みんなのランキング

50代俳優人気ランキング

木村拓哉竹野内豊阿部寛西島秀俊沢村一樹

みんなの投票で決定した「50代俳優人気ランキング」を紹介します!ダンディな雰囲気や長年のキャリアで培った経験で支持を集める50代俳優。多くの男性が憧れるかっこいい俳優や、圧巻の演技力で虜にする実力派など、人気が衰えない役者が多数存在します。個性豊かな俳優が集うなか1位に輝くのは?

最終更新日: 2022/11/28

このランキングの集計方法

このランキングの順位は「俳優ランキング」で行われた投票から「2022年に50歳〜59歳の誕生日を迎える(迎えた)俳優」を対象としたものを集計し、算出されています。

ランキング結果

1阿部寛

(955人が評価)
生年月日 / 星座 / 干支1964年6月22日 / かに座 / 辰年
出身地神奈川県
プロフィール1964年6月22日生まれ、神奈川県出身の俳優。大学在学中にモデルデビュー。雑誌『メンズノンノ』創刊以来、3年6ヶ月表紙を飾る。大学卒業と同時に映画デビュー。2012年日本アカデミー賞にて映画『テルマエ・ロマエ』で最優秀主演男優賞を受賞するなど、映画・ドラマ・舞台・CMと幅広く活動。その他主な出演作は、映画『祈りの幕が下りる時』、TBS『下町ロケット』『新参者』、テレビ朝日『トリック シリーズ』、NHK『スニッファー 嗅覚捜査官』など他多数。
代表作品映画『テルマエ・ロマエ』
映画『祈りの幕が下りる時』
TBS『下町ロケット』
公式SNS-

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

特異な俳優

結婚できない男、ドラゴン桜、テルマエ・ロマエ、新参者、トリック、HERO、などなどの人気ドラマや人気映画(個人的に好きでもある)に多数出演している実力派俳優だと思います。しかし、元々はメンズノンノモデルであり、確かに高身長、低温ボイス、彫りの深いローマ人顔などのビジュアル面も完璧です。個人的に、阿部寛さんは複雑な感情を同時に表現する力が優れていると思います。困惑と歓喜と悲哀を同時に顔で表現するのは、中々できるものではありません。基本的に寡黙で落ち着いた雰囲気で余裕があって格好いいですが、時々見せる情熱溢れる絶叫シーンは迫力があって、これまた素晴らしいです。

shuto

shutoさん

1位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

低迷時代からの抜群の存在感

彼はモデルをしていて、それからの俳優さんでしたが、あまりパッとしませんでした。つかこうへいとの出会いによって、それまでの2枚目俳優の殻を脱却したと思います。「トリック」の上田次郎役は抜群でした。騙されやすい天才物理学者という3枚目役を見事にこなしていました。「新参者」も渋くて良かったですが、また3枚目役をやってほしいです。

まき

まきさん

3位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

いい演技!!

「トリック」や、「テルマエロマエ」シリーズが大好きです!!抜群の演技力ですね〜「テルマエロマエ」の時に初めてこんなにマッチョボディだったのか!!ってビビりました!美ボディにあのフェイス、間違えなくはまり役でしたねールシウスのリアクションマンガの通りで面白かったです!!

かん☆

かん☆さん

3位の評価

コメントをもっと読む

2竹野内豊

(649人が評価)
生年月日 / 星座 / 干支1971年1月2日 / やぎ座 / 亥年
出身地東京都
プロフィール1971年1月2日生まれ、東京都出身の俳優。テレビドラマ・映画・CMなど多数出演。主な出演作は、映画『冷静と情熱のあいだ』『太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男』『シン・ゴジラ』『人生の約束』、フジテレビ『素敵な選TAXI』『流れ星』、TBS『義母と娘のブルース』など他多数。
代表作品フジテレビ『ビーチボーイズ』ダブル主演(2001)
映画『冷静と情熱のあいだ』主演(2001)
映画『太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男』主演(2011)
フジテレビ『素敵な選TAXI』主演(2014)
公式SNS-

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

惚れ惚れ

恋人発覚のときはそりゃもうショックでしたね。え?そういうタイプが好きだったのね?って感じでした。意外でした。とはいえ、結局かっこいいです。顔よし、声よし、演技よし。いやなところは女性の好みくらいでしょうか。

さろ

さろさん

3位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

渋さ

歳をとるたびに魅力が増している

aquablue

aquablueさん

3位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

渋い!!!!

