みんなのランキング

沖縄の食べ物・沖縄料理人気ランキング!琉球のおすすめ名物・ご当地グルメは?

サーターアンダギーゴーヤチャンプルーソーキそば海ぶどう沖縄そば

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数35
投票参加者数757
投票数3,722

みんなの投票で、「沖縄の食べ物・沖縄料理ランキング」を決定!豊かな自然から生み出される、沖縄の美味しい郷土料理。古代から取り入れている異国の食文化を応用し、日本料理のなかでも独特な存在感を放っています。ランチ・ディナーともに楽しめるB級グルメ「タコライス」や名物「沖縄そば」をはじめ、お土産の定番スイーツ・お菓子「サーターアンダギー」や「ちんすこう」、家庭料理「ゴーヤ チャンプルー」など、さまざまな種類の沖縄グルメが勢揃い!1位になるのはいったいどれ?あなたが好きな、沖縄料理を教えてください!

最終更新日: 2021/11/28

ランキングの前に

1分でわかる「沖縄料理」

さまざまな国の食文化が入り混じる、沖縄料理

琉球王国と呼ばれた時代から、異文化交流が盛んだった沖縄。その国々から受けた食文化の影響と、沖縄の温暖な気候を活かしたのが「沖縄料理」です。特徴として、戦後にアメリカからベーコン・ハム・ソーセージ・ランチョンミートなどが輸入され、今もなおそれら肉製品を使った料理が多いことがあげられます。この点が、沖縄で採れた材料のみを使用する「琉球料理」との違いで、同じメニューでも使用する食材が変わってきます。

沖縄のご当地グルメ

沖縄の郷土料理には、てびちそば・ソーキそばなどバリエーションが豊富な「沖縄そば」や、昭和59年に誕生した定番のB級グルメ「タコライス」などがあります。

沖縄家庭料理の定番「チャンプルー」

沖縄の方言で「混ぜこぜにしたもの」という意味をもつ、「チャンプルー」。沖縄家庭料理の定番でもあり、近年は沖縄以外にも広く浸透しました。その名の通り、野菜・豆腐・肉・卵などさまざまな具材を炒めるチャンプルー。ゴーヤがメインのレシピで作る「ゴーヤーチャンプルー」や、キャベツが主役の「タマナーチャンプルー」など、主に使う材料によって呼び名も変わります。

沖縄の自然で生まれる名物

沖縄には、ぷちぷちの食感が人気の「海ブドウ」や、酸味とほのかな苦みを持つ「シークヮーサー」など、豊かな自然のめぐみに育まれた食材が豊富。また沖縄でシークワーサーは、飲み物や料理にレモン代わりとして使われています。

沖縄のお土産で最適なお菓子

老舗の銘菓や人気のスイーツ、お土産にも最適なお菓子も揃っている沖縄。鮮やかな紫色が印象的な「紅芋タルト」や、さまざまなフレーバーで飽きさせない伝統菓子「ちんすこう」、丸い形がかわいい揚げドーナツ「サーターアンダギー」が定番商品です。

関連するおすすめのランキング

沖縄に関するこちらもチェック!

沖縄観光地ランキング

沖縄の歌ランキング

沖縄出身の有名人ランキング

沖縄といえばランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、「ゴーヤーチャンプルー」や「沖縄そば」など、すべての「沖縄料理」に投票できます。あなたが好きな、おすすめの沖縄料理を教えてください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

本場のソーキは、ばかうまだった

ソーキとは、ソーキそばに乗っている豚肉のことをさしているようだ。梳(すき)がなまった言い方で、豚の肋骨が櫛(くし)に似ていることから、ソーキと呼ぶようになったと。ふむふむ。勉強になる。

ところで、5年ほど前に、沖縄は国際通りでソーキそばを食す機会があった。4人ほどの仲間と共に、一斉に食したのだが、東京で食べたソーキそばとはまるで違った。麺のコシはしっかりしてて、出汁もさっぱりかつコクがあり、グンバツ。ソーキはやっぱ本場やね。

報告

やはりこれ

おいしいです。そーきそば。
本島でよく食べる出汁醤油うどんとは違った美味しさ。
あっさりした汁に紅生姜がよくあいます。やはり暑いところだからこのやうな爽やかな、でもしっかりした味のものができたのでしょうか?
美味しいです。

