みんなのランキング

風の谷のナウシカ(アニメ)に関するランキングと感想・評価

風の谷のナウシカ(アニメ)

引用元: Amazon

最高評価

80.3

(994人の評価)

ジブリ映画ランキング」で最も高い評価を得ています。

風の谷のナウシカ(アニメ)の詳細情報

あらすじ・スト-リー巨神兵が地上のありとあらゆるものを焼き尽くした"火の七日間"から千年。世界は瘴気を発する腐海とわずかに残ったセラミックに覆われ、文明は崩壊し生き残った人類も腐海に住む巨大な蟲に脅かされ衰退の一途をたどっていた。
風の谷は酸の海から吹く風により腐海の侵略を受けることなく、のどかに暮らしてる集落。族長の娘であるナウシカは蟲笛などを用いて、蟲たちとも心を通わせることができる心優しい少女だった。
制作年1984年
上映時間116分
原作宮崎駿
監督宮崎駿
プロデューサー高畑勲
脚本宮崎駿
メインキャスト島本須美ナウシカ)、納谷悟朗(ユパ)、松田洋治アスベル)、榊原良子クシャナ)、家弓家正(クロトワ)ほか
作画監督小松原一男
音楽久石譲
美術中村光毅
主題歌・挿入歌風の谷のナウシカ / 安田成美
制作会社トップクラフト
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:なし
Amazon Prime Video:なし
Netflix:なし
Hulu:なし
参考価格3,650円(税込)

『風の谷のナウシカ』(かぜのたにのナウシカ)は1984年に公開されたトップクラフト制作の日本のアニメーション映画で宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作。『アニメージュ』に連載していた宮崎の同名漫画(『風の谷のナウシカ』)を原作とする。原作の単行本全7巻から見ると、序盤に当たる2巻目の途中まで連載された時点での作品であり、映画公開後に連載を再開した漫画とは内容が異なる。(引用元: Wikipedia)

全 44 件中 1 〜 20 件を表示

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

漫画原作から映画化にこぎつけた名作

宮崎駿さんは今でこそ「アニメ映画界の巨匠」ですけど、実は不遇の時代がすごく長かった方でした。1980年代はSFアニメの全盛期で、特に「マクロス」や「ガンダム」に代表される「宇宙でロボットが戦う!」ような作品が求められていた時代。さらに「原作がないと映画化できない」という状況もあって企画がなかなか通らず、映画制作に必要な予算がもらえない日々を過ごしたそうなんです。

相当苦しい期間だったようですが、まず宮崎さんは『風の谷のナウシカ』を漫画で描き、いよいよ映画化までこぎつけることになります。ご存知の通り「ナウシカ」は宇宙とロボットをメインに描かれていません。どんなに認められなくて苦しくても、安易に世間のニーズに迎合せず自分を貫く姿勢は、モノづくりに携わる人間としてすごく勉強になります。

青木 俊介

ロボットクリエイター・経営者

青木 俊介さん (男性)

1位(100点)の評価

アニメ映画ランキングでの感想・評価

世界的アニメ大作!スタジオジブリの伝説はここから始まった

■あえて語ることもないくらい日本を代表するアニメ制作スタジオの名作!!公開から36年を過ぎた今でも何度でも放送される人気作品で、2019年には歌舞伎化されるなど日本アニメ界の礎を築いたともいえる作品の1つ。多くのアニメクリエーターが本作に多大なる影響を受けたと言われている。スタジオジブリが創設されるきっかけとなった作品。

■アニメ好きでも好きじゃなくても誰もが好きになるキャラクター設定。ナウシカの見どころは、やっぱりナウシカのキャラクター性。純粋で優しく、でも時には戦士のような強さを発揮し、みんなを引っ張るリーダーシップがキャラクターの奥行きを出し、グッと惹きつけさせる素晴らしい設定だと思う。葛藤しながらもまさに身を粉にしながらみんなのために行動する勇気は誰もができることではない。見ている側が勇気をもらえるそんな世界感を作りだしているところが何度見ても引き込まれるポイント!