個人的にお気に入りは、「選択シー」と「BOSS」と「大和ハウス」です。

声が好き。

hmxx

hmxxさん

3位の評価

コメントをもっと読む

3西島秀俊

(511人が評価)
西島秀俊

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1971年3月29日 / おひつじ座 / 亥年
出身地東京都
プロフィール1992年、ドラマ「はぐれ刑事純情派5」で俳優デビュー。翌年、ドラマ「あすなろ白書」で同性愛者役を演じ注目を集める。1999年公開「ニンゲン合格」で映画初主演。その後も映画「帰郷」「さよならみどりちゃん」「CUT」などで数々の賞を受賞するなど目覚ましい活躍をみせている。また2017年にはファッションブランド「ジョルジオ・アルマーニ」の最高峰ライン「メイド・トゥ・メジャー」の広告モデルにデザイナー直々の指名で日本人として初めて起用された。
代表作品フジテレビ『ストロベリーナイト』(2010)
TBS『MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜』(2014)
映画『クリーピー 偽りの隣人』(2016)
映画『空母いぶき』(2019)
公式SNS-

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

安定感のある美形演技者!

抜群の演技力で、サスペンス物の繊細かつ詳細の調整力が必要になる巧妙な演技も成し遂げるベテラン俳優です。また、清楚で大人の魅力も兼ね備えた落ち着きのある整った容姿は、女性の支持を集め、男性からも安定の演技力にて好評となっています。

あきら

あきらさん

4位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

クールさとお茶目なところのギャップ

クールは役どころもお茶目な役どころも違和感なし

aquablue

aquablueさん

2位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

イケメン俳優から実力派俳優へ

生まれ持った容姿から若い時はイケメン俳優と言われていたが、年を重ね実力、経験を積み、主役も脇役でもこなし、シリアスからコミカルまで、何でも演じられる実力派俳優さんになられました。

てんてん

てんてんさん

2位の評価

コメントをもっと読む

4木村拓哉

(20人が評価)
木村拓哉

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1972年11月13日 / さそり座 / 子年
出身地東京都
プロフィール1987年、ジャニーズ事務所入所。1991年、アイドルグループ・SMAPの一員としてシングル『Can't Stop!! -LOVING-』でCDデビュー。1994年、映画『シュート!』で石原裕次郎新人賞を受賞した。数々のドラマ・映画に出演し、フジテレビの月9枠では最多主演記録となる10回主演を務めた記録を持つ。2016年12月31日、SMAPが解散。解散後はソロタレントとして、俳優業を中心に活躍している。またソロ歌手としても活動を開始し、2020年1月にアルバム『Go with the Flow』を発売。愛称はキムタク。
代表作品フジテレビ『ロングバケーション』(1996)
TBS『グランメゾン東京』(2019)
映画『HERO』(2007)
映画『マスカレード・ホテル』(2019)
公式SNSInstagram

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

演技の幅が狭い

演技の幅が狭い

ももはる

ももはるさん

45位の評価

5沢村一樹

(75人が評価)
生年月日 / 星座 / 干支1967年7月10日 / かに座 / 未年
出身地鹿児島県
プロフィール1967年7月10日生まれ、鹿児島県出身の俳優。テレビドラマ、映画、CMなどを中心に活躍。主な出演作は、テレビ朝日『DOCTORS~最強の名医~』、フジテレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』、日本テレビ『レンタル救世主』、テレビ東京『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』、映画『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』、舞台『しゃばけ』など他多数。
代表作品テレビ朝日『DOCTORS~最強の名医~』主演(相良浩介役)(2011~)
フジテレビ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』主演(2018)
映画『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』(川上健役)(2011)
公式SNS-

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

顔を眺めていると笑顔になれる

あまり個性的な役はやらない、というか向かない気がします。ちょっと天然な役とか、良きパパとか。えくぼがありお顔が可愛いので、お顔を見るだけでほっこりした気持ちになります。ドラマのストーリーがあまり面白くなくても、この方を見たいが為にドラマを見てしまうこともあります。

