みんなのランキング

イギリスロックバンド人気ランキング!おすすめのUKロックバンドは?

The Rolling StonesQueenThe BeatlesLed ZeppelinOasis

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数54
投票参加者数549
投票数1,338

イギリス発のロックといえば「UKロック」。スタイリッシュなサウンドで日本の洋楽ファンからも広く親しまれています。今回みんなの投票で決めるのは「イギリスのロックバンド人気ランキング」。世界的に有名な「The Beatles(ザ・ビートルズ)」や「The Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)」といった歴史的バンドだけでなく、勢いのある若手グループでもOK。あなたが好きでおすすめしたいイギリスのロックバンドに投票してください!

最終更新日: 2021/12/08

注目のユーザー

アルノ

『毎日イギリス生活』管理人

アルノ

投票した内容とコメントを見る

ランキングの前に

1分でわかる「イギリスのロックバンド」

イギリスバンドが奏でるUKロックは、1960年代に発展!

疾走感のあるサウンドが特徴的な音楽ジャンル・ロック。政治や芸術など幅広いテーマを扱う歌詞や、ときどき見せる派手なパフォーマンスで多くの人を魅了しています。そんなロックが生まれたのは、1960年代のイギリス。英国発のロックは「UKロック」とも呼ばれ、長い歴史のなかで発展していきました。イギリスを中心に数多くの有名なロックバンドが続々と誕生し、アメリカや日本など他国の音楽シーンにも影響を及ぼしています。

伝説的なイギリスバンドたち

The Beatles

The Beatles
(引用元: Amazon)

イギリスのロックバンドで有名なのは、いわずと知れた「The Beatles(ザ・ビートルズ)」。1962年に、ポール・マッカートニーやジョン・レノンら4名で結成され、活動停止後も世界中で不動の人気を誇ります。ほかに、ミック・ジャガー率いる「The Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)」や、 映画『ボヘミアン・ラプソディ』でリバイバルが訪れた「QUEEN(クイーン)」 なども、伝説的ブリティッシュバンドとして認知されています。

2000年代の音楽シーンを彩るUKロックバンド

往年の名バンドに負けず劣らず、2000年代前後も人気UKロックバンドが続々登場。グラミー賞を5度以上受賞している「Coldplayコールドプレイ)」や、21世紀の英国を代表するバンドの一つ「Arctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)」、1stアルバムが全英チャート初登場1位の衝撃デビューを飾った「The 1975」などが、音楽シーンを彩っています。

関連するおすすめのランキング

ロックジャンル別・人気曲はこちら!

洋楽ロック曲ランキング

洋楽ハードロック曲ランキング

ラウドロック曲ランキング

オルタナティブロック曲ランキング

このランキングの投票ルール

本ランキングでは「イギリス(イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランド)で結成されたすべてのロックバンド」に投票可能です。インディーズ・メジャーを問わず、解散したバンドでも構いません。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1The Beatles

The Beatles

引用元: Amazon

ビートルズ(英語: The Beatles)は、1960年代から1970年にかけて活動したイギリス・リヴァプール出身のロックバンド。20世紀を代表する音楽グループである。音楽誌『ローリング・ストーン』による「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第1位にランクされており、経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルの統計算出に基づく「史上最も人気のある100のロックバンド」にても1位となっている。グラミー賞を8回受賞し、24回ノミネートしている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

関連するランキング

Let It Be / The Beatles

ビートルズの曲ランキング

好きなビートルズの曲は?

世界一有名なUKロックバンド

言わずもがな 「ビートルズ(The Beatles)」は世界一有名な 20世紀最高 と呼ばれるUKロックバンド!

イギリスには、リバプールのビートルズ博物館(ザ・ビートルズ・ストーリー)やデビューライブハウスの「 ザ キャバーンクラブ」、ロンドンのアビーロードなど、ビートルズゆかりの地がいっぱい!

ビートルズ聖地めぐりにイギリスを訪れてみませんか?