■現実世界の戦争や自然破壊などの問題がアニメに生かされているような作風なので、単なるファンタジー作品で終わらないメッセージ性の強さが強烈なインパクトを残している。後に公開される『天空の城ラピュタ』もジブリ作品としては根強いファンを抱える人気作だけど、ラピュタには無くナウシカにあるのが社会や世相がどこかに感じられるところ。アニメにそれが必要かどうかは個人の見解が分かれるところだけど、個人的にはどこか製作者のメッセージが強く感じられるものがあってもいいと思っているから、ジブリ作品の中で最高の名作だと思う。

中倉 隆道

アニメ研究家・フリーアナウンサー

中倉 隆道さん (男性・40代)

2位(90点)の評価

面白い映画ランキングでの感想・評価

生態系の圧倒的な強さ

『風の谷のナウシカ』は、荒廃した世界を舞台にしたお話。ときに人間同士で争うこともあり、自分の正義を守って生きていくキャラクターの描き方が壮大だと思います。

『風の谷のナウシカ』が公開された1980年代は、一歩間違えたら核戦争で世界が滅んでしまうような「終末的思想」があった時代。世界的に環境汚染が問題視されていた時代でもあり、環境破壊への危機感も募っていた頃だったと思います。

でも宮崎駿さんは、地球の生態系には核物質や排気ガスといった有害なものを取り込む強さがあると考えたのではないでしょうか。

さらに、生態系だけでなく、根底にある「人間の強さ」も『風の谷のナウシカ』で宮崎駿さんの主張したかったことではないかと思います。人間がさまざまな知恵を駆使して過酷な環境を生き延びていく様子を描くことで、文明が滅んだとしても、人間の根源にある生命の力強さは変わらないということを伝えてくれているように感じます。

青木 俊介

ロボットクリエイター・経営者

青木 俊介さん (男性)

3位(75点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

トップクラフト!

この独特の荒廃した世界感になんでこんなにも優しさや温かさを感じるのかは何度見ても分かりませんが、ナウシカの優しさと強さは万人を引き付ける魅力がありますね。
子供のころ虫が大の苦手な母親は絶対に見たくない映画だって言ってましたが、虫の表現は若干気持ち悪い位よくできていると思います。
この映画を語る上で忘れちゃいけないのは音楽!最高にはまっている音楽はどこか寂しくそれでいて力強い素晴らしいものでした。
大人になってふと耳にするとなんか泣いちゃいそうになります。

ケイ

ケイさん(男性)

2位(95点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

破滅した正解の自浄

核兵器で絶滅した正解の何千年後?の世界で、世界はオームやその他の巨大な昆虫に支配され、人々はそれらを恐れながら暮らしている。そのオームや巨大昆虫、腐海の森は地球が再生するための大切な自浄システムだった。
壮大な物語で語られる風の谷のナウシカは、世界のアニメを先端を行く物語だと思う。

トーイ

トーイさん(男性・30代)

1位(100点)の評価

アニメ映画ランキングでの感想・評価

人類の未来は一人の少女が知っている

核兵器で絶滅した正解の何千年後?の世界で、世界はオームやその他の巨大な昆虫に支配され、人々はそれらを恐れながら暮らしている。そのオームや巨大昆虫、腐海の森は地球が再生するための大切な自浄システムだった。
壮大な物語で語られる風の谷のナウシカは、AKIRAに次ぐ、世界のアニメを先端を行く物語だと思う。

トーイ

トーイさん(男性・30代)

2位(95点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

強い女性の象徴

ナウシカは特別な力をもっていたんだろうか…それとも心優しく強い人だったからなんだろうか。
いつの時代も誰からも好かれて、色んな感情を沈めて平和にできる人っていますよね。生き物は感情がわからない分沈めることって難しいはずだけど、ナウシカにはできてしまう。
女性としても、ちょっと憧れる存在ですね。

50

50さん(女性・40代)

5位(70点)の評価

これを超える作品は無いな。

言わずと知れた感ありで順位は下げてるが、これを超える作品は無いでしょう。死ぬまで4~5年置きに見続けるんだろうね..。 映画はいい感じに終わってるけど、その後を書いてるマンガはディープな世界に迷い込んでる...。ぜひ、見てみてほしい。 そうして、輝いてる映画をまた見てほしい。

たあた

たあたさん(男性)

8位(56点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

宮崎駿が教えてくれた「共存」

この作品は、子どものころテレビで見たときは正直わけのわからない難しい作品だなあと思っていましたが、大人になってから見ると、宮崎駿監督は、“地球は人間だけのものではない”というメッセージを私たちに教えてくれたのではないかと思わされました。そんなメッセージ性のある大切な作品だと思います。

あかね

あかねさん(女性・30代)

4位(85点)の評価

アニメ映画ランキングでの感想・評価

ナウシカの強さが魅力的!

風の谷のナウシカは、人間が戦争により破壊した後の世界を描いた作品です。風の谷を舞台に繰り広げられるストーリーの中で、戦争により地上の緑が減って猛毒を放つ菌糸の森で出会う不思議な生き物達。
浅はかな人間が同じ過ちを繰り返し、風の谷も巻き込まれて行くのをナウシカが自ら奮闘して世界を変えていくところが感動します。
何度見てもオームの姿が印象的です!!

