みんなのランキング

ロボット映画人気ランキング!みんなのおすすめ作品は?

ターミネーターA.I.ターミネーター2トランスフォーマー(映画)アイ,ロボット

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数45
投票参加者数78
投票数243

近未来や宇宙、現代を舞台にロボットが活躍する「ロボット映画」。精巧なメカや大迫力なアクションが楽しめるバトルものから、感動を呼ぶ物語など、多くの作品が発表されました。今回は「ロボット映画人気ランキング」をみんなの投票で決定します!『スターウォーズ』をはじめとしたシリーズ作品や、『アイ・ロボット 』や『チャッピー』などの人気作は何位に輝くのでしょうか?あなたの好きなロボット映画に投票してください!

最終更新日: 2021/08/28

注目のユーザー

ランキングの前に

1分でわかる「ロボット映画」

幅広い層に親しまれる、ロボット映画

ロボットが登場する映画は国内外を問わず、高い人気を誇っています。精巧なメカ・ギミックや大迫力のバトルが味わえる作品から、ヒューマンドラマのように心温まるストーリーまで、そのジャンルはさまざま。物語の舞台も、近未来や宇宙などはもちろん、現代を舞台としたものなど多くの作品があり、SF好き以外の人も楽しめます。

代表的なロボット映画

邦画・洋画ともに、数多くのロボット映画が公開されました。そのなかでも、テクノロジーの暴走や壮絶なアクションを交えた『アイ・ロボット 』(2004年)、ロボットの中に入った老人の巻き起こすドタバタコメディ『ロボジー』(2012年)、高性能の人工知能を取り入れた攻撃ロボットが仲間との絆を育む『チャッピー』(2016年)などは代表的。ほかにも、感動系からコメディ系までおもしろい作品が多数あります!

関連するおすすめのランキング

人気No.1の映画は?

面白い映画ランキング

ロボット好きにおすすめのランキングはこちら!

ロボットアニメランキング

ロボット漫画ランキング

歴代ロボットゲームランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、すべてのロボット映画が投票対象です。ロボットやメカが登場する作品であれば、邦画・洋画・アニメ映画はもちろん、Netflixやアマゾンプライムのオリジナル映画にも投票OK。あなたのおすすめ作品に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1ターミネーター2

ターミネーター2

引用元: Amazon

制作年1991年
上映時間137分
監督ジェームズ・キャメロン
メインキャストアーノルド・シュワルツェネッガー(T-800)、リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)、エドワード・ファーロング(ジョン・コナー)、ロバート・パトリック(T-1000)ほか
主題歌・挿入歌You Could Be Mine / ガンズ・アンド・ローゼズ
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:なし

もっと見る

ロボットと人間の友情

前作ではサラコナー殺害のために未来から送られてきたターミネーターが、今回は味方側についてまだ少年のジョンコナーを守る姿が単にプログラムされたロボットではなく人間としての感情を持った父親のように見えた。
最後のシーンでは、完全にロボットではなく人の感情を学んだターミネーターがサラとジョンに別れを告げて溶鉱炉に沈んでいくシーンは涙ものでした。
アクションシーンも素晴らしく、T1000という液体金属のターミネーターが人に化けたり、わずかな隙間から液体となって入り込んできたり、想像つかないようなシーンの連発でした。
いろんなロボット映画がありますが、これを超える映画はないと思います。

オギ

オギさん

1位に評価

人間をモデルとしたデザイン性が秀逸

全知全能のAIが作り出した、殺人マシーンとしての存在感は圧倒的。
量産型タイプのモデルで軍事的な要素も多く含まれている。
戦闘用に開発された事もあって、状況や判断はまさに軍人そのもの。
武器の扱いも長けている点でも軍人データを再現していると言える。

アクションがすごい

1で敵で怖すぎたターミネーターが、2では味方となって現れて心強かった。最初は人間の感情を理解できなかったが、サラとジョンと一緒に行動を共にし、涙の理由が分かったと言うのに感動した。アクション、音楽、俳優、シナリオすべてが良すぎた。

コメントをもっと読む

2A.I.

A.I.

