みんなのランキング

音楽映画人気ランキング!みんながおすすめする名作は?

ボヘミアン・ラプソディ天使にラブ・ソングを…シング・ストリート 未来へのうたレ・ミゼラブル(2012)グレイテスト・ショーマン

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数25
投票参加者数16
投票数56

クラシックやロック、ポップミュージックなどの歌や楽曲をテーマにした“音楽映画”。邦画・洋画問わず、これまでに多くの名作が誕生しています。そこで今回は「音楽映画人気ランキング」をみんなの投票で決定します!スタジオジブリが手掛けるアニメーション映画『耳をすませば』や、大人気ミュージカルを映画化した『レ・ミゼラブル』、伝説のロックバンド・クイーンの伝記ドラマ『ボヘミアン・ラプソディ』など、数ある作品のなかで、1位の座に輝くのは?あなたが好きでおすすめしたい音楽映画を教えてください!

最終更新日: 2022/01/13

注目のユーザー

ランキングの前に

1分でわかる「音楽映画」

劇中の楽曲や人間ドラマが魅力

歌やバンド、合唱やミュージカルなど、音楽を題材とした映画はこれまでに数多く制作されてきました。クラシックやジャズ、ロックやポップミュージックと、作品によって扱う曲のジャンルはさまざまです。そんな音楽映画の見どころといえば、作中に登場する曲や、それらを通じて起こる人間ドラマ。作中で描かれる曲には、人の心を癒やしたり、楽曲の歌詞やメロディに対する新たな解釈を生み出したりと、視聴者にいろいろな影響を与えます。また、音楽を取り巻く人々による人間ドラマは、見る人に笑いと感動を提供してくれます。

音楽映画の主なヒット作品

邦楽・洋楽・アニメ映画、音楽をテーマにした映画作品はこれまでにたくさん誕生しています。名作と呼ばれる作品には、ヴァイオリン職人を夢見る少年が登場するスタジオジブリによるアニメーション作品『耳をすませば』(1995年)や、アンジェラ・アキの名曲『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』を題材にした『くちびるに歌を』(2014年)。さらに、ロングラン上映されているミュージカルを映画化した『レ・ミゼラブル』(2012年)、伝説的ロックバンド"クイーン”のボーカルであるフレディ・マーキュリーの半生を描いた『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年)などがあります。もちろん、多くの人から人気を集める音楽が題材の映画作品は、このほかにも多数公開されています。

関連するおすすめのランキング

全映画で一番面白い作品が決定!

面白い映画ランキング

ミュージカル映画ランキングはこちら!

ミュージカル映画ランキング

音楽漫画・アニメもチェック!

音楽漫画ランキング

音楽アニメランキング

このランキングの投票ルール

このランキングは「音楽をテーマにした映画作品」が投票対象です。ミュージカル映画だけでなく、音楽を題材にした作品であれば邦画・洋画・アニメ映画など、カテゴリは問いません。あなたの好きな音楽映画に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1シング・ストリート 未来へのうた

シング・ストリート 未来へのうた

引用元: Amazon

制作年2016年
上映時間105分
監督ジョン・カーニー
メインキャストフェルディア・ウォルシュ=ピーロ(コナー)、ルーシー・ボイトン(ラフィーナ)、ジャック・レナー(ブレンダン)、エイダン・ギレン(ロバート)、マリア・ドイル・ケネディ(ペニー)ほか
主題歌・挿入歌Go Now / アダム・レヴィーン
公式サイトhttps://gaga.ne.jp/singstreet/

もっと見る

夢に向かって挑戦する“ザ・青春映画”

監督のジョン・カーニーの半自伝的な作品。

主人公の14歳の男の子が気になる女の子の気を引きたくてバンドをはじめ、恋・音楽・夢に向き合っていく“ザ・青春映画”です。

曲作りの過程の描き方や、楽曲が本当に素晴らしい!なかでも僕は、優しく力強いメロディーが魅力的な『Up』という曲が好きですね。

劇中の楽曲にはアメリカの人気バンド「マルーン5」のボーカル、アダム・レヴィーンが参加していて、主題歌の『Go Now』は彼が歌っています。

サントラは作中の時代に一世を風靡した80年代のヒットソングからオリジナルソングまで入っていて、とても豪華でおすすめ!

