みんなのランキング

あさが来たに関するランキングと感想・評価

あさが来た

引用元: Amazon

最高評価

86.4

(32人の評価)

波瑠出演ドラマランキング」で最も高い評価を得ています。

あさが来たの詳細情報

あらすじ・スト-リー幕末の京都の豪商の家庭で生まれた、あさは相撲が好きなおてんば娘である。やがて明治に入り、あさは大阪有数の両替屋の次男・新次郎のもとに嫁いだ。ところが、時代遅れになった両替屋の経営は火の車だった。倒産を覚悟したとき、新次郎は炭鉱経営の話を持ち込む。「これからは石炭の時代らしい」という新次郎の言葉で火がついた”あさ”は、単身で九州へ向かうことに。しかし、そこにいたのは酒ばかり飲んで働かない炭鉱の男たち。あさは、やる気のない男たちや男女差別など、さまざまな苦難を前に実業家として奮闘することになったのだ。
放送年2015年
放送局NHK
原作古川智映子『小説 土佐堀川』
脚本大森美香
メインキャスト波瑠(今井あさ)、玉木宏(白岡新次郎)、寺島しのぶ(今井梨江)、風吹ジュン(白岡よの)、近藤正臣(白岡正吉)、宮崎あおい(今井はつ)ほか
主題歌・挿入歌365日の紙飛行機 / AKB48
公式サイトhttps://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=3404
参考価格11,611円(税込)

『あさが来た』(あさがきた)は、2015年度下半期放送のNHK「連続テレビ小説」第93シリーズの作品である。 ヒロイン・白岡あさのモデルは大阪を拠点に活動した実業家で教育者の広岡浅子。広岡浅子は、京都の豪商小石川三井家の三井高益の四女に生まれ、大阪の豪商加島屋一族の広岡信五郎に嫁ぎ、幕末から大正の、日本人の女性が表舞台に出ることがなかった時代に、企業経営者として、銀行、生命保険会社、さらには女子大学を日本で初めて作る女性起業家のパイオニアである。 物語は、朝ドラではもっとも古い年代となる安政4年(西暦1857年)から始まり、様々な困難を乗り越えて成長するあさと、その家族らを通して、社会に貢献するさまを描くとしている(引用元: Wikipedia)

キャスト(出演者)・登場人物

すべて見る

感想・評価

全 41 件中 1 〜 20 件を表示

NHK朝ドラランキングでの感想・評価

これぞ元祖イクメン!

このドラマは、大同生命の創設者である「あさ」が主人公として描かれていますが、個人的にはその夫「新次郎さん」の方が主人公に相応しいのでは?と思いました。男尊女卑が当たり前の時代に、親友を失う結果となった商売が嫌いだからと、長男である新次郎は後継ぎとならずに、あさの活躍を内助の功で支え続けるというストーリーです。男として生まれた運命や世間体と密かに戦いながらも、それを周囲には微塵も感じさせずに、「自ら好きで仕事はしません」という態度で、一途に妻を支え続ける様子が、現在の「イクメン」にも通じる所があると思うからです。

くまちゃん

くまちゃんさん(女性・40代)

3位(75点)の評価

NHK朝ドラランキングでの感想・評価

衣装が可愛い!

色鮮やかな衣装が毎朝みられて、朝から気分が上がりました。ヒロインはモデルの波瑠さんでしたので、美しい着物の雑誌を見ているようでとても楽しめました。ストーリーは実在した人物がモデルになっており、感情移入しやすく、違和感がなく見ることができました。男性キャストのイケメンっぷりも話題になりました。そちらも必見です。

SHIHO

SHIHOさん(女性・50代)

1位(100点)の評価

NHK朝ドラランキングでの感想・評価

こんな人がいたなんてびっくりポンや

広岡浅子の生涯をモチーフに描かれた作品です。幕末に生まれ、圧倒的な男性優位の時代に、実業家として成功して納めた彼女のアイディア力と実行力が魅力です。
そして、彼女を支えた玉木さんや近藤さんが演じた男衆の品のある男前ぶりが格好よかったです。

yokutoku

yokutokuさん(男性・40代)