引用元: Amazon

制作年2001年
上映時間146分
監督スティーブン・スピルバーグ
メインキャストハーレイ・ジョエル・オスメント(デイビット)、ジュード・ロウ(ジゴロ・ジョー)、フランシス・オコナー(モニカ・スウィントン)、サム・ロバーズ(ヘンリー・スウィントン)、ブレンダン・グリーソン(ジョンソン=ジョンソン卿)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:配信中

もっと見る

情のあるロボット

ベビーシッターロボットや風俗ロボットが、まるで人間のように情のある言動をするところに感動します。また、母とデビッドの抱き合うシーンでは、思わず涙がこぼれました。作中に登場するロボットたちはみんな感情があり、人間的で、人とロボットの違いについて考えさせられる作品でした。

さすがスティーヴン・スピルバーグ監督が撮った映画だけあって、映像が綺麗でストーリーにもグングン引き込まれるとても良い映画

さすがスティーヴン・スピルバーグ監督が撮った映画だけあって、映像が綺麗でしたし、ストーリーにもグングン引き込まれるとても良い映画でした。
そして主人公の少年デイビッドを演じたハーレイ・ジョエル・オスメント君の演技が素晴らしかったです。そして「愛」について考えさせられる感動的な映画で良かったです。

映画館で泣きました。

学生の頃、映画館でA.I.を見て、感動と切なさで泣きました。今でもとても好きな映画です。ロボットは感情をもたないものですが、そのロボットが感情をもった時の姿と人間の感情との対比をしたり、すごく愛情を感じる、愛情について考えさせられる映画で、じんと来ると同時に心を打たれます。

味噌

味噌さん

1位に評価

コメントをもっと読む

3トランスフォーマー(映画)

トランスフォーマー(映画)

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間143分
監督マイケル・ベイ
メインキャストシャイア・ラブーフ(サミエル・ジェームズ・ウィットウィッキー)、ミーガン・フォックス(ミカエラ・ベインズ)、オプティマス・プライム(ピーター・カレン)、バンブルビー(マーク・ライアン)、メガトロン(ヒューゴ・ウィーヴィング)ほか
主題歌・挿入歌What I've Done / リンキンパーク
公式サイト-

もっと見る

関連するランキング

トランスフォーマー(映画)

映画トランスフォーマーシリーズランキング

映画トランスフォーマーシリーズでおすすめは?

衝撃のカッコ良さ

私にとってトランスフォーマーは子供向けアニメであり、クソゲーランキング上位に入るレトロゲーのタイトルという印象しかなかった。そんなイメージをぶち壊したのが、このトランスフォーマーという映画。その迫力はさすがハリウッド映画といった所。凄くカッコイイデザインのロボットが所せましと暴れまわります。またスパイ的な感じで小さいロボットも周囲を暗躍したりと本当に凄いロボット映画です。この映画を観てから、アニメのトランスフォーマーを見返したり、久々にゲームをプレイしたりもしました。

大輔

大輔さん

1位に評価

完全に期待以上!

子供の頃にトランスフォーマーが好きで、テレビで見たりおもちゃを持っていたりしてました。
大人になり興味はなくなっていましたが、ハリウッドからトランスフォーマーが出るということで息子が見たいというので映画館に観に行ったところ、とにかくCG技術が凄い!迫力満点の映像に圧倒されました。完全に期待を超えていて満足しました!トランスフォーマーはシリーズものですが1作目が一番面白いと思います!

祐樹

祐樹さん

1位に評価

迫力ある映像美

昔アニメでやっていたトランスフォーマーも好きでしたが、映画となりアメリカが手掛けたトランスフォーマーはとにかくスケールが大きくなって、迫力満点です。大型トラックからランボルギーニやフェラーリといった高級車までロボットに変形するシーンや戦闘シーンはめちゃめちゃかっこよく、それだけでも見る価値があります。もちろんストーリーもしっかり構成してあるので全シリーズ見る価値ありです!

N.T

N.Tさん

3位に評価

コメントをもっと読む

4ターミネーター

ターミネーター

引用元: Amazon

制作年1984年
上映時間108分
監督ジェームズ・キャメロン
メインキャストアーノルド・シュワルツェネッガー(ターミネーター)、マイケル・ビーン(カイル・リース)、リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)、ポール・ウィンフィールド(エド・トラクスラー)、ランス・ヘンリクセン(ハル・ブコビッチ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

関連するランキング

ターミネーター2

映画ターミネーターシリーズランキング

ターミネーターシリーズで好きな映画は?

