みんなのランキング

ソナチネ(1993年)に関するランキングと感想・評価

ソナチネ(1993年)

引用元: Amazon

最高評価

79.1

(24人の評価)

北野武監督の映画ランキング」で最も高い評価を得ています。

ソナチネ(1993年)の詳細情報

制作年1993年
上映時間93分
監督北野武
脚本北野武
メインキャストビートたけし(村川)、国舞亜矢(幸)、渡辺哲(上地)、勝村政信(良二)、寺島進(ケン)ほか
制作奥山和由
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
参考価格3,418円(税込)

『ソナチネ(Sonatine) 』は、ビートたけしが「北野武」名義で監督した4作目の日本映画である。1993年6月5日全国松竹系ほかで公開。 キャッチコピーは「凶暴な男、ここに眠る。」 日本の国際映画祭「第10回東京フィルメックス」で北野自身は一番思い入れの深い作品に『ソナチネ』を挙げ、「自分の最後の作品にしようと思って、好きなもん撮ってやろうって作った作品と製作時は思っていた」と語っている。 (引用元: Wikipedia)

感想・評価

全 9 件を表示

面白い邦画ランキングでの感想・評価

映画監督・北野武が到達した究極の映画

 今では、『アウトレイジ』シリーズや『座頭市』などのエンターテインメントの印象が強い北野武監督ですが、デビュー作の『その男、凶暴につき』こそヒットしたものの、以降は作家性が強まり、興行成績は下降線をたどります。しかし、その時期は、本当に自分が撮りたい映画を、誰にも媚びずに作る先鋭的な時代でもありました。そのなかでも監督4作目の『ソナチネ』は北野映画の極北ともいうべき傑作です。

 暴力団幹部の村川(ビートたけし)たちは組長から指示を受け、沖縄の抗争に助っ人として向かいます。しかし、彼らが東京からやって来たことで抗争は激化してしまいます。村川たちは人気のない海辺の民家に隠れることになり、時間を持て余しながら事態の沈静化を待つことに。

 ヤクザ映画を観たことがあれば、こうした物語では派手な抗争が見せ場になることが多いことは想像がつくと思いますが、北野監督はヤクザたちが暇を持て余し、ひたすら暇つぶしをする時間を中心に描いています。
 そんな何もない時間が面白くなるのだろうかと思うかもしれませんが、中年の男たちが紙相撲をしたり、花火をして、子どもに返ったかのように無邪気に過ごす姿が、どういうわけか異様に魅力があるのです。沖縄の抜けるような青空と、澄んだ海、砂浜を前にすると時間の感覚が観ている者も薄れていきます。気づいてみれば、この時間がいつまでも続いて欲しいと思えてくるから不思議です。
 しかし、この永遠に続くような退屈な時間が終わるときは、再び抗争に巻き込まれるときです。死がひたひたと間近に迫ってくることを感じる彼らは、舞台となる海辺にひと気がないこともあって、生者なのか死者なのか確信が持てなくなっていくほどです。
 北野映画では、沖縄は特別な空間です。監督第2作『3-4x10月』でも、沖縄パートは異様に面白くなっていましたが、沖縄の時間の流れ、空気感が北野映画とマッチするのです。

 しかし、こうした作り方が災いして、製作費5億円に対し、配給収入は6千万円に終わったと言われており、興行は惨敗に終わりました。北野監督は次回作の『みんな〜やってるか!』という大暴発のお笑い映画を経て、『キッズ・リターン』『HANA-BI』という一般の観客にも受け入れられやすい普遍的な要素を持つ映画へと路線変更し、その質の高さがヒットにつながるようになり、やがて『座頭市』や『アウトレイジ』シリーズのような大衆的な作品も手掛けてヒット作を生むようになっていきます。
 おそらく、『ソナチネ』のようなお金をかけた〈プライヴェート・フィルム〉を作ることは、今後も不可能でしょう。北野映画が到達した唯一無二の作品といえるのではないでしょうか。

吉田 伊知郎

映画評論家

吉田 伊知郎さん (男性・40代)

3位(75点)の評価

ヤクザ映画ランキングでの感想・評価

最高傑作

北野武監督作品であり、自分の中では彼の最高傑作だと思っています。「ソナチネ」の後に「ソナチネ」なく、「ソナチネ」の先に「ソナチネ」なく、という程、思い入れの強い作品でもあります。単なるヤクザ映画ではない人生そのものが動と静の中に語られているような映画でもあるでしょう。

シムタケ

シムタケさん(男性・50代)

1位(100点)の評価

ヤクザ映画ランキングでの感想・評価

北野ヤクザ作品ってことだとやっぱりこの作品が一番だと思う!

全体に漂う心地よい厭世観、沖縄の気だるい暑さ、ヤクザ同士のおバカなじゃれ合いとその後に訪れる静謐、そして独特な暴力描写。物語的にはHANABIの方が楽しめるのかもしれませんが、雰囲気と全体のバランスが最高なのはやっぱりソナチネの方かな。しかし当たり前だけどタケシさんが若い!

ななしぃ

ななしぃさん(女性・30代)

1位(100点)の評価

大杉蓮さんの才能が開花された作品

ソナチネのオーディションでは、顔を見て2秒で帰されて、落ちたと思っていた大杉蓮さんが後日、北野武監督から直接合格の連絡がきて、なぜ僕が、、と驚いたという大杉蓮さんのエピソードは、一部のファンには有名な話でもあります。そんな北野武監督の直感と、運から手にしたヤクザ役を圧倒的な存在感で演じていました。もともと、短い出演予定だった役でしたが、北野監督に気に入られて、脚本を書き直してまでも出演シーンを増やしてもらったというのは有名な話です。

さくら

さくらさん(女性・40代)

2位(95点)の評価

北野作品へのデビュー作

1993年の「ソナチネ」で北野映画に初参戦となります。それまではポルノ映画やB級やC級作品ばかりで売れない役者人生を歩んできましたが、今作によって一躍人気俳優への階段を駆け上がります。演技は終始無表情で、そこが北野武ともマッチして実にいい塩梅なのです。

PC太郎

PC太郎さん(男性・40代)

2位(95点)の評価

沖縄の映像美

初期北野武のギャング映画の傑作。個人的にはマーティン・スコセッシ監督と並ぶ名監督だが、その彼が手がけた初期の傑作。話の流れは鈴木清純監督の「東京流れ者」に酷似しており、義理深い親玉が部下を救助するためにどんどん追い詰められ、かえって自身の立場を不味くしていき、最期に追い詰められるのだが、面白いのは沖縄という地が齎す映像美と北野武独特の「笑い」の感覚が齎すシュールさ、ドライさが微塵もその悲壮感を覚えさせないというところだ。その代り、最期の頭を打ち抜くシーンに全てが凝縮されており、芸術映画としてもエンタメ映画としても個人的には最高傑作である。

キョウジ

キョウジさん(男性・30代)

1位(100点)の評価

ヤクザ映画ランキングでの感想・評価

切なさと映像美と人間の心

北野武監督のファンなので、同じく北野作品から選びました。HANA-BIに続く作品で、やはり北野作品に共通する切なさと映像美は欠かせません。また人間の心の危うさや儚さも描かれていて、何度も見ましたが感慨を覚える作品です。

さとう

さとうさん(女性・40代)

2位(85点)の評価

死生観が変わった

美しいの一言

オミさんの評価

うつくしい

夏の海、童心にかえる男達と血なまぐさい抗争
美しい

ナナリアさんの評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

みんランで人気のランキング

「映画」タグで人気のランキング