みんなのランキング

歴代金曜ドラマ人気ランキング!TBSの金曜22時枠ドラマでおすすめの作品は?

タイガー&ドラゴン花より男子(日本版)Nのために(ドラマ)チア☆ダン(ドラマ)高校教師(1993年)

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数65
投票参加者数39
投票数164

みんなの投票で「歴代金曜ドラマ人気ランキング」を決定!TBS系列で毎週金曜日の22時から放送されている「金曜ドラマ」。さまざまなジャンルの作品が存在し、幅広い年代に視聴されています。トレンディドラマの代表格『ふぞろいの林檎たち』や、“セカチュー”の愛称で親しまれる『世界の中心で、愛をさけぶ』、秀逸なストーリー展開や米津玄師が歌う主題歌で話題を集めた『アンナチュラル』など、人気番組が大集合!あなたがおすすめする金曜夜10時のドラマを教えてください!

最終更新日: 2021/08/30

ランキングの前に

1分でわかる「金曜ドラマ」

世代を問わず愛される名作が勢揃いする、金ドラ

「金曜ドラマ」は、毎週金曜日午後10時に放送のTBS系列の連続ドラマ枠。1972年から放送がスタートし、現在もTBSを代表する連続ドラマ枠として幅広い年齢層の視聴者に愛されています。1990年代前半には『ずっとあなたが好きだった』『誰にも言えない』『高校教師』など、最高視聴率30%以上を叩き出す大ヒット作が続き、2000年代にも『ドラゴン桜』や『花より男子』といった若手俳優が活躍する人気作が生まれました。また、キャストや時代設定を一新したリメイク作品や続編が制作された人気作品も少なくありません。