悪役のターミネーターが怖くて衝撃的でサラ・コナーとカイルとのロマンスも素敵な映画

この映画は1984年に製作されたので、その当時に見た際、悪役のターミネーターが怖くて衝撃的だったのを今でも覚えています。
そのターミネーターを演じているアーノルド・シュワルツェネッガーさんの演技が良かったです。その悪役のロボット(ターミネイター)から必死で逃げようとするサラ・コナーと彼女を守るために頑張るカイルとのロマンスも素敵でした。
その後、ターミネーター2、ターミネーター3などの続編が出ましたが、やっぱり一番最初のターミネーターが好きです。

ロボット強い!

アーノルド・シュワルツェネッガーがタフなロボットを演じる映画です。未来から送られてきたというだけあり、未来の科学力のすべてを注ぎ込んだこのロボットは最強。銃どころかショットガンを打ち込んでもまったくダメージを与えられません。逃げるにしても、相手は人間と違って無休で追跡してきます。ロボットを敵に回したら死ぬしかない・・とまで感じさせてくれた作品です。

大輔

大輔さん

3位に評価

ロボットだけどかっこいいおじさん

なんといっても、ターミネーターの役を務めたアーノルド・シュワルツェネッガーがまずめっちゃカッコいい! なのにさらにロボットだからめちゃ強いというインパクトありすぎな映画です。
特にターミネーター2は大きく展開が変わり、見た人にアクションのみの興奮だけでなく、感動までも与える素晴らしい作品になっています。

N.T

N.Tさん

4位に評価

コメントをもっと読む

5アイ,ロボット

アイ,ロボット

引用元: Amazon

制作年2004年
上映時間105分
監督アレックス・プロヤス
メインキャストウィル・スミス(デル・スプーナー刑事)、ブリジット・モイナハン(スーザン・カルヴィン博士)、ジェームズ・クロムウェル(アルフレッド・ラニング博士)、ブルース・グリーンウッド(ローレンス・ロバートソン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

ちょっと怖いロボットの未来

ロボットと人間が共存する世界で、未だにロボットが信じられない刑事デルと、感情をもったロボット、サニーの物語です。ロボットが人間に反乱を起こす。というのは未来には現実になるのではないか? という怖さが感じられます。それとは別に、サニーのような良き友人となる未来にも期待を持ってしまう作品です。どちらになるかは分かりませんが、ロボット社会の未来について考えてしまう作品です。

ウイル・スミスがとにかくカッコ良い

私はウイル・スミスが大好きで、彼の作品であれば何でも見ます。
そんな中、いつもとは少し違った役柄のこの作品が好きです。
アイロボットは、未来の話なのですが、謎の死を遂げた人がいて、
そのロボットとAIと人間が上手く共存してくことがテーマになっています。
とても興味深く、実際に近い未来に起こりそうな内容がスリリングで好きです。

ERIKO

ERIKOさん

3位に評価

ロボットの監視

ロボットが人間と共生する社会を描いた作品。
人間に対してよい感情を持ったロボットもいれば反乱を起こすロボットもあり、これから現実となっていくロボットを活用する社会で、ロボットが人間に対して良き感情を持ってくれるのか、それとも悪い感情を持ち反乱を仕掛けてくるのかと考えさせられました。

オギ

オギさん

3位に評価

コメントをもっと読む

6ベイマックス(アニメ)

ベイマックス(アニメ)

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー主人公である天才少年・ヒロが住むのは、最先端の技術が集まる街サンフランソウキョウ。ヒロは、自作のロボットを使って戦う、ロボット格闘技に夢中だった。そんな彼の理解者である兄・タダシは、ヒロを大学へ連れ出し、ロボット工学に関わる、魅力あふれる人たちとの出会いを与える。そんなある日、不慮の事故によって最愛の兄が命を落としてしまう。悲しみに暮れるヒロにそっと寄り添ってくれたのは、タダシが残した『ベイマックス』というケア・ロボット。少しずつ元気を取り戻したヒロは、兄の死に関わる重大な秘密を知り……?
制作年2014年
上映時間102分
監督ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
メインキャスト川島得愛(ベイマックス)、本城雄太郎(ヒロ・ハマダ)、小泉孝太郎(タダシ・ハマダ)、新田英人(フレッド)、浅野真澄(ゴー・ゴー)ほか
主題歌・挿入歌Story(English Version) / AI
Immortals / フォール・アウト・ボーイズ
制作会社ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ
公式サイト-

