みんなのランキング

となりのトトロに関するランキングと感想・評価

となりのトトロ

引用元: Amazon

最高評価

83.8

(1,748人の評価)

ジブリ映画ランキング」で最も高い評価を得ています。

となりのトトロの詳細情報

あらすじ・スト-リー母の療養のため、小さな農村の古い空き家に引っ越してきた草壁家。お隣のおばあちゃんに手伝ってもらいながら引っ越し作業をしていると、小学生の姉"サツキ"と妹の"メイは"不思議な小さい黒いお化けを見つけた。
制作年1988年
上映時間88分
原作宮崎駿
キャラクターデザイン佐藤好春
監督宮崎駿
プロデューサー原徹
脚本宮崎駿
メインキャスト日髙のり子(サツキ)、坂本千夏(メイ)、糸井重里(お父さん)、島本須美お母さん)、高木均(大トトロ)ほか
作画監督佐藤好春
音楽久石譲
美術男鹿和雄
主題歌・挿入歌となりのトトロ / 井上あずみ
さんぽ / 井上あずみ
制作会社スタジオジブリ
公式サイト-
参考価格3,482円(税込)

『となりのトトロ』(英題:My Neighbor Totoro)は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。宮崎駿監督作品。昭和30年代前半の日本を舞台にしたファンタジー。田舎へ引っ越してきた草壁一家のサツキ・メイ姉妹と、子どもの時にしか会えないと言われる不思議な生き物・トトロとの交流を描く。(引用元: Wikipedia)

キャラクター・登場人物

すべて見る

声優・キャスト

すべて見る

全 123 件中 1 〜 20 件を表示

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

リアルな描写が心に刺さる

僕のなかで『となりのトトロ』で特に印象に残っているシーンは、幼いメイちゃんが病気で入院しているお母さんに会いに行って、行方不明になるところ。サツキちゃんとお父さんが必死になって探すけど、実はお母さんのところにいた……という場面です。

実は宮崎駿さんもお母さんが病弱で、子供のころにあんまり甘えられなかったようなんです。母親が恋しい幼少時代を体験したからこそ描けるリアリティのあるシーンだと思うと、すごく心に刺さります。

ちなみに『となりのトトロ』と『火垂るの墓』って同時公開だったんですよ。名作と言われる2つの作品を、スタジオジブリは同時進行で作っていたというのだから驚きです。

青木 俊介

ロボットクリエイター・経営者

青木 俊介さん (男性)

3位(70点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

親になってから観ると強烈な映画。

ノスタルジーを感じるには少し時代が遠くなってきた気がしますが、子供の頃、親元を離れた後、そして親になってから、その時々の立場によって全く違った捉え方が楽しめる映画。

特に親になってから観た時は強烈。メイちゃんくらいの子供って、本当に危なっかしいんです。そんな子供が、なりふり構わずにただ病気の母に会いたい一心で病院へ向かう。こんな嬉しくて、悲しくて、切ない気持ちは子供の頃に観た時には感じられなかった。

※メイちゃん死亡説が公式に否定されて本当に良かった。あの噂がもし本当だったら、立ち直れなくなるところだった…。

スキあらばGAME 管理人

ゲームブログ『スキあらばGAME』管理人

スキあらばGAME 管理人さん

3位(90点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

後世に残したい!名作映画

人生で初めて観たジブリ映画『となりのトトロ』。
メイとサツキのかわいい掛け合いや、周りの人々の優しさが魅力的!
主題歌の「さんぽ」も、よく小学校で歌ったなあ。
フワフワしたネコバスや、トトロのお腹に乗るのが子供の頃からの夢です……!
小さい頃は気づかなかったけど、大人になってから観るとより心に響く感動シーンがたくさん!
一部では、サツキやメイは死んでるとかトトロは死神だとか怖い都市伝説が噂されてますが、絶対ありえない!!
金曜ロードショーの再放送で何度観てもあきない名作です。

ギャル志望

まつ育中

ギャル志望さん(女性・20代)

2位(95点)の評価

アニメ映画ランキングでの感想・評価

アニメ映画ってこれをなくして語らないですよね

トトロってもう何度見たかわかりません。
なんかかわいい
だけの時代から、夢だったり希望だったりを持たせてくれたり、
感動したり、感情移入してみたり。
大人になってから見ても新たな発見があったり、メッセージ性を感じたり、まだまだ謎な部分も多かったり。
こんなに楽しめる映画は他にないと思います。
なにより、トトロってなんだ?!さすがですね。よくこんな生き物作ったなと思います。

