みんなのランキング

歴代スーパー戦隊シリーズ人気ランキング!最も面白い戦隊ヒーロー作品は?

特捜戦隊 デカレンジャー海賊戦隊 ゴーカイジャー侍戦隊シンケンジャー烈車戦隊 トッキュウジャー快盗戦隊 ルパンレンジャー VS 警察戦隊 パトレンジャー

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数44
投票参加者数1,181
投票数4,144

みんなの投票で「歴代スーパー戦隊シリーズ人気ランキング」を決定!およそ45年続く人気の特撮ドラマ「スーパー戦隊シリーズ」。戦隊ヒーロー達のかっこいい変身シーンや技、大迫力のバトルシーンは、子供から大人まで幅広い層の心を掴んできました。シリーズ1作目の『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975年)をはじめ、アメリカでリメイクされた『恐竜戦隊ジュウレンジャー』(1992年)、シリーズ最新作『魔進戦隊キラメイジャー』(2020年)などがランクイン?あなたが面白いと思う戦隊シリーズを教えてください!

最終更新日: 2021/09/23

ランキングの前に

1分でわかる「スーパー戦隊シリーズ」

子供から大人まで愛されるスーパー戦隊シリーズ

1975年の『秘密戦隊ゴレンジャー』放送開始から長年にわたり放送されている、大人気特撮ドラマシリーズ「スーパー戦隊」。「仮面ライダーをチームヒーロー化させる」という番組案が、誕生のきっかけといわれています。小児をメインターゲットとして放送してきた戦隊ものですが、幼少期に初期の作品を見ていた世代の多くが親世代となり、さらにその子供に受け継がれることで、時を超えて幅広い年齢層へと浸透していきました。

スーパー戦隊シリーズに出演していた有名俳優

シリーズの長期化につれて、かっこいい新人俳優を起用する傾向が強まった、スーパー戦隊シリーズ。「平成 仮面ライダーシリーズ」と同様に、現在では「若手俳優の登竜門」と呼ばれています。現在もテレビドラマや映画で大活躍中の、玉山鉄二や松坂桃李、千葉雄大といったイケメン俳優たちも、過去にスーパー戦隊シリーズに出演。ほかの作品でみせる顔とは異なるイメージのため、驚く人も多いはず。

関連するおすすめのランキング

スーパー戦隊シリーズの役者ランキングはこちら!

スーパー戦隊ヒーロー俳優ランキング

戦隊ヒロインランキング

仮面ライダーシリーズランキングもチェック!

平成ライダーシリーズランキング

歴代仮面ライダー俳優ランキング

仮面ライダーヒロインランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、これまで放送された「スーパー戦隊シリーズ」に投票が可能です。あなたが好きなシリーズに投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1侍戦隊シンケンジャー

侍戦隊シンケンジャー

引用元: Amazon

放送年2009年
放送局テレビ朝日
脚本小林靖子、大和屋暁、石橋大助
メインキャスト松坂桃李(志葉丈瑠/シンケンレッド)、相葉弘樹(池波流ノ介/シンケンブルー)、高梨臨(白石茉子/シンケンピンク)、鈴木勝吾(谷千明/シンケングリーン)、森田涼花(花織ことは/シンケンイエロー)、相馬圭祐(梅盛源太/シンケンゴールド)、夏居瑠奈(志葉薫/姫シンケンレッド)、伊吹吾郎(伊吹吾郎)ほか
主題歌・挿入歌侍戦隊シンケンジャー / サイキックラバー
四六時夢中シンケンジャー』
シンケンジャー『四六時夢中シンケンジャー 〜銀幕版〜 / 高取ヒデアキ
公式サイトhttps://www.toei.co.jp/tv/shinken/

もっと見る

レッドが影武者という驚き

何といっても最終回近くになって、レッドは影武者であり、本当のレッドは他にいたことが判明するという驚きです。真のレッドのみが敵のボスを封印する力を持つため、戦闘の最前線には出ずに潜んでいたのです。そして、それはスーパー戦隊史上唯一の女性レッドでした。

半生

半生さん

3位に評価

主役はあの有名俳優さん

主人公のシンケンレッドを演じていたのはあの松坂桃李さんです。本当にカッコいいヒーローでした。私が松坂桃李さんのファンなので選んだということもありますが、侍をテーマにしていて刀さばきが最高でした。格好良さでは上位の戦隊モノシリーズです。メンバー内で上下関係があるという侍時代を感じさせる独特な戦隊モノになっていて珍しくて良かったです。

終盤に出てくる怒涛の展開!

