みんなのランキング

ラスト・フレンズに関するランキングと感想・評価

ラスト・フレンズ

引用元: Amazon

最高評価

83.2

(20人の評価)

長澤まさみ出演ドラマランキング」で最も高い評価を得ています。

ラスト・フレンズの詳細情報

あらすじ・スト-リー母子家庭で育った藍田美知留(長澤まさみ)は、母親が度々男を連れ込んでくるので家に居場所がなく、職場ではひどいいじめを受けていた。どこにも居場所をなくした美知留は、恋人である宗佑(錦戸亮)の提案で同棲を始めることに。そんななか美知留は、高校時代の友人・瑠可(上野樹里)と偶然再会。彼女が性同一性障害で悩みながらも、女性恐怖症に悩む水島タケル(瑛太)と性行為依存症の滝川エリ(水川あさみ)とともに共同生活をしているという話を聞く。一方、同棲を始めてから美知留に対する宗佑の束縛や暴力がエスカレートしていき、まいった美知留は瑠可に助けを求め、シェアハウスで彼女らと一緒に住みはじめる。生活をともにするうちに彼女たちは人との関わりの大切さを知り、前向きに生きようとするが……。
放送年2008年
放送局フジテレビ
原作浅野妙子、百瀬しのぶ『ラスト・フレンズ』
脚本浅野妙子
メインキャスト長澤まさみ(藍田美知留)、上野樹里(岸本瑠可)、瑛太(水島タケル)、水川あさみ(滝川エリ)、山崎樹範(小倉友彦)、西原亜希(平塚令奈)、倍賞美津子(藍田千夏)、錦戸亮(及川宗佑)ほか
主題歌・挿入歌Prisoner Of Love / 宇多田ヒカル
公式サイトhttps://www.fujitv.co.jp/b_hp/lastfriends/
参考価格19,092円(税込)

『ラスト・フレンズ』は、2008年4月10日から同年6月19日までフジテレビ系列で毎週木曜日22:00 - 22:54 (JST) に放送されていたテレビドラマ、全11回。主演は長澤まさみ。略称は「ラスフレ」。 昨今、社会問題化しているDVやセックス恐怖症、性同一性障害などのさまざまな問題を真正面から捉えた作品。様々な悩みを抱えた者たちが、温もりを求めてシェアハウスに集まり、他者との共同生活を通して、人と人との関わりの難しさと大切さを学ぶことで悩みを乗り越え、自分らしく前向きに日々を懸命に生きていく姿をリアルに描く青春世代の人間模様が描かれている。 (引用元: Wikipedia)

キャスト(出演者)・登場人物

すべて見る

感想・評価

全 29 件中 1 〜 20 件を表示

圧倒的な演技力

本当に及川宗佑(錦戸亮)から暴力振るわれていと思ってしまうほどの演技力で、衝撃を覚えたのを覚えています。
こんな完璧な彼女いたら、どんな手段使っても手放したくない、と思う気持ちも分かってしましますよね…。色々すさまじい内容の作品でしたが、最終回のラストでは美知留(長澤まさみ)が幸せそうに笑っていたので安心しました。

だいすけ

だいすけさん(男性)

2位(95点)の評価

完全にヤバい男

錦戸くんといえばアイドルのキラキラしたイメージが強かったのですが、ラスト・フレンズの演技を見てイメージが覆りました。完全にヤバい男でゾッとしました。表向きは優しい好青年、美知留に対しては執着しまくりでDVにまで手を染める男。その二面性に寒気がしたし、錦戸くんの演技が上手いので余計に恐ろしかったです。最後は悲しい結末に終わってしまいましたが、幸福の在り方について深く考えさせられたし、余韻の残るドラマでした。あと単純に錦戸くんがかっこいい。笑

おいたん

おいたんさん(女性・30代)

1位(100点)の評価

衝撃を受けた役

社会問題化しているDVやセックスレスなど、現代人が抱える問題を取り上げたドラマで結構衝撃的な話でした。錦戸亮の役も長澤まさみの演じる役にDVをするけど愛してるという複雑な役で当時タイムリーで見てた時から印象深い役で、いろいろ考えさせられる作品。

