みんなのランキング

めまい(1958年)

めまい(1958年)

引用元: Amazon

制作年1958年
上映時間128分
原作ボワロー=ナルスジャック『死者の中から』
監督アルフレッド・ヒッチコック
脚本アレック・コペル、サミュエル・テイラー
メインキャストジェームズ・ステュアート(ジョン・"スコティ"・ファーガソン)、キム・ノヴァク(マデリン・エルスター/ジュディ・バートン)、 バーバラ・ベル・ゲデス (ミッジ)、トム・ヘルモア (エルスター)ほか
美術ハル・ペライラ、ヘンリー・バムステッド、サム・コマー、フランク・マクケルビー
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
参考価格7,549円(税込)

『めまい』(Vertigo)は、1958年に公開されたアルフレッド・ヒッチコック監督によるアメリカ映画。パラマウント映画製作。テクニカラー、ビスタビジョン作品。後に、他の多数のヒッチコック作品と共にユニヴァーサルに売却された。日本公開は同年。(引用元: Wikipedia)

コメント・口コミ

全 6 件を表示

めまいがするヒッチコックの才能

ジェームズ・ステュアート、キム・ノヴァク出演。主人公の刑事は、犯人を追う途中に同僚を死なせてしまったショックで高所恐怖症によるめまいに襲われるようになり、健康不安定を理由に警察を辞めてしまうが…。まさにヒッチコック流のサスペンス&ミステリアスな演出で観客の方がめまいを起こしそうになる。女優が毎回酷い目に遭うのは可哀想だけど…。

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

2位に評価

撮影技術と螺旋階段の使用で、人間の「肉眼」と「心の目」が引き起こす「錯覚」を表象した名作

螺旋階段は映画でもよく使われる表象の一つだと思います。人物が悩んでいたり、迷っていたり、あるいは何かを追っているけどなかなか追いつけないなどを表象する際に使用される事が多いです。『トライアル 審判』などでも見られます。ドリーズームショットという手法で撮影されたのですが、高い所に立って下を見た時の、あのくらくらした感覚を高所恐怖症の主人公と共に観客も味わうことになり、彼の不安が観客にも乗り移ったかのように不安にさせられます。また螺旋の下に広がる不気味な闇に、主人公は吸い込まれそうになりながら懸命に戦い、ヒロインは光からその闇に吸い込まれていく構造が印象的です。最後ヒロインは暗闇から表れたシスターを何か恐ろしい物かのように驚いてしまいます。シスターは恐ろしくないのに、まるで「めまいで錯覚したかのよう」に彼女は暗闇に消えてしまいます。ドリーズームで人間の心の目の錯覚まで描いた名作です。

せいこ

せいこさん(女性・40代)

3位に評価

めまいショット

冒頭でジェームズ・スチュワートの同僚が建物から落下する時の、あまりにも有名なVertigo shotが何と言っても最大の魅力。遠近法を効果的に使用したこのトリックは、私のような素人には今でもどのように撮影したら良いのか分からない。

ryo_rt

ryo_rtさん(男性・30代)

3位に評価

臨場感あふれる作品

最初見たときの衝撃があった。カメラが急激なズームをすることで、観ている私たちも一緒になってめまいを起こしたような感覚になり、作品にのめりこんでしまった。

れおな

れおなさん(女性)

1位に評価

現代の精神不安にもつながる

何故4位と聞かれると困るのだがやはりベスト5には入れたいし5位でもいいのだが現代社会の精神不安を予告している気もするので5位よりは上に。

オジジ

オジジさん(男性)

4位に評価

やるせないラブストーリー

調査対象の女を好きになる男。その女の真実を知ることが悲劇を招くというのが悲しい。

サイトウ

サイトウさん(男性・50代)

4位に評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「映画」タグで人気のランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

君に届け(映画)

エンタメ>映画

邦画の恋愛映画ランキング

好きな邦画の恋愛映画は?