みんなのランキング

ドイツ料理・食べ物人気ランキング!おすすめの名物グルメは?

アイスバインプレッツェルニュルンベルクソーセージシュバイネハクセシュニッツェル

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数20
投票参加者数400
投票数1,280

みんなの投票で「ドイツの人気料理ランキング」を決定! 日本でもなじみ深い、ドイツ料理。ボリューム満点なじゃがいも料理など、保存食文化の影響から、塩気の多い料理が多いのも特徴です。ドイツの定番「ニュルンベルクソーセージ」、子牛のカツレツ「シュニッツェル」、熱い炎で焼いたケーキ「フラムクーヘン」など、肉料理を中心に美味しいご当地グルメが目白押し。あなたがおすすめする、ドイツのおすすめな食べ物を教えてください!

最終更新日: 2021/12/08

このランキングの投票ルール

このランキングでは、ドイツの料理・食べ物が投票対象です。名物・家庭料理・食材など、ドイツをイメージするフードならOK!あなたの好きなドイツ料理に投票してください。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

ドイツといえば!

ドイツのソーセージのなかでも圧倒的人気を誇るのが「ニュルンベルクソーセージ」。
レストランはもちろん、屋台でもおなじみの国民食です。

ハーブが練り込まれたソーセージで、パキッとかじると口の中に肉汁が広がります。
お店では、キャベツのマリネ・ザワークラウトが付け合わせのさっぱり感で、脂っこさも気にならず飽きがこないのでいくらでも食べれる!

報告

ドイツと言えばソーセージ

日本人が接するソーセージのイメージに近い本場の物がニュルンベルクソーセージです。14世紀から存在する歴史の長さ。お好みでマスタードを付けたりしますがそのままでも美味しい‼

報告

これ美味しいのよ

赤レンガでよくドドイツのイベントをやっているのですが、そこで食べたソーセージが美味しくてお酒によく合う!!!結構大きめなので食べ応えが、肉厚もあってとにかく最高です。

ゆあ

ゆあさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

2プレッツェル

プレッツェル

プレッツェル(ドイツ語: Bretzel: ブレーツェル)は、ドイツ発祥の焼き菓子。独特な結び目の形に作られている。小麦粉とイーストを原料とし、焼く前に数秒間水酸化ナトリウム水溶液(3-5%)につける。焼ける間に空気中の二酸化炭素と反応して炭酸ナトリウムと水に変化し、表面が特徴的な茶色になる。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

ねじりパン🥨

ドイツの代表的なお菓子・パンといえば「プレッツェル」。印象に残るカタチとサクもち食感が魅力。日本でも専門店があるため馴染み深いかと思います。本場ドイツではスタンダードなものに加え、バリエーションが豊富。スティック型や編み込みなど形状もさまざまで、ゴマやかぼちゃの種がまぶしてあるものや、ベーコン・チーズといった具材を乗せたピザ風のものまであります。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

1位に評価

報告

本場のは違います。

日本で食べられるプレッツェルの大半は全体的にカリカリの食感で、それはそれで美味しいのですがアメリカ式のプレッツェルらしいです。
本場ドイツのプレッツェルは細い部分はカリカリで、太い部分はモチモチで、焼き立ては特にこの食感の違いがはっきり出て感動的な美味しさです。

報告

腕組みしたような形のパンです。

元々の語源は腕と言う意味で、この独特の形は腕組みしている形と言われている。プレッツェルは柔らかいパン状のものが、ビールを飲んでる大人たちにパブで配られるもので、このクッキー型はのちにアメリカで生まれたもの。塩が効いていてこちらも美味しい。

masacco

masaccoさん

4位に評価

報告
コメントをもっと読む

3シュバイネハクセ

シュバイネハクセ

シュバイネハクセ (Schweinshaxe)は、ドイツ料理の1つで、ローストした豚脚である。特にバイエルン州で好まれる。オーストリアではStelzeと呼ばれ、通常最初にキャラウェイシード、ニンニクとともにマリネか下茹でされ、皮がパリパリになるまでローストされて、マスタード、ホースラディッシュ、唐辛子を添えて提供される。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

食べ応えMAX

ドイツで楽しめる豚料理の定番「シュバイネハクセ」。
豚のすね肉を使ったバイエルン地方の郷土料理です。

皮のパリっと感が絶妙で、中の肉もジューシーで食べ応えがあります。
日本ではタブーとされていますが、ナイフやフォークが垂直に刺された状態で運ばれてくるインパクトのある見た目も◎

報告

やはり豚肉料理。

バイエルン地方の郷土料理で、骨付の豚のスネ肉を煮込んだものです。
初めて見た時、でっかい鳥の骨つき肉だと思ったのですが豚肉で驚きました。

報告

4アイスバイン

アイスバイン

アイスバイン(ドイツ語:Eisbein)は、ドイツ料理を代表する家庭料理である。ベルリンの名物でもある。豚肉(塩漬けの豚すね肉)を、タマネギ、セロリなどの香味野菜やクローブなどの香辛料とともに数時間煮込んで作る。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

スパイスの効いた豚すね肉が美味しい!