レッドが圧倒的に上であり
他は配下っていう戦隊です
しかしながら他の方も書いてますが
なんと言っても主役であるレッドが
影武者である事(偽物みたいな感じ)
真のレッドは雲隠れしていて
途中から出てきます
シリーズ唯一の女性レッド!
他にもラスボス戦への下りなど
これでもかと言わんばっかりの展開
脚本小林靖子恐るべし
としか言いようが無い

コメントをもっと読む

歴代戦隊ヒーローになれるのが超感動的だった!

海賊戦隊ゴーカイジャーの最大の特徴である、ゴレンジャーから始まる歴代戦隊ヒーローに、レンジャーキーを差して変身できてしまうというところが凄く感動的でした。懐かしいレジェンドヒーローを毎回見られましたし、個人的に史上最強戦隊ヒーローではないかと思っているからです。

懐かしい!

ゴーカイジャーは今まで出てきたスーパーヒーローに変身する能力を持っているので、以前見ていたヒーローが出ると懐かしくなります!海賊というのが斬新な発想ですが、話の進め方や主人公の成長は正に王道で面白いです!

歴代スーパー戦隊好きなら絶対見よう

35周年作品として作られた物で
各話のゲストととして
歴代のスーパー戦隊俳優が出演してます
モノによってはスーパー戦隊の後日談など
描かれてますよ
ただ個人的には
14話いまも交通安全
24話愚かな地球人 を
見て欲しいですね
なんじゃコレ?戦隊モノか…
って思うでしょうね

コメントをもっと読む

3烈車戦隊 トッキュウジャー

烈車戦隊 トッキュウジャー

引用元: Amazon

放送年2014年
放送局テレビ朝日
脚本小林靖子、大和屋暁、會川昇
メインキャスト志尊淳(ライト/トッキュウ1号)、平牧仁(トカッチ/トッキュウ2号)、梨里杏(ミオ/トッキュウ3号)、横浜流星(ヒカリ/トッキュウ4号)、森高愛(カグラ/トッキュウ5号)、長濱慎(虹野明/トッキュウ6号)、 大口兼悟(闇の皇帝ゼット)、関根勤(車掌)ほか
主題歌・挿入歌烈車戦隊トッキュウジャー / 伊勢大貴
ビュンビュン!トッキュウジャー / Project.R
公式サイトhttps://www.tv-asahi.co.jp/tqg/

もっと見る

衝撃的な設定

主人公達に隠された設定が明らかになったとき、それまでなんとなく感じていた違和感に合点がいって伏線の張り方に脱帽しました。
残酷な運命を知ってもなお未来を諦めない主人公達の「イマジネーション」に涙した作品です。

男の子が好きな要素が多い

男の子が大好きな列車が全面に出ており、各戦隊のカラフルな衣装も列車を想像させ楽しくなります。オープンニングからカラフルな列車が行き交うシーンで格好良いです。トッキュー1号役の俳優・志尊淳さんがまだ若く初々しい姿で見ていて嬉しくなります。

変身シーンが最高!

変身シーンが面白くてかっこいいです!この作品は電車がモチーフになっていて、変身の際にも電車っぼい部分が多く魅力的です!ストーリーはドラマっぽく、出ている俳優さんたちもカッコイイので観ていて飽きない作品です!

コメントをもっと読む

4特捜戦隊 デカレンジャー

特捜戦隊 デカレンジャー

引用元: Amazon

放送年2004年~2005年
放送局テレビ朝日
脚本荒川稔久、武上純希、横手美智子
メインキャスト載寧龍二(赤座伴番/デカレッド)、林剛史(戸増宝児/デカブルー)、伊藤陽佑(江成仙一/デカグリーン)、木下あゆ美(礼紋茉莉花/デカイエロー)、菊地美香(胡堂小梅/デカピンク)、吉田友一(姶良鉄幹/デカブレイク)、石野真子(白鳥スワン/デカスワン)ほか
主題歌・挿入歌特捜戦隊デカレンジャー / サイキックラバー
ミッドナイト デカレンジャー / ささきいさお、森の木児童合唱団
公式サイトhttps://www.toei-video.co.jp/special/dekaren/

もっと見る

バラエティ豊富なストーリー

警察と戦隊モノとを掛け合わせることで、正義のヒーロー感が他のシリーズにも増して強く残っています。
ストーリーも犯罪を取り締まるものになっていて、警察物という設定を取り入れたことにより、従来の悪の組織が事件を起こし、それを解決していくという定番から少し外れたバラエティ豊富なストーリー性が魅力です。