ピンキー

ピンキーさん

2位の評価

6堤真一

(258人が評価)
堤真一

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1964年7月7日 / かに座 / 辰年
出身地兵庫県
プロフィール1984年、千葉真一主宰のジャパンアクションクラブ(JAC)に14期生・JAC養成所研修生第1期生として入団。同年、ミュージカル『ゆかいな海賊大冒険』で初舞台。JAC退団後はTheatre Project Tokyoの演劇を中心に活動していた。1996年放送『ピュア』や2000年放送『やまとなでしこ』などヒットドラマに出演し、人気を博す。2008年、映画『クライマーズ・ハイ』で日本アカデミー賞主演男優賞を受賞した。
代表作品映画『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005)
映画『決算! 忠臣蔵』(2019)
フジテレビ『SP』(2007)
NHK連続テレビ小説『マッサン』(2014)
公式SNS-

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

光る演技力


「クライマーズハイ」の熱い新聞記者役から「容疑者Xの献身」の不器用な愛を貫こうとする高校教師役。そして「土竜の唄」のクレイジーパピヨンまで。
それぞれ全て別の顔を見せ、その役になり切る演技力は凄いの一言。
そして何よりいつまでもかっこいい!

さくらは

さくらはさん

1位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

何を出してくるか分からない魔術師

昔から好きでした。シリアスなドラマもコメディっぽいものも演じることが出来て、器用な方だなと思っていました。何が出てくるか分からない、マジシャンのような俳優だと思います。最近は歳をとられてきたと感じますが、歳をとったことを生かした役も見てみたいなと思います。

ピンキー

ピンキーさん

3位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

演じた役は数知れず

月9ドラマ『ピュア』で、いきなり主演級で出てきた時は誰だこの人と思ったが、日本のドラマ・映画界ではなくてはならない人になりました。
一番好きな作品は『容疑者Xの献身』。最強で切ない犯人役は最高でした。

はせしん

はせしんさん

5位の評価

コメントをもっと読む

7佐々木蔵之介

(160人が評価)
生年月日 / 星座 / 干支1968年2月4日 / みずがめ座 / 申年
出身地京都府
プロフィール神戸大学在学中に劇団「惑星ピスタチオ」の旗上げに参加。1998年に退団するまで全ての公演に出演。2000年、NHK『連続テレビ小説「オードリー」』に幹幸太郎役で出演し脚光を浴びる。以後、『白い巨塔』『離婚弁護士』など人気ドラマに出演し、知名度が上昇。2006年、映画『間宮兄弟』では主演を務め、名実ともに俳優として数多くの映画・テレビドラマで活躍する。また、主演ドラマのTBS『ハンチョウ~神南署安積班~』はシリーズ化されお馴染みに。更に演劇ユニット「Team申」を立ち上げ舞台公演も行う。
代表作品TBS『ハンチョウ~警視庁安積班~シリーズ』主演
映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(2017)
映画『嘘八百』(2018)
フジテレビ『シャーロック』(2019)
公式SNS-

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

ハンチョウ!!!

声が好き。

hmxx

hmxxさん

4位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

さけ

いいね

ぷにゅ

ぷにゅさん

2位の評価

8江口洋介

(110人が評価)
江口洋介

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1967年12月31日 / やぎ座 / 未年
出身地東京都
プロフィール1986年、芸能界入り。翌年、映画『湘南爆走族』の主人公・江口洋助やくに大抜擢され、一躍脚光をあびる。1990年代に入ると『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』など人気トレンディドラマに数々出演。トレードマークの長髪が女性人気をものにしていた。当時はシンガーソングライターとしても活動しており、『恋をした夜は』『愛は愛で』などヒット曲を持つ。
代表作品フジテレビ『ひとつ屋根の下』(1993)
フジテレビ『救命病棟24時』(1999)
映画『GOEMON』(2009)
映画『天空の蜂』(2015)
公式SNS-

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

理想像

江口洋介さんみたいな、かっこいいおじさんになりたいと思ってもいいじゃない?

森高千里さんみたいな美人な奥さんと仲良く手繋ぎデートしてるところを週刊誌に撮られたいと思ってもいいじゃない?

