みんなのランキング

バタフライ・エフェクト

バタフライ・エフェクト

引用元: Amazon

制作年2004年
上映時間113分
監督エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー
脚本エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー
メインキャストアシュトン・カッチャー(エヴァン)、エイミー・スマート(ケイリー)、ウィリアム・リー・スコット(トミー)、エルデン・ヘンソン(レニー)、メローラ・ウォルターズ(アンドレア)ほか
制作クリス・ベンダー、A・J・ディックス、アンソニー・ルーレン、J・C・スピンク
製作総指揮ケイル・ボイター、リチャード・ブレナー、トビー・エメリッヒ、ジェイソン・ゴールドバーグ、デヴィッド・クリンツマン、アシュトン・カッチャー、ウィリアム・シヴリー
音楽マイケル・サビー
主題歌・挿入歌Stop Crying Your Heart Out / オアシス
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:なし Amazon Prime Video:なし Netflix:なし Hulu:なし
参考価格15,000円(税込)

『バタフライ・エフェクト』(The Butterfly Effect)は、2004年に公開されたアメリカ映画。日本では2005年5月に公開された。カオス理論の一つ、バタフライ効果をテーマに製作された。斬新で衝撃的なアイディア、練り込まれた脚本が受け、本国アメリカで初登場1位を記録した。(引用元: Wikipedia)

コメント・口コミ

全 20 件を表示

面白い洋画ランキングでのコメント・口コミ

数あるタイムループ物の中でも最高傑作!映画史上もっとも美しい脚本です

過去に戻って現在、未来の出来事を変えることができる青年の姿を描いたSFスリラー。
「ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる」
このバタフライ効果をタイトルの文字通り非常に上手に使えている傑作です。

この作品はなんといっても集中力を鍛えられます。
おそらく体感時間的には40分位に感じます。あっという間!
まさしくジェットコースターに乗った気分で、
サスペンスの波に飲まれて行きます。
ありきたりなセリフですが、ザ・息もつけない展開!!
主人公が愛する女性を救うため、何度でも何度でも人生をやり直します。
タイムリープものですが、恋愛が軸になっているので、甘すぎず無骨すぎず男女問わず作品にのめり込めますし、ロマンチックな造りになっているんです。

人間はいくつもの後悔と、
あの時ああしていれば...を繰り返しますが、今ある人生こそ最良の選択だったとノスタルジックな物語の中にも希望を見出せるんですよね。
切なくて胸がギュッとなりますが、これも一つのハッピーエンドとなっています。
人生は小さな選択の繰り返し。
些細な選択で未来が大きく変わる。
毎日を大事に生きようと思いますよ。
ちなみに本作には他のバージョンのエンディングがあるので気になった方は調べてみてください。個人的にはこの本編のエンディングが最も美しいと思いますが、この映画ファンの中ではどれが好きだったか議論されていたりします。

ちなみに主人公たちが劇中で見ていた映画は『セブン』です。なぜこの映画を観ていたのか考えるとそれもまた暗喩的に奥が深いんですよね。
こちらもぜひ!

東 紗友美

映画ソムリエ

東 紗友美さん(女性)

1位に評価

SF映画ランキングでのコメント・口コミ

100点満点中99点

私は長年、映画批評のサイトを運営しているのだが、公開当時、この映画を100点満点中99点という、かつてない高得点とともに紹介したところ、大変な評判となり、何十万人が訪れ読むところとなった。

本来、マイナーなB級SF映画として、一部のファン以外からは忘れ去られていたであろう『バタフライ・エフェクト』は、そんなわけで今ではカルト的人気を博している。その一助になれたのではないかとひそかに自負している。ちなみにたくさん続編が作られたが、やはりこの一作目を超えることはできなかった。

この映画は、愛する幼なじみの女の子の人生を救うために、何度も過去に戻って歴史を変えようとする男のお話である。だが彼の試みは、ことごとく運命と偶然に翻弄され、予期せぬ方向に未来がねじ曲がり、頑張れば頑張るほど彼女を不幸にしてしまうという理不尽な結果となる。

