みんなのランキング

万引き家族

万引き家族

公式動画: Youtube

制作年2018年
上映時間120分
監督是枝裕和
脚本是枝裕和
メインキャストリリー・フランキー(柴田治)、安藤サクラ(柴田治)、松岡茉優(柴田亜紀)、樹木希林(柴田初枝)ほか
制作石原隆、依田巽、中江康人
製作総指揮是枝裕和
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/

『万引き家族』(まんびきかぞく、英題:Shoplifters)は、2018年6月8日公開の日本映画。是枝裕和監督。 親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていたある家族の実際にあった事件をもとに、是枝が家族や社会について構想10年近くをかけて考え作り上げた。

引用元: Wikipedia

コメント・口コミ

全 51 件中 1 〜 20 件を表示

面白い邦画ランキングでのコメント・口コミ

胸に広がる切なさと優しさ

これも、また絆の物語です。基本的に、優しさや絆を描いた作品が好きなのです。東京の下町に暮らすその一家は、祖母の年金を頼りに誰も働かないで暮らしています。真っ当に働かないどころか、万引きなどの小悪事に子供まで駆り出すロクでなし一家。のはずなのですが、どこか憎めないし、とにかく温かい。

実はこの家族、血は繋がっていない、いわば疑似家族なのですが、実の家族以上に優しい絆で結ばれているという点が、ちょっと象徴的で胸にしみます。つまり、家族だから温かいのではなく、温かいから家族なのだというヒューマンな視点が素敵なのです。

社会の片隅に追いやられた人々への、是枝裕和監督の視線が限りなく優しい。その優しさがあふれ出て来るような、しかもリアルな映像がまた素晴らしいのです。

萩尾 瞳

映画評論家、ミュージカル評論家

萩尾 瞳さん(女性)

2位に評価

松岡茉優出演映画ランキングでのコメント・口コミ

世界も認めた名演技

カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞し、文字どおり世界の頂点になった映画のひとつ。その中でも埋もれることなく、演技を光らせることができるのは秀才の証。このような匂いや息つかいまで伝わるような生活臭のある作品の中でも、とくに変な眩しさを出さずに溶け込めるというのはとても凄いことだと思います。他の役者とのアンサンブルも抜群に素晴らしいです。

シネマンドレイク

映画ブログ『シネマンドレイク』管理人

シネマンドレイクさん

3位に評価

是枝裕和監督の映画ランキングでのコメント・口コミ

スイミーみたいに、なれなかった

高級住宅街の端っこの存在すら否定されたかのようなボロ家に暮らす、
「他人」の「家族」
生きるために悪いことの感覚を鈍らせていく。
ラストに詰問された安藤サクラの流す涙は胸に残って離れない。

私たちは、スイミーみたいに群れを成して力を合わせれば、
強者に勝てると教わり信じてきた。
間違ってはいない。
でも、そうもいかないことのほうが多いのだ。


紛れもなく、
絆のない「血のつながった家族」より、
この「他人」の「家族」は「家族」だった。

あこ

あこさん(女性・30代)

2位に評価

松岡茉優出演映画ランキングでのコメント・口コミ

演技力が凄すぎる

とにかく出演されている皆さんの演技が凄すぎます。その中でも私が思う一番難しい役どころの亜紀を演じられており、だれに対しても優しく、一番主観的なのかなと思いきや、家族に対して客観的に見ている演技は鳥肌が立ちました。作品を通して血縁とは家族とはを問われる中で、彼女が異質の存在としていることで、作品が成り立っていると思い、一位に選びました。

ちょし

ちょしさん(男性・30代)

1位に評価

面白い邦画ランキングでのコメント・口コミ

家族の絆について考えさせられる

このような家族があることについて考えさせられました。非正規労働やすぐに首を切られるパートの仕事、家族のために万引きする子供、虐待される子供…見ていて切なくなります。しかし、立派に仕事をしていても親兄弟と疎遠になっている人達も多いのが現代社会です。ダークな内容ですが最後に色々な思いがよぎる作品です。

かずみき

かずみきさん(女性・30代)

8位に評価

安藤サクラ出演映画ランキングでのコメント・口コミ

不思議な家族のかたち

是枝裕和監督の『万引き家族』。
万引きで生計を立てる一家にスポットを当てた、話題のヒューマンドラマです。
育児放棄、虐待など、現代の社会問題も網羅されていて、非常に見ごたえがありました。
家族において大事なことは、血なのか過ごした時間の濃さなのか……心に響く内容です。おすすめ!