自宅でも再現したくて、ようやく見つけたソーキそばの素をボトルで購入し、使用しています。

はん

はんさん

1位に評価

報告

ソーキが決め手。

ソーキが美味しくないとげんなりします。
よく食べるのは、本ソーキを使ったソーキそばで、澄んだ塩味の出汁に太めのストレート麺でトッピングはかまぼこです。
なので、醤油味のソーキそばは馴染めません。

報告
コメントをもっと読む

\ ログインしていなくても採点できます /

採点・コメントする

苦みが逆にハマる

沖縄料理の代表格といえば、''ニガウリ''を使った「ゴーヤチャンプルー」。''チャンプルー''は沖縄の言葉で「炒めもの」という意味で、ゴーヤに豚肉や島豆腐、たまごなどが合わさっています。はじめ、ゴーヤ独特の苦みが嫌いでしたが、塩ゆでして苦みを抑えたものを食べていると、段々苦みが欲しくなり、いまでは大好きな食べ物に。おつまみにも最適で、お通じもよくなります。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

2位に評価

報告

沖縄の代表的な家庭料理です。

沖縄風に言うと《ゴーヤーチャンプルー》ですね。《ゴーヤー》と伸ばして言うのが沖縄人です。チャンプルーは、《ごちゃまぜ》的な意味合いで《いろんな食材を入れて炒める料理》の事をいいます。中に島豆腐を入れるのが定番ですよ~。最初は苦みが苦手だとおっしゃる方も、食べ続けると癖になるかも・・。沖縄の代表的な家庭料理です。

momaki

momakiさん

2位に評価

報告

沖縄では家庭料理の定番

沖縄では家庭料理などでもよく出てくる料理で、作り方は野菜炒めとほぼ同じでポークランチョンミートやゴーヤや豆腐や卵などで炒めてシンプルな味付けで見た目よりあっさりしていて食べやすく美味しいです。ゴーヤは臭みがあり、そのまま食べると苦い食べ物ですがいろんな食材で炒めると凄く美味しく中でもポークの相性は抜群です。

yoda

yodaさん

4位に評価

報告
コメントをもっと読む

3海ぶどう

海ぶどう

クビレズタ(括れ蔦、学名:Caulerpa lentillifera)とはイワズタ科イワズタ属に属する海藻。沖縄県や鹿児島県では海ぶどうやグリーンキャビアと呼ばれ、食用となる。和名はもと、くびれのあるツタの意味で「クビレヅタ」であったが、2000年に改定された日本産海藻目録より「クビレズタ」に改められた。最新である2005年改訂版でも「クビレズタ」となっている。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

プチプチ食感が癖になる

食わず嫌いで食べたことのなかった「海ぶどう」。
友達に勧められて沖縄料理を提供している居酒屋で食べたのが初めてなんですが、あまりの美味しさに箸が止まらなくなりました。
すじことかたらことか、プチプチした食感が好きな人は好きかもです!

報告

クビレズタ

ぷちぷち食感が魅力の沖縄名物といえば「海ぶどう」。''グリーンキャビア''とも呼ばれ、東京では高級食材で有名です。「こんな海藻がなんで高いんだ」と思ったこともありますが、私たちの口に入るまでになにかと手間がかかっているのと、女性には嬉しい美容と健康にいい栄養素が豊富に含まれているということで納得。直売所や直接生産者から買うと安く手に入るみたいです。普段、お店で食べる量だと効果が現れるかわからないので、お肌がぴちぴちになるまで食べてみたいです。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

1位に評価

報告

海藻です。

食感はとびこに似た感じで、塩気があります。
プチプチした食感がとにかく良いので、味より食感を楽しむ食べ物です。

報告
コメントをもっと読む

4サーターアンダギー

サーターアンダギー

サーターアンダーギーは、沖縄県の揚げ菓子の一種。首里方言で、サーターは砂糖、アンダーギーはアンダ(油)+アギ(揚げ)+語尾を伸ばすことで「油で揚げたもの」という意味になる。その名の通り砂糖を使用した生地を用いる球状の揚げドーナツである。縁起の良い菓子とされ、結婚式など祝い事でも振る舞われる。同じ生地を四角に揚げたものは、サングァチグァーシ(三月菓子)と呼ばれる。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