歴代金曜ドラマ一覧

                       
作品名出演放送期間
家族日誌 芦田伸介、吉沢京子 ほか 1972年4月7日~1972年6月30日
いま炎のとき 中村吉右衛門、酒井和歌子 ほか 1972年7月7日~9月29日
私は忘れたい 岩下志麻、藤岡弘 ほか 1972年10月6日~1973年1月5日
わが愛 加藤剛、星由里子 ほか 1973年1月12日~4月6日
遥かなるわが町 芦田伸介、倍賞千恵子 ほか 1973年4月13日~7月6日
白い影 田宮二郎、山本陽子 ほか 1973年7月13日~10月12日
別れの午後 若尾文子、三國連太郎 ほか 1973年10月19日~1974年1月11日
私という他人 三田佳子、小林桂樹 ほか 1974年1月18日~4月12日
霧の影 鶴田浩二、小川真由美 ほか 1974年4月19日~7月12日
新宿さすらい節 萩原健一、中野良子 ほか 1974年7月19日~10月11日
樹氷 田宮二郎、浅丘ルリ子 ほか 1974年10月18日~1975年1月24日
裏切りの明日 原田芳雄、倍賞美津子 ほか 1975年1月31日~3月28日
許せない愛 香山美子、中山仁 ほか 1975年4月4日~5月30日
悪魔のようなあいつ 沢田研二、藤竜也 ほか 1975年6月6日~9月26日
ガラスの森 竹脇無我、田村正和 ほか 1975年10月3日~1976年2月27日
恋人たちの河 山本陽子、関根恵子 ほか 1976年3月5日~6月11日
美しき殺意 遥くらら、北公次 ほか 1976年6月18日~9月24日
さらばかぐわしき日々 佐久間良子、中村敦夫 ほか 1976年10月1日~12月24日
とべない鳩のように 栗原小巻、田中健 ほか 1977年1月7日~4月1日
光る崖 田宮二郎、吉永小百合 ほか 1977年4月8日~6月17日
岸辺のアルバム 八千草薫、杉浦直樹 ほか 1977年6月24日~9月30日
あにき 高倉健、大原麗子 ほか 1977年10月7日~12月30日
遠ざかる足音 新珠三千代、渡辺文雄 ほか 1978年1月6日~4月14日
夢のあとに 石坂浩二、竹下景子 ほか 1978年4月21日~6月30日
家族熱 浅丘ルリ子、三浦友和 ほか 1978年7月7日~10月6日
波 わが愛 加藤剛、秋吉久美子 ほか 1978年10月13日~12月29日
愛の殺意 中野良子、竹脇無我 ほか 1979年1月5日~3月30日
沿線地図 岸惠子、河原崎長一郎 ほか 1979年4月13日~7月20日
恋路海岸 真野響子、林隆三 ほか 1979年7月27日~10月12日
冬の花火 わたしの太宰治 石坂浩二、大谷直子 ほか 1979年10月19日~1980年1月11日
突然の明日 三浦友和、古手川祐子 ほか 1980年1月18日~4月11日
港町純情シネマ 西田敏行、木の実ナナ ほか 1980年4月25日~7月18日
幸福 竹脇無我、岸惠子 ほか 1980年7月25日~10月17日
熱い秋 八千草薫、国広富之 ほか 1980年10月24日~1981年1月23日
もういちど春 伊東ゆかり、小野寺昭 ほか 1981年1月30日~4月24日
父母の誤算 露口茂、長山藍子 ほか 1981年5月8日~7月31日
土曜日曜月曜 浅丘ルリ子、田村正和 ほか 1981年8月7日~9月11日
想い出づくり。 森昌子、古手川祐子 ほか 1981年9月18日~12月25日
ちょっと神様 加藤剛、林隆三 ほか 1982年1月8日~3月12日
あまく危険な香り 倍賞千恵子、根津甚八 ほか 1982年3月19日~5月21日
淋しいのはお前だけじゃない 西田敏行、泉ピン子 ほか 1982年6月4日~8月27日
親と子の誤算 原田美枝子、児玉清 ほか 1982年9月3日~11月5日
いつもお陽さま家族 星野知子、田村高廣 ほか 1982年11月12日~1983年2月4日
金曜日の妻たちへ 古谷一行、いしだあゆみ ほか 1983年2月11日~5月13日
ふぞろいの林檎たち 中井貴一、時任三郎 ほか 1983年5月27日~7月29日
夏に恋する女たち 田村正和、原田芳雄 ほか 1983年8月5日~9月30日
もういちど結婚 三田佳子、藤竜也 ほか 1983年10月7日~12月30日
無邪気な関係 鶴見辰吾、石原真理子 ほか 1984年1月6日~3月30日
くれない族の反乱 大原麗子、神田正輝 ほか 1984年4月6日~6月1日
危険なふたり 桃井かおり、竹下景子 ほか 1984年06月15日
女のたたかい 八千草薫、岸本加世子 ほか 1984年06月22日
夜色の女たち 倍賞美津子、真野響子 ほか 1984年06月29日
金曜日の妻たちへII 男たちよ、元気かい? 高橋惠子、伊武雅刀 ほか 1984年7月6日~10月5日
大家族 沢村貞子、岸本加世子 ほか 1984年10月12日~1985年1月4日
許せない結婚 藤竜也、小川知子 ほか 1985年1月11日~3月1日
ふぞろいの林檎たちII 中井貴一、石原真理子 ほか 1985年3月15日~6月7日
夫婦生活 名高達男、桃井かおり ほか 1985年6月21日~8月23日
金曜日の妻たちへIII 恋におちて 古谷一行、小川知子 ほか 1985年8月30日~12月6日
華やかな誤算 杉浦直樹、古尾谷雅人 ほか 1985年12月13日~86年2月28日
となりの女 大原麗子、鹿賀丈史 ほか 1986年3月7日~5月30日
深夜にようこそ 千葉真一、名取裕子 ほか 1986年6月13日~7月4日
女ともだち 古手川祐子、原田美枝子 ほか 1986年7月11日~9月26日
金曜日には花を買って 篠ひろ子、板東英二 ほか 1986年10月30日~1987年1月23日
親子万才 大原麗子、川谷拓三 ほか 1987年1月30日~3月27日
男たちによろしく 田村正和、古谷一行 ほか 1987年4月10日~7月10日
モナリザたちの冒険 大竹しのぶ、役所広司 ほか 1987年7月17日~9月18日
雨よりも優しく 浅野ゆう子、時任三郎 ほか 1989年10月13日~12月29日
想い出にかわるまで 今井美樹、石田純一 ほか 1990年1月12日~3月30日
誘惑 篠ひろ子、紺野美沙子 ほか 1990年4月13日~6月29日
都会の森 高嶋政伸、黒木瞳 ほか 1990年7月6日~9月14日
男について 浅野ゆう子、いしだあゆみ ほか 1990年10月12日~12月21日
ふぞろいの林檎たちIII 中井貴一、時任三郎 ほか 1991年1月11日~3月22日
それでも家を買いました 三上博史、田中美佐子 ほか 1991年4月19日~6月28日
結婚したい男たち 片岡鶴太郎、布施博 ほか 1991年7月5日~9月20日
あしたがあるから 今井美樹、仙道敦子 ほか 1991年10月18日~12月20日
おとなの選択 松田聖子、高橋ひとみ ほか 1992年1月10日~3月20日
愛はどうだ 緒形拳、清水美砂 ほか 1992年4月17日~6月26日
ずっとあなたが好きだった 賀来千香子、佐野史郎 ほか 1992年7月3日~9月25日
十年愛 田中美佐子、浜田雅功 ほか 1992年10月16日~12月25日
高校教師 真田広之、桜井幸子 ほか 1993年1月8日~3月19日
わたしってブスだったの? 松田聖子、高橋ひとみ ほか 1993年4月16日~7月2日
誰にも言えない 賀来千香子、佐野史郎 ほか 1993年7月9日~9月24日
徹底的に愛は… 仙道敦子、吉田栄作 ほか 1993年10月15日~12月24日
いつも心に太陽を 西田敏行、観月ありさ ほか 1994年1月7日~3月18日
適齢期 三上博史、菊池桃子 ほか 1994年4月15日~7月1日
人間・失格~たとえばぼくが死んだら 赤井英和、桜井幸子 ほか 1994年7月8日~9月23日
僕が彼女に、借金をした理由。 真田広之、小泉今日子 ほか 1994年10月14日~12月23日
揺れる想い 南野陽子、別所哲也 ほか 1995年1月14日~3月30日
ジューン・ブライド 財前直見、布施博 ほか 1995年4月14日~6月30日
愛していると言ってくれ 豊川悦司、常盤貴子 ほか 1995年7月7日~9月22日
未成年 いしだ壱成、香取慎吾 ほか 1995年10月13日~12月22日
愛とは決して後悔しないこと 緒形直人、大塚寧々 ほか 1996年1月12日~3月22日
君と出逢ってから 本木雅弘、鶴田真由 ほか 1996年4月12日~6月5日
硝子のかけらたち 藤井フミヤ、松雪泰子 ほか 1996年7月12日~9月20日
協奏曲 田村正和、木村拓哉 ほか 1996年10月11日~12月13日
君が人生の時 高嶋政伸、清水美砂 ほか 1997年1月17日~3月21日
ふぞろいの林檎たちIV 中井貴一、時任三郎 ほか 1997年4月11日~7月4日
最後の恋 中居正広、常盤貴子 ほか 1997年7月11日~9月19日
青い鳥 豊川悦司、夏川結衣 ほか 1997年10月10日~12月19日