はん

はんさん(女性・30代)

1位(100点)の評価

アニメ映画ランキングでの感想・評価

初めて見たアニメで、時間を忘れるくらい集中して何回もみました。音楽も映像の色に感動したのを覚えています。

使われている音楽が何よりも大好きで、よく伴奏をピアノで弾きながら歌っていました。また、映像の色、特に緑色が印象的でした。
夏の深い緑、暗い森の緑、日差しの届いた明るい緑、夜の緑など、物語に出てくる自然の色に対しても、悲しそう、楽しそう、嬉しそう、怖そうという感情が動かされる作品でしたので私にとっては、1位です。

usa

usaさん(女性・40代)

1位(100点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

何歳になって観ても面白い!

幼い時に観てネコバスに乗りたいと憧れたこともあります。
大人になってからジブリ作品を観ると、また視点が変わっていて面白い!
田舎での人々の暮らしやトトロやまっくろくろすけなどの不思議な出会いは観ていて癒されますね。
ジブリ作品は環境問題も取り上げられるほど、日々の生活を考えさせてくれる素晴らしい作品です。

安川大仁

安川大仁さん(男性)

1位(90点)の評価

親子で大好き

子供が最初にハマったアニメ映画で、子育てでも助けていただきました。
私自身が子供の頃はトトロたちの可愛さや、さつきやメイの視線での冒険感に夢中になりました。
親になった今はさつきのしっかりしたお姉さんな所やメイが迷子になった時は心配でしかたなかったりと親目線になったり、他の登場人物にも目が行くようになり、いくつになっても楽しめる作品だからです。

まめいち

まめいちさん(女性)

1位(100点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

なんと言ってもやっぱりトトロ!

子ども向けの映画な感じがしますが、やっぱり大人になっても私は、トトロが1番好きです☆
私は姉妹なので、特にさつきちゃんに感情移入してしまうんですよね(^_^;)
あと、ネコバスに乗るのが、私の一番の夢です!!!今でも!笑
そしてなんと言っても、ジブリ映画は背景の絵が本当に繊細で美しいです♪日本独特の淡い色味だから安心するのでしょうか、、、?
トトロの風景と音楽は最高です★

月詠

月詠さん(女性・30代)

1位(100点)の評価

夏映画ランキングでの感想・評価

ジブリ映画の傑作

ジブリ映画の中で、このとなりのトトロが一番好きです。
田舎に引っ越してきた家族が子供の時だけにしか見えない、会えない不思議な生き物達との一夏の物語です。
少し怖い気もしますが、実際に私も少しあってみたいです。私は猫バスに一番のってみたいです。ふかふかな椅子。とても気持ちよさそう!
 見ててほっこりする映画です。
一度、愛知県にあるサツキとメイの家にもいってみたいです。

aya

ayaさん(女性・30代)

2位(85点)の評価

夏映画ランキングでの感想・評価

田舎の感じが良い

自然いっぱい、緑いっぱいの中
裸足で駆け回るのが
気持ち良さそう。
家族3人で自転車に乗るのもいいなぁ。

おばあちゃんの作った野菜が
まさに夏野菜で、
美味しそう。
とれたての野菜を川の水で
冷やして、、
すごくいいな〜

夏になると観たいけど
金曜ロードショーで
なかなかやらないな〜

かすみ

かすみさん(女性・30代)

2位(95点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

さつきとめいとトトロ達!

となりのトトロと言えば、知らない人はいないくらい有名な作品ではないでしょうか!
さつきとめいが引っ越した先で出会ったトトロと過ごして行く物語です!
純粋なさつきとめいはトトロと出会うことで成長していくところが素敵です。
めいが迷子になったとき、さつきがトトロに助けを求めたときのトトロの反応が可愛いですよ!
心暖まる作品なので、家族みんなでみたい作品です!