もっと見る

関連するランキング

ベイマックスがかわいすぎる

とにかくベイマックスがかわいすぎます。主人公との友情が芽生えていく描写は心温まりますし、ストーリーの展開やテンポも良くさらっと見れます。また日本を舞台とした背景がさすがディズニーといった感じで、桜やアニメなど日本ならではの世界観がみごとにディズニーの世界観とマッチしていてほんとに素敵です。

のん

のんさん

2位に評価

感動するシーンもある一方、笑えるシーンも多くて全体的なバランスが良い映画

ふんわり柔らかい雰囲気の風船ロボット、ベイマックスの姿に癒されました。
ストーリー展開が感動するシーンもある一方、笑えるシーンも多くて全体的なバランスが良かったし、映画の中で流れている音楽も素敵なので、良い映画に仕上がっていると思いました。

ベイマックスとヒロとの絆がとても感動的

メカニックだったヒロが作ったベイマックスは、
見た目は全然ロボットぽくない、可愛くて丸っこいフォルムが特徴的です。
そんなベイマックスとヒロの友情ストーリーがメインなのですが、心温まりハートウォーミングな気持ちになります。

ERIKO

ERIKOさん

2位に評価

コメントをもっと読む

7アンドリューNDR114

アンドリューNDR114

引用元: Amazon

制作年1999年
上映時間132分
監督クリス・コロンバス
メインキャストロビン・ウィリアムズ(アンドリュー)、エンベス・デイヴィッツ(アマンダ・マーティン)、サム・ニール(リチャード・マーティン)、オリヴァー・プラット(ルパート・バーンズ)、キルステン・ウォーレン(ガラテア)ほか
主題歌・挿入歌ゼン・ユー・ルック・アット・ミー / セリーヌ・ディオン
公式サイト-

もっと見る

コミカルと感動のバランス

”人間の定義”のような話題になるたび思い出してしまいます。
子供としても楽しめるコミカルな演出やシリアスもあり、最後には感動もあるのでバランスが良いと感じました。

泣ける

人間のように振舞おうとするアンドリューに心という概念について考えさせられた。
切なくて泣ける映画です。

素敵

ひょうきんなやりとりとシリアスな心の葛藤、ロビンウィリアムズだからこそ演じられるロボット映画です。

kana

kanaさん

2位に評価

コメントをもっと読む

8アイアンマン

アイアンマン

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー「スターク・インダストリーズ」の社長、トニー・スタークは、自社で製作した兵器のデモ実験をアフガニスタンで行っていた。しかし、その現場をテロリストに襲われ、トニーは囚われの身となってしまう。そこでテロ組織に、最強兵器の開発を強制されたが、隙を見て戦闘用のパワードスーツを開発し、なんとか脱出に成功する。無事生還したスタークだが、そこで衝撃的な事実を知ることになる。それによりテロ撲滅のため、新たな強力のパワードスーツを開発し、敵に立ち向かう決意をするのだった……。
制作年2008年
上映時間125分
監督ジョン・ファブロー
メインキャストロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク)、ジェフ・ブリッジス(オバディア・ステイン)、テレンス・ハワード(ローディ)、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ショーン・トーブ(インセン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

アイアンマンのビジュアルと、性能のカッコ良さ!

アイアンマンはシリーズとして3作品出ていますが、その中でもやはりアイアンマンが初めて作られるパート1が個人的には一番好きです。
アイアンマンが作られる過程、襲われている人を助けにやってくる登場シーン、戦闘シーン、飛行シーンなど、どの場面を見ても近未来的でハイテクな姿は見ていてとても興奮しました! 見たことない人には是非見てもらいたい作品です。

N.T

N.Tさん

1位に評価

永遠のスタートニースターク!

トニースタークのカリスマ性や人間味溢れるところ、研究に没頭する姿に惚れます。絶対付き合ったら大変だけど、ああいう男に弱いんです、、。映像の迫力もシリーズを追うごとに流石という感じで引き込まれます。肝心のアイアンマンスーツはもちろんかっこよすぎでスタークのコレクションは全男子が欲しいのではないでしょうか。AIのジャービスがかわいいです。

のん

のんさん

1位に評価

スーツかっこいい

ストーリーが面白い!ロボット会社社長の話、アイアンマンが出来るまでの話などシリーズを通して面白いです。
戦闘シーン、空を飛ぶ飛行シーン、人々を助ける時の登場シーンがかっこいいです。
特にアイアンマンスーツの変身がリアルでかっこよくすごく好きなシーンです。