聖者の行進 いしだ壱成、酒井法子 ほか 1998年1月9日~3月27日
めぐり逢い 常盤貴子、福山雅治 ほか 1998年4月10日~6月26日
ランデヴー 田中美佐子、桃井かおり ほか 1998年7月3日~9月11日
あきまへんで! 中村玉緒、内田有紀 ほか 1998年10月9日~12月18日
ケイゾク 中谷美紀、渡部篤郎 ほか 1999年1月8日~3月19日
週末婚 永作博美、松下由樹 ほか 1999年4月9日~7月2日
独身生活 江角マキコ、加藤紀子 ほか 1999年7月9日~9月17日
美しい人 田村正和、常盤貴子 ほか 1999年10月15日~12月17日
金曜日の恋人たちへ 藤原紀香、高橋克典 ほか 2000年1月14日~3月17日
QUIZ 財前直見、内藤剛志 ほか 2000年4月14日~6月23日
Friends 浜田雅功、和久井映見 ほか 2000年7月7日~9月15日
真夏のメリークリスマス 竹野内豊、中谷美紀 ほか 2000年10月13日~12月15日
ストロベリー・オンザ・ショートケーキ 滝沢秀明、深田恭子 ほか 2001年1月12日~3月16日
昔の男 藤原紀香、大沢たかお ほか 2001年4月13日~6月29日
世界で一番熱い夏 岸谷五朗、和久井映見 ほか 2001年7月19日~9月21日
恋を何年休んでますか 小泉今日子、飯島直子 ほか 2001年10月19日~12月21日
木更津キャッツアイ 岡田准一、櫻井翔 ほか 2002年1月18日~3月15日
夢のカリフォルニア 堂本剛、柴咲コウ ほか 2002年4月12日~6月28日
愛なんていらねえよ、夏 渡部篤郎、広末涼子 ほか 2002年7月12日~9月13日
ママの遺伝子 薬師丸ひろ子、上川隆也 ほか 2002年10月11日~12月13日
高校教師 藤木直人、上戸彩 ほか 2003年1月10日~3月21日
ブラックジャックによろしく 妻夫木聡、鈴木京香 ほか 2003年4月11日~6月20日
Stand Up!! 二宮和也、山下智久 ほか 2003年7月4日~9月12日
ヤンキー母校に帰る 竹野内豊、篠原涼子 ほか 2003年10月10日~12月12日
奥さまは魔女 米倉涼子、原田泰造 ほか 2004年1月16日~3月26日
ホームドラマ! 堂本剛、ユースケ・サンタマリア ほか 2004年4月16日~6月25日
世界の中心で、愛をさけぶ 山田孝之、綾瀬はるか ほか 2004年7月2日~9月10日
3年B組金八先生 (第7シリーズ) 武田鉄矢、星野真里 ほか 2004年10月15日~5年3月25日
タイガー&ドラゴン 長瀬智也、岡田准一 ほか 2005年4月15日~6月24日
ドラゴン桜 阿部寛、長谷川京子 ほか 2005年7月8日~9月16日
花より男子 井上真央、松本潤 ほか 2005年10月21日~12月16日
夜王 松岡昌宏、北村一輝 ほか 2006年1月13日~3月24日
クロサギ 山下智久、堀北真希 ほか 2006年4月14日~6月23日
タイヨウのうた 山田孝之、沢尻エリカ ほか 2006年7月14日~9月15日
セーラー服と機関銃 長澤まさみ、堤真一 ほか 2006年10月13日~11月24日
笑える恋はしたくない 山崎静代、河本準一 ほか 2006年12月1日~12月15日
花より男子2(リターンズ) 井上真央、松本潤 ほか 2007年1月5日~3月16日
特急田中3号 田中聖、塚本高史 ほか 2007年4月13日~6月22日
山田太郎ものがたり 二宮和也、櫻井翔 ほか 2007年7月6日~9月14日
歌姫 長瀬智也、相武紗季 ほか 2007年10月12日~12月21日
エジソンの母 伊東美咲、坂井真紀 ほか 2008年1月11日~3月14日
Around40~注文の多いオンナたち~ 天海祐希、藤木直人 ほか 2008年4月11日~6月20日
魔王 大野智、生田斗真 ほか 2008年7月4日~9月12日
流星の絆 二宮和也、錦戸亮 ほか 2008年10月17日~12月19日
ラブシャッフル 玉木宏、香里奈 ほか 2009年1月16日~3月20日
スマイル 松本潤、新垣結衣 ほか 2009年4月17日~6月26日
オルトロスの犬 滝沢秀明、錦戸亮 ほか 2009年7月24日~9月25日
おひとりさま 観月ありさ、小池徹平 ほか 2009年10月16日~12月18日
ヤマトナデシコ七変化 亀梨和也、手越祐也 ほか 2010年1月15日~3月19日
ヤンキー君とメガネちゃん 成宮寛貴、仲里依紗 ほか 2010年4月23日~6月25日
うぬぼれ刑事 長瀬智也、生田斗真 ほか 2010年7月9日~9月17日
SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~ 戸田恵梨香、加瀬亮 ほか 2010年10月8日~12月17日
LADY~最後の犯罪プロファイル~ 北川景子、木村多江 ほか 2011年1月7日~3月25日
生まれる。 堀北真希、大倉忠義 ほか 2011年4月22日~6月24日
美男ですね 瀧本美織、玉森裕太 ほか 2011年7月15日~9月23日
専業主婦探偵~私はシャドウ 深田恭子、藤木直人 ほか 2011年10月21日~12月16日
恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方 仲間由紀恵、佐々木蔵之介 ほか 2012年1月20日~3月23日
もう一度君に、プロポーズ 竹野内豊、和久井映見 ほか 2012年4月20日~6月22日
黒の女教師 榮倉奈々、小林聡美 ほか 2012年7月20日~9月21日
大奥~誕生~(有功・家光篇) 堺雅人、多部未華子 ほか 2012年10月12日~12月14日
夜行観覧車 鈴木京香、石田ゆり子 ほか 2013年1月18日~3月22日
TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~ 唐沢寿明、松雪泰子 ほか 2013年4月19日~6月21日
なるようになるさ。 舘ひろし、浅野温子 ほか 2013年7月12日~9月20日
クロコーチ 長瀬智也、剛力彩芽 ほか 2013年10月11日~12月13日
夜のせんせい 観月ありさ 、蓮佛美沙子 ほか 2014年1月17日~3月21日
アリスの棘 上野樹里 、中村蒼 ほか 2014年4月11日~6月13日
家族狩り 松雪泰子 、伊藤淳史 ほか 2014年7月4日~9月5日
Nのために 榮倉奈々 、窪田正孝 ほか 2014年10月17日~12月19日
ウロボロス この愛こそ、正義。 生田斗真 、小栗旬 ほか 2015年1月16日~3月20日
アルジャーノンに花束を 山下智久 、栗山千明 ほか 2015年4月10日~6月12日
表参道高校合唱部! 芳根京子、志尊淳 ほか 2015年7月17日~9月25日
コウノドリ (第1シリーズ) 綾野剛、松岡茉優 ほか 2015年10月16日~12月18日
わたしを離さないで 綾瀬はるか、三浦春馬 ほか 2016年1月15日~3月18日
私、結婚できないんじゃなくて、しないんです 中谷美紀、藤木直人 ほか 2016年4月15日~6月17日
神の舌を持つ男 向井理、木村文乃 ほか 2016年7月8日~9月9日
砂の塔~知りすぎた隣人 菅野美穂、岩田剛典 ほか 2016年10月14日~12月16日
下剋上受験 阿部サダヲ、深田恭子 ほか 2017年1月13日~3月17日
リバース 藤原竜也、戸田恵梨香 ほか 2017年4月14日~6月16日
ハロー張りネズミ 瑛太、深田恭子 ほか 2017年7月14日~9月15日
コウノドリ (第2シリーズ) 綾野剛、松岡茉優 ほか 2017年10月13日~12月22日
アンナチュラル 石原さとみ、井浦新 ほか 2018年1月12日~3月16日
あなたには帰る家がある 中谷美紀、玉木宏 ほか 2018年4月13日~6月22日
チア☆ダン 土屋太鳳、オダギリジョー ほか 2018年7月13日~9月14日
大恋愛~僕を忘れる君と 戸田恵梨香、ムロツヨシ ほか 2018年10月12日~12月14日
メゾン・ド・ポリス 高畑充希、西島秀俊 ほか 2019年1月11日~3月15日
インハンド 山下智久、濱田岳 ほか 2019年4月12日~6月21日
凪のお暇 黒木華、高橋一生 ほか 2019年7月19日~9月20日
4分間のマリーゴールド 福士蒼汰、菜々緒 ほか 2019年10月11日~12月13日
病室で念仏を唱えないでください 伊藤英明、ムロツヨシ ほか 2020年1月17日~3月20日
MIU404 綾野剛、星野源 ほか 2020年6月26日~9月4日
キワドい2人-K2- 池袋署刑事課 神崎・黒木 山田涼介、田中圭 ほか 2020年9月11日~10月16日
恋する母たち 木村佳乃、吉田羊 ほか 2020年10月23日~12月18日
俺の家の話 長瀬智也、戸田恵梨香 ほか 2021年1月22日~3月26日
リコカツ 北川景子、永山瑛太 ほか 2021年4月16日~