たつ

たつさん

3位に評価

大人も楽しめるストーリー

大人向けのストーリーもあり、子供だけでなく大人も楽しめる。いわゆる刑事(デカ)モノで、敵の組織が存在しない(各回犯罪者を倒す)1話完結で見やすい。5人が個性的で、変身前の制服も格好良く、エンディングも素晴らしい。今見ても色褪せない名作。

強い思い

警察の戦隊で人それぞれ持っている力でもチームプレイで何事も諦めないとこが良かったです

コメントをもっと読む

もはや子供向け番組を超越した、深い人間ドラマ

私は基本的に人間同士のドラマを最大の楽しみにしており、正直巨大ロボと怪獣が戦うところは二の次になってしまっています。
この作品はそのドラマパートがおそらく史上最高のクオリティで、これからもそうそう並ぶものは出ないのではと考えているほどです。
そもそも構成からして、「戦隊対戦隊対悪の組織」という反則的なことをしていますから深みが出て当然といえば当然ですが、それでも枠組みとしては同じ番組内、シリーズ内ですから、余程よく練らないと中途半端になってしまうはずです。
「ルパパト」は最後までこの「戦隊同士が対立する」図式を貫きながらしっかりと悪とも戦い、悪側の自滅などお手軽な解決策にも一切頼らないでヒーローを爽快に描ききった点が素晴らしいと思います。

異なる正義の対立

ルパンレンジャーとパトレンジャーの異なる正義の対立が描かれました。変身後は対立しつつも、変身前の素顔の状態では絆を深めていく戦士たち。「途中から1つの戦隊になるのでは?」という予想が当初されていました。しかし、最終回のラストシーンまで対立したままで終わるのが良かったです。敵対しながらも、それぞれの複雑な思いがこれでもかと伝わって来ました。

半生

半生さん

2位に評価

予定調和に走らなかったVS戦隊

恐らく2度は使えないだろう2つの戦隊のVSという設定。
怪盗と警察がどちらも信念に基づいて行動し、絶対悪を加えた三つ巴の構図を最後まで崩さなかったことが素晴らしい。
また追加戦士が両方の戦隊に通じているという設定も良かった。

コメントをもっと読む

6未来戦隊 タイムレンジャー

未来戦隊 タイムレンジャー

引用元: Amazon

放送年2000年~2001年
放送局テレビ朝日
脚本小林靖子、山口亮太、井上敏樹、竹本昇
メインキャスト永井マサル(浅見達也/タイムレッド)、勝村美香(ユーリ/タイムピンク)、城戸裕次(アヤセ/タイムブルー)、小泉朋英(ドモン/タイムイエロー)、倉貫匡弘(シオン/タイムグリーン)、笠原紳司(滝沢直人/タイムファイヤー)ほか
主題歌・挿入歌JIKŪ~未来戦隊タイムレンジャー~ / 佐々木久美
公式サイト-

もっと見る

敵を殺さない正義の味方

他の戦隊モノとは一線を画す、一風変わった戦隊モノという印象が強く残っています。特に敵を殺さず圧縮冷凍っていうのが個性的で、悪人は消すんじゃなくて生かす、生かして更生させるのかな?と子供ながらに考えていたのを覚えています。あとはくせの強い追加戦士、個性的なOP全てが印象深く残ってます。

たつ

たつさん

5位に評価

重厚なストーリー

私が幼少期に初めて触れたスーパー戦隊でしたので、とても思い入れが深いのが一番の理由です。
子供の頃は大きな剣・銃に夢中でしたが、ストーリーが理解できるようになってから見返すと、物語の深さに驚きました。時を超えた恋愛というテーマに触れているのも良い。
時空を超えて出会った仲間との友情に胸を打たれる作品だと思います。

永井大さんのファンだからです!

レッド役が永井大さんで、とても優しくて魅力的なレッドでこの戦隊ものも好きです。今でも維持されている素晴らしい体の持ち主ですが、当時もすごく引き締まった筋肉の体つきをされていて、かっこよすぎました。人単体だったら一番かっこいいかもしれません。

コメントをもっと読む

7手裏剣戦隊 ニンニンジャー

手裏剣戦隊 ニンニンジャー

引用元: Amazon

放送年2015年
放送局テレビ朝日
脚本下山健人、毛利亘宏
メインキャスト西川俊介(伊賀崎天晴/アカニンジャー)、松本岳(加藤・クラウド・八雲/アオニンジャー)、中村嘉惟人(松尾凪/キニンジャー)、矢野優花(伊賀崎風花/シロニンジャー)、山谷花純(百地霞/モモニンジャー)、多和田秀弥(キンジ・タキガワ/スターニンジャー)ほか
主題歌・挿入歌さぁ行け!ニンニンジャー! / 大西洋平
公式サイトhttps://www.tv-asahi.co.jp/ninnin/

もっと見る

変身シーンが格好良い

忍者一番刀に手裏剣をセットして変身するシーンが格好良いです。その時に流れる「ニンニンニン」というバックミュージックもノリが良く、耳に残るフレーズでした。手裏剣の種類を変えることで変身が変化するのも面白かったです。

毎週見てました!