ミヤザキタケル

映画アドバイザー

ミヤザキタケルさん

1位に評価

報告

歌がいい

とにかく歌がいいです。何曲も作中で流れるのですが、主人公の気分によって大人しめの曲でしたり、元気な時は、パワフルな曲が流れます。作中の歌は好きすぎてサウンドトラックも購入したほどです。はじまりのうたと監督が同じなのですがどちらのえいがも音楽にこだわっているようでとてもいいです。

報告

青春×恋愛×バンド

ジョン・カーニー監督の音楽映画はどれも素敵だけど、私はこの作品が一番好き。劇中歌が本当に良くてサウンドトラックを買って何度も聴いています。
主人公・コズモとラフィーナの恋愛描写が甘酸っぱい感じで可愛い。もう少しバンドメンバーの背景を深掘りしてほしかったと思うのは贅沢かな?

報告

2天使にラブ・ソングを…

天使にラブ・ソングを…

引用元: Amazon

制作年1992年
上映時間100分
監督エミール・アルドリーノ
メインキャストウーピー・ゴールドバーグ(シスター・メアリー・クラレンス)、ハーヴェイ・カイテル(ヴィンス・ラ・ロッカ)、マギー・スミス(修道院長)、シャシー・ナジミー(メアリー・パトリック)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:なし

もっと見る

かっこいいゴスペル

有名な作品。小さい頃に見て衝撃を受けました。賛美歌のイメージががらっと変わりました。音楽って自由でいいんだ、と強く思ったのが懐かしいです。
型破りのシスター、かっこいい賛美歌。でもその方が教会に人が集まるんですよね。古い考えに固執せず自分らしく生きて、それが成功に繋がる、見ていて気持ちのいい映画です。

報告

徐々に元気になっていくシスターたちが面白い

ただの売れない歌手が命を守るために嫌々シスターに扮します。
彼女の得意な歌で教会の聖歌隊を蘇らせるのが一番の見どころです。シスターそれぞれが個性的なのでとても面白いです。思わずクスッとしてしまうこと間違いなしです。

報告

3レ・ミゼラブル(2012)

レ・ミゼラブル(2012)

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間158分
監督トム・フーパー
メインキャストヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)、コルム・ウィルキンソン(司教)、ラッセル・クロウ(ジャベール)、アン・ハサウェイ(ファンティーヌ)、アマンダ・セイフライド(コゼット)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

キャストと歌が素晴らしい!ミュージカルと映画の融合!

ミュージカルらしさを失わずに違和感なく映画になっていて、歌声も素晴らしい!
登場人物それぞれに感情移入できるし、歌も上手くて感動します。
ヒュー・ジャックマンもアン・ハサウェイも大好きでミュージカルも好きなので公開を楽しみに見ましたが、ラッセル・クロウのStarsが哀愁や葛藤が澄んだ歌声に感じられて最高です。
民衆の歌もラストの大合唱も、見れば見るほど大好きになりました!

うみ

うみさん

1位に評価

報告

儚さに泣ける

原作から大人気のこの作品。
時代背景がフランス革命という、出てくる若者たちに思いを寄せるとなんとも切なくなる作品。
また、母として、男として、男女の恋、など見どころがたくさんあって、それぞれの物語がまた感動ものです。

さと

さとさん

2位に評価

報告

4ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ

引用元: Amazon

制作年2018年
上映時間135分
監督ブライアン・シンガー、デクスター・フレッチャー
メインキャストラミ・マレック(フレディ・マーキュリー)、ルーシー・ボイントン(メアリー・オースティン)、 グウィリム・リー(ブライアン・メイ)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)、ジョゼフ・マゼロ(ジョン・ディーコン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:なし

もっと見る

音楽業界の傑作のバンド

バンドマンならではの葛藤、楽しさ、面白さ、そしてメンバー同士のやりとり。
実話だからこそ泣ける最後のエンディング。
このドキュメンタリー音楽映画を観た後には、このクイーンというバンドの曲が生まれ変わる感覚になること間違いなし!

さと

さとさん

1位に評価

報告

ライブシーンの臨場感に感動する!

クイーンの長い歴史を映画の2時間30分ほどにうまくストーリーをまとめているのがすごいのと、どん底に落ちて失ったものから学んで再生していくまでの展開もうまくできている。その流れからのライブエイドのシーンはほんとに感動する!

