みんなのランキング

千と千尋の神隠しに関するランキングと感想・評価

千と千尋の神隠し

引用元: Amazon

最高評価

86.7

(2,350人の評価)

ジブリ映画ランキング」で最も高い評価を得ています。

千と千尋の神隠しの詳細情報

あらすじ・スト-リー両親の車で引っ越し先に向かう途中、千尋たちは不思議な街に迷い込んでしまった。なんとそこは、八百万の神々が訪れる街であり、普通の人間が踏み入れてはならない場所だった。
神々への料理を勝手に食べたことにより、両親は豚の姿に、千尋自身も消滅しかかっていたが、千尋のことを知っているという少年"ハク"に助けられる。
制作年2001年
上映時間124分
原案宮崎駿
監督宮崎駿
プロデューサー原徹
脚本宮崎駿
メインキャスト柊瑠美荻野千尋)、入野自由ハク)、夏木マリ(湯婆婆/銭婆)、菅原文太釜爺)、玉井夕海(リン)ほか
作画監督安藤雅司、高坂希太郎、賀川愛
音楽久石譲
美術武重洋二
主題歌・挿入歌いつも何度でも / 木村弓
制作会社スタジオジブリ
公式サイト-
参考価格3,285円(税込)

『千と千尋の神隠し』(せんとちひろのかみかくし)は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。千尋という名の10歳の少女が、引っ越し先へ向かう途中に立ち入ったトンネルから、神々の世界へ迷い込んでしまう物語。 監督は宮崎駿。2001年7月20日に日本公開。興行収入は300億円を超え、日本歴代興行収入第1位を達成した。(引用元: Wikipedia)

全 116 件中 1 〜 20 件を表示

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

宮崎監督、とんでもない物を作ってくれた!

絶望と希望の起伏が凄い。最初は平成たぬき合戦ぽんぽこだとか、和風不思議の国のアリス的なちょっと不気味で可愛いなワンダーランドかと思いきや、キツめのシチュエーションホラーかと思うほどおっかない場所に閉じ込められてしまい。

また躍動的なモンスターがポップな外見なのになまじっか躍動感たっぷり動くもんだから怖さが助長されるわけですよ。子供の頃に感じた恐怖の対象や無くしたおもちゃをひとつづつ拾い集めていって、恐怖や切なさみたいなその鬱積したストレスが最後のシーンで一気に開放される。こんな映画はなかなか無いです。

大人は良いけど、これを観た子供はトラウマにならないか心配。

スキあらばGAME 管理人

ゲームブログ『スキあらばGAME』管理人

スキあらばGAME 管理人さん

4位(85点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

圧倒的な世界観

日本のアニメ映画の中でこの作品ほど完成された作品はこれからも出てこないと思えるほど素晴らしい作品です
ジブリ作品といえば観ただけでその作品の世界に引き込む美しい背景というイメージがありますがこの作品の背景はそれが特別強い気がします。どれも神秘的でいい意味での和との調和がとれている素晴らしい背景や全体の絵ばかりで映画を観ているという感覚を忘れてしまう時が多々あります笑
そしてこの作品を彩るキャラクターの数々!主人公の千はこれほど特殊な世界観であっても負けない魅力!共感を生む成長があり、サブキャラのバランスもよく独特の世界観にあるからこそ異質を放たないキャラデザインも素晴らしいです。

キャップ

映画マイスター

キャップさん (男性・20代)

1位(100点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

ジブリ映画最高の作品!