関連するおすすめのランキング

歴代人気No.1の名作&面白いドラマは?

面白いドラマランキング

名作ドラマランキング

ジャンル別ドラマランキングはこちら!

ドラマおすすめ人気ランキング!全26ジャンル別・2021年版

TBS系列で放送時間(枠)ごとのドラマもチェック!

歴代TBSドラマランキング

火曜ドラマランキング

ドラマイズムランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、毎週金曜の22時枠にTBS系列で放送されたドラマが投票対象です。あなたがおすすめする金ドラを教えてください

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1Nのために(ドラマ)

Nのために(ドラマ)

引用元: Amazon

放送年2014年
放送局TBS
脚本奥寺佐渡子
メインキャスト榮倉奈々(杉下希美)、窪田正孝(成瀬慎司)、賀来賢人(安藤望)、小出恵介(西崎真人)、徳井義実(野口貴弘)、小西真奈美(野口奈央子)、三浦友和(高野茂)ほか
主題歌・挿入歌Silly / 家入レオ
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/Nnotameni/

もっと見る

榮倉奈々の演技力に脱帽した名作です

時系列がコロコロ変わる複雑なストーリーでも分かりやすく演出されていました。主人公の希美役を演じたのが榮倉奈々でなかったら、こんなにハマらなかったかもしれないと思うほど惹き込まれました。高校時代から不遇な家庭環境におかれて傷つき、幾度となく悲しい運命に翻弄されて、それでも強く人生を切り拓こうとしている演技は本当にけなげで嫌味がなく、涙せずには見られませんでした。また、彼女を支えようとする成瀬との関係はとてもピュアで、こんな恋愛を一度でもしたかったとため息をついてしまいました。すべての出演役者に拍手を送りたい素晴らしい作品です。

tsukiko

tsukikoさん

1位に評価

暗くて秘密の多いドラマ

Nのためにはとにかく暗いドラマで、心に突き刺さるものがありました。登場人物が皆、過去に向き合い戦いながら、秘密を抱え込んで生きているところが深かったです。誰が本当の悪なのか、毎回謎を解くように見られたのが面白かったです。

難しいミステリー

たくさんの高い頭脳を持った人たちが神とも呼ばれる頭脳を持つ真賀田四季に最終的にどのようにたどり着けるのか、どのように彼女の思考を理解できるのかドラマを見ながらでも自分で考えなければいけない面白いミステリードラマでした。

2花より男子(日本版)

花より男子(日本版)

引用元: Amazon

放送年2005年
放送局TBS
脚本藤本有紀、高橋ナツコ
メインキャスト井上真央(牧野つくし)、松本潤(道明寺司)、小栗旬(花沢類)、松田翔太(西門総二郎)、松嶋菜々子(道明寺椿)、加藤貴子(千石幸代)、石野真子(牧野千恵子)、加賀まりこ(道明寺楓)ほか
主題歌・挿入歌WISH / 嵐
公式サイト-