報告

5グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマン

引用元: Amazon

制作年2017年
上映時間105分
監督マイケル・グレイシー
メインキャストヒュー・ジャックマン(P・T・バーナム)、ザック・エフロン(フィリップ・カーライル)、ミシェル・ウィリアムズ(チャリティ・バーナム)、レベッカ・フーガソン(ジェニー・リンド)、ゼンデイヤ(アン・ウィーラー)ほか
主題歌・挿入歌This Is Me / キアラ・セトル
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:なし
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:なし

もっと見る

音楽が最高

たくさんの曲がありますがどの曲も素敵で、映画を見終わった後に何回も聴いてしまいます。特に好きなのはフィリップとアンが空中ブランコで身分違いの恋の葛藤を歌うシーンです。強く想いあっているのに身分に引き裂かれる辛さが、歌声と空中ブランコのアクションで描かれています。

報告

圧巻の一言

あまり得意ではないミュージカル調の映画なのですが、とてもすんなり見ることができました。かれこれ10回ほど見ましたし、DVDも購入しました。
演出の表現がとても壮大で、圧巻のひとことです。作中の曲も心にグッとくるような歌詞ばかりで感情移入されられる映画でした。

報告

耳に残る音楽

グレイテスト・ショーマンは迫力のある音楽が最大の魅力です。
サーカスという独特の雰囲気の現場が、迫力満点の曲によりさらに盛り上げられて完成度を高めています。
この映画を見たあとはしばらく曲が耳から離れなくなるほど感動し興奮してしまいました。

報告
コメントをもっと読む

6はじまりのうた

はじまりのうた

引用元: Amazon

制作年2013年
上映時間104分
監督ジョン・カーニー
メインキャストキーラ・ナイトレイ(グレタ)、マーク・ラファロ(ダン)、ヘイリー・スタインフェルド(バイオレット)、アダム・レヴィーン(デイヴ)、ジェームズ・コーデン(スティーヴ)ほか
主題歌・挿入歌ロスト・スターズ / アダム・レヴィーン
公式サイト-

もっと見る

ロマンチックなシーンも見どころ

『はじまりのうた』は、第1位で選んだ『シング・ストリート 未来へのうた』と同じジョン・カーニー監督の作品。

キーラ・ナイトレイ演じる主人公の歌手が落ち目の音楽プロデューサーに見出されて、一緒に音楽を作っていくストーリーです。

深夜のニューヨークの街を主人公とプロデューサーの二人が2つのイヤホンをスプリッター(分配機)で1つにつないで、お互いのiPhoneのプレイリストを一緒に聴きながら歩くロマンチックなシーンは見所のひとつ。

この作品のDVDが発売されたとき、おまけでスプリッターがついていたのも粋だなと感じました。

主人公の元[続きを読む]

ミヤザキタケル

映画アドバイザー

ミヤザキタケルさん

2位に評価

報告

自分の好きな俳優さんが出ているのですが、この映画上での役が一番好き

音楽がとてもいいです。海外で大人気のマルーン5のボーカルのアダム・レヴィーンが初出演で歌ももちろん歌っているので、曲を聞いてて、すんなり入ってきます。何よりこの映画を見ようとしたきっかけは、実話であることです。実話の映画というのは山あり谷ありで最後は成功するというサクセスストーリーが多く、まさしくこの映画もそういったながれなのですが、嫌味がないです。見終わったあとが、とてもあっさりしていて元気がもらえます。

報告

7ハイスクール・ミュージカル

ハイスクール・ミュージカル

引用元: Amazon

制作年2006年
上映時間98分
監督ケニー・オルテガ
メインキャストザック・エフロン(トロイ・ボルトン)、ヴァネッサ・ハジェンズ(ガブリエラ・モンテス)、アシュレイ・ティスデイル(シャーペイ・エヴァンス)、ルーカス・グラビール(ライアン・エヴァンス)、コービン・ブルー(チャド・ダンフォース)ほか
主題歌・挿入歌We're All In This Together / ハイスクールミュージカルキャスト
公式サイトhttps://www.disney.co.jp/tv/dc/program/dcom/hsm.html

もっと見る

ミュージカルを好きになったきっかけ

『ハイスクール・ミュージカル』は、アメリカの高校を舞台に、高校生の男女が歌やダンスの楽しさを知り、恋に友情に奮闘する青春ドラマ。

歌って踊れるハッピーなダンスミュージックから、ロマンティックなバラードまで。作品中に流れる音楽の素晴らしさにとことん魅せられました。

ミュージカルを好きになるきっかけになった作品でもあって、1から全シリーズを欠かさずチェックした作品です。彼らが成長していく過程を微笑ましく思いながら見ています。

小倉 ゆうか

女優・モデル・グラビアアイドル

小倉 ゆうかさん

1位に評価

報告

これが物語の原点

大ヒットしたシリーズの第1作目です。
トロイとガブリエラ、そして、なぜガブリエラとシャーペイがそらほどのライバルになったのが分かります。
等身大の高校生の姿が表されていてとても好感を持てます。
歌もダンスも元気をもらえます。