コロンパパ

コロンパパさん(男性・40代)

4位(85点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

歌舞伎舞台化するって……

スタジオジブリ第一作目の『風の谷のナウシカ』。
もはやスタジオジブリになる前に制作されていたから、ほんとにジブリの元祖的映画。
腐海とか蟲とか、ぶっちゃけ気持ち悪いと思ってて小さい頃は嫌いな映画だったけど、大人になってから観るとかなり面白い!!
風の谷のナウシカの舞台は地球じゃなくて火星だとか、ナウシカのモデルはアルキノオスの娘だとか……いろんな裏話や都市伝説もあって、面白い♪
2019年に歌舞伎舞台化されるみたい!どんな風に仕上がるのか、今から楽しみです!!

ギャル志望

まつ育中

ギャル志望さん(女性・20代)

4位(85点)の評価

戦争アニメランキングでの感想・評価

忘れがちな設定

風の谷のナウシカは戦時中の話です。
トルメキアと敵対する工ペジテ市が戦争状態の中、トルメキアの輸送船が風の谷に墜落した事をきっかけに戦闘に巻き込まれるかたちになります。
トルメキアが風の谷に攻め込んだのも、輸送船に積まれていた巨神兵の胚を奪還するために攻め込みました。

まふ。

まふ。さん(男性・50代)

3位(90点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

生き物の大切さ

映画だけを観るならばかなり考えさせられる世界観があります。子供の頃に観て、ただ単純に出てくる生き物達が怖かった印象だったけれど、大人になって何回か観るうちに、人間と生き物の共存の大切さを教えてくれると思いました。また、ナウシカにはジブリのどのキャラクターよりも力強く凛とした女性の美しさがあると思います。

yuki

yukiさん(女性・30代)

5位(75点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

虫は苦手だけどこう言う世界に行ってみたい!

腐海出てくる不思議な生物。実際行くのは怖いけど綺麗な世界で憧れます。いつも一緒にいるキツネリスのテトが可愛くて、ペットショップに探しに行った事を思い出します。昔は単純におもしろいと思ってみていましたが、今見ると環境破壊とか人間の残酷さを描いてるのかなーと考えさせられます。

shimile02

shimile02さん(女性・30代)

3位(70点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

母性の象徴が16歳の少女

自然と人間の共存について描かれた映画。主人公である風の谷の姫であるナウシカは、16歳という若さながらあらゆるものを包み込む母性の象徴とも言える。天真爛漫だが優しく、常識に囚われず新しい発想で人々と王蟲を導くリーダー。ナウシカの愛の深さに涙が止まらない。

RG

RGさん(女性・30代)

1位(100点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

風の谷に響く蟲笛の音色が印象的

巨大な蟲の気持ちを鎮めることができる蟲笛の音色が、映画を観終わった後でもずっと印象に残っています。澄み渡る笛の美しい音色ですが、どこか切ない寂しい気持ちがわいてきます。ジブリ映画の中で最も印象に残るメロディーがこの蟲笛が奏でる音色です。

魔女

魔女さん(女性・40代)

3位(90点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

作品に込められた意味とは

小さい頃は出てくる生き物が気持ち悪いという印象だったのですが、子供の時と大人になってから見るのではまた見方が変わってくるのだなと強く思った作品です。解釈は人それぞれなのだと思いますが、もう一度ゆっくり見てもらいたいひと作品です。

糸やん

糸やんさん(男性・30代)

3位(90点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

キツネリスかわいい

子供の頃は怖くてあまり好きでは無かったので、ちゃんと観たのは大人になってからです。
子供心には王蟲の金色の糸のシーンとキツネリスが記憶に残っていましたね。
未だに原作を読んでいないので、是非読んでみたいとおもいます。

はやはや

はやはやさん(女性・20代)

5位(75点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

巨神兵

エヴァのあの方も参加されたいたときいて、改めて映画を見ると「あぁなるほど。っぽいな」と思いました。
映画版も面白いですが、映画のその後も描かれている漫画版は、より荒廃した世界で破滅を止めようと奮闘します。

MAI

MAIさん(女性・30代)

3位(89点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

世界観が好き

感動します。
原作も読んでみたいと思います。

Y

Yさん(女性・20代)

2位(85点)の評価

関連しているアイテム

似ているアイテム

関連しているタグ

みんランで人気のランキング

「映画」タグで人気のランキング

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

エンタメ>アニメ・漫画

クレヨンしんちゃん映画ランキング

おすすめしたいクレヨンしんちゃん映画は?

ひるなかの流星(映画)

エンタメ>映画

邦画の恋愛映画ランキング

好きな邦画の恋愛映画は?

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?