アルノ

『毎日イギリス生活』管理人

アルノさん

1位に評価

報告

良い物は良い

私は団塊ジュニア世代なのでビートルズ全盛期は知りません。でもテレビ番組でビートルズの曲がかかっている事は多く、気づけばビートルズ好きになっていました。時代を問わず、良い物は良いといったところでしょうか。Yesterdayのような雰囲気のある曲もあれば、Help!のような躍動感のある曲まであって大好きです。

報告

原点にして頂点!!!

彼らが今の音楽を作った、また、これからも影響を与え続ける
全曲が名曲と言っても全く過言ではないバンド
何がすごいかというとたくさんあるがよくその一つとしてあげられるのは音楽の種類の豊富さだろう。大きく分けて初期、中期、後期と3部分に分けられるのだがかなり音楽性が異なる。しかもどの部分の音楽もそれぞれのよさがありどれも素晴らしい(好みはある)

yo

yoさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

2Queen

Queen

引用元: Amazon

クイーン (英語: Queen) は、イギリス・ロンドン出身のロックバンド。 1970年代前半のハード・ロック・ブームの中でデビューし、その後スタイルを変化させながら世界中で成功を手にした。合計で1億7千万枚〜2億枚の音楽作品を売り上げたとされ、1970年代に結成されたロックバンドではAC/DCと並んで1位。ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」にて第3位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」にて第52位。2001年にマイケル・ジャクソン、エアロスミスらと共にロックの殿堂入りを果たしている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

関連するランキング

Bohemian Rhapsody / QUEEN

Queenの曲ランキング

好きなQueenの曲は?

天才鬼才フレディー・マーキュリー

「クィーン(Queen)」は、映画「ボヘミアンラプソディー」により世界中で人気が再熱。ボーカルのフレディー・マーキュリーを中心としたイギリスのレジェントロック・バンドです。

疲れている時には名曲「伝説のチャンピオン(We are the champions)」を。

どんな人でも心を揺さぶられる一曲に出会えます!

アルノ

『毎日イギリス生活』管理人

アルノさん

2位に評価

報告

フレディマーキュリーがすごい

映画ボヘミアンラプソディで再ブレイクした伝説のバンド。映画ではライブエイドだが、個人的には1986年のウェンブリー・スタジアムのライブがすごいと思う。あととにかく曲が多彩。4人共曲が作れるので、いろんなタイプの曲がある。個人的におすすめなのは「The march of the black queen」

報告

独特で力強くて素敵な名曲ばかり

クイーンがリリースした曲は独特で力強くて素敵な名曲ばかりなので大好きです。私が特に気に入っているのは「We Are The Champions 」です。メロディーも歌詞も力強い上に感動的ですから、この曲を聴くと心が躍ります。それから「We Will Rock You」も大好きです。

報告
コメントをもっと読む

3Led Zeppelin

Led Zeppelin

引用元: Amazon

レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)は、イギリスのロックバンド。略称は、ZepもしくはLed Zep。なお、「ツェッペリン」はドイツ語の発音であり、イギリス英語での発音は「レッド・ゼッペリン」である。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第14位、ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」にて2位。 ロックの殿堂のバンドの伝記には、『1970年代の彼らは、1960年代のビートルズと同じ影響力があった。』と記載されている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

ハードロックの神様

「レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)」は、1970年代に舞い降りたハードロックの神様、「ヘヴィメタの元祖」とも呼ばれています。

天才ギタリストのジミー・ペイジ、狂おしいほどの歌唱力 ロバート・プラント、マルチ奏者のジョン・ポール・ジョーンズ、パワードラムのジョン・ボーナム、4人の天才がつくった伝説のバンド!

アルノ

『毎日イギリス生活』管理人

アルノさん

4位に評価

報告

王道中の王道

薬のやりすぎで衰えてしまったが、昔のジミー・ペイジのリフはすごかった。今の人もマジソン・スクエア・ガーデンの「天国への階段」は絶対に見るべき。Black dog やImmigrant song もおすすめ。

報告

偉大なる飛行船。ハードロックの原点

イギリスの湿気の多い感じが、音楽にも表れている気がします。ディープパープルとの比較で語られる「ハードロックの原点」のバンドという見方が多いと思いますが、カラッとして、四角いサウンドのパープルとは相反して、ツェッペリンは、暗黒でどろどろして、かっこいい。ロックンロールで言うところの「ロール」している感じがあります。ペイジのリフ作りの才能は天才的。スタジオ版の完成度の高さも、特筆すべき点だと思います。

報告
コメントをもっと読む

4The Rolling Stones

The Rolling Stones

引用元: Amazon

ザ・ローリング・ストーンズ (英語: The Rolling Stones) は、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ、イアン・スチュワート、ミック・ジャガー、キース・リチャーズによって結成、その後間もなくビル・ワイマンとチャーリー・ワッツが参加した。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

ローリング・ストーンズは偉大だ!

ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones)は、1960年代からファンを魅了し続けるロック界の大御所。

60年代からのバンドなのでメンバーもお年を召しています。例えばヴォーカルのミック・ジャガーは1943年生まれなので、日本でいう後期高齢者(75歳以上~)です。

すごくないですか?ローリング・ストーンズの曲で自分を奮い立たせたい!

アルノ

『毎日イギリス生活』管理人

アルノさん

3位に評価

報告

イギリスロックの大御所

イギリスのロックバンドなんて知らないよ?という方でも、ローリングストーンズの名前ぐらいは聞いた事あるんじゃないでしょうか。私の学生時代はローリングストーンズの全盛期でしたし、その影響力によってバンドブームを生み出した程です。

報告

セクシーなミック・ジャガーの歌声が魅力的

ローリングストーンズの一番の魅力はボーカルのミック・ジャガーの歌声だと思います。セクシーでちょっとエロチックな歌声が魅力的です。またキース・リチャーズのギターの音色も素敵です。私が特に気に入っているのは「Satisfaction」です。ポップなメロディーとミック・ジャガーのセクシーな歌声のハーモニーが最高です。

報告
コメントをもっと読む

5Oasis

Oasis

引用元: Amazon

オアシス(Oasis)とはイギリス・マンチェスター出身のロックバンド。1991年結成。2009年解散。 ビートルズ、ザ・フーなどから続く正統派ブリティッシュ・ロックを踏襲する、90年代に隆盛を誇ったブリットポップ・ムーブメントの代表格かつイギリスの国民的ロックバンド。全世界でのトータルセールスは5000万枚以上を記録している。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

兄弟ケンカしすぎ

「オアシス(Oasis)」は、兄ノエル・ギャラガー(作曲)とボーカルの弟リアムが中心のUKロックバンドです。

労働者階級出身でビートルズと常に比較されます。カリスマ性のあるバンドとして絶大な人気を博しましたが、タブロイドに追われ、メンバー闇落ち。
2009年に兄弟ケンカが大きな原因で解散。今でも惜しまれています。

アルノ

『毎日イギリス生活』管理人

アルノさん

6位に評価

報告

国民的ロックバンド

英国の国民的バンドのオアシスはイギリスロックを語る上では外せません。
ビートルズ以来の奇跡と呼ばれるほどです。
「Don't Look Back In Anger」は本当にえもくて名曲です。
海外に言った時にクラブで生歌を披露している人がいてみんなで肩を組んだのが思い出です。

報告

廃れかけていたロックの新たなアイコンとなったこと。

60年代に世界を席巻したロックという音楽ジャンルが徐々に廃れていくなかで、ビートルズやセックス・ピストルズ、ストーン・ローゼズなどに影響をうけた音楽性で、ブリットポップのムーブメントを牽引する存在となり、ロックの新たなアイコンとなったこと。

ゴン

ゴンさん

3位に評価

報告
コメントをもっと読む

6Deep Purple

Deep Purple

引用元: Amazon

ディープ・パープル(Deep Purple)は、イングランド出身のハードロック・バンド。 日本ではレッド・ツェッペリンと並びハードロック・バンドの代表格の一つに数えられ、後のハードロック、ヘヴィメタル・バンドにも大きな影響を与えた。1976年に一度解散したが、1984年に再結成した。2016年度に「ロックの殿堂」入りを果たした。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

ギターとオルガンの組み合わせが最高

ギターのリッチー・ブラックモアとキーボードのジョン・ロードによる戦いのような掛け合いが凄まじくて、格好良すぎると思います。
お勧めの曲は、なんといってもクラシカルな要素が炸裂した「BURN」で全てが最高です。