報告

8ヘアスプレー(2007年)

ヘアスプレー(2007年)

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間117分
監督アダム・シャンクマン
メインキャストニッキー・ブロンスキー(トレイシー・ターンブラッド)、ジョン・トラボルタ(エドナ・ターンブラッド)、ミシェル・ファイファー(ベルマ・フォン・タッスル)、クリストファー・ウォーケン(ウィルバー・ターンブラッド)、ブリタニー・スノウ(アンバー・フォン・タッスル)ほか
主題歌・挿入歌You Can't Stop The Beat / ヘアスプレー
公式サイト-

もっと見る

自分の道を突き進む姿が素敵

2007年に公開されたアメリカの映画『ヘアスプレー』は、ミュージカルをそのまま映画にしたような楽しい作品です。

主人公の女子高生「トレイシー」はすごく美人というわけではなく、体型も太っていて、王道のヒロインではないのかもしれない。でも明るく前向きな彼女が、周りの目を気にせず自分の信じる道を突き進む姿は、1人の女性としてとても素敵だと思います。

小倉 ゆうか

女優・モデル・グラビアアイドル

小倉 ゆうかさん

2位に評価

報告

歌とダンスで圧倒されます

とにかく面白いです。
内容も差別反対。というしっかりとしたテーマ曲を掲げています。かと言って重たくなる訳ではなく、歌とダンスで明るく描かれているので面白いです。
メッセージ性は大きいけれど楽しい。というとても工夫された映画です。

報告

9天使にラブ・ソングを2

天使にラブ・ソングを2

引用元: Amazon

制作年1993年
上映時間107分
監督ビル・デューク
メインキャストウーピー・ゴールドバーグ(デロリス・ヴァン・カルティエ)、マギー・スミス(聖キャサリン修道院院長)、キャシー・ナジミー(シスターメアリー・パトリック)、メアリー・ウィックス(シスター・メアリー・ラザラス)、ウェンディ・マッケナ(シスター・メアリー・ロバート)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

パワーアップしたシスターたちの大奮闘

ハチャメチャなシスターたちがさらにパワーアップして帰ってきました。
今回の相手は高校生たちです。彼女たちの歌声には惚れ惚れします。歌うジャンルはそれぞれ違いますが全てが魅力的な歌声で何度聴いても飽きません。
物語もコメディタッチで面白いです。

報告

10マンマ・ミーア!

マンマ・ミーア!

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間108分
監督フィリダ・ロイド
メインキャストメリル・ストリープ(ドナ・シェリダン)、アマンダ・セイフライド(ソフィ・シェリダン)、ピアース・ブロスナン(サム・カーマイケル)、コリン・ファース(ハリー・ブライト)、ステラン・スカルスガルド(ビル・アンダーソン)ほか
主題歌・挿入歌Mamma Mia / ABBA
公式サイト-

もっと見る

元気が出る

マンマ・ミーア!はどこまでも明るくポジティブになれる映画です。
全体的にテンポのいい明るい曲調が多く、ダンスもリズミカルで素敵です。
ここに出てくる女性たちはみんな自由で人生を楽しんでおり憧れてしまいます。

報告

11ビートルズ/イエロー・サブマリン

ビートルズ/イエロー・サブマリン

引用元: Amazon

『イエロー・サブマリン』(Yellow Submarine)は、1968年に製作されたビートルズ初のアニメ映画。出演者は「Starring Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band(サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド)」とクレジットされている。なお一部スタッフは『アニメ・ザ・ビートルズ』にも関わっていた。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

脱稿

この映画だったのか!!!ビートルズのイエローサブマリンをBGMに展開するアニメ映画。海の底のペッパーランドで行われるサージェント・ペッパーズ・ロンリーハーツ・クラブバンドのコンサートをめぐり争いが起きる。バンドの指揮者がリヴァプールまで潜水艦で脱出しビートルズの四人が乗り出す!というお伽話である。

ヤマ

ヤマさん

1位に評価

報告

12アクロス・ザ・ユニバース

アクロス・ザ・ユニバース

引用元: Amazon

『アクロス・ザ・ユニバース』 (Across The Universe) は、2007年製作のミュージカル映画。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

ビートルズファンにはたまらない映画!