おやつとして人気のドーナツ

沖縄ドーナツと言われているサーターアンダギー。作り方は単純で砂糖や薄力粉や玉子やベーキングパウダーなど混ぜて丸めて油で揚げるだけというとてもシンプルな料理です。暑い沖縄でも常温で保存できることもあり、昔からおやつとして親しまれてきました。お土産としてもとても人気で専門店などもたくさんあります。

yoda

yodaさん

10位に評価

報告

ヤンバルクイナ〜は〜飛んだんだ〜

島田紳助がプロデュースした、山田親太朗を中心に据える3人組アイドルグループ、「サーターアンダギー」。デビュー曲は沖縄の鳥・ヤンバルクイナをテーマにした『ヤンバルクイナが飛んだ』だ。

そちらではなく、丸っこいドーナツ的なたべものの方。ドーナツほどくどくなく(ドーナツも美味しい)、優しい味わい。嫌なことがあってもサーターアンダギーを食べると思わず「なんくるないさ〜」と、言いたくなってしまうね。

報告

甘くておいしい!

高校生の頃、修学旅行でお邪魔した民家のお宅で、サーターアンダギー作り体験をしたのをよく覚えています。
サクッとした衣と、ドーナツのような甘い中身が最高においしい!

報告
コメントをもっと読む

5沖縄そば

沖縄そば

沖縄そば(おきなわそば)は、中華麺に由来する製法の麺を使用した、沖縄県の郷土料理である。沖縄県内では単に「そば」、あるいは方言で「すば」「うちなーすば」とも呼ばれる。農山漁村の郷土料理百選に選ばれている(引用元: Wikipedia)

もっと見る

沖縄県民のソウルフードです。

《そば》とはいうものの、そば粉は一切使っていません。かつて中国と交流のあった時代に中華麺から生み出された独自の麺食です。そば粉ではなく《小麦粉》を使用しているんですよ。そのため、昭和47年に本土復帰後はその呼び名が禁止された時期がありました。でも昔から皆に親しまれてきた呼び名を存続させようと県民の運動により、昭和53年に正式認証を受けたのです。今ではこの《沖縄そば》は《八重山そば》とか《宮古そば》など名称を変えながら、県内の至るところで食べることができます。県民のソウルフードですね。

momaki

momakiさん

3位に評価

報告

沖縄では知らない人はいない料理

どちらかというと、うどんとラーメンの中間ぐらいの料理で豚などの骨とかつおぶしなどからダシをとったスープは、凄くさっぱりしていて食べやすく、物足りない時はくれーぐーすなどをかけて食べると味が変わって凄く美味しいです。子どもからお年寄りまでいちばん親しまれている沖縄料理といえるでしょう。

yoda

yodaさん

2位に評価

報告

甘辛く炊いたお肉が出汁に溶け出す

定番ではありますが、ラーメンとはまた違った味付け、出汁も他の地域とは違うニュアンスが感じられるのがいい。シンプルイズザベスト!ラーメンのチャーシューと違い、甘辛く炊いたお肉から出た味がうまいこと出汁に溶け出していって、また変革がえれること、箸休め的な扱いの紅生姜がアクセントになって最後まであきさせない

報告
コメントをもっと読む

6ジーマミー豆腐

ジーマミー豆腐

ジーマーミ豆腐(じーまーみどうふ)は、落花生(ピーナッツ)を使った沖縄県や鹿児島県の郷土料理。ジーマーミ(漢字では「地豆」)は琉球語で落花生を意味し、地域によってジーマミー(ヂーマミー)などとも言う。南西諸島以外ではピーナッツ豆腐、落花生豆腐、だっきしょ豆腐とも呼ばれる。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

もっちり、ぴーなつあじのとうふ

もっちりしていて、ピーナッツ味で、とてもおいしいです。
ほかにもいくつか沖縄には豆腐がありますが、わたしは断然ジーマミー豆腐もちっと食感とピーナッツ風味が時々欲しくなります
沖縄料理は、代役になるものがいないです