手裏剣レッド役の西川くんが、滑舌イマイチなんですが、カッコイイっす。

キャラが濃い!

毎回のちょっとした小ボケシーンも面白いけど、なにより加藤・クラウド・八雲(青)がツボです。芝刈り機の回はとてもいいので見て欲しい。

コメントをもっと読む

8魔法戦隊 マジレンジャー

魔法戦隊 マジレンジャー

引用元: Amazon

放送年2005年~2006年
放送局テレビ朝日
脚本前川淳、荒川稔久、横手美智子、大和屋暁
メインキャスト橋本淳(小津魁/マジレッド)、松本寛也(小津翼/マジイエロー)、甲斐麻美(小津麗/マジブルー)、別府あゆみ(小津芳香/マジピンク)、伊藤友樹(小津蒔人/マジグリーン)、渡辺梓(小津深雪/マジマザー)ほか
主題歌・挿入歌魔法戦隊マジレンジャー / 岩崎貴文
公式サイト-

もっと見る

物語が特殊

一家の兄妹全員で一つのスーパーヒーローというのも中々珍しいと思いました。何よりも、適役で出てきた魔導騎士ウィーザードが小津一家の父親で偉大なる魔法使いだったが戦いに破れて洗脳されていたという設定には度肝を抜かれました。

shuto

shutoさん

3位に評価

兄弟が魔法戦士となり、末っ子がレッドという設定も面白かった!

マジレンジャーは母親を失い、兄弟が魔法戦士となり戦う物語でした。主役であるマジレッドを末っ子が務めるという設定に個人的に興味深く感じられ、それを兄や姉達が支えていくというストーリーに家族の絆の強さや大切さも学べて印象に残っているからです。

魔法使い

このマジレンジャーも大好きだった。魔法使いの話で、ヒーローたちが自ら魔法で大きくなり闘う。主人公5人が兄妹で家族としての絆もあり、ストーリーが子どもでも共感しやすくて見やすい。女の子のヒーローも2人いて、可愛くて好きだった。

コメントをもっと読む

9百獣戦隊 ガオレンジャー

百獣戦隊 ガオレンジャー

引用元: Amazon

放送年2001年~2002年
放送局テレビ朝日
脚本武上純希、赤星政尚、酒井直行、中洲千恵次郎
メインキャスト金子昇(獅子走/ガオレッド)、堀江慶(鷲尾岳/ガオイエロー)、柴木丈瑠(鮫津海/ガオブルー)、酒井一圭(牛込草太郎)、竹内実生(大河冴/ガオホワイト)、玉山鉄二(大神月麿/ガオシルバー)ほか
主題歌・挿入歌ガオレンジャー吼えろ!! / 山形ユキオ
公式サイト-

もっと見る

金子さんがかっこよすぎる

なんとなくテレビをつけるといつもやっていて見ていた戦隊ものです。金子昇さんをこのときに知ったのですが、ガオレッドとして活躍されていて、めちゃくちゃかっこよくて俳優さんも好きになるきっかけでした。とても印象に残っています。

レッドが今までで一番かっこよかった

ガオレンジャーのレッドの役をしている人がかっこよくて見ていました。戦隊モノの中で1番かっこよかったと思います。ストーリーも笑いありで凄く面白かったです。なにより、変身する時のシーンがかっこよくて良かったです。

みの

みのさん

2位に評価

ガオシルバーの存在感

序盤では基本的に他作品とあまり違いがないように感じましたが、ガオシルバーが登場する辺りからだいぶ雰囲気が変わってきました。

shuto

shutoさん

1位に評価

コメントをもっと読む

10爆竜戦隊 アバレンジャー

爆竜戦隊 アバレンジャー

引用元: Amazon

放送年2003年~2004年
放送局テレビ朝日
脚本荒川稔久、浦沢義雄、前川淳、會川昇、鈴木竹志
メインキャスト西興一朗(伯亜凌駕/アバレッド)、冨田翔(三条幸人/アバレブルー)、いとうあいこ(樹らんる/アバレイエロー)、阿部薫(アスカ/アバレブラック)、田中幸太朗(仲代壬琴/アバレキラー)、桜井映里(マホロ/破壊の使徒ジャンヌ)、加々美正史(ミズホ/暗黒の使徒ガイルトン、甲冑の剣士)ほか
主題歌・挿入歌爆竜戦隊アバレンジャー / 遠藤正明
We are the ONE 〜僕らはひとつ〜 / 串田アキラ、森の木児童合唱団
公式サイト-