なんといってもこの作品の世界観から千尋の一生懸命な姿、そしてせまりくるたくさんの試練、いつもこの作品を見る度に不思議な感覚に陥りました。最後のシーンで家族と再会できるもハクと別々になってしまう悲しさに感動しました。ぜひともおすすめしたい作品です

じょー

じょーさん(男性・20代)

1位(100点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

「名前」が生きる上で重要だということ。

臆病で泣き虫な千尋が強くなっていく、その成長を肌で感じることができる作品です。人は生きていると「自分とは何か」が分からなくなる時があります。まるでこの世界のようにひとり孤独で別の世界に言ったように感じるような時もあるでしょう。だから大事な「名前」を忘れないよう、努力する必要があるのです。

RG

RGさん(女性・30代)

5位(70点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

迷い込んだその世界の先は

引越し先に向かっている車が迷い込んだのは謎の洞窟。その洞窟を抜けると奇妙な街が広がっていた。誰のものなのかわからないものを食べていく両親。千尋は怖くなり、橋でハクに出会います。ここに来てはいけないといわれ、戻った先には豚?いや、豚の姿をした両親。そして彼女は千と名前を変えてやおよろずの神様が泊まりにくる場所で働くことになります。この話は小さい時に見たのですが、今でも定期的に見てしまいます。それだけ小さい時から印象に残ってるどこか不思議な物語です。次に迷い込んでしまうのはあなたかも、、?

糸やん

糸やんさん(男性・30代)

1位(100点)の評価

アニメ映画ランキングでの感想・評価

迷い込んだ先は不思議な世界。

世界観が良いなぁと思います。
豚にはなりたくないけど、千尋の両親が食べたお肉美味しそうだったなぁ。
千尋は応援したくなるキャラクター。
ちょっと鈍くさいけど、怪しげな旅館でも一生懸命に働く姿は胸打たれます。
ハクと千尋の会話は見てるとキュンキュンしちゃいます。ハクとのお別れは切なかったですね。
それにしても千尋の両親はちょっと千尋に冷たいなぁと思いました。
でも不思議な世界での経験を元に新しい生活でも千尋頑張れって思いました。

bitter

bitterさん(女性・30代)

2位(95点)の評価

アニメ映画ランキングでの感想・評価

生きよう

上位3つはめっちゃ悩みました…。

ジブリ作品の中でダントツなのはもちろんのこと、何年経っても色褪せることのないアニメ映画の中でも常に上位に入る作品です。
やっぱりあの独特の世界観が凄すぎてなんと言えばいいか分からないです。苦笑
でも、いろんな角度から見ることが出来るからいくつになっても飽きずに楽しめるし、千(千尋)とハク(ニギハヤミ・コハクヌシ)をはじめ、個性豊かなキャラクターたちがどれも嫌いになれないんです。
自分の名前が嫌だと思ったこともあるけれど、銭婆のある台詞を聞いたときすごく心に響いたし、自分の名前を大事にして胸はって生きようって思えたんですよね。
どのシーンもダイスキ!!

ひまわり

ひまわりさん(女性)

1位(100点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

現実的ででも非現実的な世界が魅力的!

主人公の女の子千尋が迷い込んだ湯屋。
そこはとてもリアルででも夢のような不思議な世界である。
強大な力をもつ湯婆婆と呼ばれる魔女のようなお婆さんの迫力がとにかく凄い。
実在している場所をモデルとしているため、背景などもすごくリアリティを感じる。
主人公の女の子の父と母を助けたいという純粋で無垢な思いと、道中で恋愛に近い感情を持ったハクとの出会い、そして別れもとても印象に残る作品である。

みずきち

みずきちさん(女性・20代)

1位(100点)の評価

新しい宮崎アニメの出発点

この映画から、宮崎駿監督は理屈の積み重ねで展開するストーリーテリングを捨てた
とはいえ、まだそこまで目立つものではなく
いつも通りの素晴らしいイメージによって
難しいことを考えずに楽しめるアニメになっている

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

初めて劇場に足を運んだ映画

小学生低学年の頃、幼馴染で親友だったゆうちゃんと見に行った『千と千尋の神隠し』。両親が豚になるシーンが衝撃的で、「もし自分の両親がこうなってしまったら......」とよからぬ妄想を始め、泣きべそをかきそうになる程だった。しかし、もし今そのシーンを見たとしても「せめてもの供養に俺の好きなトンカツにして食ってやっかんな......」と思うに違いない。月日は残酷である。

