岡さんのファンになりました。メイン4人が楽器を演奏させてもらっているレストランで働いている店員さんを吉岡さんが演じていたのですが、すごくつかみどころのない演技をされていたので、初めて見た時衝撃的でした。最終回での吉岡さんのキャラの言動には人生ちょろいと完全に痛感する事でしょう。

ネバー

ネバーさん(男性・30代)

1位に評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

みんランで人気のランキング

「ドラマ」タグで人気のランキング

アンナチュラル

エンタメ>テレビ

面白いドラマランキング

おすすめの面白いドラマは?

トンイ

エンタメ>テレビ

韓国ドラマ時代劇ランキング

韓国ドラマの時代劇であなたがおすすめしたい作品は?

トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜

エンタメ>テレビ

韓国ドラマランキング

おすすめの韓国ドラマは?