みんなのランキング

ライフ・イズ・ビューティフル

ライフ・イズ・ビューティフル

引用元: Amazon

制作年1997年
上映時間117分
監督ロベルト・ベニーニ
脚本ロベルト・ベニーニ、ヴィンチェンツォ・チェラーミ
メインキャストロベルト・ベニーニ(グイド・オレフィチェ)、ニコレッタ・ブレスキ(ドーラ)、ジョルジョ・カンタリーニ(ジョズエ・オレフィチェ)、ジュスティーノ・ドゥラーノ(エリゼオ・オレフィチェ)、ゼルジョ・ビーニ・ブストリッチ(フェッルッチョ・パピーニ)ほか
音楽ニコラ・ピオヴァーニ
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:なし
参考価格2,529円(税込)

コメント・口コミ

全 15 件を表示

泣ける映画ランキングでのコメント・口コミ

人生の悲喜交交が詰まった傑作

世界3大映画祭の一つ、カンヌ国際映画祭で審査員グランプリ受賞。主演のロベルト・ベニーニが監督と脚本も努めた傑作。

ユダヤ系イタリア人グイドが恋をして喜びを知り、幸せを掴むまでの前編、ナチスの迫害が強まり強制収容所へと送られてしまう悲しみの後編、というように一つの映画の中で、物語のトーンが一気に変わるところは斬新。

けれど、どんな時も一貫して笑いを忘れないように幸せを引き寄せようとするグイドの姿が、物語が進むに連れ、切なくなってくるのです。
人種差別から生まれた恐ろしい黒歴史から生まれたフィクションは、多くの人に人生の意味を教え、人を悲しませるのは人の愚かな偏見であり、人を幸せにするのは人の純粋な愛だと伝えています。

後世に残したい涙なしでは語れない人間学を是非。

伊藤 さとり

映画パーソナリティ

伊藤 さとりさん(女性)

1位に評価

イタリア映画ランキングでのコメント・口コミ

涙は尽きず

泣いて泣いて、今作を観た次の日は目を腫らしたまま出勤したのを覚えています。

グイドがつき続けた嘘は正しかったのか分からないけど、息子を不安にさせまいとする愛以外での何物でもなかったのではないでしょうか。思い出しただけでも、涙ぐんでしまいます。

あまりにも残酷なホロコーストのなかに、爽やかな夫婦の愛と父の逞しさ…。一生忘れることが出来ない作品のひとつです。

おさる

おさるさん(女性・40代)

2位に評価

泣ける映画ランキングでのコメント・口コミ

素晴らしい家族愛

イタリア映画はこれだけしか見たことがないんですが、もう感動しっぱなしです。当時のユダヤ人への差別の残忍さや過酷さはそこまで描写されていないのが好感をもてます。息子さんが本当にお人形のように可愛いんです!偏見に負けずに闘う、明るくてひょうきんなお父さんは一番のヒーローでかっこよすぎます。妻を想い続け、息子を愛し守り続けた父の家族愛に最後は号泣です…。平凡に家族と過ごす時間がどれだけ大切で貴重なのか教えてくれた作品です。

Miyu

Miyuさん(女性・20代)

2位に評価

泣ける映画ランキングでのコメント・口コミ

はじめの方はとても面白いが、最後に泣けます。

このお父さんがとてもひょうきんな人で、家族は笑いがたえませんでした。でもだんだん戦争が色濃くなって、家族は収容所にはいってしまいます。
そこで、子供に怖がらせないように、お父さんはこれはゲームなんだと子供に伝えます。
最後はお父さんは銃口突きつけられても笑って、子供に悲しい思いをさせませんでした。 家族愛に溢れた本当に素晴らしいえいがです。

aya

ayaさん(女性・30代)

2位に評価

イタリア映画ランキングでのコメント・口コミ

現代のチャップリンが描く苦境の中の笑い。

カンヌ国際映画祭グランプリ、アカデミー賞3部門受賞など数々の栄冠に輝いた90年代イタリア映画の代表作です。ユダヤ人強制収容所での親子の生活を描きながら、人間がいかなる苦境にあってもユーモアを忘れず明るく振る舞わなければならないのだと言うことを教えてくれます。自ら監督・脚本・主演をこなしたジュゼッペ・トルナトーレはまさに現代のチャップリンと言っても過言ではないでしょう。

みきたに

みきたにさん(男性・30代)