はん

はんさん

2位に評価

報告

デザートにもお酒のつまみになる料理

家でも簡単に作れ、居酒屋などにも必ず置かれています。ジーマーミ豆腐の魅力はなんと言ってもモチモチした食感と爽やかな風味です。そして、お醤油とショウガや黒蜜などのかけるタレを変えるだけでお酒のつまみにもデザートにもなるのが魅力のひとつです。沖縄ではお土産としても買っていく人もたくさんいます。

yoda

yodaさん

5位に評価

報告

プルプルの食感はやみつきになりますよ。

これも、ジーマーミーと伸ばして言うのが沖縄的。ジーマーミーとは沖縄の方言でピーナッツのことを言います。芋くずの代わりにくず粉を使っています。販売元によって、チョット食感の違いがあります。それがひとつの楽しみでもありますね。あのプルプル感はやみつきになること間違いありません。

momaki

momakiさん

5位に評価

報告
コメントをもっと読む

7中身汁

中身汁

中身汁あるいは中味汁(なかみじる)は、沖縄県の郷土料理の一つ。「中身」とは豚の内臓を指す。つまり中身汁はモツの汁物で、特に小腸や胃を実とする吸物である。具になる内臓の風味はほとんど除かれており、どちらかと言えば鰹節出汁のスープで煮込まれたモツの歯ごたえや食感を楽しむものである。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

沖縄ではクセのある料理

沖縄の料理は若干クセの料理が特徴的だったりしますが、不思議と食べているうちに病み付きになっていきます。その中でも特におすすめするのが中味汁です。沖縄ではよくお祝い事などで出される料理ですがとても美味しいです。最初は豚モツの独特の臭みがあると思いますが、なれてくるとそれが病み付きになっていきます。人によってはショウガなどでごまかす人もいますが自分的にはそのままの方が美味しいです。

yoda

yodaさん

1位に評価

報告

豚の内臓を使った料理。美味しいですよ。

中味汁とも言います。沖縄の郷土料理のひとつですね。中身は豚の内臓を指しています。沖縄では豚を使った料理がとても多いのですよ。捨てるところはひとつもありません。全て使い尽くす料理を考案するなんて先人の知恵は素晴らしい!の一言ですね。この中味汁もそのひとつです。内臓の臭みなどは全部除いてありますので、とても歯ごたえもあり食べやすく美味しいですよ!

momaki

momakiさん

4位に評価

報告

安定のうまさ!

行事の時は、中身汁が定番ですね!!一から作るとなると相当面倒なので、食べたくなったら、パウチを買って食べてます!パウチは少ないから、沖縄そばだしと、豚肉、しいたけを追加して増やして作ったりします。

報告

8ラフテー

ラフテー

ラフテーは、沖縄県の郷土料理の1つで、皮付きの三枚肉またはヒサガー(皮付きのもも肉)を泡盛や醤油で甘辛く味付けした料理。いわゆる豚肉の角煮のことである。琉球王朝時代からの保存食でもあり、1か月ほど保存がきく。中国料理の東坡肉と起源を同じくすると考えられており、東坡肉と同様に皮を剥がさずに豚肉を調理し、肉に皮が付いたまま食する。この点で鹿児島に伝わった、豚肉の皮を剥いで調理する角煮と異なる。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

泡盛の入った豚の角煮

さっきWikiで見て知ったのだが、ラフティーは"沖縄県の郷土料理。皮付きの三枚肉か、皮付きのもも肉を泡盛や醤油で甘辛く味付けしたもの"だそう。ずっと豚の角煮と同じだと思っていたので、泡盛が入っているという事実は衝撃だ。

かくして、豚肉が脂っこくてあんまり好きでない小生でも、バクバク食えるヤバい料理なのだ。

報告

9タコライス

タコライス

タコライス(英語:Taco Rice)は、メキシコ風アメリカ料理のタコスの具材を米飯の上に乗せた沖縄県の料理である。トマトベースのサルサ(スペイン語で「ソース」の意)をかけて食べる。1984年に沖縄県金武町で誕生した。同県内では1990年代から学校給食に採用されるなどポピュラーな料理となっている。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