9ターミネーター4

ターミネーター4

引用元: Amazon

制作年2009年
上映時間114分
監督マックG
メインキャストクリスチャン・ベール(ジョン・コナー)、サム・ワーシントン(マーカス・ライト)、アントン・イェルチン(カイル・リース)、ムーン・ブラッドグッド(ブレア・ウィリアムズ)、ブライス・ダラス・ハワード(ケイト・コナー)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

未来から現れた殺人機に恐ろしすぎる

未来から現代へ人間を抹殺する為に送り込まれた殺人機「ターミネーター」がとにかく恐ろしく、またその迫力に圧倒されてしまいます。感情を全く持たず、とにかくひたすらにターゲットを追い続ける姿には恐怖を覚えます。

ロボット映画の代表かなと。

ロボット映画で古いですが、ターミネーターは外せないですし一番初めに見たロボット映画はこの作品だったような気がする。
ありがちなストーリーではありますが、強いインパクトを覚えた記憶があり、忘れれない作品。

一味違う感動作。

ターミネーターシリーズでも異作で、自分が人造人間と知らずに人々を助けるマーカスに惹かれた。そして戦闘シーンは、美しいほどの映像をみせてくれる。

10チャッピー

チャッピー

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間120分
監督ニール・ブロムカンプ
メインキャストシャールト・コプリー(チャッピー)、デヴ・パテル(ディオン)、ヒュー・ジャックマン(ヴィンセント)、ニンジャ(ニンジャ)、ヨ=ランディ・ヴィッサー(ヨーランディ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

ロボットの進化と恐怖!

南アフリカのヨハネスブルグでは犯罪率を下げるために警察ロボットが配備され注目を集めていました。そんな中、人工知能(AI)を独自開発してロボットにインストールしようとするプロジェクトが立ち上がるのですが、そのロボットがギャング達に誘拐されてしまうのです。
大ヒットした「第9地区」のニール・プロムカンプが監督した本作は、市民のために開発されたロボットがギャングの手に渡り悪用されるという悲劇とともに、コントロールが効かなくなったロボットの恐怖を描いているのです。

コトブキ ツカサ

映画パーソナリティ

コトブキ ツカサさん

2位に評価

命とは?魂とは?

普遍的な娯楽映画と思いきや哲学的な要素もある奥が深い作品です。チャッピーというロボットを通して実体二元論について考えもっと哲学を学びたくなりました。肉体があれば人間なのか、命に限りある人間の儚さは弱さなのか…。色々考えさせられる作品だけど小難しい話ではなく、純粋で愛嬌たっぷりなチャッピーは可愛いし、ロボット同士の戦闘シーンはかっこいいし、全ての“人間たち”におすすめしたい映画です。

可愛い

ロボットでありながら、生まれたての赤子のような行動をとるチャッピーがとても愛らしくて大好きな映画です。
どんどん成長してロボットらしくなり、最後の切ないラストを迎えるシーンは涙なしでは見られないと思います。

11ロボコップ

ロボコップ

引用元: Amazon

制作年1987年
上映時間103分
監督ポール・バーホーベン
メインキャストピーター・ウェラー(アレックス・マーフィ/ロボコップ)、ナンシー・アレン(アン・ルイス)、ロニー・コックス(リチャード・ジョーンズ)、カートウッド・スミス(クラレンス・ボディッカー)、ミゲル・フェラー(ボブ・モートン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

アナログなロボット

射殺シーンでの血肉が飛び散るところなどグロいところもありますが、単純にロボコップがかっこいいと思いました。
他のロボット映画と違うのは、ロボコップがなんともアナログな動きをするロボットであるところ。しかし、そんな動きがアナログなロボットですがハンドガンをぶっぱなしながら悪党一味を倒していきます。
なんとも独特な動きと動作音を出すので、一度は見てみる価値はあると思います。

オギ

オギさん

5位に評価

かっこいい

勤務中に殉職した警察がロボットとなって世にはびこる悪党どもに、正義の鉄拳をくらわすシーンの数々は胸をうたれます。
同時にこれを人間のままできたらどれだけ良かったかと切なくもなります。
スカッとしたくなったら視聴する映画のうちのひとつです。

死を乗り越えた正義のスーパーコップが熱い

殉職した警官がロボットと化し、自身を虐殺した犯人を追い詰めるのが見どころです。不死身の身体を手にし、まさに敵無しの状態ですが、人間だった時の記憶が突如蘇り、家族と会えない寂しさに苦しむ姿が切ないです。