もっと見る

飽きのこないドラマで面白い

王道のラブストーリーでしたが、松潤や小栗旬がすごくカッコよくてほんとにハマってしまいました。
曲もすごくドラマに合っていて何度みても飽きないドラマだと思います。
井上真央の何事にも負けない強さはすごくいいなと思いました。

ワクワクドキドキドラマ

花より男子は、本当にワクワクさせてくれる恋愛ドラマで大好きです。何度見返してもドキドキが止まりませんし、不器用な恋や真っ直ぐに人を愛する勇気には感動させられました。面白い部分も多くコミカルさもあって良かったです。

3チア☆ダン(ドラマ)

チア☆ダン(ドラマ)

引用元: Amazon

放送年2018年
放送局TBS
脚本後藤法子、徳尾浩司、木村涼子、渡邉真子
メインキャスト土屋太鳳(藤谷わかば)、石井杏奈(桐生汐里)、佐久間由衣(桜沢麻子)、山本舞香(柴田茉希)、朝比奈彩(栗原渚)、広瀬すず(友永ひかり)、阿川佐和子(蒲生駒子)、オダギリジョー(漆戸太郎)ほか
主題歌・挿入歌できっこないを やらなくちゃ / サンボマスター
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/cheerdan_tbs/

もっと見る

キラキラした青春物語

自分の地元である福井県が舞台になっていたので興味半分で見始めました。最初のうちはよくあるスポ魂ものという印象だったけど、見ていくうちにチア部の子たちの頑張る姿に感情移入してしまってました。そしてこのドラマの見せ場であるダンスシーンは見事でした。主演の土屋太鳳さんはダンス経験があるからこその動きのキレだったし、それ以外のチア部のメンバーもきれいにそろっていました。話の内容と演者の努力の二つの意味で感動させてもらえました。

チアダンスを題材にした青春ドラマに感動しました!

土屋太鳳さん演じる主役の藤谷わかばが可愛くて見始めたのですが、他の出演者も可愛くて最終話では全員のファンになっていました。最後の大会は残念な結果になってしまいましたけれど女子高校生達の熱い情熱に心を動かされましたし、チアダンスの最後の演技も見事に揃っていて感動しました。とても良い青春ドラマだったと思います。

4タイガー&ドラゴン

タイガー&ドラゴン

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー幼い頃、借金苦の末に両親が自殺し、「笑い」を忘れてしまったヤクザ・山崎虎児。ある日、浅草で落語家の林屋亭どん兵衛の高座を聞いて感動し、弟子入りを志願する。しかし、どん兵衛は虎児の所属する「新宿流星会」の組長から借金をしており、拒まれてしまう。そこで虎児は、落語を一個教えてもらう代わりに授業料として10万払うことを約束し、それを返済金に充てることを提案する。どん兵衛に熱意が届き、見事弟子入りを果たした虎児だったが……。
放送年2005年
放送局TBS
脚本宮藤官九郎
メインキャスト長瀬智也(山崎虎児)、岡田准一(谷中竜二)、伊東美咲(メグミ)、塚本高史(銀次郎)、西田敏行(谷中小吉)、笑福亭鶴瓶(組長)ほか
主題歌・挿入歌UTAO-UTAO / V6
公式サイト-

もっと見る

一話完結型でありながら、緻密に考えられた笑いが素晴らしい。

宮藤官九郎の作品らしくて所々に伏線を張りながら、どんでん返しで笑かしてくる良い作品でした。長瀬智也、岡田准一、西田敏行と宮藤官九郎の世界観にあった演技が出来る豪華な配役で、いかんなく笑わしてもらいました。落語の演目を現代風にアレンジしたストーリー展開をしていて、知っている演目も知らない演目も分かり易くて、とっつきにくい落語にも興味を持つことができました。いまでは当たり前なっていますが、当時はヤクザと落語といったような異色な組み合わせでありながら、違和感なく視聴できた一歩先に行っていた作品でした。

さすがのクドカン作品

この作品によって落語ブームが起きたので、かなり印象的な作品でした。
クドカン作品のため、話はもちろん面白いですし、長瀬智也さんや岡田准一さんのハイカラな着物姿も見られて目の保養にもなりました。
新作を出して欲しいくらいの作品です。

5高校教師(1993年)

高校教師(1993年)

引用元: Amazon

放送年1993年
放送局TBS
脚本野島伸司
メインキャスト真田広之(羽村隆夫)、桜井幸子(二宮繭)、赤井英和(新庄徹)、京本政樹(藤村知樹)、持田真樹(相沢直子)、峰岸徹(二宮耕介)、中村栄美子(佐伯麻美)、小宮健吾(教頭)ほか
主題歌・挿入歌ぼくたちの失敗 / 森田童子
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d0044/

もっと見る

当時の人気は凄かった

このドラマが世間に与えた影響力は凄かったですね。教師と教え子の禁断の愛を描いた作品というだけでなく、京本政樹演じる藤村先生の女子生徒暴行シーンも衝撃的でした。このシーンはなまなましさがあるだけでなく、藤村先生のトリッキーな所も印象に残りましたね。もちろんメインである羽村先生とヒロインの二宮の純愛もステキでした。羽村は葛藤はリアルに描かれていましたし。そして終盤のドラマチックな展開は凄かった。結構古いドラマですけど、今でも印象に残っています。

ザ青春

ザ青春と言うような恋愛ドラマ。誰もが一度は夢を見てしまう教師と生徒の恋愛を、美しくも悲しく描いてくれました。嫉妬や憎しみ、愛憎など心に秘めた気持ちをダイレクトに表現している部分に深く感銘を受けました。

6俺の家の話

俺の家の話

引用元: Amazon

放送スケジュール放送局:TBS系列
放送開始:2021年1月22日 22時00分
放送日:毎週金曜日
メインキャスト長瀬智也(観山寿一)、戸田恵梨香(志田さくら)、永山絢斗(観山踊介)、江口のりこ(長田舞)、井之脇海(プリティ原) ほか
放送年2021年
脚本宮藤官九郎
主題歌-
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/oreie_tbs/