クセになり食べ飽きない料理

タコミート=タコスの具と千切りのチーズとキャベツなどをのせ、サルサをかけて食べることで知られていて見た目はボリュームたっぷりなイメージですが、食べていると丼料理と比べるととてもヘルシーで美味しいです。沖縄ではチルド商品のタコライスも売れていてお土産として買っていく人もいて、本当に食べ飽きない料理です。

yoda

yodaさん

3位に評価

報告

10ジューシー

ジューシー

沖縄料理のジューシー(本来の方言名はジューシーメー)は雑炊(雑炊飯)の転訛であるとされる。ただし、生米から炊き上げる通常の炊き込みご飯も、水分の多い雑炊も共にジューシーと呼称される。厳密にいえば、炊き込みご飯はクファジューシー(固いジューシー)、雑炊はヤファラージューシー(柔らかいジューシー)と区別される。本土の炊き込みご飯との大きな違いは炊き上がりにラード(あるいはマーガリン)を大量に加えることで、具材は三枚肉、ヒジキ、ニンジン、シイタケ、こんにゃくなどが定番である。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

かやくご飯

豚肉、ひじき、人参などを入れた炊き込みご飯。
豚肉の甘みが感じられる最高の一品。

Minnie

Minnieさん

1位に評価

報告

11ソーミンチャンプルー(ソーミンタシヤー)

ソーミンチャンプルー(ソーミンタシヤー)

ソーミンとは素麺のことで、固めに茹でた素麺をニラやネギなどの香味野菜、ポークやベーコン、トゥーナなどと一緒に油で炒めたものを言う。本来の名称はソーミンタシヤー、仕上がりの状態によってはソーミンプットゥルーとも呼ばれる。安価で保存性の高い乾麺類は前述の麩と同様に冷蔵庫のない時代の沖縄では大変重宝され、乾燥中華麺を用いた支那そばチャンプルーといったバリエーションもみられる。他地域における類似料理として、鹿児島県奄美群島の油そうめんがある。また、日本本土においても江戸時代の料理書『豆腐百珍』に「豆腐麺」という名前で豆腐と小松菜を具にしたものが紹介されている。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

目から鱗

僕、あんまりそうめんが好きじゃなくて。夏になると、実家でよくそうめんが出されていて、飽きちゃったからだと思うんですけど......

でもこのソーミンチャンプルーを食べて、ソーメンの印象は変わりました!炒めるってことは考えなかったなぁ.....

報告

ソーミン=素麺

素麺をつゆで食べるのではなく炒めて食べるソーミンチャンプルー。
思ったより脂っこくなくさっぱりしている。生姜まぜて食べるのが好き。

Minnie

Minnieさん

2位に評価

報告

料理におすすめ

沖縄を代表する海藻として、海ぶどうの次に有名な「沖縄もずく」。実は、東京で食べられているもずくは「糸もずく」といって能登で取れるもので、飲み物かのように食べれる方です。一方で沖縄もずくは、太くて食感がちゃんとあり、大型スーパーや催事などではジップ式の商品が売られています。そのまま食べるもよし、汁物に入れたり、炒め物に少し+したり、贅沢に天ぷらにしたりとバリエーション豊かに味わえるのでおすすめです!

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

3位に評価

報告

13シークワーサー

シークワーサー

シークヮーサー(和名:ヒラミレモン(平実檸檬)、学名:Citrus depressa、閩南語:酸桔仔 sng-kiat-á ) は、ミカン科の常緑低木、柑橘類。沖縄方言で「シー」は「酸い」、「クワス」は「食わし」の意味で[1]、「シークヮーサー」という名称は酸食わしという意味になる。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

すっぱい!けどおいしい!

「沖縄のフルーツ」といえばパイナップル並みに思い浮かぶのがこれ。
居酒屋で頼む「サワー系」で、断トツに「シークワーサーサワー」が好きです!!

報告

14豆腐よう

豆腐よう

豆腐よう(とうふよう、豆腐餻)は、豆腐を使った沖縄独自の発酵食品である。島豆腐を米麹、紅麹、泡盛によって発酵・熟成させた発酵食品である。交易国家として栄えていた琉球王朝時代に明から伝えられた「腐乳」が元になったと言われている。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

琉球王朝時代から伝わる王宮料理。少しずつ味わってくださいね。

沖縄独自の発酵食品です。かつて、琉球王朝の時代、王宮料理として中国からの使者をもてなす際に出された一品でもあるのです。島豆腐を米麹、紅麹、泡盛に付け込んで発酵させたものです。アルコール度数の高い泡盛に付け込んであるだけに、一気に一口で食べてはいけませんよ。箸先や爪楊枝などで少しずつ召し上がってください。くれぐれも召し上がる時はご注意を・・!

