みんなのランキング

サーフィンにおすすめの車ランキング!サーファーに人気の車種は?

トヨタ クラウンステーションワゴンランドローバー ディフェンダートヨタ ハイエースジープ ラングラーボルボ 240

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数11
投票参加者数17
投票数42

みんなの投票で「サーフィンにおすすめの車ランキング」を決定します!アウトドアスポーツとして非常に人気の高いサーフィン。サーフボードをもっての移動や、場合によっては遠征が必要となるため、サーファーにとって自動車は必須アイテムともいえます。車中泊に便利なミニバン・1BOX、デザインや性能の種類が豊富な軽自動車などから、人気の車種が多数ラインアップ!あなたがサーフィンにおすすめだと思う車を教えてください!

最終更新日: 2021/06/23

注目のユーザー

ランキングの前に

1分でわかる「サーフィンにおすすめの車」

車はサーフィンに必須の移動手段

人気の高いアウトドアスポーツのひとつ、サーフィン。大きいボードをもっていく必要があるため、移動手段は車がメインとなります。国内ではSUVや軽自動車などさまざまなタイプの車が販売されていますが、そのなかにはサーファー向けの車も存在します。

サーフィン向けの車両の特徴

関連するおすすめのランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、国産車・外車すべての自動車が投票対象です。現行車・販売終了車種は問いません。あなたがサーフィンにおすすめだと思う乗用車に車種名で投票してください!なお、モデル名・型式についてはコメントで記載して下さい。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1トヨタ ハイエース

ハイエース(HIACE)は、トヨタ自動車が製造・販売しているキャブオーバー型の商用車及び乗用車。

ロングボードも中積めできる

私の愛車もトヨタ ハイエースで、平成19年生産のタイプに乗っています。ウエットスーツ、ショートボードはもちろん、2m近いロングボードさえ車内に入れて運ぶことができるのが魅力です。

ロングボードを車の上に乗せる面倒な作業がなくなるうえに、雨でボードケースを濡らす心配もいりません。しかも室内にルームキャリアをつければボードを天井に沿わせて置けるので、ほかの荷物を楽に収納することもできます。

また、サーファーはいろいろな場所でサーフィンをしますし、波チェックなどで移動もよくするので、車内をカスタムして快適な空間にしている方が多いです。ちなみに私のハイエースはフルフラットにカスタムしていて、仮眠がとれるようになっています。

一ノ瀬 さゆり

プロサーファー

一ノ瀬 さゆりさん

1位に評価

2ランドローバー ディフェンダー

ランドローバー ディフェンダー

ランドローバー公式

ランドローバー・ディフェンダー(Land Rover Defender)は、イギリス・ランドローバー社が1948年から製造していた四輪駆動車ランドローバー・シリーズを1990年に改良した時点で付けられた車名である。強靭なラダーフレームのシャシとアルミニウムボディを採用し、各国の軍用車両や警察、消防車両などに多数採用されている。

ロングボードも車内に積める男らしい無骨な軍用車

イギリスを代表する軍用車のディフェンダーは無骨で他には例を見ないほどの四角いデザイン。
ディフェンダー110に惚れて乗っていますが、同年代の日本車と比べると圧倒的に乗りにくいですが、それ以上に愛着が湧く車です。
車内が広いので荷物はたくさん積めるし、子供も楽しそうに広いスペースで寝っ転がったりして自由に楽しんでいます。
個人的にはロングボードが車内にサクッと詰めるので、ロングボードを持って海に行くときの手軽さもお気に入りです。
体力の続く限り大事に乗りたい一台です。

surf or not

サーフィンマイスター

surf or notさん

1位に評価

3ジープ ラングラー

ジープ ラングラー

ジープ公式

ジープ・ラングラー (Jeep Wrangler) は、1987年からジープブランドで販売されるクライスラーの本格クロスカントリーカーである。

車内を水洗い!

ラングラーは床を水洗いできるのが特徴的。サーフィン後車内が濡れてしまっても、そのまま水洗いしてキレイに!
デザインも無骨で男らしい感じで、サーフィンにぴったりです。

日本車なのに西海岸な雰囲気を持つ名車

旧タイプのクラウンワゴンが好きです。
旧年式に友人が乗っていて、日本車なのにどこかカリフォルニアっぽい西海岸な雰囲気を醸し出していて、車内にロングボードが積める広さだし、トランクが大きく開くのでサーフボードや荷物の出し入れも便利。
旧式とはいえ、さすがクラウンは高級車。
エアコンの送風口がスイングしたりと何かと愛嬌のある車です。
乗り心地も旧式なのにとても快適なのも点数高いです。
サーフィンと海がとても似合う一台です。

surf or not

サーフィンマイスター

surf or notさん

2位に評価

5ボルボ 240

ボルボ・240シリーズはスウェーデンの自動車メーカー・ボルボが1974年から1993年まで、累計2,862,053台を生産した乗用車である。その基本設計は1966年登場の140シリーズにまで遡り、モデルライフの長いボルボ車の中でも特に長寿命であった。

クラッシックな四角いボルボ

新しいボルボではなく、1980~90年代に発売された角ばったデザインのボルボ240にボードを乗せて海へ行くサーファーもたくさんいます。
ハイエースは機能性が抜群ですが、ボルボはオシャレで見た目重視といった感じです。

ボードケースなんて使わずにむき出しの状態でボルボにサーフボードを乗せるのも絵になります。車体も長いし、助手席がフラットに倒れるので、ロングボードを車内に積むことだって可能です。