映画の中に流れる曲が全曲ビートルズで、登場人物の名前やストーリー、時代背景などもビートルズに関するもので作られてとてもよく作られているのがすごいと思います。映画の中のあらゆるところにビートルズが感じられるところがあるので、ビートルズファンは何度観ても飽きないし、観れば観るほど感動する!

報告

13フラッシュダンス

フラッシュダンス

引用元: Amazon

『フラッシュダンス』(Flashdance)は、1983年に公開されたアメリカ映画。エイドリアン・ライン監督で、プロデューサーであるドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマーの初のコラボレート作品であり、ミュージック・ビデオ・スタイルの表現方法はシンプソンとブラッカイマーのヒット作『トップガン』(1986年)など他の映画に影響を与えた。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

妖艶なダンス

20歳の頃に映画館で見た映画だ。ダンスシーンが焼き付いた。後々、踊るしかない!とダンスと共に日々を過ごす欠かせないものどなった。ダンスのオーディションのシーンで水洗便所を流してしまうシーンが鮮烈だった。

ヤマ

ヤマさん

2位に評価

報告

14ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランド

引用元: Amazon

制作年2016年
上映時間128分
監督デミアン・チャゼル
メインキャストライアン・ゴズリング(セブ)、エマ・ストーン(ミア・ドーラン)、ジョン・レジェンド(キース)、ローズマリー・デウィット(ローラ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://gaga.ne.jp/lalaland/

もっと見る

王道のハリウッドラブストーリー

ストーリー自体は真新しい感じがあるわけではないけど、そこが普遍的な恋愛映画で良いと思う。オープニングのシーンも何度観てもあきない!ストーリーの展開で衣装の変化があったりするのも楽しめる!音楽も良い!

報告

15バーレスク

バーレスク

引用元: Amazon

制作年2010年
上映時間100分
監督スティーブ・アンティン
メインキャストシェール(テス)、クリスティーナ・アギレラ(アリ)、エリック・デイン(マーカス)、カム・ジガンデイ(ジャック)、ジュリアン・ハフ(ジョージア)、アラン・カミング(アレクシス)ほか
主題歌・挿入歌You Haven’t Seen the Last of Me / シェール
公式サイト-

もっと見る

かっこいい!

キャストの歌声が素晴らしく、セクシーで格好良くて憧れます。
なんと言っても曲も素晴らしいのとダンスが格好良い!
登場人物にも好感が持てます。
王道の“恋も仕事も”のサクセスストーリーですが、バーレスクの世界観が大好きです。
ちょっと妖しげでセクシーだけど媚びずに歌と踊りで表現する女性たち、憧れます!
自信をなくしたときに観たい映画です。

うみ

うみさん

2位に評価

報告

16のだめカンタービレ 最終楽章 前編

のだめカンタービレ 最終楽章 前編

引用元: Amazon

制作年2009年
上映時間121分
監督武内英樹
メインキャスト上野樹里(野田恵)、玉木宏(千秋真一)、瑛太(峰龍太郎)、水川あさみ(三木清良)、小出恵介(奥山真澄)ほか
主題歌・挿入歌交響曲第7番 / ベートーヴェン
公式サイト-

もっと見る

キュートなのだめ

音楽大学が舞台の映画だ。映画はテレビドラマと舞台が変わりパリの音楽学校だ。定期公演や国際コンクール優勝など華々しい日々をパリで送るのダメの変わらない気取れないドタバタした日々が映画になった。玉木宏との恋が可愛い感じなのも変わらない。

ヤマ

ヤマさん

3位に評価

報告

17コーラス(2004年)

コーラス(2004年)

引用元: Amazon

『コーラス』(原題:Les Choristes、英題:The Chorus)は、2004年のフランス映画。監督のクリストフ・バラティエが1944年のフランス映画『春の凱歌』を原案に制作した作品である。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

ジャン=バティスト・モニエの“天使の歌声”に注目

2004年にフランスで大ヒットを記録し社会現象を巻き起こした本作。問題児と教師が音楽によって交流を深めていく。王道だけれどもフランス映画らしく落ち着いた雰囲気。
子供達が音楽を通して輝いていくところに、音楽の持つ力というものを再確認した。子供達に寄り添うマチュー先生の温かさ、こんな先生に出会いたかったな。

報告

18セッション

セッション

引用元: Amazon

制作年2014年
上映時間106分
監督デイミアン・チャゼル
メインキャストマイルズ・テラー(アンドリュー・ニーマン)、J・K・シモンズ(テレンス・フレッチャー)、ポール・ライザー(ジム・ニーマン)、メリッサ・ブノワ(ニコル)、オースティン・ストウェル(ライアン・コノリー)、ネイト・ラング(カール・タナー)、クリス・マルケイ(フランクおじさん)、デイモン・ガプトン(Mr.クラマー)ほか
主題歌・挿入歌Whiplash
公式サイトhttp://session.gaga.ne.jp/

もっと見る

彼らと同じような夢への努力ができてるか?