momaki

momakiさん

1位に評価

報告

大きさ

都内で食べてるようなもずくとは違い、まずびっくりするのが大きさです。大きさだけでなく、もずくの天ぷらこそ沖縄でしかないものだなと思いました。もずくをあげることによって、言い方悪いですが、海藻臭さはなくなります。それにより一層旨味が天ぷらにすることにより、凝縮したものが中に閉じこもって、それが噛むことにより、旨味が広がっていくことに嬉しはを感じれます

報告

これはおどろきのおいしさ

もずくをあげるなんて、あんなに水っぽいものを…と、禁忌だと思ってきました
それが、これ、本当に美味しいです
ぱりっともちっと。ビールによくあいます。
しかしあげるレベルはなかなか高いので、お店で食べるのをお勧めします、

はん

はんさん

3位に評価

報告

16ミミガー

ミミガー

ミミガー(耳皮)は沖縄料理のひとつで、豚の耳介を使った料理である。中華料理で「猪耳」と呼ばれているものに相当する。材料は毛を直火で焼いて除去した豚の耳介で、これを茹でるか蒸したものを千切りにする。酢の物にしたり、ポン酢、酢味噌、ピーナッツ味噌、塩などを付けたりして食べる。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

ビールのつまみにとても合う料理

ミミガーとは豚の耳のことをいいます。他にチラガー(豚の顔)や豚足など豚肉を扱う料理が多く、それだけ沖縄では豚は欠かせない食材でした。お酒のつまみに人気の料理で、よく居酒屋などにも必ず置かれておりシンプルに塩こしょうで炒めても美味しいのですが、ピーナッツバター味噌和えも人気です。

yoda

yodaさん

6位に評価

報告

17イラブー汁

イラブー汁

イラブー汁.jpg by Ishimochi / CC BY

イラブー汁は琉球王国の宮廷料理の流れを汲む、沖縄の伝統料理。イラブーとは、エラブウミヘビのこと(実際には同じエラブウミヘビ属であるヒロオウミヘビやアオマダラウミヘビもイラブーとして販売されている)であり、伝統的に神事に携わるノロにのみ、産卵のために上陸したものを採捕する漁業権が許されてきた歴史を有する。漁獲したイラブーは硬く乾燥した燻製にして保存し、これを手間と時間をかけてもどし、煮込んで出汁をとる。汁の具はこのイラブーのほかに、島豆腐や豚肉、昆布や野草などが用いられる。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

見た目と味のギャップ

見た目はすごいびっくりしますが、飲むとあまりの優しさ溢れる出汁のうまさが口の中に広がり、飲んでいくと体がどんどんあったまってきて箸が進みます。イラブー自体はニシンとよく似てる味がします。出汁はイラブーだけでなく、カツオの出汁もはいっているので旨味たっぷりですまた野菜と豚足といった女性に嬉しいコラーゲンもたくさんはいっており、かなり栄養満点です。

報告

18ポーク卵

ポーク卵

ポーク玉子(ポークたまご)とは、缶詰のポークランチョンミートと鶏卵を使った料理。沖縄県の大衆食堂の定食メニューの一つである。沖縄県では、第二次世界大戦後の占領時代に米軍によって持ち込まれた缶入りポークランチョンミートが、「ポーク」という略称で一般家庭の食材として定着し、味噌汁の実やチャンプルーなどさまざまな料理の素材として用いられるようになった。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

うまそう

卵とハムが美味しそうだからです。

報告

19アーサー汁

アーサー汁

アーサ汁(あーさじる)は、沖縄県の郷土料理。ヒトエグサと島豆腐を使った汁物のこと。アーサー汁、アーサ(アーサー)スープとも呼ばれる。魚からとった出汁に豆腐とアーサを刻んで入れ、塩、醤油、味噌などで仕上げ、吸い物とする。家庭料理として作られるほか、定食でも提供される。八重山では「ゆくずる」と呼び、ハレの日の場にて供されることもある。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

沖縄の家庭料理

フーチャンプルーは、安くて旨い!簡単に作れます。「ふ」を水で戻して、水切り後卵を絡めて塩で味付けし、軽く炒めて取り出しておき、好きな野菜(玉ねぎキャベツなど)とツナを炒めて火が通ったら、さっきの「ふ」を入れお醤油や麺つゆなどで味を整えて出来上がり!大好きでコスパもいいのでよく食べます!!

報告

21

21位~35位を見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