よかれと思ってやったことはことごとく裏目。ズタボロになってゆく彼女の姿を見るたびに、主人公と観客の心は痛み続ける。物語は徐々に深刻度を高め、乗っぴきならないところまで追い詰められた主人公は、最後の最後に信じられない挑戦に挑む。

人はこれほどまでに、相手を思いやることができるのか。愛すべき純粋な主人公の、悲壮なる最後の挑戦は、誰もが涙なくしては見られまい。

タイムスリップものに外れの映画は少ないが、『バタフライ・エフェクト』はその中でも、最高峰に位置する作品である。

もしまだ見ていない人がいたら、あなたは幸せだ。余計な検索などしないで、ネタバレをしないうちにさっさと観てしまうことをおすすめする。

ソフトによっては、監督が本当はこちらをやりたかったという、ディレクターズカットな別の結末部分がおまけで入っている。どちらがいいかは人によるが、いずれにしてもこの映画の堅牢な脚本が、どれほどの試行錯誤の末に出来上がったのかが、うかがい知れるものとなっている。

前田 有一

映画批評家

前田 有一さん(男性)

1位に評価

選択によって未来が変わる

バタフライ効果をテーマにした物語で、とある1人の青年が知り合いの人生を救おうと過去に戻る能力を使う様子が描かれている。

続編も出ているが、1作目が一番驚いたしストーリーとして上手く纏まっていると思う。

誰か1人を救ってもそのしわ寄せが周囲の身に降りかかるため、全員が幸せになるにはどういう選択をすればいいのか、とても考えさせられる物語だった。

驚きの結末で寂しさも感じたが、誰も不幸にならなかったので良かったと思う。

影山みほ

映画メディア『MIHOシネマ』編集長

影山みほさん(女性・30代)

1位に評価

SF映画ランキングでのコメント・口コミ

人生を変えるきっかけはごく小さなものかもしれない

タイトルの「バタフライ・エフェクト」はカオス理論とも呼ばれる。一般的な意味は「ほんのわずかな初期条件の変化が、大きな結果の差を生じさせる」というもの。

本作では、タイムトラベルを用いてバタフライ・エフェクトを表現している。

goh

gohさん(男性・20代)

3位に評価

面白い洋画ランキングでのコメント・口コミ

決して幸せではないハッピーエンド

バタフライ効果という現象をこの作品で知り、主人公が何度となく理想に近づけようとする利己的な改変と、それに伴う落とし穴によって、どんどんと自らの首を(精神的な部分で)絞めていく様子が面白かった。

命を削り繰り返して、精神も摩耗していく。
いい落とし所を見つけなきゃ主人公は全てにおいて廃人と化していたでしょう。
そこがたぶんハッピーエンドだった。

人生にセーブポイントがあるとして、それはどこからやり直すとハッピーエンドになるのだろうか。
人生半ばな今、果たして現状が良好になった所でその先には何が待ち受けているのか。
そんな気持ちになるよくできた作品です。

funkyさん

funkyさんさん(男性・40代)

1位に評価

泣ける映画ランキングでのコメント・口コミ

切ない運命

誰しも1度は過去を変えたいと思ったことがあるのでは。ですが過去に起きたことには必ず何か意味があるということを教えられる映画です。自分や自分の大切な人が幸せになる方法は何かと考え、人の幸せと自分の幸せの狭間で苦しむ主人公や衝撃のラストは涙なしでは見られません。

MZ

MZさん(女性・20代)

1位に評価

面白い洋画ランキングでのコメント・口コミ

SFの大傑作

過去に戻れる能力を持つ青年が不幸な人生を歩んだ初恋の女性を助けるために、ターニングポイントを修正していくSF映画。
修正した後何が起こるかわからないハラハラ感がたまらん。
映画史上最も切ないとも言えるエンディングは必見。
何回でも見たい。

ミランダ

ミランダさん(女性・20代)

5位に評価

何度も観たくなる不思議

次の展開が読めそうで読めない、観るものの期待や予測をはるかに超えてくる映画ではないでしょうか?