ギャル志望

まつ育中

ギャル志望さん(女性・20代)

3位に評価

是枝裕和監督の映画ランキングでのコメント・口コミ

最高傑作

そんな呼び声も高い本作、樹木希林さんをはじめとする出演者の名演が
光る。
物語のストーリーも前半後半と意味のある作りで、最後のラストシーンへ向かう道中で涙が止まらなかった人は数えきれないほどに多いはずです。
何度でも見直したくなる、万引き家族が私の一位です!

まさ

まささん(女性)

1位に評価

リリーさんにしか出せない父親像

同居する母の年金と息子と共に働く万引きで生計を立てているというとんでもない父親だけれども、リリー・フランキーが演じればなんだか憎めず、愛情や愛着を感じてしまうのです。他の俳優さんではこの感覚は味わえないんだろうなと実感。

すず

すずさん(女性・40代)

3位に評価

樹木希林出演映画ランキングでのコメント・口コミ

家族の意味

オンボロの平屋に治・信代の夫婦、息子、信代の妹、そして樹木希林演じる祖母・初枝の5人で「家族」の物語。家族は、初枝の年金と「万引き」で生計を建てている。一見、貧しくて不幸な家族かと思いきや、家の中は笑いが絶えずみんなが幸せに暮らしていたのだが…

偽り(?)の家族の祖母を演じる樹木希林。リアルな演技に圧倒された。自然な演技で本当にいそうなおばあさん。優しさと悲しさと虚しさと…様々な感情が重なっているように見える演技は樹木希林以外に演じることはできないだろう。有名な入れ歯を外すシーンは、「ヌードより恥ずかしい」と語っていた樹木希林。なんだか人間味溢れるエピソードで、深い深い、魅力を感じる。

作品もとてもおもしろく、非常に考えさせられる「家族」「社会」がテーマ。血の繋がっているだけで家族といえるのか?否、家族とは……
観た人がそれぞれの答えを持つであろう「万引き家族」。
映画としても、樹木希林出演作品としても絶対に見てほしい。

玉川男爵

玉川男爵さん(男性・30代)

1位に評価

是枝裕和監督の映画ランキングでのコメント・口コミ

リアル

こういう家族、今の世の中にはたくさんいるのかもと思わせられる映画でした。血の繋がりはないのに、みんな幸せそうにみえて、万引きはいけないことだけれど、こういう家族のあり方はありなのかもとさえ思わせられる映画。
是枝監督の映画の出演者は誰もが演技力がずば抜けておりますが、私はこの映画の中では安藤サクラの演技が素晴らしいと思いました。血の繋がりがない母親という難しい役から、複雑な気持ちが垣間見れる演技でとても素晴らしかったです。
映画の世界に入り込める素晴らしい作品です。

ノム

ノムさん(女性・30代)

3位に評価

松岡茉優出演映画ランキングでのコメント・口コミ

異端な環境で光る等身大の演技

「万引き家族」という映画をご存知の方も多いのではないでしょうか。
是枝裕之監督の作品で安藤さくらさんが主演、エランドール賞を受賞したことで多くの話題を呼びました。
愛情とは何か、それを強く訴えかけたこの作品の中で、安藤さんや樹木希林さん、リリーフランキーさんなど怪演光る俳優人と同居する女子高生役という難しい設定ですが、役の立場や年齢などを等身大に演じきり、素晴らしい演技を見せていただきました。
個人的に作品自体も好きなので、一位とさせていただきました。

いとう

いとうさん(男性・20代)

1位に評価

是枝裕和監督の映画ランキングでのコメント・口コミ

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞

是枝裕和監督の描く「家族」という形がここに確かに存在する…。
「家族とはなんなのか?」「血の繋がりとはなんなのか?」きっと正解なんてないのだろうけど、そんなことを考えさせられる作品だと思います。
樹木希林さんやリリー・フランキーさん、安藤サクラさん、松岡茉優さんといった名だたる演技派俳優さんたちや、そこに引きをとらない子役たちの凄さと、ぶつかり合って心通わせて作り上げられた自然体な演技が本当に心打たれました。

ひまわり

ひまわりさん(女性)