いつだって小生にとってのスターであり、最高のかっこよさを誇る俳優さんは、江口洋介さんその人です。

ほろけい

ほろけいさん

1位の評価

9福山雅治

(63人が評価)
生年月日 / 星座 / 干支1969年2月6日 / みずがめ座 / 酉年
出身地長崎県
代表作品映画『そして父になる』(2013)
CDアルバム『福の音』(2015)
TOKYO FM『福のラジオ』(2015~)
TBS『集団左遷!!』(2019)
映画『マチネの終わりに』(2019)
公式SNSInstagram

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

主演も務めて主題歌も歌う

今の若い俳優さんではなかなか、主演も務めて尚且つ主題歌も歌うような俳優さんはいないと思う。貴重な存在だと思う。いくつになってもカッコいい。

ミキ

ミキさん

2位の評価

10松重豊

(70人が評価)
生年月日 / 星座 / 干支1963年1月19日 / やぎ座 / 卯年
出身地福岡県
プロフィール福岡県出身、1963年生まれ。蜷川幸雄主宰の蜷川スタジオを経て、舞台、テレビ、映画と様々な作品で活躍。映画『しゃべれどもしゃべれども』にて毎日映画コンクール男優助演賞を、『ディア・ドクター』にて第31回ヨコハマ映画祭 助演男優賞を受賞。主な出演作として、映画『血と骨』、『孤高のメス』、『アウトレイジ ビヨンド』など。ドラマでは、『ちりとてちん』『運命の人』『孤独のグルメ』NHK大河『八重の桜』山本権八役で出演。
代表作品映画『血と骨』
映画『アウトレイジ ビヨンド』
ドラマ『ちりとてちん』
ドラマ『孤独のグルメ』
映画『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』
チャンネルURL松重 豊
公式SNSTwitter
Instagram

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

味がある役者さん

脇役としても主演としてもいい味を出す役者さんだと思います。好きになったきっかけは孤独のグルメです。普通なら中年のおじさんがただ食べるだけのドラマなんて誰も見ないと思いますが、松重さんが演じる井之頭五郎はずっとみてられる不思議な感覚です。本当においしそうに食べるのですごいと思います。

まぴ

まぴさん

2位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

井之頭五郎が好きすぎる

孤独のグルメの井之頭五郎が大好きでいつも見ています。この孤独のグルメが人気になったのでこの感じに似たドラマが大量に増えましたが 孤独のグルメには絶対にかないません。違いはやはり松重豊さんがいるかいないかの差だと思います。

ネバー

ネバーさん

3位の評価

11北村一輝

(173人が評価)
生年月日 / 星座 / 干支1969年7月17日 / かに座 / 酉年
プロフィール大阪府大阪市出身の俳優。1999年、映画『皆月』『日本黒社会 LEY LINES』にてキネマ旬報・日本映画新人男優賞を受賞。『皆月』では、ヨコハマ映画祭助演男優賞、ニフティ映画祭助演男優賞も受賞している。その他の主な出演作品は、テレビ東京『戦士の逸品』ナレーション、NHK『テレビでイタリア語』、TBS『ATARU』フジテレビ『昼顔』など。映画や舞台にも多数出演し、活躍している。
代表作品映画『皆月』(1999)
映画『猫侍 南の島へ行く』(2015)
BS朝日『大江戸事件帖 美味でそうろう』(2015)
公式SNS-

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

キャラが濃っ

こってり系の顔とキャラが成立している。「役の上ならどのような人間にもなれる。」という理由で役者になったエピソードには、なんだか夢が持てました。熱の入った役作りでできた役は、凄くインパクトがあって印象が強く残ります。

yaco

yacoさん

3位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

見た目も演技も好き!

とにかく私は見た目が好きです(笑)
でも、もちろん見た目だけじゃなくて演技力・役の入り込み感もとてもすごいと思います!
個人的に、4号警備の時のしし丸さん役がめちゃくちゃ好きでハマってました。
おじさま好きなので(笑)

セント

セントさん

1位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

溢れ出る大人の色気

唯一無二の色気を身にまとったその佇まいは、もう最高です。
ドラマ「昼顔」での画家の役はとてもはまり役でした。

チョコ

チョコさん

5位の評価

12椎名桔平

(43人が評価)
椎名桔平

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1964年7月14日 / かに座 / 辰年
出身地三重県