もっと見る

子どもの頃大好きだった

このアバレンジャーがちょうど幼稚園くらいの時でずっと見ていた記憶がある。恐竜をモチーフにしていてとても迫力があり、かっこいい。ストーリーとしても恋愛や友情、そして裏切りなども含まれていて、大人になり見ても深い話。

戦隊モノ×恐竜のコラボ

男の子が好きな「戦隊モノ」と「恐竜」の組み合わせは、子供にとっては虜でしかなかった。
私達が住んでいる地球ともうひとつのダイアノースという地球が存在していて、ダイアノースでは絶滅されたとした恐竜たちが独自の進化を遂げて生きながらえ爆龍となった、という爆龍の設定も魅力。
この設定も子供にとっては、本当にこの世界のどこかで同じように恐竜が生きているんじゃないか、と想像してしまう高揚感がたまりませんでした。
あとは主題歌の「アバ、アバ、アバ、アバ、アバレンジャー」というフレーズも耳に残り、つい口ずさんでしまう中毒性がありました。

たつ

たつさん

1位に評価

歌が良かった

ストーリー自体はよくある展開という感じでしたが、最後に流れるエンディングの歌が凄くよくて良く歌っていました!耳に残るような歌で気づいたら歌ってるという感じで、終わったあと必ず一緒に歌っていた戦隊モノだったなと印象に残っていました。

みの

みのさん

3位に評価

コメントをもっと読む

無限の可能性と教育にも

主人公のリーダー(レッド)は、絵を描いて創造する。ゼロから作り出す子供に無限の可能性を教えるこができる。敵も、オーブンと冷蔵の敵(邪面)では、温度差でものを壊したり、百人一首邪面では、百人一首に興味を持ってもらうチャンスがあるなど、教育にも役立つ。

底抜けの明るさ。多様性を認めてくれる現代らしい戦隊。

コロナ渦で、とにかく明るい
キラメイジャーに救われました。

裏切りとかもなく真っ直ぐな気持ちで
見れました。

また多様性をそのままでいいと
それぞれの輝きを認めてくれたり

令和らしい戦隊。
戦隊にハマるきっかけをくれた
大切な作品です

みか

みかさん

1位に評価

みんなが輝いたスーパー戦隊

とにかく全員のキャラが立っていて、美男美女揃い。明るい作風もいまの時期にはパワーをもらえる。

最高のレッド弾北斗。さん

4位に評価

12忍者戦隊 カクレンジャー

忍者戦隊 カクレンジャー

引用元: Amazon

放送年1994年~1995年
放送局テレビ朝日
脚本杉村升、荒川稔久、高久進、曽田博久、藤井邦夫
メインキャスト小川輝晃(サスケ/ニンジャレッド)、広瀬仁美(鶴姫/ニンジャホワイト)、土田大(サイゾウ/ニンジャブルー)、河合秀(セイカイ/ニンジャイエロー)、ケイン・コスギ(ジライヤ/ニンジャブラック)、遠藤憲一(貴公子ジュニア/ガシャドクロ)ほか
主題歌・挿入歌シークレット カクレンジャー / トゥー・チー・チェン
ニンジャ! 摩天楼キッズ / トゥー・チー・チェン
公式サイトhttps://www.toei-video.co.jp/special/kakurenger/

もっと見る

忍者最強

日本を代表する忍者が活躍する戦隊モノで迫力がありました。「カクレンジャー」という名前も、忍者を連想させて面白いです。近所の幼稚園児や低学年の男の子達は皆大好きで、定番の遊びだった印象があります。外国人にも人気がありそう。

sumire08

sumire08さん

3位に評価

カクレンジャー!ニンジャニンジャ!!!

ウルトラマンパワードと並ぶケインコスギの特撮代表作。

この作品の良さは妙にリアルなキモさ。赤い猿のロボットや、青い犬?のロボットがリアル路線で、夢に出てきそうなくらい怖い。だけど、なんかかっこ良いんだよなぁ。不思議。合体ロボットの名前に、"ダイショウグン"がつくのも作品の世界観に沿ったオリジナリティで良い。

そして何より、トゥー・チー・チェンの歌うシークレットカクレンジャーは必聴!!!