もっと見る

最終回の衝撃の展開に絶句しました

初めて見たときは暗い話ばっかりだったので見るのを断念しようかと思いました。ところが我慢して見ているうちにどんどん面白くなっていき、気付けばこのドラマの世界にどっぷりハマるほど観山家の人達に魅了されていました。そして覆面レスラーのスーパー世阿弥マシンが私のお気に入りで、もう少しプロレスのシーンを見たかったです。最後はあまりに衝撃的な展開だったので絶句しましたけれど、普通のドラマを作りたがらない宮藤官九郎さんらしい作品だなと思いました。

意外な結末

親の介護と言うシリアスになりがちなテーマを笑いを交えてコミカルに描いた物語が秀逸だと思いました。最終回での展開は想像もしていなかった展開でとても驚かせる内容で、宮藤官九郎さんの脚本が本当にすごいと思うドラマでした。

7愛していると言ってくれ

愛していると言ってくれ

引用元: Amazon

放送年1995年
放送局TBS
脚本北川悦吏子
メインキャスト豊川悦司(榊晃次)、常盤貴子(水野紘子)、岡田浩暉(矢部健一)、鈴木蘭々(吉田マキ)、矢田亜希子(榊栞)、余貴美子(神崎薫)、吉行和子(吉沢道子)、橋爪功(榊伸吉)ほか
主題歌・挿入歌LOVE LOVE LOVE / DREAMS COME TRUE
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d0001/

もっと見る

豊川悦司さんが本当にカッコ良くて彼のちょっとした仕草に何度も胸キュンさせられて何度も感動させられるストーリー

聴覚障害者の晃次を演じている豊川悦司さんが本当にカッコ良くて、彼のちょっとした仕草に何度も胸キュンさせられたからです。そして聴覚障害者なので言葉が話せないもどかしさと戦いながら、天真爛漫な紘子との恋愛を育んで行くストーリー展開には何度も感動させられました。随分前のドラマなのでちょっと今の時代とは違うタッチですが、それでも何度見ても感動する素晴らしいラブストーリーのドラマです。

8ドラゴン桜(ドラマ)

ドラゴン桜(ドラマ)

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー元暴走族の駆け出し弁護士・桜木建二(阿部寛)が、経営破綻状態となった私立龍山高等学校の運営を請け負うことに。「東大合格者を5人輩出する」と宣言し、新たに特別進学クラスを開設。人生を諦めかけていた水野直美(長澤まさみ)や、蒸発した父親の残した借金を抱える矢島勇介(山下智久)、進学校に通う弟を見返したいと願う奥野一郎(中尾明慶)らをを招き入れる。反発する生徒に対し時に現実を突きつけ、落ちこぼれる生徒に対し時に震え立たせ、東大合格への道を切り開いていく。
放送年2005年
放送局TBS
脚本秦建日子
メインキャスト阿部寛(桜木建二)、長谷川京子(井野真々子)、山下智久(矢島勇介)、長澤まさみ(水野直美)、中尾明慶(奥野一郎)、小池徹平(緒方英喜)、新垣結衣(香坂よしの)、紗栄子(小林麻紀)ほか
主題歌・挿入歌realize / melody.
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d1359/

もっと見る

変わった先生が指導する姿がとても面白かったです

偏差値36の生徒を特別進学クラスに入れ、東大合格を目指して猛勉強させるというストーリーが私のツボにハマりました。少し変わった先生が怪しげな教育方法で指導するのですが、本当にこのようなクラスがあれば面白いのにと感じたほどです。また、家庭の問題で受験を途中で断念する女子生徒もいましたけれども、ひとつの目標に向かって早朝から深夜までみんなで頑張る姿に勇気づけられました。少々古いドラマですが現役の中学生や高校生、そしてその親御さんには今からでもぜひ見て欲しい教育ドラマです。

学歴は大事

非常に名言も多いことで有名なドラマであり、「人生を変えたければ東大に行け」というフレーズは今でも頭に残っています。もちろん大学歴だけが大切ではないということは重々承知していますが、やはり人生を成功させるには学歴が非常に大切なものだということがこのドラマを見ているとよくわかりました。またなぜ東大なのかということもドラマを通して理由がしっかりと説明されている点も好感が持てる面白いドラマでしたね。

9凪のお暇(ドラマ)

凪のお暇(ドラマ)

公式動画: Youtube

あらすじ・スト-リー大島凪(黒木華)は、社内では空気を読んでばかりで、自分の思うように振る舞えない生活に嫌気がさしていた。営業部のエースである我聞慎二と交際していることを心の支えにしていたが、ある日自分との交際は体目的であると小耳にはさむ。そのことをきっかけに会社を退職し、人間関係を一掃し立川へ転居。当面のあいだ無職期間を「お暇」と称して人生を満喫することにする。
放送年2019年
放送局TBS
脚本大島里美
メインキャスト黒木華(大島凪)、高橋一生(我聞慎二)、中村倫也(安良城ゴン)、白鳥玉季(白石うらら)、三田佳子(吉永緑)、吉田羊(白石みすず〈うららママ〉)ほか
主題歌・挿入歌リブート / miwa
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/

もっと見る

私自身と似ている部分がある凪に同調しながら見れて感情移入しながら見れてとても良かった

最初、このドラマを見た時には凪の貧乏くさい生活ぶりにビックリしましたが、そうなってしまった理由が分かると私自身と似ている部分がある凪に同調しながら見れて感情移入しながら見れてとても良かったです。その凪を演じた黒木華さんが素敵でしたし、彼女の元カレを演じた高橋一生の演技がとても良くてこのドラマを見て彼のファンになりました。

10MIU404

MIU404

引用元: Amazon

放送年2020年
放送局TBS
脚本野木亜紀子
メインキャスト綾野剛(伊吹藍)、星野源(志摩一未)、岡田健史(九重世人)、橋本じゅん(陣馬耕平)ほか
主題歌・挿入歌感電 / 米津玄師
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/