もっと見る

13香川照之

(181人が評価)
生年月日 / 干支1965年12月7日 / 巳年
出身地東京都
プロフィール1989年、NHK大河ドラマ『春日局』での小早川秀秋役で俳優デビュー。主な出演作は、NHK大河ドラマ『利家とまつ』『龍馬伝』、TBS『半沢直樹』、映画『北の零年』『劔岳 点の記』『鍵泥棒のメソッド』。日本アカデミー賞最優秀助演男優賞や東京国際映画祭優秀男優賞を受賞するなど、映画やドラマで活躍している。
代表作品TBS『半沢直樹』(2013)
映画『剣岳 点の記』(2009)
映画『ゆれる』(2006)
TBS『集団左遷!!』(2019)
映画『七つの会議』(2019)
公式SNSTwitter

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

演技のバリエーション

「半沢直樹」最終回の超名シーンである土下座では、一歩間違えれば臭い演技になっていたくらい紙一重の迫真の演技でした。香川照之でなかれば成立しないし、あれ程有名なシーンになっていなかったと思います。上手すぎる!

ニッシー

ニッシーさん

3位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

カマキリ役が好きw

もちろん俳優さんとして、非常に高い演技力を誇っていると思いますし、タレントとしても評価が高いですよね♪
私は特に、カマキリに扮した香川さんが好きで好きで(笑)
ちょっと口が悪いのもまた面白くて、あっという間に終わりの時間…って感じ。
レギュラー化してほしいです(笑)

セント

セントさん

5位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

努力のひと

半沢でブレイクして、よりよさがわかった

しー

しーさん

3位の評価

コメントをもっと読む

14内野聖陽

(136人が評価)
内野聖陽

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1968年9月16日 / おとめ座 / 申年
出身地神奈川県
プロフィール1968年9月16日生まれ、神奈川県出身の俳優。早稲田大学在学中の1992年に文学座研究所に入所。翌年には、サンシャイン劇場『女たちの十二夜』で舞台デビュー。1996年公開の映画『(ハル)』で注目を集め、第6回日本映画評論家大会新人賞と第20回日本アカデミー賞優秀新人賞を受賞。同年放送のNHK連続テレビ小説『ふたりっ子』で一気に知名度を上げる。主な出演作品は、NHK大河ドラマ『風林火山』、テレビ朝日『臨場』シリーズ、TBS『JIN−仁−』シリーズ、『とんび』、テレビ東京『きのう何食べた?』など他多数。
代表作品映画『海難1890』(2015)
テレビ朝日『臨場』シリーズ(2009)
TBS『JIN−仁−』シリーズ(2009)
テレビ東京『きのう何食べた?』(2019)
公式SNS-

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

ワイルドさもナイーブさもうまい演技派

今までにも色々なドラマや映画に出演されていると思いますが、野性味のある役が多かったような印象なのですが、「きのう何食べた?」での役は、なんとゲイでした。それが、表情や仕草がとてもこまやかで、それまでのイメージをくつがえすような演技力だったのです。やられました。心を射抜かれました。こらからのドラマも是非見たいです。まばたきしないでその演技を凝視したいくらいです。

ピンキー

ピンキーさん

1位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

文学座時代の舞台が好きでした。

エリザベートのトートが大好きでした。レ・ミゼラブルのジャベールも。モンテクリスト伯で出会い、映画は、ハルが最初の出会い。モンテクリスト伯で出会う以前の舞台の戯曲は全て読みました。もっと早く、内野聖陽さんの舞台出会いたかったです。映画、臨場も、内野聖陽さんの役への探究心を感じて好きでした。

るい

るいさん

3位の評価

俳優ランキングでの評価・コメント

もっと色んな作品で見たい

おそらく創り手の期待に120%で応えている俳優さんじゃないでしょうか。

この監督の作品に出たら、この脚本家の作品にでたら、このシリーズに出たらと想像するだけで期待してしまう俳優です。

はせしん

はせしんさん

10位の評価

コメントをもっと読む

16佐藤二朗

(46人が評価)
生年月日 / 星座 / 干支1969年5月7日 / おうし座 / 酉年
出身地愛知県
プロフィール1969年5月7日生まれ。愛知県春日井市出身。四歳から愛知郡東郷町で育つ。 1996年、演劇ユニットちからわざを旗揚げ。全公演で作・出演。近年、多数のドラマ・映画に出演。俳優をする傍ら、初監督作品『memo』や「恋する日曜日」(BS-TBS)「家族八景」(MBS・TBS)「2013新春特別企画~だんらん~」(関西テレビ)などの脚本を執筆している。また、初主演の映画「幼獣マメシバ」はシリーズ化されるなど、活躍している。
代表作品映画『幼獣マメシバ』(2009)
ドラマ『偽装の夫婦』(2015)
映画『インサイド・ヘッド』声(2015)
公式SNSTwitter