塩漬けの豚すね肉を香味野菜と香辛料で煮込んだ料理。ザワークラウトなんかと一緒に食べるととっても美味しい。マスタードなんかをつけて、これまたビールの国でビールのお供にもってこい!

masacco

masaccoさん

2位に評価

報告

柔らかお肉。

ベルリンの名物です。
塩漬けにした豚のスネ肉を香味野菜などと煮込んだものでホロホロです。
初めて食べた時は見た目以上に食べやすかったので驚きました。

報告

5シュニッツェル

シュニッツェル

シュニッツェル(ドイツ語: das Schnitzel, オーストリア方言:das Schnitzerl、ヘブライ語: שניצל‎)は、ドイツ、オーストリアの肉料理。イスラエルでも盛んに食べられる。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

カツレツ

ソーセージと同じくらい人気のドイツ料理といえば「シュニッツェル」。
ドイツ版のカツレツで、日本人にとっても食べやすいです。

がっつり系ですが、揚げたてのサクサク感と食べ応え、ビールとの相性も抜群なので、食べ過ぎ注意。

報告

日本名なら「カツレツ」

肉に小麦粉と卵を付けて揚げる料理です。日本のトンカツと違い、油でなくバターを使って揚げるという違いです。牛、豚、鶏と肉の種類問わずに作られている事が特徴です。

報告

6シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ

シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ

シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ(ドイツ語: Schwarzwälder Kirschtorte)は、ドイツの菓子。「黒い森のサクランボケーキ」を意味する。オーストリアやスイスでも作られる。フランス語でガトー・ド・フォレノワール (gâteau de forêt noire)(「サクランボ」を意味する語が抜けているが同じ菓子を指す)とも言い、日本では単にキルシュとも呼ばれる。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

甘いけど美味しい

見た目通りとっても甘いのでたくさんは食べられないのですが、その甘さがよき。ドイツのスイーツのなかでも有名だと思いますし、とびっきり甘いものを食べたいかたや甘党の方にはぜひ。

ゆあ

ゆあさん

2位に評価

報告

7フラムクーヘン

フラムクーヘン

フラムクーヘン(ドイツ語: flammkuchen)は、アルザス地方(ドイツ南西部、フランス北東部)で生まれた郷土料理である。フラムクーヘンは、フラム(炎)、クーヘン(ケーキ)「熱い炎で焼いたケーキ」という意味である。「Alemannisch Flammekueche 」「 Flammwaie」「 Elsässisch Flammekueche」「 Lothringisch Flammkuche」など様々な呼び方がある。フランス語ではタルト・フランベと呼ばれる。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

熱い炎でやいたケーキ

熱い炎で焼いたケーキと言う意味のフラムクーヘンだが、ケーキとはいえ甘くなく、どちらかと言えばドイツ版ピザに近い。でもチーズではなくサワークリームに玉ねぎ、ベーコンなどを散らして焼いている。あじはサクサクで食感がよくてとっても美味しい。

masacco

masaccoさん

5位に評価

報告

ドイツ南西部で伝わった「ピザ」

薄く広がったパン生地にベーコンや玉ねぎ、サワークリームを載せて焼き上げた伝統料理。イタリアで例えるならピザであります。

報告

豚肉のロースト

バイエルン地方を代表する料理。豚肉をローストするときにビールを使うのがミソだと聞いたことがある。そこはやっぱりビール大国ドイツだな。
付け合わせでよく出てくる”クヌーデル”というジャガイモの団子のようなものがソースにあって最高にうまい。マッシュポテトをモチモチにした感じ。
脂身が少ないのであっさり。そしてビールにぴったり!

Minnie

Minnieさん

1位に評価

報告

9メットヴルスト

メットヴルスト

メットヴルスト(ドイツ語:Mettwurst)は、つけ込んだり燻製したりして保存処理をほどこした生の豚挽肉、メットから作る、風味の強いドイツのソーセージである。これによく似たテーヴルストというやわらかいソーセージもあり、素材に茶(テー)が含まれないにもかかわらずテーヴルストと呼ばれる由来については諸説ある。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

ソーセージです。

脂身の少ない豚挽き肉を使ったソーセージの総称らしいです。
南部ではペースト状、北部ではハードタイプと地方により異なるらしいですが、食した事があるのはペースト状の物で口当たりは滑らかでした。

報告

10ザワークラウト

ザワークラウト

ザワークラウト (Sauerkraut) とは、ドイツにおけるキャベツの漬物。また、それを使った料理も指す。原義は「すっぱいキャベツ」。この酸味は発酵により生じる乳酸によるもので、酢酸の味ではない。よって漬物であるザワークラウトを「酢キャベツ」と和訳することは不適切である。ザウアークラウト、ザオアークラオトとも表記されることがある。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

語源は酸っぱいキャベツ!