もっと見る

製作陣の注力に感動

セットや細かなグッズまで力を入れていたのがSNSで発信されていたため、毎週ストーリー以外も見る楽しみができていました。どのキャストもかなり演技力が高かったのですが、最終話の菅田将暉さんの目の演技の切り替え方が圧巻でした。

11美男ですね(日本版)

美男ですね(日本版)

引用元: Amazon

放送年2011年
放送局TBS
脚本高橋麻紀ほか
メインキャスト瀧本美織(桜庭美子/桜庭美男)、玉森裕太(桂木廉)、藤ヶ谷太輔(藤城柊)、八乙女光(本郷勇気)、高嶋政伸(安藤弘)、柳沢慎吾(馬淵始)ほか
主題歌・挿入歌Everybody Go / Kis-My-Ft2
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/Ikemen_Desune2011/

もっと見る

日本版

もともと韓国の方のドラマを見て知っていたので、日本ではどんな風になるのかドキドキしながら待機していました。滝本美織ちゃんはかなりハマり役だと思いました。男性陣は私のイメージとは少し違いましたが、ドラマ自体はやはり面白い。
ドキドキするシチュエーションも豊富で引き込まれます。韓国ではアイドルなども多くて人気の国なのでこういうドラマが流行るのも納得です。

dia

diaさん

1位に評価

原作とまた違った良さがある

韓国ドラマの美男(イケメン)ですねが大好きだったから日本版のドラマは正直あり得ないと思っていたけど、主演の4人らしさがそれぞれ出ていて、面白かった。曲も日本語にリメイクされていて、CDを買うくらいハマった。

12アンナチュラル

アンナチュラル

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー不自然死究明研究所(UID)で働くミコトは、不自然死の支隊を解剖し、死因究明に特化した調査を行い、事件の真相に迫っていく。ここで働く皆には訳ありの経歴が。ミコトの生い立ちやその同僚・中堂の恋人の殺害など不条理な事件の真相に迫っていく。
放送年2018年
放送局TBS
脚本野木亜紀子
メインキャスト石原さとみ(三澄ミコト)、井浦新(中堂系)、窪田正孝(久部六郎)、市川実日子(東海林夕子)
主題歌・挿入歌Lemon / 米津玄師
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/unnatural2018/

もっと見る

関連するランキング

No Image

ドラマアンナチュラル登場人物ランキング

ドラマアンナチュラルで好きな登場人物は?

これまでにない独特で面白いミステリードラマ

不自然な死に方をした死体を解剖して死因を特定し、そこから真実を見つけ出すというのが今までのミステリーには無い要素だと思う。一話ごとに不可解な事件があり、一話内で解決するのもテンポが良くて見ていて飽きない。事件だけじゃなくて、研究所での日常とか、5人それぞれの物語もドラマ全体を通して描かれているから続けて観たくなる。

13聖者の行進

聖者の行進

引用元: Amazon

放送年1998年
放送局TBS
脚本野島伸司
メインキャストいしだ壱成(町田永遠)、酒井法子(葉川もも)、広末涼子(土屋ありす)、安藤政信(高原廉)、雛形あきこ(水間妙子)、いかりや長介(宇野淳市)、段田安則(竹上光輔)、藤田弓子(町田基子)ほか
主題歌・挿入歌糸 / 中島みゆき
命の別名 / 中島みゆき
公式サイト-

もっと見る

色々なことを考えさせられるドラマです。

聖者の行進に関しては障害者をテーマにしたドラマで今の時代では間違いなく放送できない作品でした。過激なシーンというのも多かったんですが脚本家・野島伸司が伝えたい社会へのアンチテーゼというのが理解できました。

14未成年

未成年

引用元: Amazon

放送年1995年
放送局TBS
脚本野島伸司
メインキャストいしだ壱成(戸川博人)、香取慎吾(室岡仁)、反町隆史(坂詰五郎)、河相我聞(神谷勤)、北原雅樹(田辺順平)、桜井幸子(新村萌香)、谷原章介(戸川辰巳)、西岡徳馬(戸川芳史)ほか
主題歌・挿入歌Top of the World / カーペンターズ
公式サイト-

もっと見る

今でもナンバーワンに推せるドラマです。

このドラマに関しては若者たちの社会への叫びというのが印象に残っています。いしだ壱成が演じる主人公・戸川博人の数多くの名言というのは忘れられないです。最終回での屋上で戸川博人が語った言葉というのも最高でした。

佐野史郎さんが演じる冬彦の不気味な演技が本当に恐ろしかった

リアルタイムでは観ていなかった作品ですが、再放送を観て佐野史郎さんが演じる冬彦の演技が恐ろしく不気味でとても迫力があったのが強く印象に残っています。
野際陽子さんと佐野史郎さんの親子の演技は本当に不気味で異様な光景でした。
佐野さんの演技で特に印象に残っているのは、冬彦が嫉妬に狂って感情を爆発させるシーンが印象深いのですが、
その中でも、冬彦が木馬にまたがって「んんんんん~~!?」と唸っているシーンはまるでホラーのような光景で、
何年経っても記憶に強く残っています。
子供の時にリアルタイムで観ていたらトラウマになっていたのではないかと思うぐらいに怖かったです。

コンプライアンスや規制に厳しい現在では、おそらく地上波では放送できないドラマになるのではないかと思います。
怖さが際立つドラマですが、出演されている役者さん達の演技が本当に迫力があって素晴らしい作品だと思うので、観た事が無い人には一度は観て欲しい作品です。

teo990

teo990さん

1位に評価

16コウノドリ(ドラマ)

コウノドリ(ドラマ)