一昔前の海外サーファーの波乗りを収録したビデオなどにも、よくボルボの車が使われていました。その頃から、ボルボに乗るサーファー=かっこいいというイメージがついたのではないでしょうか。

ボルボでは240と同じようなデザインの「960 エステート」もサーファーからの人気が高いです。

一ノ瀬 さゆり

プロサーファー

一ノ瀬 さゆりさん

2位に評価

6フォルクスワーゲン タイプ2

フォルクスワーゲン タイプ2

Vw bus t1 v sst.jpg by Sven Storbeck / CC BY

フォルクスワーゲン・タイプ2(Volkswagen Type 2 )はフォルクスワーゲンが製造する商用向けの自動車である。一般には、フォルクスワーゲン社のトランスポルター(Transporter )の第1世代(T1)、第2世代(T2)、第3世代(T3)にあたる。狭義ではトランスポルターの第1世代、第2世代を指す。

サーフィンといえばワーゲンバス

やはりサーフィンといえばタイプ2 ワーゲンバス!
コレでサーフィンには行ったことありませんが、以前友人が乗っていてバスというだけあって車内は広く、サーフボードを積みつつ余裕で寝泊まりできるほど。
車内というより一つの部屋ですね。
そして様々な映画やデザインにも登場する通り、サーフボードを屋根に積んで世界一似合う車ではないでしょうか。
車内はサーフワックスの甘い匂いをプンプンさせて、のんびり低速運行でサーフトリップにでも出れたら人生は映画のようです。

surf or not

サーフィンマイスター

surf or notさん

3位に評価

7トヨタ ハイラックス

トヨタ・ハイラックス (Hilux) は、トヨタ自動車が製造・販売しているピックアップトラックである。 平成29年以降、日本国内で新車として販売されている唯一のピックアップトラックである。

8スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

スズキ公式

ジムニー(Jimny)は、スズキ(1990年9月以前は鈴木自動車工業)が1970年(昭和45年)から市販している軽自動車のオフロード四輪駆動車である。

気軽な軽なのに悪路走行が可能

旧式のJA11に乗っていました。
車内は広くないですが、一人で乗る分には椅子を倒してしまえば広々と使えます。
なんと言っても悪路走行に自信があるので海に行くのに怖いものなしです。
また男らしい無骨なスタイルは汚れを気にせずにガンガン使えるのもポイント高いですし、逆に少しくらい汚れている方がカッコいいのはジムニーらしさだと思います。
運転が快適とは言えませんが相棒のような感じで愛着のわく一台です。

surf or not

サーフィンマイスター

surf or notさん

4位に評価

海に向かうときも少しでもエコに

満充電で数十km程はEVで走行でき、バッテリーがなくなればガソリンに切り替わって走行できます。
そのため海への行きはエコにEVで、帰りはガソリンで走りつつ、予定変更で温泉なんかに寄り道する長距離運転なんて使い方が可能です。
サーフィンは自然で遊ばせてもらうので、できる限り海や自然に優しく過ごしたいですし、長距離運転になることも多いのでガソリンスタンドで現金がでていってしまう回数を減らすとストレスも減ります。
車内は広いので荷物もたくさん乗りますし、なんと言っても快適ですね。
海までのドライブも楽なので体力温存して存分に海でサーフィンを楽しめます。

surf or not

サーフィンマイスター

surf or notさん

5位に評価

オシャレで機能性も良好

ヴァナゴンはサーファーだけでなくアウトドア好きからも人気ですよね!サーフボードをはじめ、たくさんの荷物を運べますし、後部座席をカスタムすれば、簡易的なベッドや個室をつくることもできます。

サーフボードとギターを入れてヴァナゴンで旅するなんてオシャレでインスタ映えしそうです。高機能なハイエースとおしゃれなボルボのいいとこどりですが、それらに比べるとメンテナンスの手間がかかり燃費が劣ります。
もし波がいい時にメンテナンス中で海に行けないなんてことがあったらツラいので3位にしました。

一ノ瀬 さゆり

プロサーファー

一ノ瀬 さゆりさん

3位に評価

11トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ公式

ヴェルファイア(VELLFIRE)は、トヨタ自動車が製造・販売する大型(LLクラス)ミニバン。アルファード(2代目以降)の兄弟関係である。製造はトヨタ車体いなべ工場が担当している。

運営からひとこと

このランキングに関連しているタグ

このランキングに参加したユーザー

  1. 1トヨタ ハイエース

    トヨタ ハイエース

  2. 2ボルボ 240

    ボルボ 240

  3. 3フォルクスワーゲン ヴァナゴン

    フォルクスワーゲン ヴァナゴン

詳細を見る
一ノ瀬 さゆり

プロサーファー

一ノ瀬 さゆりさんの評価


8
  1. 1ランドローバー ディフェンダー

    ランドローバー ディフェンダー

  2. 2トヨタ クラウンステーションワゴン

    トヨタ クラウンステーションワゴン

  3. 3フォルクスワーゲン タイプ2

    フォルクスワーゲン タイプ2

  4. 4スズキ ジムニー

    スズキ ジムニー

詳細を見る
surf or not

サーフィンマイスター

surf or notさんの評価


5
  1. 1ジープ ラングラー

    ジープ ラングラー

  2. 2トヨタ ハイラックス

    トヨタ ハイラックス

  3. 3トヨタ ヴェルファイア

    トヨタ ヴェルファイア

詳細を見る

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

ページ内ジャンプ