ほろけい

ほろけいさん(男性・20代)

1位(100点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

千尋の成長ストーリー。

トンネルを渡り不思議な町で働くことになる千尋。旅館に来るお客さんはみんな変わった生き物ばかり。カオナシは不気味でした。そんな中、釜じいやリンやハク、銭婆婆との関わりで千尋は自分で考えて行動できるようになり物語の最初とは見違える程でした。千尋の肩にちょこんと乗っかるねずみになった坊も可愛かったです。

bitter

bitterさん(女性・30代)

1位(100点)の評価

アニメ映画ランキングでの感想・評価

千尋の頑張り

ジブリの最高傑作とも名高い千と千尋の神隠しです。
千尋が名前を奪われ、働きながら、はくを助けて、ともに千尋が成長していくさまは大変感動します。
特に最後のシーンである両親を豚の中から見つけるシーンは、涙なしには見れません。

kei

keiさん(男性・30代)

2位(95点)の評価

和風アニメランキングでの感想・評価

温泉宿の雰囲気が好みです。

千と千尋の神隠しはファンタジー色の強いアニメで素晴らしいと思います。働くということの厳しさや意義を教えてくれる素晴らしいアニメで、そのメッセージ性もいいのですが、温泉宿の雰囲気がとても和のテイストで美しいのでいいです。

キャッチャー

キャッチャーさん(男性・40代)

1位(100点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

日本歴代興行収入第1位!!

ジブリの名作『千と千尋の神隠し』。
興行収入300億円を超えるモンスター作品です。海外でも有名で、本当にすごい!
主人公・千尋の成長していく姿にだんだんと涙が溢れてきます(T_T)
千尋を毎回助けてくれる謎の少年・ハクも非常にイケメンです。
神秘的な主題歌「いのちの名前」は、聴くだけで心があらわれるような感じがします。まじ感動の名曲。
千と千尋の神隠しで一番の謎の登場人物・カオナシについての裏話や都市伝説もたくさんあるみたい。
カオナシは「欲の塊」を象徴するキャラクターだとか、
『借りぐらしのアリエッティ』の監督「米林昌宏」に顔が似ているとか。笑
次に金曜ロードショーで再放送されるときは、そういう面白い裏話の知識を踏まえて観よー笑

ギャル志望

まつ育中

ギャル志望さん(女性・20代)

3位(90点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

非現実的な世界観に魅了されます。

世界観もさることながら登場人物もとても魅力的なキャラクターばかりで
見ていてワクワクが止まりません。

また自分と千尋を重ねて見てしまうぐらい平凡な主人公にも感情移入しやすく、千尋を取り巻く坊ネズミなどほんとに可愛くて大好きな作品すぎてDVDも購入しました。

わたしも油屋の一員になってあの世界観を体験したいと何度も思います。
感動もありジブリは奥が深いなと改めて思わされた作品です。

ちなみにハク様が
今のところジブリの中でいちばん好きな男性キャラです(笑)
凛々しくて優しく千尋を導いてくれるハク様に惚れ惚れしました。

ure

ureさん(女性・30代)

1位(100点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

やっぱり千と千尋は凄い

まず絵がとても綺麗。次に曲は久石譲さんのどこか懐かしくてでもどこか切ない気持ちになる素晴らしい楽曲。
そして千が成長して、色々な人と出会いまた別れるという内容も最高に素晴らしい。そして皆さんも一度は通ったハクのかっこよさ。
この映画は素晴らしい。

ミオ

ミオさん(女性・20代)