コメントをもっと読む

12リアル・スティール

リアル・スティール

引用元: Amazon

『リアル・スティール』(原題: Real Steel、チラシ・前売券・プログラム等の日本語ロゴは「リアル」と「スティール」の2段書きで「・」なし)は、ショーン・レヴィ監督、ヒュー・ジャックマン主演による2011年のアメリカ合衆国のSFアクション映画である。リチャード・マシスンの短編小説「四角い墓場」(原題: Steel)を原作としている。

もっと見る

笑えて泣けてスカッとできる、アクションでありヒューマンドラマでありラブストーリーもあり。大満足の映画です。

使われている曲がとにかくかっこいい。聴き流しているだけでも楽しめるくらい。
あとは俳優がかっこいい。だらしないけど熱い父親役のヒュージャックマンはもちろん、息子も、芯が通っててかっこいい。
あとロボットのアクションシーンがかっこいい。
バトル前の入場の演出はテンションが上がるし、ついつい引き込まれてしまう。

見応え十分です。

uehara05

uehara05さん

1位に評価

とても感動したからです。

ロボットを通して親子の絆を描くストーリーにとても感動した。
実際親子同士でも事件がある時代で、この映画を観ると良い影響力があるかなと感じる。
家族で観るにも適している作品だと思いましたし、印象に残った。

13シザーハンズ

シザーハンズ

引用元: Amazon

制作年1990年
上映時間105分
監督ティム・バートン
メインキャストジョニー・デップ(エドワード・シザーハンズ)、ウィノナ・ライダー(キム)、ダイアン・ウィースト(ペグ)、アンソニー・マイケル・ホール(ジム)、キャシー・ベイカー(ジョイス)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:なし
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:なし

もっと見る

切ないロボット映画

名優ジョニー・デップ、ハサミの手を持つ人造人間が主人公の映画。人造人間のエドワードと人間のキムが恋に落ちていく物語ですが、二人が最後に選ぶ道はとても切ないです。その危険な見た目から孤独な存在であり、そでもキムを愛し続ける、純粋で心優しいエドワードに心打たれます。最後に明かさる、「雪が降る理由」がとても美しい作品です。

ジョニーデップとティムバートンの名作

ジョニーデップとティムバートンの名作で私の中で一番記憶に古いものといえばシザーハンズです。
ティムバートン特有の雰囲気とジョニーデップの機械と人間が融合したような独特な演技が惹きつけます。
3年に1回くらいは見直している気がしますし、毎回新鮮に面白いですね。

祐樹

祐樹さん

3位に評価

飽きない

かなり昔の映画ですが、今見ても全然飽きない映画だと思います。人造人間の男性と人間の女性のラブストーリーです。主人公の切なく哀しい感じ、不器用な生き方に見ているうちにすごく引き込まれました。切ないロボット映画もランクに入れようと思い3位にしました。

コメントをもっと読む

14ウォーリー

ウォーリー

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー西暦2805年。地球はゴミの山と化し、人類は『アクシオム(AXIOM)』で生活していた。量産型のゴミ処理ロボットであるWALL・E(ウォーリー)は、人類が地球を去ってから700年間、ひたすらゴミを圧縮しゴミの塔を積み上げていた。ところがある日、ウォーリーは''感情をもつ''というシステムエラーを起こしてしまう。そんなWALL・E(ウォーリー)のもとに、最新型ロボットのEVE(イヴ)が現れる。イヴに一目惚れしたウォーリーだったが、イヴは重要な任務を背負っていて......。
制作年2008年
上映時間97分
監督アンドリュー・スタントン
メインキャスト横堀悦夫(ウォーリー)、園崎未恵(イヴ)、草刈正雄(艦長)、江原正士(オート)、吉野裕行(モー)、立木文彦(ジョン)ほか
主題歌・挿入歌ダウン・トゥ・アース / ピーター・ガブリエル
制作会社ピクサー・アニメーション・スタジオ、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公式サイトhttps://www.disney.co.jp/studio/animation/0902.html
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:なし

もっと見る

ロボットに感情をがあったら…それはシステムエラー!