『ラ・ラ・ランド』でも有名なデイミアン・チャゼル監督の作品。

ジャズドラマーに憧れて全米で一番有名な音楽学校へ入学した主人公が、鬼教師にスパルタ指導を受けながら成長していくストーリーです。

音楽にかける愛が強いからこそ生まれる師弟のぶつかり合いや、どんなに熱血指導を受けても耐えて、上り詰めていく主人公の根性がすごい!

サントラには鬼教師と主人公の印象的な出会いのシーンが台詞入りの曲(『What's Your Name(If You Want The Part, Earn It) 』)としても入っているんですよ。

反復練習の[続きを読む]

ミヤザキタケル

映画アドバイザー

ミヤザキタケルさん

3位に評価

報告

努力の大切さを教えてくれる映画

『セッション』は、世界的ドラマーを目指す青年・アンドリューが主人公の音楽映画です。

鬼教師・フレッチャーのパワハラ的レッスンに耐えながら、狂気じみた練習を続ける主人公の姿を見ていると努力することの大切さと、ときには努力が実らない理不尽さを教わります。

ちなみに私は悪いところがあったら、しっかりと指摘をして欲しいタイプ。だけどフレッチャーみたいに「なにやってんだ馬鹿野郎!」みたいな、暴言を吐きながら注意する人は正直苦手です。

小倉 ゆうか

女優・モデル・グラビアアイドル

小倉 ゆうかさん

3位に評価

報告

怖かった

映画のパッケージがまず怖い。緊迫した空気感がとても感じられ、役として演じているように思えないほどでした。
作中の感じは、静かで、まるでホラー映画を見ているかのようなハラハラ感がありました。ラストの5分のクライマックスは圧巻です。

報告
コメントをもっと読む

19ハイスクール・ミュージカル2

ハイスクール・ミュージカル2

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間104分
監督ケニー・オルテガ
メインキャストザック・エフロン(トロイ・ボルトン)、ヴァネッサ・ハジェンズ(ガブリエラ・モンテス)、アシュレイ・ティスデイル(シャーペイ・エヴァンス)、ルーカス・グラビール(ライアン・エヴァンス)、コービン・ブルー(チャド・ダンフォース)ほか
主題歌・挿入歌What Time Is It / ハイスクールミュージカル2キャスト
公式サイト-

もっと見る

トロイとガブリエラの関係に注目

友達からカップルとなったトロイとガブリエラの夏休みがテーマです。
前作よりもペアでの歌とダンスが多くなっていて友達からカップルとなったのがよく表現されています。
そして、前作よりもダンス、歌とパワーアップしているのでかなり見応えがあります。

報告

歌いながら死んだシンガー

ジャニス・ジョップリンがいかにシンガーになり、いかにシンガーであることを貫いて死んだかを映画にした作品である。迫力のある歌と悲劇として注目された麻薬や男に溺れる私生活が、舞台と対称をなし、27歳という若さで死に向かって突き進む。ラストシーンが舞台で歌いながら死するという終わり方だッたことに感動した。

ヤマ

ヤマさん

4位に評価

報告

21

21位~25位を見る

運営からひとこと

作中に登場する楽曲や、人物たちが繰り広げるストーリーなど、多くの見どころが詰まった名作が集う「音楽映画人気ランキング」。このほかにも、ミュージカル映画ランキングや音楽漫画・アニメのランキングなど、音楽好きにおすすめのランキングを公開しています。ぜひCHECKしてください!

関連するおすすめのランキング

関連するおすすめランキング
全映画で一番面白い作品が決定!

面白い映画ランキング

ミュージカル映画ランキングはこちら!

面白い映画ランキング

映画ジャンル別の人気作品もチェック!

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

恋愛映画ランキング

泣ける映画ランキング

コメディ映画ランキング

音楽漫画・アニメもチェック!

音楽漫画ランキング

音楽アニメランキング

吹奏楽の名曲にも注目!

吹奏楽の曲ランキング

吹奏楽コンクールの課題曲ランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

ページ内ジャンプ