報告

UKロックを語る上では外せない

60年代の大ヒットロックバンドのディープ・パープル。ハードロック好きには外せないバンドです。
「Smoke on the water」や「Burn」をはじめ数々の名曲があり、よく高校生の頃に聞いていました。
聴き始めたきっかけはディープ・パープルの吹奏楽メドレーをやるときに原曲を聞いたことでした。
疾走感がまさに伝説と呼ぶにふさわしいバンドです。

報告

マシンヘッド

スモークオンザうォーターは、これぞロック!

報告
コメントをもっと読む

7Radiohead

Radiohead

引用元: Amazon

レディオヘッド(Radiohead)は、イギリスのロックバンド。実験的な音楽で後進の多くのアーティストに影響を与えたことで知られている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

悪夢系インテリバンド

欝々としたサウンドなのであまり好きじゃないのに、なぜだか時々無性に聴きたくなるヤバいバンド。ダークすぎるサウンドはまさに悪夢的。ミュージックビデオも凝っていて見入ってしまいます。昔、河川敷でバーベキューをしている若者が「OKコンピューター」を大音量でかけているのに出くわしたことがありますが、全然盛り上がっていませんでした(笑)

報告

かっこいい

新しい音楽に挑戦し続けてるイメージ。かっこいい。

報告

革新的かつ、独創的な音楽を生み出し続けていること。

固定概念に囚われず、アルバムを出す度に彼らにしか作り出すことのできない完璧な音楽を更新し続けていること。

ゴン

ゴンさん

2位に評価

報告

8The Who

The Who

引用元: Amazon

ザ・フー(The Who)は、イギリスのロックバンド。ビートルズ、ローリング・ストーンズと並び、イギリスの3大ロックバンドの一つに数えられる。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

イギリス人が愛するロック・バンド

「ザ・フー(The Who)」は、日本では知名度が低いけど、イギリスでは尊敬される人気ロック・バンドです。(1960年代~)

初期は労働者階級の若者たちから絶大な支持を集め、ギターを壊したり、ドラムを爆破したり、ステージを駆け回る派手なパフォーマンスが魅力でしたが、音楽性の高さも突出。

UKロック・バンドの象徴的バンドです!

アルノ

『毎日イギリス生活』管理人

アルノさん

5位に評価

報告

モッズの象徴

1960年代のモッズブームを象徴するバンド。後世のパンクムーブにも多大な影響を与えた。カリスマ的なフロントマンのロジャー・ダルトリーに天才作曲家ピート・タウンゼント、歴代でも三本の指に入るベーシストといわれるジョン・エントウィッスル、そしてホテルを破壊する、ドラムを爆破するなどの奇行でも注目を集めたキース・ムーンと個性豊かなメンバーを擁しているところも見どころ。

ikko

ikkoさん

2位に評価

報告

9Yes

Yes

引用元: Amazon

イエス (英語: Yes) は、イギリス出身のロックバンド。1969年にデビュー。代表作にアルバム『こわれもの』(1971年)、『危機』(1972年)、『ロンリー・ハート』(1983年)などがある。1985年度グラミー賞受賞。2017年、「ロックの殿堂」入り。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

プログレはすごい

プログレッシブ・ロックの巨人の一つ。スティーブ・ハウの演奏はすごい。スティーブ・ハウはQueenのInnuendoでフラメンコの演奏もしている。ジョジョ好きなら、1部2部アニメのラストの音楽でおぼえているかもしれない。

報告

ロック交響曲

20分の中に宝石のようなメロディを散りばめている。
マニアックかも知れないが、錯乱の扉は聴くべし!

yessongs

yessongsさん

2位に評価

報告

すんません1984年頃再結成

その時ヒットしたLONELYHEARTしか知りません。いい曲でしたが、名前は知っている程度です。

UKロック好き野郎さん

11位に評価

報告

10The Police

The Police

引用元: Amazon

ザ・ポリス (The Police) は、1970年代後半から1980年代半ばにかけて活躍した、イギリスのロックバンドである。ロックの枠組みの中に、レゲエの要素を加えるという斬新な音楽性は、ホワイト・レゲエとしばしば呼称される(2ndアルバムのタイトルとなった「Reggatta de blanc」とは、「White Reggae」の意味である)。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