2位に評価

泣ける映画ランキングでのコメント・口コミ

究極の家族の愛情

ユダヤ系イタリア人を題材としたこの映画はフィクションでありノンフィクションでもあるため現実的な部分が流れると凄く心打たれる事も多い。特にこの映画は最後まで父の愛情が込められた内容で、涙を流さない方が難しいかも。

ケイ

ケイさん(男性)

1位に評価

イタリア映画ランキングでのコメント・口コミ

イタリア映画最高傑作『La vita è bella』

主役の天才・Roberto Begniniの演技力が全てである当映画。
コメディ色が強く気軽に楽しめる反面、ユダヤの収容など取り扱っているテーマはとても重い。
劇中で子どもがお母さんに語りかけるシーンは必見。
あの喜びに満ちた声質を大人が再現するのは不可能です。
また、残虐な行為が行わるタイミングで、あえてBegniniはおどけて見せることがあります。
シリアスになりすぎず、素人にも取っつきやすい。
全ての調和が上手く取れている映画です。
人生は素晴らしいもの、そんなシンプルなことに改めて気付かせてくれる素晴らしい映画でしょう。

ナンシー

ナンシーさん(男性・20代)

3位に評価

ヒューマンドラマ映画ランキングでのコメント・口コミ

誰よりも子供を愛した男の嘘

世界で一番優しい嘘つきのお父さん。ユダヤ人であったがために、強制収容所へと送られ、母親と離された子供を思い、精一杯の嘘をつくグイドがとても切なく感じました。兵士に銃を突きつけられながら、それでもお茶らけたように歩いていく姿に、涙が止まりませんでした。
グイドが守りたかった、息子ジョズエの明るい笑顔が曇らなかったことだけが、この映画の唯一の救い。

咲希

咲希さん(女性・40代)

1位に評価

泣ける映画ランキングでのコメント・口コミ

過酷な状況下の命懸けの家族愛

ロベルト・ベニーニが監督、脚本、主演をしていて、奥さん役は本当の奥さんの女優ニコレッタ・ブラスキ。
辛く過酷な状況の中のコミカルさがより一層身に沁みて、命懸けの家族愛が伝わってきます。
次作ピノッキオも、ロベルト・ベニーニがピノキオ役、奥さんが美しいブルーフェアリー役をしていて、どれだけ奥さん好きなんだい!って感じです。

スミレ

スミレさん(女性・30代)

3位に評価

戦争映画ランキングでのコメント・口コミ

世界で一番優しい嘘

父と息子の親子の愛の物語。ナチスによって強制収容所に連れて行かれる父と息子。お父さんは息子に「これはゲームなんだよ。買ったら家に帰れるよ!」と気丈に嘘をつきます……。この先はネタバレになってしまうので書けませんが、号泣必死の感動ラストが待ち構えていますよ!

はな

映画・ドラマが好きな都内在住OL

はなさん(女性・20代)

1位に評価

戦争映画ランキングでのコメント・口コミ

優しい嘘

強制収容所に入れられても
これはゲームだよ!
と子どもを不安にさせない嘘。

祖父たち老人組がガス室に
連れて行かれる時も
ほかの場所でゲームをするんだよと…

最後まで子どもの笑顔を守った
父親はすごいと思う。

涙なしでは見られない。

かすみ

かすみさん(女性・20代)

3位に評価

泣ける映画ランキングでのコメント・口コミ

主人公の男性が素敵すぎる

見た目は全然だけど、人間として最高だと思う。思い出しただけで泣いちゃう。最高の旦那さん、最高の父親。
心揺さぶられる映画です。涙。

かん☆

かん☆さん(女性・30代)

3位に評価

面白い映画ランキングでのコメント・口コミ

超大号泣

悲しいけど悲しすぎないところが好き

泣ける映画ランキングでのコメント・口コミ

パパが息子を生かすためにとった意外な作戦とは!?

ユダヤ人収容所に送られたパパと息子、息子は何故送られたのかわからないのですが、パパは意外な方法で息子を生きながらえさせます。混沌とした時代に本当にあった愛のストーリー!!

masacco

masaccoさん(女性・40代)

2位に評価

イタリア映画ランキングでのコメント・口コミ

実は観ないで評価してるアホがおる

誰がトルナトーレやねん。

笑わせよんなさんの評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「映画」タグで人気のランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?