まっくろん

まっくろんさん(女性・30代)

1位(100点)の評価

新たな錦戸亮が見れました

作品のなかで錦戸さんは主人公を束縛し暴力で縛り付けるDV男の役をやられていました。それまでの錦戸さんは明るくどこか頼りない男性のイメージな役が多く、新たな一面を見ることができました。
私がすごいと思ったのは、主人公にDVをしているときの錦戸さんの目が本当に怖かったのと、いい人の顔から切り替わる瞬間の演技が(スイッチが入るというのでしょうか)演技だと思えないぐらいリアルで本物の凶器を感じました。また是非ドラマに出て欲しいです。

みさき

みさきさん(女性)

1位(100点)の評価

衝撃!

このドラマは大学生の時に見ていましたが、一種の社会現象にまでなっていた印象を受けます。亮ちゃんの狂気じみた役柄がリアルすぎて、本当に怖かったです。
話にはきくけど、DVする男ってどんなだろうって思っていたら、かなりリアルに見せてくれた。ものすごく切ない感情になりました。もう一回見たい印象深いドラマです。

ポロロン

ポロロンさん(女性・30代)

1位(100点)の評価

錦戸くんの演技が怖かった

恋人からのDV、性同一性障害などそれぞれが抱える問題がとても重いお話で見るのがつらい場面があったけれど、それぞれの悩みを抱えるひとたちと関わることで前向きに生きようとする姿に心打たれました。なかなか声を出しにくいことだけど、ひとと関わることでわかることもたくさんあるのではないかと考えさせられました。そして、何よりDVをする彼氏を演じた錦戸くんが闇のあるひとすぎて少し怖かったです。

ponz

ponzさん(女性)

4位(85点)の評価

とにかく衝撃的でした。

当時まだ学生だったのですが、登場する若者それぞれの抱えた問題がすべて衝撃的でした。
どの問題も身近にはないものだったので、毎回なんともいえない感情が生まれて、なぜかわからないけど泣いてしまっていることが多かったです。
一つの大きな一軒家にみんなで住んでいる設定もすごく楽しそうで、憧れました。
次の日は学校でこのドラマの話で持ち切りで、将来もしシェアハウスをするなら・・・いう話もよくしました。

けむ子

けむ子さん(女性・30代)

1位(100点)の評価

揺れ動く恋愛模様。

長澤まさみさんは恋人から暴力を振るわれる女性を演じていました。
DVをされても加害者から逃げられず、自分は被害者なのに悪いと思い込んでしまうところがリアルでした。
当時はDVについてあまりよく知らなかったのでショックな内容でしたが同時にその怖さを考えるきっかけにもなりました。上野樹里さんとの関係性もドキドキしてしまう内容となっています。

bitter

bitterさん(女性・30代)

1位(100点)の評価

圧倒的な演技力

本当に「及川宗佑(錦戸亮)」から暴力振るわれていと思ってしまうほどの演技力で、衝撃を覚えたのを覚えています。
こんな完璧な彼女いたら、どんな手段使っても手放したくない、と思う気持ちも分かってしましますよね…。
色々すさまじい内容の作品でしたが、最終回のラストでは「美知留(長澤まさみ)」が幸せそうに笑っていたので安心しました。

汐 里

汐 里さん(女性・20代)

2位(94点)の評価

前向きになれるドラマ

若者が抱く色んな悩みや葛藤がテーマになったドラマで、放送当時青春真っ只中だった私にはとても刺さった作品でした。人それぞれに悩みを抱えていて、中身は違えどみんな苦しみながらも前を向こうと頑張って生きているんだと、勇気ややる気をもらえました。出演者も豪華で、また観たいなと思える作品です。

きよみ

きよみさん(女性・30代)

3位(75点)の評価

人には言えない悩みを持つ若者達の群像劇

自分の性について悩む難しい役柄を上手く演じていました。
今では一般的になってきている問題もこの頃はまだそれほど理解がなかったと思います。
上野樹里さんが演じることによって理解が広まった作品です。
ただ重たいドラマではなくて、シェアハウスが舞台となり楽しい群像劇でもありました。
男前で負けん気の強い上野樹里さんも素敵でした。