完璧なロックトリオ

3人編成のロックバンドで、このバンドほど音楽的に巧みな人たちはいなかったと思います。ジャズやフュージョンのテイストもありつつ、レゲエとパンクを融合させ、世界的に有名になったポリス。その後スティングがソロになり、さらに巨匠になっていきますが、原点のポリスのサウンドは今でもフレッシュで、革命的だと思います。

報告

11Blur

Blur

引用元: Amazon

ブラー(Blur)は、イギリスのロックバンド。 1990年代以降の英国を代表するオルタナティブ・ロックバンド。デビュー当初はキンクスやビートルズの再来と注目され、1994年のブレイク時はブリットポップムーブメントの代表格として一世を風靡した。ブーム終息以後も様々な音楽性を横断しながら独創的な活動を行っている。後進のバンドに与えた影響も大きく、1990年代からのイギリスのロックシーンを代表する存在として人気は高い。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

デーモンがかっこいい!

「Girls & Boys」はいつ聞いても最高です。デーモンアルバーンがかっこよくて、ジャージにジーパンスタイルをよく真似ていました。「Song 2」のうーふーもgood!

報告

天才デーモン・アルバーン

レディオヘッドのトム・ヨークに『ブリットポップムーブメント中に面白い楽曲を作っていたのはブラーだけ』と言わしめたほど。確かトム・ヨークはパークライフも絶賛してた覚えがある。
ブラー自体はアメリカではあまり売れなかったけど、その後アフリカンミュージックなど多彩な音楽を取り入れゴリラズとしてアメリカでも成功しているのも評価に値する。

ビートルさん

2位に評価

報告

デーモン神

end of a centuryが最高すぎる
小さい頃から親しんでいる

まささん

1位に評価

報告

12The Stone Roses

The Stone Roses

引用元: Amazon

ザ・ストーン・ローゼズ(The Stone Roses)は、イギリスのロックバンド。1983年にマンチェスターにて結成され、ニュー・オーダーやハッピー・マンデーズ、ザ・シャーラタンズといったバンドとともに、マッドチェスター・ムーヴメントの中心的存在として活躍。『ザ・ストーン・ローゼズ』(1989年)と『セカンド・カミング』(1994年)の2作を発表した後、1996年に解散。オアシスをはじめとするブリットポップや後の音楽シーンに多大なる影響を与えた。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

いつ聞いてもイイ!グルーヴが最高!

ファーストアルバムを最初に車で聞いたときにビックリしました。1曲目「I Wanna Be Adored」のあのジワジワ来る盛り上がり…親しみやすいメロディと、心地よいグルーヴ。これは当たりだ!!とホントに思いましたね。ほかの曲も大好き。「Waterfall」「Made Of Stone」そして「Fools Gold」全部最高です!セカンドアルバムはあんまり評価されてませんが「Begging You」はかっこよくて名曲。コンピに入っていた「Where Angels Play」もなんだか泣けます。好きになりすぎて、ドラムのレニみたいなバケ[続きを読む]

報告

なぜこの順位?イギリスじゃスミスが1位てローゼス2位

わからん。イギリスではスミスが1位でストーンローゼスが2位なんだけどね。時代を変えたバンドなんだけどね。

くれなずめさん

1位に評価

報告

現代のロックシーンを牽引する存在であること

ロックバンドという枠に留まらず、ヒップホップや電子音楽、ジャズやアンビエントなどの無数のジャンルを貪欲に取り入れることで、日本を含む世界中の音楽シーンに影響を与え続けていること

ゴン

ゴンさん

1位に評価

報告

14Pink Floyd

Pink Floyd

引用元: Amazon

ピンク・フロイド (Pink Floyd) は、イングランド出身のロック・バンド。 プログレッシブ・ロックの先駆者としても知られ、同ジャンルにおける五大バンドの一つとされている。作品の総売り上げは2億5000万枚以上、「史上最も売れたアーティスト」で8位、代表作『狂気』が全米チャートに741週連続でランクインするなど、ロック界のレジェンドとして世界的な名声を誇った。 1995年度『グラミー賞』受賞。1996年『ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」51位。ウォール・ストリート・ジャーナルの「史上最も人気のある100のロックバンド」4位。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