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー鴻鳥サクラ(綾野剛)は、患者や同僚からの信頼が厚い産婦人科医。そんなサクラの下には、検診を受けていない未受診妊婦や、交通事故にあってしまった臨月の妊婦など、ありとあらゆる事情を抱えた患者が。命が生まれるというありふれた奇跡を守るため、サクラは今日も奮闘する。
放送年2015年
放送局TBS
脚本坪田 文、矢島弘一、吉田康弘
メインキャスト綾野剛(鴻鳥サクラ)、松岡茉優(下屋加江)、吉田羊(小松留美子)、坂口健太郎(白川領)、浅野和之(大澤政信)、佐々木蔵之介(荻島勝秀)、星野源(四宮春樹)、大森南朋(今橋貴之)ほか
主題歌・挿入歌奇蹟 / Uru
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/kounodori/

もっと見る

命の大切さが分かりました

産婦人科のドラマでたくさんの赤ちゃんが出てきて癒されたのももちろんですが、たくさんの問題を抱えたお母さんたちをどのようにコウノドリ先生が助けるのか、また命の大切さを改めて学べる良いドラマでした。家族みんなで見ることができました。

17インハンド

インハンド

引用元: Amazon

放送年2019年
放送局TBS
脚本吉田康弘、田辺茂範、福田哲平
メインキャスト山下智久(紐倉哲)、濱田岳(高家春馬)、菜々緒(牧野巴)、藤森慎吾(御子柴隼人)、時任三郎(福山和成)、松尾貴史(大谷透)、利重剛(瀬川幹夫)、光石研(網野肇)ほか
主題歌・挿入歌CHANGE / 山下智久
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/inhand/

もっと見る

紐倉博士が個性的で好き

山下智久さん演じる紐倉博士が個性的で面白い作品でした。とびぬけて頭の良い人って、一般常識がなかったり他が抜けてたりします。それを見事再現していましたね。またその相棒として雇われた高家さんも良かったです。色々されたりするものの、断れずに引き受けてしまうところが。面白いドラマでした。

登場人物の掛け合いが面白い

紐倉、高家、牧野の3人全員が個性的で、思わず笑ってしまう掛け合いがドラマの中にちょくちょく出てくるのが面白い。事件はフィクションだけど、科学的な説明もあるから勉強にもなるし、本当にそんな事件があったら恐ろしいなと感じるくらいリアルに描かれている。

18恋する母たち(ドラマ)

恋する母たち(ドラマ)

公式動画: Youtube

放送年2020年
放送局TBS
脚本大石静
メインキャスト木村佳乃(石渡杏)、吉田羊(林優子)、仲里依紗(浦原まり)、斉木巧(小泉孝太郎)、磯村勇斗(赤坂剛)ほか
主題歌・挿入歌知らないどうし / 松任谷由実
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/

もっと見る

マダムの恋

3人の母親の恋愛を描いた作品なのですが、なかなか中身の濃いものになっていました。人生の折り返しで、そこから恋愛をするのは難しいものであると思うのですが、恋愛に年齢は関係ないと思わせてくれるような作品でした。

19人間・失格〜たとえばぼくが死んだら

人間・失格〜たとえばぼくが死んだら

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー容姿端麗で成績も優秀、性格は素直で明るく、非の打ちどころのない少年・大場誠(堂本剛)は、父親の大場衛(赤井英和)と、継母の大場夏美(横山めぐみ)とともに、神戸から東京へ引っ越してきた。そして東京の名門私立中学に入学した誠はある日、いじめを目撃しホームルームでいじめをやめるようクラスメイトへ呼びかける。しかし、それをきっかけに誠は、クラスメイトから壮絶なイジメを受けたり、教師による熾烈な体罰を受けたりと、過酷な学校生活を送ることになった。
放送年1994年
放送局TBS
脚本野島伸司
メインキャスト赤井英和(大場衛)、横山めぐみ(大場夏美)、堂本剛(大場誠)、堂本光一(影山留加)、黒田勇樹(武藤和彦)、斉藤洋介(宮崎 信一)、加勢大周(新見悦男)、桜井幸子(森田千尋)ほか
主題歌・挿入歌A Hazy Shade of Winter / サイモン&ガーファンクル
公式サイト-

もっと見る

人生観は変わりましたこのドラマで

息子をいじめで無くした父親役・大場衛を赤井英和が演じたんですが鬼気迫る演技というのが記憶に残っています。最終回での教師・森田千尋の言葉というのも名言で忘れられないです。

20SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リーIQ201の頭脳を持つ変人の当麻紗綾と、警視庁特殊部隊出身で叩き上げの瀬文焚流の2人の捜査官がある日タッグを組む。天才派と肉体派の二人のコンビが次々と特殊能力(SPEC)を持った犯人が起こす奇怪な事件を解決していく。
放送年2010年
放送局TBS
脚本西荻弓絵
メインキャスト戸田恵梨香(当麻 紗綾)、加瀬亮(瀬文 焚流)、神木隆之介(一 十一)、竜雷太(野々村 光太郎)、福田沙紀(志村 美鈴)
主題歌・挿入歌NAMInoYUKUSAKI / THE RiCECOOKERS
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/spec2010/

もっと見る

21

21位~40位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

年代別にも名作ドラマをチェック!

平成の名作テレビドラマランキング

90年代ドラマランキング

2000年代ドラマランキング

2010年代ドラマランキング

放送時間(枠)ごとのドラマもチェック!

月9ドラマランキング

火曜ドラマランキング

木曜ドラマランキング

土曜ドラマランキング

日曜ドラマランキング

動画配信サービスを契約するなら?

動画配信サービス(VOD)徹底調査!コスパ比較や満足度&ジャンル別おすすめランキング

ドラマ見放題サービスランキング

今期新作ドラマはこちら!

2021年夏ドラマランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜

エンタメ>テレビ

韓国ドラマランキング

おすすめの韓国ドラマは?

アンナチュラル

エンタメ>テレビ

面白いドラマランキング

おすすめの面白いドラマは?

仮面ライダーW(2009年)

エンタメ>テレビ

平成ライダーシリーズランキング

おすすめの平成仮面ライダー作品は?

トンイ

エンタメ>テレビ

韓国ドラマ時代劇ランキング

韓国ドラマの時代劇であなたがおすすめしたい作品は?

ページ内ジャンプ