トッシー

トッシーさん(女性・50代)

3位(90点)の評価

好感度No.1

性同一性障害やDVなどかなり難しいテーマのドラマで、瑛太の演じた役も女性を好きになれない男性。
難しいテーマでしたが、瑛太は誰からも愛される素敵な役柄でした。
男とか女とかじゃなく、1人の人間として尊重し合えることを教えてくれる素晴らしいドラマでした。

キリン

キリンさん(女性・50代)

1位(100点)の評価

性別を超えた愛

衝撃的な脚本の作品だったので、感慨深いなと感じるドラマでした。
人を好きになることについて深く考えさせられると同時に、愛を持って接することがいかに大切かを感じさせてくれる。瑛太演じるヘアメークアーティストのタケルは、叶わない恋だとわかりながらも一所懸命好きな人のために尽くす姿が見ていて辛かったです。性同一性障害や同性愛などに偏見を一切持たず自信の愛を貫く作品にとても感動しました。

きこ

きこさん(女性・30代)

2位(95点)の評価

不器用な愛を表現する演技!

恋人に日常的に暴力を振るう役柄でしたが、その奥にはちゃんと愛があり、それをうまく伝えきれない演技に心を打たれました。衝撃のラストを見てしまった際には、その演技に涙が止まらなくなってしまい、このドラマを見てよかったなと思わせてくれました。

れもん

れもんさん(女性・20代)

1位(100点)の評価

とにかく衝撃だった!

DVやセックス恐怖症、性同一性障害…。当時見たときはまだこれらの社会問題にあまり世間が関心を持っていなかった頃だった。だからこそ、こんなこと現実にある?とある意味興味をそそられた作品。小学生だった自分には怖すぎたな。

ギャルみざわあゆ子

ギャルみざわあゆ子さん(男性・20代)

1位(100点)の評価

いろんなことが…

DVとか性同一性障害とかセックス依存症とか…いろんな、新しい問題について発信してくれたドラマでした。
幸せに見えていても、こういうことってあるのかもしれませんね…

わかさん

わかさんさん(女性・40代)

4位(85点)の評価

まとも

作中に登場する人物の中で、比較的性格がまともな人物だったと記憶している。水川さんの存在を知ったのもこの作品で、クールな顔立ちだなと思ったと思う。
関係ないが、大学時代のバイト先に似た人がいた。

ほろけい

ほろけいさん(男性・30代)

3位(89点)の評価

衝撃的なドラマ

DVや同性愛、LGBTなど、衝撃的なシーンや展開の連続で毎週ハラハラしながら観ていた。上野樹里はのだめの印象が強かったので、ベリーショートのるか役はとても驚いたし、演技派な女優さんなんだと認識させられた。

ぱるるる

ぱるるるさん(女性・30代)

3位(70点)の評価

まとも

永山瑛太が演じた役は、作中でも数少ないまともな性格の持ち主だったと記憶している。正直上野樹里ではなく、長澤まさみの方を好きになればいいのに、と思っていたが、しゃあない。

ほろけい

ほろけいさん(男性・30代)

1位(100点)の評価

二枚目瑛太の切ない役どころに注目

ドラマ自体が、恋人からのDVであったり、同性に惹かれる主人公の複雑な想いだったりバックグラウンドの濃い登場人物ばかりの中、ただひたすら主人公をまっすぐ純粋に想う瑛太の役どころに毎度切ない想いで締め付けられる作品です

tta

ttaさん(女性・40代)

2位(90点)の評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

みんランで人気のランキング

「ドラマ」タグで人気のランキング

JIN-仁-

エンタメ>テレビ

面白いドラマランキング

おすすめの面白いドラマは?

トンイ

エンタメ>テレビ

韓国ドラマ時代劇ランキング

韓国ドラマの時代劇であなたがおすすめしたい作品は?

愛の不時着

エンタメ>テレビ

韓国ドラマランキング

おすすめの韓国ドラマは?

JIN-仁-

エンタメ>テレビ

平成の名作テレビドラマランキング

平成の名作ドラマを教えてください