コロンパパ

コロンパパさん(男性・50代)

5位(70点)の評価

家族映画ランキングでの感想・評価

メイちゃんと五月ちゃんがかわいい。

お母さんが病気でいないさみしさとそれを乗り越えようとする姉妹のそばに現れたトトロの存在が、2人の心の葛藤をうまく表わしているところと、それを見守るお父さんのひょうひょうとしたしゃべり方が姉妹への愛情を感じられて好きです。かんたがさつきちゃんに傘を貸してあげてびしょぬれになるところもいいです。

とうこ

とうこさん(女性)

1位(100点)の評価

トトロが可愛すぎる

子供のころから何度見たか分からないくらい見ています。子供のころはトトロが可愛い、一緒に空を飛んでみたいな思って見ていました。大人になった今は、見方が変わりました。めいが迷子になって、さつきとおばあちゃん、みんなが探す姿に涙が溢れました。子供から大人まで見て心温まる映画です。

だいおう

だいおうさん(女性)

1位(100点)の評価

幼少の気持ちになれる

夏休みのワクワクした気持ちに変えれると言うかとても気持ちが穏やかになっていって元気が湧いてきます。トトロと一緒にいるメイを見ているととても嬉しい気持ちがこみ上げてきます。ネコバスに乗ってさつきがメイを探すシーンはこの映画の中でも一番好きです。

ネバー

ネバーさん(男性・30代)

2位(85点)の評価

夏映画ランキングでの感想・評価

何度観ても飽きない世界観やストーリー

毎年夏になると地上波であるとなりのトトロを、もう何度も観ているのについつい観てしまいます^_^子供のころから見ていて次に何があるのかなどの展開も全部わかっているのにそれでも観たくなるこの作品は素晴らしいですね。ただ、ネットなどにのっている都市伝説なども少し参加にしてみると、少し違ったとなりのトトロを楽しむ事ができるかもしれませんね!

t3dx

t3dxさん(男性・30代)

2位(90点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

童心にかえれる作品

トトロを通じて、サツキとメイと一緒に子どもに戻った気持ちで楽しめる作品です。
トトロやまっくろくろすけ、ネコバスだけでなく、色々な描写にも魅力を感じると思います。昔懐かしの家の感じ、井戸だったり自然豊かだったりする所には愛着を感じるかと思います。またどんぐりやトトロの傘など、子どもの頃は魅力を感じていたものの今は忘れてしまった感情を取り戻し懐かしくなるかと思います。
メイがトトロに会うシーンは心弾み、メイが迷子になるシーンでは一緒に心細くなるかもしれません。ついつい共感してしまう作品です。

あらね

あらねさん(女性・20代)

5位(70点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

ジブリキャラの代名詞トトロ

題名から分かるように人気キャラトトロが活躍する姿が印象的です。ふさふさで可愛いトトロですが、古くから森の守り神として生きており、子供にしか見えないという設定もなんだか観てる子供に夢を与えられますね。
トトロは小、中、大と3匹いるので、どれが自分のお気に入りか決めるのも楽しいですね。

まさるば

まさるばさん(男性・20代)

2位(95点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

トトロ達の出逢い


サツキが小学校に行っているあいだ、メイが庭で遊んでいると、青と白の不思議な生き物が…。
青い中トトロと白い小トトロを追って、庭の奥の茂みに入って行ったメイは、大楠の木の下の穴に落ちて巨大な大トトロと出会います。
その後、サツキも雨のバス停で大トトロに会い、傘を渡してあげると、トトロはお礼にドングリが詰まった包みをくれたのでした。

M95's

M95'sさん(女性・20代)

3位(70点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

やるせなさ

実は、この作品が実在の誘拐事件を元に作られた物語だ、という話を人から聞いて、そう思って映画を始めから見直してみると、なんとも言えず、悲しい物語だなぁと思いました。トトロやネコバスの存在が嬉しくも悲しくもあり、他の作品とはひと味もふた味も違ったやるせなさを感じました。

あお

あおさん(女性・30代)

2位(95点)の評価

ジブリ映画ランキングでの感想・評価

大人になってからでも、楽しめる

 おそらく人生で1回は通る【となりのトトロ】。再放送もですが、バス旅行などで流れる事もあり(アレ、イイの?)、当に「どの世代にも愛される」という言葉が相応しい映画だと思います。

 また、制作元は「そういう意図ではない」との事ですが、所謂「都市伝説」を踏まえた見方をするのも面白い。「確かにそういう捉え方も出来るなぁ」「これ提唱した人、よく見てたなぁ」と、新しい気付きがあり、ファンの目の鋭さに驚かされます。

みよ

みよさん(女性・40代)

3位(90点)の評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

みんランで人気のランキング

「映画」タグで人気のランキング