語源は酸っぱいキャベツだが、酢などの酸味を加える料理ではない。もともとは、千切りしたキャベツを香辛料と塩で日本の漬物みたいに漬け込んで作り、発酵させた乳酸菌等で酸っぱくなるドイツ版漬物だ。肉料理の多いドイツで、胃をさっぱりさせる名わき役的存在だ。

masacco

masaccoさん

3位に評価

報告

キャベツの漬物

酸っぱい味付のキャベツの漬物です。
但し、酢によって味付けがなり立つのではなく、発酵させた時に生じた乳酸が酸っぱさを作り出しています。

報告

南ドイツの伝統料理

香ばしいかおりが食欲をそそる「シュパンヘルケル」。子豚の丸焼きです。離乳前の子豚が使われ、丸焼きにされたあとスライス+ソースがかけられた状態で提供されます。外の皮はパリッと歯ごたえがあり、お肉の部分はやわらくジューシーでうまみが口にぶわぁーっと。肉自体はシンプルな塩味なので、ソースとの相性が抜群です。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

2位に評価

報告

主成分=90%の水分と豊富なビタミン

ドイツでは、野菜の王様とも呼ばれている「シュパーゲル」。アスパラです。日本でアスパラといえば緑のイメージですが、ドイツでは白がメイン。太くてしっかりとしつつも、春らしい可憐さは持ち合わせているドイツの白アスパラ。バターとレモンで素材の味が楽しめる食べ方が主流です。食べ応えあって、白アスパラ好きにはたまりません。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

3位に評価

報告

シュヴァーベン料理

パスタ生地でひき肉・玉ねぎ・ほうれん草・パン粉を詰めた”マウルタッシェ”をスープに入れた料理。優しい味わいが好き。

Minnie

Minnieさん

2位に評価

報告

14ベルリーナー・プファンクーヘン

ベルリーナー・プファンクーヘン

ベルリーナー・プファンクーヘン(独:Berliner Pfannkuchen)、または短くベルリーナー(Berliner)とは、ジャム入りの揚げパン(クラップフェン)である。/p͡f/音のカナ表記には、他に「ファン」「プァン」などがある。また、英語風にバーリナー、バーライナーとも呼ばれる。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

ドイツ版バーガーかな。

カイザーゼンメルにレバーケーゼを挟んだ食べ物です。
カイザーゼンメルとはロールパンの一種で、レバーケーゼとは細かく挽いた牛肉・豚肉にタマネギなどをみじん切りにした物、それにスパイスを加えて、パウンドケーキのような形に蒸し焼きにした物です。
ハンバーガーより好きかも。

報告

16カリーヴルスト

カリーヴルスト

カリーヴルストまたはカレーヴルスト、クリーヴルスト(ドイツ語: Currywurst, カレーソーセージ)は、ドイツ料理の1つで、特に発祥地であるベルリンやルール地方、ハンブルクで人気のソーセージ料理。ヴルストとはドイツ語でソーセージの意。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

17マウルタッシェ

マウルタッシェ

マウルタッシェ(独: Maultasche)は、ドイツ・シュヴァーベン地方の郷土料理。マウルブロン・タイヒタッシェ(Maulbronn Teigtasche - 標準ドイツ語ではタイクタッシェと発音する)の略。シュヴァーベン式マウルタッシェ (Schwäbische Maultaschen)は2009年以降、EUの原産地名称保護制度によって保護されている。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

18シュペッツレ

シュペッツレ

シュペッツレ(独: Spätzle)De-Spätzle.ogg は、柔らかい卵麺の一種であり、ドイツ、オーストリア、アルザス、南ティロル料理で使われる。Spätzleは、シュヴァーベン語で雀を意味するシュパッツ(Spatz)の縮小形で、スイスではシュペッツリ(Spätzli)または クノップフリ(Chnöpfli)、クネプフレ(Knöpfle)、ハンガリー語でノケドリ(nokedli)またはガルシュカ(galuska)、ポーランド語ではザツィエルカ(zacierka)という。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

洋食・和食のメニューもチェック!

洋食メニューランキング

和食メニューランキング

ドイツについてもっと知りたい人はこちら!

カナダといえばランキング

ドイツビールランキング

ドイツ車メーカーランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