2位(90点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

はじめの千尋は“与えられたもの”だけでは満足できない子どもだった

本作は、主人公の千尋の成長の物語の物語と考えることができます。映画の冒頭では、千尋がまだ10歳の少女らしい“幼い”振る舞いをしていることがわかるでしょう。

・千尋は新しい家に向かう車の後部座席に寝転んで、不満そうな顔でいる

・千尋は自分が通うであろう小学校を見て“あっかんべー”をするうえ、「前の方がいいもん」と言っている

・千尋は友だちに“お別れ”のためにもらった花束をずっと握りしめていたため、しおれさせてしまう

・千尋が「初めてもらった花束が、お別れの花束なんて悲しい」と言うと、お母さんは「この前のお誕生日にバラの花をもらったじゃない?」と返すが、千尋は「1本ね、1本じゃ花束って言えない」と不満そうだった

ここから、千尋は両親の勝手で引っ越し(転校)をせざるを得なかったこと、新しい場所に行くことなんて望んでいなかったこと、“1本の花”では満足できないほどに物質的な豊かさを望んでいたこと、その物質的な豊かさだったはずの“花束”も“自分のせい”で台無しにしてしまったこと、などが分かります。

物語のはじめの千尋は“与えられたもの”が豊かでなかったことと、新しいことを受け入れられないためにふてくされてしまっている、受動的にしか物事と向き合えない子どもなのです。

M95's

M95'sさん(女性・20代)

1位(100点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

わたしのなかの永遠の1位

千と千尋の神隠しもう10回くらい見ていますが、何度見ても面白いし感動します。初めて見たときは両親が豚になっちゃうとか、カオナシがえぐいとかで怖い印象があったのですが、ロードショーで放送されていたときに再び見たら、大好きになりました。まず主人公の千尋が勇敢で魅力的なのがいいところで、物語のなかには数々の個性的なキャラクターが登場します。千尋をなにかと助けてくれるリンをはじめ基本的にいいひとが多いです。そして何と言っても、ハクが最高にカッコよくて。ジブリで一番すきな男性キャラに名前を挙げるくらいにはハクが好きです。ハク様最高。

ゆあ

ゆあさん(女性・20代)

1位(100点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

何度も見たくなる不思議な映画

最初見た時は私が幼稚園位のときだったが、その時の印象と今の印象が違ってこれも面白い。
子供の頃は、色んなキャラが現れるワクワク感と千尋をみて応援する気持ち。
今は、カオナシという欲に打ち勝つ千尋の成長など、キャラの細い設定の数々。

見る年代によって色んな事に気付かされるのでいつ見ても飽きない。
本当に素晴らしい作品をジブリは作り出したと思います。

🧴ihamo🧴

🧴ihamo🧴さん(10代以下)

1位(100点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

ジブリといえば…!

日本歴代興行収入第一位!!興行収入300億円を超え、現在もこの記録は塗り替えられておらず名作中の名作!!第75回アカデミー賞ではアカデミー長編アニメ映画賞を受賞した作品!また、同部門を受賞した日本のアニメーションはこの作品だけ!しかも、手描きのアニメーションとして唯一の受賞作となっています。10歳の少女が迷い込んだのは不思議で魅力的な世界。短い間で色々な人に出会い、助けられ成長していく姿を見れば、私達もちょっとしたことで変化や刺激が訪れ、魅力的な世界に出会えると感じさせてくれます。

美嘉

美嘉さん(女性・40代)

3位(90点)の評価

関連しているランキング

エンタメ>アニメ・漫画

千と千尋の神隠しキャラランキング

ハク(千と千尋の神隠し)

ハク(千と千尋の神隠し)

真心

優しい

やはり、この作品には欠かすことができないキャラクターが...

関連しているアイテム

関連しているタグ

みんランで人気のランキング

「映画」タグで人気のランキング

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

エンタメ>アニメ・漫画

クレヨンしんちゃん映画ランキング

おすすめしたいクレヨンしんちゃん映画は?

ひるなかの流星(映画)

エンタメ>映画

邦画の恋愛映画ランキング

好きな邦画の恋愛映画は?

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?