「夕暮れ、やっとあの子といい感じ」
「あのこの ココロの在所さぐるため」

子供向けの歌詞じゃあない。が、それがいい。

豪華

opの曲がカッコよく、ケインコスギや遠藤憲一など良い役者が揃っている。自分的には花のクノイチ組の登場BGMが好き。

ふみ

ふみさん

1位に評価

コメントをもっと読む

13忍風戦隊 ハリケンジャー

忍風戦隊 ハリケンジャー

引用元: Amazon

放送年2002年~2003年
放送局テレビ朝日
脚本宮下隼一、酒井直行、前川淳、荒川稔久、吉田伸
メインキャスト塩谷瞬(椎名鷹介/ハリケンレッド)、長澤奈央(野乃七海/ハリケンブルー)、山本康平(尾藤吼太/ハリケンイエロー)、白川裕二郎(霞一甲/カブトライジャー)、姜暢雄(霞一鍬/クワガライジャー)、山本梓(フラビージョ)ほか
主題歌・挿入歌ハリケンジャー参上! / 高取ヒデアキ
いま 風のなかで / 影山ヒロノブ
公式サイト-

もっと見る

6人目の戦士・シュリケンジャー登場

ストーリーの途中から参戦してくる6人目の戦士シュリケンジャーがかっこいい。このシュリケンジャー、実は正体不明で、登場するたび毎回違う人物に変装していて謎多き人物だが、バスケでいうシックスマン的な存在で良い働きをするのが好きでした。

たつ

たつさん

4位に評価

クワガライジャーが好き

クワガライジャー役の俳優さんがとてもかっこよくて、俳優さんを調べてそれからよく見ていたことを思い出します。姜暢雄さんという方で、他にTRICKなどにも出ている俳優さんですが、めちゃくちゃイケメンで顔がタイプでこの戦隊ものも好きになりました。

ロボットが格好いい

ハリケンジャーそのもののデザインも好きですが、何よりも巨大化した敵を倒すためのロボットが格好いいです。他の追随を許さぬ厳密でスタイリッシュなデザインがとても良いです。

shuto

shutoさん

2位に評価

コメントをもっと読む

ひたすらキャラ萌えを楽しめる作品

リュウソウジャーは一言でいえば、敵も味方もみんな可愛い戦隊です。
しかもヒーロー側は全員初めから使命に燃える超マジメさで、とことん素直なレッド、反対にまったく素直になれないブラック、いつもいじられ役のブルー……とキャラ毎に違った可愛げがあり、それらを楽しむだけでも価値があります。
妹キャラのオト、ちょっと引いたところから妙なノリで絡んでくるナダなどサブキャラの魅力も充分。
だいたい戦隊を一年見る時、どの作品でも一時期いまいち気分が乗れなかったりするのですが、
リュウソウジャーに限っては全く視聴テンションが下がらず、安定して楽しめました。
そんな不思議な魅力のある作品だと思います。

戦隊は最後まで見ないと判らない

当初、あまりピンと来なかった作品だけど、6人+ナダのキャラクター造形にに救われた作品。
特にラスト3話展開は好きです。
特筆すべきは。最終話1話前で、夢から醒めてエラスに「あんたは何も判ってないっ」と啖呵を切るのはアスナだし、最終話のリュウソウチェンジするシーンの中心はメルトだし。
そういう変化もらしくて良いと思う。

顔面偏差値エグい

リュウソウジャーに出てくるメンバーのお顔が良い!
一番好きなのはコウくんだけどメルトくんもトワくんもバンバくんもカナロくんもみんなかっこいい!!
アスナちゃんも可愛いし最高です!

コメントをもっと読む

毎回クライマックスの、古きよき少年ジャンプマンガのような熱い展開

とにかく期待を裏切らないテンポのいい面白さがあり、終盤10人中4人がメンバー交代する展開にしても、それまでの周到な準備によって「あの人が変身してくれたー!」というカタルシスは相当のものがありました。
脚本家はジャンプマンガも手がけた三条陸先生ですが、なんと全話を1人で執筆するという、戦隊史上唯一の偉業を成し遂げたのもポイントです。
そのせいかお話の筋も人物の描写も首尾一貫しており、しかも作中のアイテム(変身銃や獣電池など)も魅力的なので、大人も子供も楽しめる普遍的な魅力がある作品だと思います。
ただ、個人的には1、2話辺りはちょっと王道すぎというかベタいうか、前作のシリアスさに慣れていたせいか、当時は若干落胆したのを覚えています。
それが3話のソウジの「強い奴が望みなら、俺の剣を喰らえ!」というセリフをきっかけに一気に面白くなり、6話でキャンデリラが踊っているのを見て完全にハマりました。