3位(75点)の評価

NHK朝ドラランキングでの感想・評価

初めてリアルタイムで最後まで見た朝ドラ

あまちゃんからの朝ドラブームがありましたが、その時ですら正月の一挙放送でしか見なかったのに、『あさが来た』はリアルタイムで観てました。とにかく玉木宏がかっこいい…。はんなりした喋り方がめちゃくちゃ良い…。笑 正直、主人公と玉木宏の出会い時、玉木宏はそのままなのにあさは子役なので、めちゃくちゃ違和感が…。まあ時代劇だから、普通なのか…?と言い聞かせて見続けました。笑 結果面白くて最後まで見てました。

ひな

ひなさん(女性・30代)

1位(100点)の評価

NHKドラマランキングでの感想・評価

働き者のあさがかっこいい

あさが来たの時代では、まだ女性が働くことは普通ではなかったのですがあさは働くことに興味を持って周りから反対されても両替商を勉強をしたり炭鉱を購入したり銀行を作るのに積極的に働く姿がかっこよかったです。新次郎は全然働かないと思っていたけど、顔が広くて色々な人と繋がりがあり、あさが働いている見守ったり、あさのために動く姿がかっこよかったです。

りん

りんさん(女性・20代)

1位(100点)の評価

パワーある演技が魅力的


あさが来たは、明治時代の社会状況を上手く描いた作品です。AKB48『365日の紙飛行機』の主題歌で有名だと思います。まだ、20代なのに難しい役柄を無難にこなしていたと思います。見た目の印象とは違う力強い演技が、とても魅力的に感じました。着物姿が似合っていたのも印象的です。

はじめ

はじめさん(男性・40代)

3位(75点)の評価

男が惚れる男

いつも妻をおおらかな温かさで包み込むように見つめていた姿が忘れられません。
笑顔がとても素敵でしたし、男ながら惚れてしまいそうな性格と雰囲気をもった人物でした。
こういう男性に愛された妻はどれほど幸せだったろうかと想像します。
亡くなる場面と和服がとても似合っていたのも印象的でした。

natsu

natsuさん(男性・50代)

1位(100点)の評価

再放送(2023年)をみてました

再放送(2023年)が始まった頃、祖母が「あさが来た」のTVをつけているところにたまたま行ったのが始まりでした。それからは、毎週月曜日が楽しみになりました。感動するストーリーで、終わるとすぐに、「来週来い!来い!」ってめちゃめちゃ楽しみにしていました。(笑)
白岡千代役だった風花さん。最終回では、3児のママに!!
4人目も生まれると言っていました。
最初はあさにムスッとしていましたが、母親になったからか、あさにムスッとすることは、なくなっていました。
「あさが来た」最&高!

あるプププ(・0・)さんの評価

不愛想なのに、時々みせるやさしさが素敵

柄本佑さんを知るきっかけとなった作品です。母が朝ドラ見ている時に一緒になってみていて最初は柄本さんが演じる眉山惣衛門は不愛想でぼーっとしている不思議な雰囲気が、とっつきにくいなと思いながら見ていました。
でも宮崎あおいさん演じるハツ(妻)に対し徐々に徐々に愛情が芽生え、不器用ながらもふとした時に見せる妻へのやさしさに回を追うごとに好きになっていきました。

メロンさんの評価

和服メガネ萌ええ

お千代さまと宣ちゃんがイチャイチャするシーンが可愛すぎて、言っちゃ悪いがあまり覚えていない。この二人は朝のオアシスだったなあ。
小さい丸眼鏡に和服姿の吉岡里帆ちゃんも大分かわいかったなあ。吉岡里帆ちゃんの目大きすぎて丸メガネからはみ出そうだよお。

ホーリー

ホーリーさん(男性)

1位(100点)の評価

吉岡さんの出世作

この作品によって彼女の存在を知った人が多いと思います。主人公の娘の友人という脇役ではありましたが、特徴のあるキャラクターで見事に注目を集めました。眼鏡をかけた生真面目な女の子という本来はベタな設定のはずなのですが、彼女が演じるととても魅力的に感じます。

yokutoku

yokutokuさん(男性・40代)

2位(90点)の評価

眼鏡キャラで主演を喰ったともいわれている作品

もともとは波瑠さんが主演をやられていたNHKの朝ドラですが、そのなかで波瑠さんの友人役として出演し話題になりました。
巷では、波瑠さんよりも人気が高かったともいわれており、当時グラビアアイドルとして活躍されていたのですが、演技力の凄さを見せつけた作品になりました。