2位に評価

是定監督×リリー氏

是定監督作品に全て出演しているリリー氏。
なかでもこちらはリリー氏の存在が際立ち、その魅力を存分に引き出しているいる作品。
お調子者でだらしがない父親。でも子供を見捨てることが出来なかったりと、優しい心根もある。
そんな役柄を本当に違和感なく自然に演じ切っている。
安藤サクラや樹木希林、松岡茉優といった演技派揃いの俳優陣の演技にも注目。
後味は非常に悪い映画だが、、印象に残る映画としては成功しているのだろう。

けいぽん

けいぽんさん(女性・30代)

5位に評価

樹木希林出演映画ランキングでのコメント・口コミ

ノンフィクション

カンヌ国際映画祭で最高賞をとったことでも注目を集めた、日本の傑作映画。
親の死亡届けを出さずに年金を不正に貰い続けていたある家族の事件という実話から着想を得て、10年近く構想が練られたとのこと。メガホンを握ったのは、「幻の光」や「ワンダフルライフ」、「そして父になる」、「海街diary」などで知られる、是枝裕和監督。

俳優陣の演技力もさることながら、それだけでは語れない独特の世界観から目が離せません。

みよりん

みよりんさん(女性)

1位に評価

安藤サクラ出演映画ランキングでのコメント・口コミ

あの涙にやられた

もはや、説明はいらないかと思いますが…。

あの年のカンヌ国際映画祭の審査員をしていたケイト・ブランシェットが、是枝監督にジェスチャーで付きで絶賛したと言う、終盤の信代の涙のシーン。
号泣するわけでも、同情を引こうと女々しく泣くわけでもなく、すべてを悟ったように、すっと零れ落ちたあの涙。世界も泣いたはずです。

私の中では、カンヌのパルム・ドールだけでなく、女優賞も安藤さんでした!

おさる

おさるさん(女性・40代)

2位に評価

考えさせられる

この映画で感じたことはやはり是枝作品で常に考えさせられる家族とは何なのかということです。さらにそこにある幸せとは何なのかということです。自分自身の家庭環境とダブらせる、または対比させる、そのような見方をする人が多いのではないかと思います。この映画を観て今後自分は家庭とどのように向き合っていくのかや、どのような家庭を作っていきたいのかなどとても様々なことを考えさせられました。

おかず

おかずさん(男性・20代)

4位に評価

安藤サクラ出演映画ランキングでのコメント・口コミ

切ない、、

安藤サクラさんは子供が出来なかったけど、拾ってきた子供たちに無償の愛を捧げる母親の役でした。
安藤さん演じるお母さんが子供達を愛おしそうに見つめる表情が優しくて泣いてしまいそうになります。
血の繋がりとか関係ない、本当の母親の役を演じていました。
万引きという物騒な言葉を使っているので物議を醸しましたが、とても優しくて切ない家族の話です。

しゃる

しゃるさん(女性・30代)

1位に評価

安藤サクラ出演映画ランキングでのコメント・口コミ

演じるというより憑依している。安藤サクラのすごみを知った。

日本アカデミー賞、カンヌ映画際など、国内外の映画賞を受賞したこの作品。是枝裕和監督が長期に渡って構想を練ったとインタビュー記事で読みました。構想を形にするとき、俳優の力が必要になりますが、安藤サクラさんは演じているというより役の『信代』が憑依してました。観たことが無ければ、観て損はありません。

kanahika

kanahikaさん(男性・30代)

2位に評価

松岡茉優出演映画ランキングでのコメント・口コミ

血の繋がらない、だけど家族

さまざまな事情でひとつ屋根の下に集う、複雑な家族模様が胸に響きました。
子どもに万引きをさせたり、過去に秘密がある偽夫婦の家でありながら、事情のある子どもを助けたりする心の持ち主。
お嬢様に育ったにも関わらず、心が満たされずこの家を選んだ少女を松岡さんが体当たりの演技挑んでいるのが印象的でした。

あず・ばーとん

あず・ばーとんさん(女性・40代)

2位に評価

樹木希林出演映画ランキングでのコメント・口コミ

はまり役

演じている役どころが、ハマり役すぎてとても自然でした。血の繋がりはないのに、それ以上の深い関係性を感じさせる演技力はさすがです。ただの優しいおばあちゃんではなく、特殊な関係で、ずるさも持ち合わせて、それでいていものすごく人間味を感じる。あのような役を演じられる方はなかなかいないと思います。

ノム

ノムさん(女性・30代)

1位に評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「映画」タグで人気のランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?