グリーンが良い

グリーン、立風館ソウジを演じる塩野瑛久くんがとにかくかっこいい。クールなのに笑った瞬間がたまらん。最年少という所がさらに良い。瑛久くん大好きです。

🎮

🎮さん

2位に評価

スーパー戦隊史上最も道徳力に欠けたレッド

とにかく、ボクシングで言えば亀田。野球で言えば清原に負けないくらい道徳力に欠けたレッド。年上のブルーをボールにしたり、『今さら気づいても遅いよ』(悪役のセリフだろ)と暴言を吐く。竜星君自体いい俳優さんだが‥‥。そして、その親父役の山下真司も老害そのもの。
何より許せないのが、『俺たちは戦隊だ』といい続けていたのにこれを完全否定するラスト。
楽しければそれでいいという方にはいいかもしれないが、子供の教育としては‥‥。

最高のレッド弾北斗。さん

32位に評価

16轟轟戦隊 ボウケンジャー

轟轟戦隊 ボウケンジャー

引用元: Amazon

放送年2006年~2007年
放送局テレビ朝日
脚本會川昇、小林靖子、大和屋暁、荒川稔久、武上純希
メインキャスト高橋光臣(明石暁/ボウケンレッド)、齋藤ヤスカ(伊能真墨/ボウケンブラック)、三上真史(最上蒼汰/ボウケンブルー)、中村知世(間宮菜月/ボウケンイエロー)、末永遥(西堀さくら/ボウケンピンク)、出合正幸(高丘映士/ボウケンシルバー)ほか
主題歌・挿入歌轟轟戦隊ボウケンジャー / NoB
公式サイト-

もっと見る

ツンで笑うのが苦手だったボウケンピンクが大好きだった!

お金持ちのボウケンピンクがチーフのボウケンレッドには忠実に命令を聞くのに、後から入ったボウケンブラックやボウケンイエローにはかなり厳しい態度を取り、笑うのが苦手でツンな部分を見せていたのが印象的です。後にブラック達とも信頼関係が生まれた展開も感動的でした。

OPが一番カッコいい

~一番~
Start Up! 熱き魂
Shift Up! 迅き血潮
~二番~
Start Dash! 高き理想
Shift In! 強き願い
深きハートには未来が見える

それぞれの名乗りである
熱き 迅き 高き 強き 深き が歌詞の中に入っていてまた、これを超えるOPは無いと思う

Adventureさん

1位に評価

久しぶりの完璧型レッド

昭和の『完璧超人レッド』と匹敵する実力を見せつけた明石チーフ。オーレッドのように情けないエピソードで株が落ちることも全くなかった。恋愛に鈍感なところが逆にいい。サブリーダーのさくら姉さんといいバランスだったと思う。

最高のレッド弾北斗。さん

9位に評価

コメントをもっと読む

変身も武器もかっこいい!

返信した様子やレンジャー達が使う武器がかっこいいです!車がモチーフなのに意志を持っているという設定が斬新で面白いです。ストーリーがサクサク進むので観ていて楽しいですし、公害についても考える機会になります!

ゴーオンジャーはエンジンと絆で結ばれていて何事でも諦めないないでポジティブで良かったです

ヒロインの質はキラメイジャーに匹敵

野郎もマジレンジャーのように質が悪いわけではないが、ヒロインの質の高さがキラメイジャーに匹敵するくらいレベルが高い。

最高のレッド弾北斗。さん

22位に評価

18鳥人戦隊 ジェットマン

鳥人戦隊 ジェットマン

引用元: Amazon

放送年1991年
放送局テレビ朝日
脚本井上敏樹、荒木憲一ほか
メインキャスト田中弘太郎(天堂竜/レッドホーク)、岸田里佳(鹿鳴館香/ホワイトスワン)、成瀬富久(大石雷太/イエローオウル)、内田さゆり(早坂アコ/ブルースワロー)、若松俊秀(結城凱/ブラックコンドル)、三輝みきこ(小田切綾)ほか
主題歌・挿入歌鳥人戦隊ジェットマン / 影山ヒロノブ
公式サイト-

もっと見る

異彩を放ちながらも、戦隊の歴史を繋げた一作

戦隊シリーズが今も続いているのは、思い切った作風でマンネリ化を打ち破ったこの作品の功績が大きいです。
ジェットマンもやはりメインは人間ドラマ、それもチーム内の恋愛が大きな割合を占めています。
この愛憎劇は敵までも巻き込み、常に使命(or野望)か個人的な感情か、で揺れ動くキャラの人間臭さをたっぷり堪能できます。
またそんな人間関係が災いし、敵も味方もなかなかチームとして機能しないまま戦いつづけますから、その辺りのハラハラ感も重要なポイントではないでしょうか。

トレンディ戦隊!