もっと見る

17織田裕二

(42人が評価)

俳優ランキングでの評価・コメント

安定感

俳優歴はとても長い俳優さん。その歴からの安心感やたまにドラマに出演されていると安定感のある役柄で見ていても安心して見られます。完璧に俳優の仕事をされているんだなとドラマを見ていても感じることが出来ます。

ひまわり

ひまわりさん

4位の評価

18大沢たかお

(38人が評価)
生年月日 / 星座 / 干支1968年3月11日 / うお座 / 申年
出身地東京都
プロフィール大学在学中よりモデルとして活動し、俳優に転向後は日本テレビ『星の金貨』で注目を集める。2000年以降、活動の拠点を映画へ移し、数多くの作品に精力的に出演。映画『世界の中心で、愛をさけぶ』が大ヒットし、話題を呼んだ。その後、映画『解夏』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞し、実力派俳優としての地位を確立した。その他の主な出演作品に、映画『Life 天国で君に逢えたら』『BALLAD』、TBS『JIN-仁-』『百年の物語』など。
代表作品映画『地下鉄(メトロ)に乗って』(2006)
テレビドラマ『仁-JIN-』(20092011)
映画『藁の楯』(2013)
公式SNSTwitter

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

仁先生

「仁〜JIN〜」以外の作品を知らないので、
彼を見ると仁先生、となってしまいます。
このドラマの中でも様々な顔を見せられたので、
他のキャラクターを演じているのも見てみたいです。

けい

けいさん

4位の評価

19渡部篤郎

(12人が評価)
渡部篤郎

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1968年5月5日 / おうし座 / 申年
出身地東京都
プロフィールエキストラ出演をきっかけに芸能活動開始。演劇学校「丹波道場」に所属し日活ロマンポルノに出演。1991年放送『青春の門』でドラマ初主演。1995年、映画『静かな生活』で日本アカデミー賞新人賞・優秀主演男優賞受賞。2008年には映画『コトバのない冬』で監督デビューを果たした。
代表作品フジテレビ『ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜』(2014)
フジテレビ『パパ活』(2017)
映画『いらっしゃいませ、患者さま。』(2005)
映画『外事警察 その男に騙されるな』(2012)
公式SNS-

もっと見る

20阿部サダヲ

(69人が評価)
生年月日 / 干支1970年4月23日 / 戌年
出身地千葉県
プロフィール1970年4月23日生まれ、千葉県出身の俳優。映画・ドラマ・舞台など幅広く活躍し、数多くの作品で主演を務める。また、宮藤官九郎や村杉蝉之介らと共に「グループ魂」を結成し、音楽活動も行う。主な出演作は、フジテレビ『マルモのおきて』『医龍』『心がポキッとね』、NHK『経世済民の男「小林一三~夢とそろばん~」』『大河ドラマ「おんな城主 直虎」』『大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」』、TBS『下剋上受験』、日本テレビ『anone』、映画『舞妓Haaaan!!!』『奇跡のリンゴ』『謝罪の王様』『殿、利息でござる!』『彼女がその名を知らない鳥たち』『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』、舞台『「髑髏城の七人」Season鳥』『ニンゲン御破算』など他多数。
代表作品ドラマ『大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」』主演(2019)
映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』主演(2018)
舞台『ニンゲン御破算』主演(2018)
公式SNS-

もっと見る

俳優ランキングでの評価・コメント

面白い!

好きなドラマにほぼ出演している。クドカンドラマの脇役でよく見るようになり、存在が面白い役柄が合っているのがいい!かなり胡散臭い役を演じていて、奇妙な動きをしながら機関銃のようにまくし立てるその芝居には、独自のグルーヴ感と愛嬌がある。

yaco

yacoさん

1位の評価

21

21位~40位を見る
ページ内ジャンプ