プログレ界の大ヒットバンド

暗くてマニアックなプログレ界において、ピンクフロイドの名作「狂気」は全世界で5000万枚以上売れており、大ヒット作を出した珍しいバンドです。変拍子を使ったりする複雑な曲構成はほとんどなく、ゆったりと揺蕩うニュアンスの曲や、映画のサントラのような風景を感じさせる曲、ライブでの凝った照明演出、ビジュアルにもこだわったバンドです。名盤「Wish You Were Here」お勧めです。

報告

聴きやすい

聴きやすく、少しカントリー感があるのとメッセージが良い

報告

16Emerson, Lake & Palmer

Emerson, Lake & Palmer

引用元: Amazon

エマーソン・レイク・アンド・パーマー (Emerson, Lake & Palmer) は、キース・エマーソン、グレッグ・レイク、カール・パーマーの3人により、1970年に結成されたイギリスのプログレッシブ・ロックバンド。英語圏では「ELP」の略称で呼ばれることもある。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

3人?

最小ユニットで聴かせる重厚サウンド
タルカス?
悪の教典?

yessongs

yessongsさん

4位に評価

報告

プログレッシブ・ロックの実験作

タルカスとか馬鹿長い曲を作っています。

報告

17Franz Ferdinand

Franz Ferdinand

引用元: Amazon

フランツ・フェルディナンド(英: Franz Ferdinand)は、スコットランドのロックバンド。グラスゴー出身。 アート・スクール的でポップな編集感覚溢れるそのサウンドは「ダンスとポップの垣根を取り払った」と喧伝される。一見すると、イギリス伝統のキャッチーなリフとメロディーを持ち合わせるレトロなロックンロール・アンサンブルながら、その内実ではエレクトロクラッシュを通過したダンサブルなリズムを導入し、ダンス・フロアでも機能する「踊れる」バンド・サウンドを実現させる。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

オシャレで踊れるロック!

初めてラジオで「Do You Want To」を聴いたときに「キター!」と思いました。ロックだけれど、とびきり楽しくてつい踊ってしまう感じ。すぐにアルバムを買いに行ってよく聴いていました。「Do You Want To」はセカンドに入ってますが、アルバムの出来としてはファーストがいいですね。全曲名曲という印象。「Take Me Out」なんか最高。

報告

最高!

ノリに乗れる、否応無しに体が弾む曲
ばかり!

あるさん

1位に評価

報告

戦慄

ジョン・ウェットン、ビル・ブラッフォード在籍時は聞くべし

yessongs

yessongsさん

3位に評価

報告

19Muse

Muse

引用元: Amazon

ミューズ(英: Muse)は、イギリスのロックバンド。1994年にデヴォン州ティンマスで結成。グラミー賞のノミネート3回(うち受賞2回)、全世界でのセールスは1500万枚以上を数える。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

80年代の若者の声を代弁

80年代の若者の声を代弁した、オカルト的な人気を誇るバンド。ジョニー・マーの美しいギターとモリッシーのとげとげしい詩が唯一無二の耽美的な世界観を作り出す。「The Queen is dead」は名盤。

ikko

ikkoさん

6位に評価

報告

イギリス人では1位なんだけどね

わからない。くだらないバンドが多くランクされてる。スミスのモリッシーとジョニーマーを聴け

くれなずめさん

1位に評価

報告

21

21位~40位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

日本のバンドにも注目!

邦楽ロックバンドランキング

日本のヘヴィメタルバンドランキング

イギリス好きはこちらもチェック!

イギリスの観光地ランキング

イギリス料理・食べ物ランキング

イギリスドラマランキング

イギリス映画ランキング

イギリス俳優ランキング

イギリスの美人女優ランキング

イギリスといえばランキング

このランキングに関連しているタグ

芸能人・著名人の新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