戦隊の4人と敵幹部3人の合計7人で繰り広げられる愛憎ドラマです。
ジェットマンの中で、JKのブルーのみが蚊帳の外で可愛そうでした。しかし「~わよ」ではなく、当時のJKの言葉づかいをしてたのが良かったです。
そしてブラック。ギャンブルで生計を立て、ジャズと酒を愛し、世界の平和より女が大事という始末の悪さです。唯一無二の魅力的なキャラでした。

半生

半生さん

1位に評価

数あるうちのトレンディードラマ感覚の戦隊

他のスーパー戦隊と比べるとこれほどまでに恋愛要素の濃い戦隊はないと思うし、凄く人間味のあるドラマを感じる戦隊だったと思う。物語が終盤に差し掛かるほど、人間味のあるトレンディードラマの要素が更に加速する形で見ていて、とても大人でも存分に楽しめる戦隊だったと思う。

ゲストさん

1位に評価

コメントをもっと読む

定番を打ち破る戦隊が見たい、そんなわがままを叶えてくれた作品

私は巨大ロボ戦にあんまり視聴のウエイトを置いていません。正直、小さい頃に一旦卒業したときに置いてきてしまいました。
失礼ながら何か毎回ダンボール箱みたいなロボが出てきて、剣でぶった斬ってはい販促ノルマ終了ー、みたいな雰囲気をどうしても感じてしまうんですね。
その巨大戦をこんなにも魅せてくれたという意味では、ゴーバスターズは最高の作品です。
ゴーバスターズには中盤から終盤にかけて、これが最終回でもいいくらいの盛り上がる回が3、4つほどあるのですが、
そのほとんど全てに巨大戦でのドラマ性が強く出ているのです。
もちろんロボ自体の造形も格好良く、特に一号機が初陣で現れたときの迫力は必見です。

新たな試みをうまく取り入れた戦隊

過去作のキャラが登場し評判だった「ゴーカイジャー」の次回作だったため、新たな試みを取り入れ、かつ成功した点です。
例えば、過去作では等身大戦→敵巨大化の流れがいわゆる“お約束”でしたが、本作ではそのお約束を破り、等身大での戦闘と巨大ロボ戦が同時並行で進む回があり、戦闘のワンパターン化から脱しています。
また、主役巨大ロボが中盤まで登場せず、序盤は合体できない設定で個々の機体の活躍にスポットを当てていたのも斬新でした。

実験的作品

特に1クール目当たりの今までと違う戦隊を作り出そうという意気込みを感じる作品。
後半、多少軌道修正が入ったが小林靖子らしいシリアス展開が良い。

コメントをもっと読む

20救急戦隊ゴーゴーファイブ

救急戦隊ゴーゴーファイブ

引用元: Amazon

放送年1999年~2000年
放送局テレビ朝日
脚本武上純希、宮下隼一、小林靖子、山口亮太
メインキャスト西岡竜一朗(巽マトイ/ゴーレッド)、谷口賢志(巽ナガレ/ゴーブルー)、原田篤(巽ショウ/ゴーグリーン)、柴田賢志(巽ダイモン/ゴーイエロー)、坂口望二香(巽マツリ/ゴーピンク)、マイク眞木(巽セカイ)、宮村優子(速瀬京子)ほか
主題歌・挿入歌救急戦隊ゴーゴーファイブ / 石原慎一
公式サイト-

もっと見る

戦いの場面

兄弟の絆と救急に対する思いが感動できる。

スーパー戦隊版『寺内貫太郎一家』

他の兄弟戦隊に比べると欠点が全面に出ているといえるストーリーだ。個人的には昭和感の兄弟という感じで1番面白い。

最高のレッド弾北斗。さん

10位に評価

21

21位~40位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

歴代No.1の名作ドラマ&面白いドラマは?

名作ドラマランキング

面白いドラマランキング

ジャンル別ドラマランキングはこちら

ドラマおすすめ人気ランキング!全26ジャンル別・2021年版

戦隊シリーズはランクイン?

歴代テレビ朝日ドラマランキング

特撮映画ランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜

エンタメ>テレビ

韓国ドラマランキング

おすすめの韓国ドラマは?

アンナチュラル

エンタメ>テレビ

面白いドラマランキング

おすすめの面白いドラマは?

トンイ

エンタメ>テレビ

韓国ドラマ時代劇ランキング

韓国ドラマの時代劇であなたがおすすめしたい作品は?

仮面ライダーW(2009年)

エンタメ>テレビ

平成ライダーシリーズランキング

おすすめの平成仮面ライダー作品は?

ページ内ジャンプ