NOMURA

NOMURAさん(男性・30代)

2位(85点)の評価

元気満点

朝から元気をもらえる作品でした。
コメディー要素満載の朝ドラで、波留さんの明るい面が沢山出ていて、とてもハッピーな気分で出勤できていたのを思い出します。
それまでの意作ではどちらかというとクールだったりヤンキー色の強い役柄が多かったのですが、明るい演技の今作で大きく羽ばたいたのではないでしょうか。

ss6ms

ss6msさん(男性・50代)

1位(100点)の評価

凛として格好良かった

これほど蝶ネクタイの正装姿が似合う人がいたのかと凛とした格好良さに初めて見た時はびっくりしましたし色気も感じました。ディーンさん自身は30代の現代人そのものですがこのドラマの時代にいたようなひと昔前の武骨な男を感じる雰囲気には惚れ惚れするほどでした。声と雰囲気が本当に良く合っている人だなという印象です。

natsu

natsuさん(男性・50代)

1位(100点)の評価

NHK朝ドラランキングでの感想・評価

主人公の成長を応援しながら見られる作品

主人公のあさの活躍がとても分かりやすく描かれていて、楽しい作品です。さらに、夫やあさを助けるまわりの人々もコミカルに描かれていて見ていて飽きません。さらに主人公を想う夫以外の男性の存在も朝ドラなのにドキドキさせられます。見ていて笑ったり、泣いたりで本当に楽しめる作品なので第1位です。

はちみつ

はちみつさん(女性・40代)

1位(100点)の評価

パワフルで貫禄がありすぎる

当時の年齢はまだ20代前半でしたが、それよりもはるかに年が上に思えて、とは言っても老けているという訳ではなくどっしりとしていてとにかく貫禄があり頼もしい女性そのものという感じがとても印象に残っています。時代背景を考えればまだまだ女性が社会に進出するには今とは比べ物にならないぐらい大変だったと思うのですが、あらゆる壁をぶち破るほどのパワーを感じた女性でした。

natsu

natsuさん(男性・50代)

2位(85点)の評価

日本女子大学校の創設者を熱演

NHK「連続テレビ小説(朝ドラ)」第93シリーズの『あさが来た』。
波瑠演じるヒロイン・白岡あさが、教育者として大阪を拠点に活動する姿を描いています。
モデルとなったのは、実業家の広岡浅子。女性起業家のパイオニアとして有名です。
瀬戸康史は、キリスト教牧師・成瀬仁蔵をモデルにした成澤泉役。
日本における女子高等教育を開拓していく、重要な役どころとなっています。

ギャル志望

まつ育中

ギャル志望さん(女性・20代)

9位(75点)の評価

NHK朝ドラランキングでの感想・評価

女性のサクセスストーリー

あさがとにかく幼少期からパワフルで凄かった!江戸から明治の時代にこんなモデルになる女性が日本にいたことに驚かされる。
 江戸の着物姿がまた良かった。
 そして進次郎さんの優しさが本当に素敵な旦那様と思えた。羨ましい。
 

モッコウバラ

モッコウバラさん(女性・40代)

3位(89点)の評価

NHK朝ドラランキングでの感想・評価

爽やかでかわいい!

清原果耶ちゃんの女優デビューの作品。
着物がどれも可愛くて最高!
将来の自分の子供の名前ははつとあさにしようと決めたほど大好きな作品

ははさんの評価

とにかく初々しい

初めて清野さんの演技を見たドラマでした。波留さん演じるあさと宮崎あおいさん演じるはつを支える付き人役でとっても初々しい姿で見ててほのぼのするシーンもありはつの嫁ぎ先での頑張りも素敵でした。

なめこ23さんの評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

みんランで人気のランキング

「ドラマ」タグで人気のランキング

コンフィデンスマンJP

エンタメ>テレビ

面白いドラマランキング

おすすめの面白いドラマは?

トンイ

エンタメ>テレビ

韓国ドラマ時代劇ランキング

韓国ドラマの時代劇であなたがおすすめしたい作品は?

JIN-仁-

エンタメ>テレビ

平成の名作テレビドラマランキング

平成の名作ドラマを教えてください

愛の不時着

エンタメ>テレビ

韓国ドラマランキング

おすすめの韓国ドラマは?