愛するがゆえに、未来を変えたくて過去に戻り、また変えることができない・・繰り返しでハラハラ、ドキドキするが、最後は
本当に人を「愛すること」は何かを考えさせられる。

シチハチ

シチハチさん(女性・30代)

1位に評価

面白い映画ランキングでのコメント・口コミ

タイムリープ作品の先駆け

元祖タイムリープ作品といえば『バタフライ・エフェクト』。名作洋画として名高く、ストーリー性・設定・伏線など、すべてにおいて完璧で作り込まれています。一見繋がっていないようで、実はすべて繋がっているという一瞬たりとも目が離せない展開。ゲーム・アニメで人気の『Steins;Gate』をはじめとする、多くの“タイムリープ系作品”に影響を与えた作品でもあります。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん(女性)

1位に評価

皆が幸せになる方法とは、を考えさせられる

誰にでもある後悔。あれをこうしていれば。あの時ああ言っていたら。たらればをもし、過去に戻って行うことができたならば。誰もが1度は考えたことがあるソレが可能なことに気づいた主人公。だが主人公にとって都合がよければ、誰かにとって都合が悪い。クライマックス、皆が幸せになれる方法に気づいた主人公がとる行動に驚かされます。

かりん

かりんさん(女性・30代)

1位に評価

運命って

観ないと分からないこの世界観。人生をある時期まで戻ってやり直せたら、皆一度は考えた事があるだろう!うん!ある!この映画はやり直そうとするんだけど、運命は残酷。どんな未来になるのか、本当に幸せな未来は何か、考えさせられる。

かん☆

かん☆さん(女性・30代)

2位に評価

記憶を消してもう一回見たい

ストーリー自体は、主人公が過去に戻って自分の人生を変えることで現在が変わっていくというよくある話なのですが、これほど伏線回収が丁寧で、落とし方が素晴らしい映画は今まで見たことがありません。まだこの作品を見たことが無く結末を知らない方が羨ましいくらいです。ストーリーのテーマは「愛」でしょうか。終始少し暗めの雰囲気の映画ですがきっとこの映画を見た後には、本当の愛のカタチや主人公の選択について考えることになると思います。

こころ

こころさん(女性・20代)

2位に評価

SF映画ランキングでのコメント・口コミ

カオス理論の1つをテーマにした作品

日記を読み返すと過去に戻れるということを知った主人公。それを利用して自分のせいで幼馴染のケイリーの人生を狂わせてしまったという事を知ってしまった主人公は過去を変えようと行動するというストーリー。
みなさんは1度でも過去を変えたいと後悔したことは無いですか?
このストーリーはもし過去を変えられたらどうなるのかという夢のようなストーリーを見ることができます!
主人公の能力が羨ましくなります!笑

ろこ

ろこさん(30代)

1位に評価

結構難しい

私は理解力が高くないので、内容がイマイチ分からないことも多いです。この作品は最初観たときはピンとこなかったのですが、最近観なおしたら理解できました。「過去に戻ることができたら」というよくあるテーマですが、ストーリーは面白いです。

mopar

moparさん(男性・40代)

3位に評価

泣ける映画ランキングでのコメント・口コミ

バタフライエフェクトの意味

人生の儚さを感じます。

葉月

葉月さん(女性・40代)

2位に評価

面白い洋画ランキングでのコメント・口コミ

タイムリープ作品の先駆け

アシュトン・カッチャー主演の名作。過去にさかのぼり、時間をやり直すという趣旨の作品。こういったタイムリープ系の作品ブームの先駆け的存在となっています。

ナオミ

ナオミさん(女性・40代)

3位に評価

SF映画ランキングでのコメント・口コミ

せつない

人の運命って最後は決まっていて、やはり変えることは出来ないのかな。と、考えされられる映画でした。愛する人を時空を超えて守る主人公が、せつなかったです。

たま

たまさん(女性・30代)

2位に評価

バッドエンド映画ランキングでのコメント・口コミ

優しい選択。

一概にバッドとは言えないけど、とても優しいけどすごく寂しい。個人的にはバッドエンディング。

色

さん(女性・40代)

4位に評価

切ない

複雑なので撮影するのもさぞかし大変だっただろう。

のび太さんの評価

SF映画ランキングでのコメント・口コミ

カオス理論解って無い。

都合だけ映画。

HALさんの評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「映画」タグで人気のランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?