汚染された地球を人類が捨て去り700年が経過した頃、地球にひとり置き去りにされたゴミ処理ロボットのウォーリーは、ひたすら毎日ゴミ集めを続けていました。そんなある日、ロボットのイヴが突然地球にやってきてウォーリーは彼女に一目惚れしてしまうのですが…。ピクサー制作のロボット映画「ウォーリー」は地球の未来を暗示していると同時に、ロボットに感情があったらシステムエラーになるという原点に気づかせてくれます。エンドロールを観ながら改めてピクサーストーリーは観客を惹きつけると感じました。

コトブキ ツカサ

映画パーソナリティ

コトブキ ツカサさん

3位に評価

可愛い

セリフのないウォーリーなのに、しぐさや表情で感情が伝わってきて、とても可愛かったです。ロボットに恋をする姿も愛らしいなーと思って見ていましたが、同時にゴミだらけになってしまった世界を見ていて、人間の未来が怖くもなりました。

sor

sorさん

3位に評価

愛らしいロボットキャラ

お気に入りの物を集めて持ち帰ったり、一途に誰かを想ったり、ロボットなのに人間らしいウォーリーが魅力的です。最新型のロボット、イヴとは違い、古くてどんくさい感じも、ロボットなのに親近感がもてるポイントです。イヴのために宇宙にまで行ってしまう、そんな全力な姿になんとなく励まされます。便利なことが増える世の中で、その代表ともいえるロボット、ウォーリーに自分の力で挑む素晴らしさを教えられる作品です。

コメントをもっと読む

15ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間98分
監督庵野秀明
メインキャスト緒方恵美(碇シンジ)、林原めぐみ(綾波レイ)、三石琴乃(葛城ミサト)、山口由里子(赤木リツコ)、立木文彦(碇ゲンドウ)、清川元夢(冬月コウゾウ)ほか
主題歌・挿入歌Beautiful World / 宇多田ヒカル
制作会社カラー
公式サイトhttps://www.evangelion.co.jp/1_0/index.html

もっと見る

関連するランキング

式波・アスカ・ラングレー

エヴァンゲリオンかわいい女性キャラランキング

最も可愛いエヴァンゲリオンキャラは?

ヱヴァンゲリヲンに引き込まれる圧倒的世界観

日本アニメの超大作ともいえるヱヴァンゲリヲンは、ロボット映画の中で最も内容の理解が難しいのに引き込まれるという唯一無二の作品だと思います。
ヱヴァンゲリヲンのリメイク版となったヱヴァンゲリヲン新劇場版は、映像美だけでなく、少しストーリーも変えてきているというファンにはたまらない作品です。
第4弾映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の公開は2020年6月となっており、今からとても楽しみです!

N.T

N.Tさん

2位に評価

ATフィールド全開

次々に出てくるガンダムの歴史観にごちゃごちゃになってしまった頃に現れたエヴァ。最初はガンダムには勝てないだろうと思っていたのですが、見たらどハマり。使徒、ATフィールド全開などガンダムとはまた違った内容の面白さに虜になってしまいました。

JS

JSさん

3位に評価

16パシフィック・リム

パシフィック・リム

引用元: Amazon

制作年2013年
上映時間132分
監督ギレルモ・デル・トロ
メインキャストチャーリー・ハナム(ローリー・ベケット)、菊地凛子(森マコ)、イドリス・エルバ(スタッカー・ペントコスト)、チャーリー・デイ(ニュートン・ガイズラー)、バーン・ゴーマン(ハーマン・ゴットリーブ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/

もっと見る

巨大ロボットinハリウッド

巨大ロボット映画不滅の殿堂入り。
謎の侵略者から地球を救え!という日本のアニメではおなじみの物語がついにハリウッドのビッグバジェットによってつくられた!物語は『真ゲッターロボ 世界最後の日』のオマージュなので原作は日本のアニメだといっても遜色ない。
これが突破口になってハリウッドには巨大ロボット映画が溢れかえるな、と思ってたらそんなこともなかったのがショック。アメリカ人に巨大ロボット映画はまだ早かったか。

しばりやトーマス

映画マイスター

しばりやトーマスさん

3位に評価

17エクス・マキナ

エクス・マキナ

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間108分
監督アレックス・ガーランド
メインキャストアリシア・ヴィキャンデル(エヴァ)、ドーナル・グリーソン(ケイレブ・スミス)、オスカー・アイザック(ネイサン・ベイトマン)、ソノヤ・ミズノ(キョウコ)
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://exmachina-movie.jp/

もっと見る

人工知能がもたらす未来とは?

有名なIT企業で働く主人公のケレイブは抽選に当たり社長のネイサンの自宅への訪問を許されます。広大な山岳地帯の裏にあるネイサンの自宅までヘリコプターで招待されたケレイブは、彼が製作中のAIの実証実験を頼まれるのですが…。AIロボットと人間の関わりを描いた作品は多数ありますが、本作に登場するエヴァというAIの妖艶さと掴みどころがない世界観は秀逸。数々の映画賞を受賞する中、アカデミー賞では視覚効果賞を受賞しました。

コトブキ ツカサ

映画パーソナリティ

コトブキ ツカサさん

1位に評価

子供の冒険心がいいです。

自分は子供の頃に、キャンプに行って可愛いロボット・テトラと出会えたら良いなと思いました。
テトラの謎の解明に取り掛かるなんて、素晴らしい冒険心で、ワクワクしました。全体的なストーリーもラストシーンも感動しました。

19劇場版 機動戦士ガンダム

劇場版 機動戦士ガンダム

引用元: Amazon

制作年1981年
上映時間137分
監督富野喜幸
メインキャスト古谷徹(アムロ・レイ)、池田秀一(シャア・アズナブル)、鈴置洋孝(ブライト・ノア)、鵜飼るみ子(フラウ・ボゥ)、白石冬美(ミライ・ヤシマ)、井上遥(セイラ・マス)、古川登志夫(カイ・シデン)、鈴木清信(ハヤト・コバヤシ)、戸田恵子(マチルダ・アジャン)、潘恵子(ララァ・スン)、永井一郎(ナレーター)ほか
主題歌・挿入歌砂の十字架 / やしきたかじん
制作会社日本サンライズ
公式サイトhttp://www.gundam.jp/movie/

もっと見る

感動モノ

小学生の高学年から中学、高校の時にハマったロボット映画です。それまでのロボット映画は、正義のロボットが悪いロボットをやっつけるというものでしたが、ガンダムはロボット同士の戦いはもちろんのこと、戦争に巻き込まれる子供たちの心理を細かく描写していたので、夢中になりました。

JS

JSさん

1位に評価

20地球の静止する日

地球の静止する日

引用元: Amazon

『地球の静止する日』(ちきゅうのせいしするひ、原題: The Day the Earth Stood Still)は、1951年アメリカの未来SF映画。20世紀フォックス製作、監督ロバート・ワイズ、主演マイケル・レニー。1971年1月30日、テレビ朝日「土曜映画劇場」でTV放送された時の題名は『SF地球最後の日』だった。 2008年、キアヌ・リーブス主演でリメイク作品『地球が静止する日』が制作された。

もっと見る

友好的宇宙人の代表作

ワシントンD.C.に飛来した円盤から降り立ったひとりの宇宙人。彼が発砲され傷を負うと一体のロボットが現れるが宇宙人はロボットを制止させる。
宇宙人クラトゥは地球人類が戦争を続けることがやがて他の天体への侵略戦争につながることを危険視、戦争をやめさせるために数分間だけ地球の電力をストップさせる。クラトゥの存在を危険に感じた政府は彼を捉えようとするが、ロボット“ゴート”は主人であるクラトゥを守ろうとする行動に出る。

かつてSF映画に出てくる宇宙人は「危険な侵略者」という位置づけで、このこと自体が
「地球人は発展した科学力をやがて侵略戦争のために使うつもりなのでは?」
という逆説になっているのですが、そんなブームの真っただ中に「友好的な宇宙人」を描いた珍しい一本であり、宇宙人とのファーストコンタクトを知的レベル高めで描いた傑作。ゴートの一つ目様デザインも秀逸

しばりやトーマス

映画マイスター

しばりやトーマスさん

1位に評価

21

21位~40位を見る

運営からひとこと

邦画・洋画すべてのロボット映画の中から人気No.1を決定する「ロボット映画人気ランキング」!ほかにも「面白い映画人気ランキング」や「SF映画人気ランキング」など、投票受付中のランキングを多数公開中。ぜひチェックしてみてください!

関連するおすすめのランキング

最も面白い映画は?

面白い映画ランキング

ジャンル別人気の映画ランキングはこちら!

SF映画ランキング

アクション映画ランキング

元気が出る映画ランキング

ホラー映画ランキング

サスペンス・ミステリー映画ランキング

ロボット好きにおすすめのランキングもチェック!

ロボットアニメランキング

歴代ロボットゲームランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

君の膵臓をたべたい(映画)

エンタメ>映画

邦画の恋愛映画ランキング

好きな邦画の恋愛映画は?

ページ内ジャンプ